祝ゴール! 独語2年目:06年入「ゲンのバイオリン」+16年応「ドイツ語発見の旅」(17年11月9日)

バンザイ! 今年の5月以来学習してきた、「ゲン」+「発見の旅」のダブル講座を、とうとう学習完了した! 1年目の「レオのドイツ語世界」に続き、ドイツ語2年目の学習モードの完了だ!

参考:ドイツ語学習2年目開始:06年入門編+16年応用編のダブル講座(17年5月29日)

★ 06年4月期「NHKラジオ ドイツ語講座 入門編」(太田達也先生;ゲンのバイオリン)
★ 16年10月期「まいにちドイツ語 応用編」(田中雅敏先生;ドイツ語発見の旅)

「月水」をゲン、「金」を応用編、というダブル講座で練習し(例文を拾い)、1回につき15個の例文×27週=405個の例文を学習したことになるがまだ学習モードが終わったばかりで、最後の難しい辺りは歩留まりが60%ぐらいだろうから、これから半年間のメンテナンスモードで歩留まりを上げていきたい。

感想としては、入門編ゲンは場面別の表現をまとめる形式で、文法的にはゴッチャで出てくるが、去年の復習にはかえって良かった。スキットは失くしたバイオリンを探す旅で興味深くはあったが、最後の三分の一ぐらいは、練習の範囲を外れた量の語彙と表現が出てくるので、「手抜き学習」をしている私は追いつけず、スキットの学習には不満が残った。しかし、練習ポイントの方は大体ついていけたので、そちらはまあ満足。

応用編ドイツ語の旅は、ときどきゲンよりも易しいぐらいで、ドイツ語文法のややこしい部分を快刀乱麻を断つような、明快な説明で教えていただき、ゲンの補講として大いに役立った。再放送はすでに終わっているが、再々放送か単行本化するといいのに、と思う。

さて、次はロシア語3年目の学習モードだ。


[PR]

# by L-monger | 2017-11-09 14:46 | ドイツ語 | Comments(0)  

仏語コナン-30 第3の事件完了&学習3年目通過 (17年11月3日)

仏語版「名探偵コナン 第30巻」の第3の事件の学習が完了した。第29巻から通算すると第7の事件の完了だ。作者・青山剛昌さまと翻訳者M. Thibaud Desbiefさま、Merci beaucoup!

さらにこの仏語コナン例文拾い学習を開始した2014年10月から丸3年目の節目を通過した。最初の時や学習の仕方を知りたい人は以下の記事を読んでほしい。

参考記事:フランス語版コナンで武者修行を開始 (14年10月14日)

以下は扉絵と内容のサンプルだ。
c0059093_15155486.jpg

c0059093_15173170.jpg
今回はたった(!)3か月で終わっているが、連載2回分の長さなので短い事件のせいだ。前にも言ったが、私にはラジオ講座「まいにちフランス語」の入門編では易しすぎ、応用編では難しすぎて、この漫画のセリフぐらいがちょうど良いレベルだ。しかし、今回は少年たちが主役の事件なので単語はやさしめだった。ちょっと不満(笑)。

以下、106回目の練習例文より引用。ちょうど上のページのセリフから拾って、作り直した例文だ。

1. 彼は罠にかかった。
Il est tombé dans un piège.

2. 太陽を見つめてはいけない。
Ne fixez pas le soleil.

3. 彼は遅れて着いて、その結果、私たちは乗り遅れた、列車に。
Il est arrivé tard et, du coup, nous avons manqué le train.

4. 本当だよ!(英直訳: I swear to you)
Je vous jure.

5. 私は確信していた、それがうまく行くと。
J'aurais juré que ça marchait.

6. お笑いですね。(英直訳: Let me laugh.)
Laissez-moi rire.

7. 今のは冗談だよ。
C'est pour rire.

8. 彼の名前が思い出せない(彼の名前が主語)。
Son nom ne me revient pas.

9. 彼は私を見た、無遠慮に。
Il m'a regardé sans gêne.

10. 彼女は太った、2キロ。
Elle a grossi de 2 kilo.

へえ、フランス語ではこんな言い方をするのかあと感心した例文を拾って反訳を繰り返している。相変わらず、散歩道をゆっくり歩くような学習だ。


[PR]

# by L-monger | 2017-11-03 15:27 | フランス語 | Comments(0)  

17-4月期中国語の感想:単調な練習こそ楽しい (17年10月20日)

以前の記事「黒田先生のロシア語学校Mと飽きない授業(17年8月24日)」に書いたように、ロシア語学校Mは練習、練習、また練習だったが、黒田先生はこの授業がとにかく楽しかったという。

先月終了した「まいにち中国語」もそれと似たところがあるかもしれない。まるでピンズラーの教材みたいにどんどん作文させ、ある種、単調極まりない練習の連続だったが、本気で学習する人には楽しさに満ちた講座だったろう(推測した言い方であるのは、私が流し聞きしただけだから。現在学習モードに移行したので、学習してみての感想は6か月半後にまた報告する)。以下、(たぶん)2018年10月期に再放送されるときに備えて、この講座の特徴を書いておく。

★ 「まいにち中国語」(高木美鳥先生;聞いて話す!耳から覚える中国語)

1. 始まって2か月目=5月の半ばからこの講座は「月曜日の文法」+「火曜日~金曜日の会話」という構成で、基本→応用の構成となっている。

2. 説明はすっきり簡潔にして、その分の時間を練習にあてている。

(以下はテキストの例:火曜日前半の2ページ)
c0059093_16235730.jpg
3. 1回の文法ポイントは2~3項目あり、それぞれ例文2個ぐらいずつを挙げている(理屈でなく、実地の例文で覚えろということだろう)

4. 例文を挙げるときに、日本語→中国語の順番で言うので、その気になれば、瞬間中作文をして楽しむことができる。ピンズラー的に。

(以下はテキストの例:火曜日後半の2ページ)
c0059093_16245693.jpg
5. エクササイズ1と3は新出単語の導入だが、この際、発音を聞いてピンインで書き取らせる(中国語の入門編ではたぶん初めての試みではないだろうか)。声調や音素に対して自力でどれだけ聞き取れるのか試されるので楽しい。また自分の聞き取れない弱点の声調や音素がわかり、後の学習に生かせる。(なお書き取りではなく、ピンインのみが書いてあってそれを読む場合もある)

6. エクササイズ2と4は上記で習った進出単語を、文に入れ替えて発音する「借文練習」ができる。やる気がある人は、他の文型に対してもこのように入れ替えを行っていけば、表現力がかなり伸びるだろう。

7. フリートークは全くないが、月曜日の「聞き取れるかな?」のコーナーはいわばスクリプトのあるフリートークみたいなもので、聞き流しではなく、習ったばかりの基本文型をどう使っているかを聞き取る練習にしてある。

8. 最後の1か月はこれまでの総復習になっているので、学習した中国語をどれだけ覚えているか、試すことができる。ちゃんと学習した人には最高のご褒美だろう。(あ、知ってる!これも知ってる!てな具合に)。また入門編としてはかなり大量の中国語を一時に総ざらいできるので、ずっと前に習って思い出せなくなっていた記憶を呼び戻すのに良い。

私は1か月前から、この講座の後半3か月60課分を毎週2課ずつ聞き直し、知らなかった単語を含む例文を毎週16個ずつ覚えるようにしている。60÷2=30週かかる計算だが、急いでないで構わないのだ。入門レベルとはいえ、ぱっと瞬間反訳するのはなかなか簡単でない面があり、面白い。そういうわけで中国語版「ドラえもん」の新しい学習は、約半年間お休みすることにする(もちろん過去の例文の反復練習は行う)。


[PR]

# by L-monger | 2017-10-21 16:26 | 中国語 | Comments(1)  

初回感想: 新学期17-10月期の応用編4本はどれも教養講座っぽい (17年10月8日)

今週、新学期が始まり、私の興味のある4つの応用編(伊・独・仏・露)を各2課分(木・金)ぜんぶ試し聞きしてみたので、初回感想を書いておこう(ご注意:少ししか聞いていないので誤解している可能性もある)。今回は、いずれも文学または歴史についての教養講座っぽいものばかりだ(退職して時間のあるシルバー世代向けかな?と少し思った)。

★「まいにちイタリア語 応用編」(白崎容子先生;原文で読む古典の楽しみ)(私はテキストなしで聞き流し)

イタリア古典文学。最初は古いイタリア語なので難しく、今後、現代に近づくにつれだんだん易しくなるようだ。まずはダンテの神曲・地獄篇。白崎先生の講義は明快で、イタリア語のごく初歩しか知らない私にも講義内容がわかりやすい。今後も聞いてみたいと思った。内容の配分は教養講座度80%、語学度20%というところ(適当な数字だ。以下同様)。

★「まいにちドイツ語 応用編」(前田良三先生;ベルリン―変転する都市)(私はテキストなしで聞き流し)

20世紀ベルリンの歴史と文化。テキスト本文の説明をきちんとやり、それについて語り合う。オーソドックスな講座という印象。歴史に翻弄されたベルリンなので、興味深い。教養講座度50%、語学度50%。

★「まいにちフランス語 応用編」(姫田麻利子先生、フランソワ・ルーセル先生;日仏交流さんぽ)(テキストを予習して聞いた)

フランスゆかりの名所旧跡めぐり、10月期は日本国内。まずは富岡製糸場。4回1ユニットのうち、最初の2回は和文仏訳。講座を聞く前に、ざっと仏訳してみたが、私のレベルでは半分くらいしかできない。しかし、お手本訳について、姫田先生が他の言い方を示し、そちらではどうしてダメか等とルーセル先生に聞いてくれるので、通り一遍でない理解になるような気がする。違いについて例文ペアを覚えていくと勉強になるかも。とりあえず聞き続けるつもり(でも予習の時間がない!)。教養講座度10%、語学度90%。

★「まいにちロシア語 応用編」(安岡治子先生;ロシア文学からの贈り物)(私はテキストなしで聞き流し)

古典から現代作家まで、毎月1つの作品。第1弾はカラマーゾフの兄弟。ベテラン先生2人によるオーソドックスな講座。話しぶりも含めて静かで落ち着いて学習できるような気がした。私のロシア語能力では知らない単語が多いが、お話って好きなので、冷凍保存しておいて、いつか生かしたいと思った。教養講座度50%、語学度50%。

以上。皆さんはいかがだったろうか?


[PR]

# by L-monger | 2017-10-08 14:37 | NHK語学講座 | Comments(2)  

再録:語学の小ワザ(5) 新学期が退屈なら回れ右 (17年10月4日)

4月期にも書いたが、2度目以降の入門編を聞いている人へのメッセージ。再びゼロレベルからの学習に戻る新学期はきっと退屈だろう。そんな方のために「語学の小ワザ」シリーズの記事を再度ご紹介しておく。このようにすると退屈しなくていいですよ。

過去記事:語学の小ワザ(5) 新学期が退屈なら回れ右 (16年3月23日)



[PR]

# by L-monger | 2017-10-04 17:41 | NHK語学講座 | Comments(1)  

17-10月期フランス語応用編とロシアゴスキーのページ紹介 (17年10月1日)

自宅仕事の合間をぬって隣駅の書店まで足を延ばし、ようやく17-10月期「まいにちフランス語」と「ロシアゴスキー」のテキストの内容を確認し、納得して購入することができた。

いつも書いているが、10月期は入門編が再放送で、応用編が新作の講座が多いので、NHK出版の外国語(英語以外)テキストのページの「試し読み」ボタンはテキスト後半こそ見せてほしい。入門編を求める学習者が圧倒的に多いのだろうが、入門編は大人の知的レベルに物足りない面もあるので、応用編に興味を持つ人も多いはずだ。(また、再放送の場合、入門編はすでにテキストを持っている人も多いからその人たちに応用編を売り込まないと、買ってくれない。)

そういう人を救済するために以下にテキストのページを載せる。ラジオ講座は明日10月2日(インターネットでは10月9日)から新学期なので、参考にしていただけたら幸いだ。

★ まいにちフランス語 応用編 (姫田麻利子先生、フランソワ・ルーセル先生;日仏交流さんぽ)

4課(2週分)でひとまとまりとなり、和文仏訳2回、会話1回、SNS1回がひとつのユニットになっている。非常に目新しい講座構成に興味を引かれた。私の実力で和文仏訳ができるのか不明だが、ちょっと試してみたい(富岡製糸場などにはあまり興味はないけど)。

第1回と2回は以下のような和文仏訳。単語が提供されているので、少しラクかも。
c0059093_15371261.jpg
第3回は以下のような会話形式。
c0059093_15384068.jpg
第4回はなんとSNSでの書き方だ。フランス人と「出会う」のは現実よりも、SNSの方が機会が多いのかもしれない。
c0059093_15403041.jpg
★ テレビ ロシアゴスキー(前田和泉先生/タチアナ・ティマコワ、ジェーニャ、オレーグ・ヴィソーチン)

最後にロシアゴスキーの最後のページあたりにあるロシア語スクリプトと和訳だ。少しロシア語をやった人には本編は簡単すぎるから、このスクリプトで聞き取り練習をするといいのかもしれない(私はまだ読み取り練習だけど)。
c0059093_15435141.jpg
さて、新学期に向けてトークマスターの録音予約およびワンセグの録画予約を設定しなおしておこうかな。


[PR]

# by L-monger | 2017-10-01 15:50 | Comments(4)  

買えない!新学期17-10月期のテキスト (17年9月23日)

昨日、急ぎの仕事の締切が終わったので、発売後5日目にしてようやく駅前の書店に出かけてきた。「ロシアゴスキー」と「まいにちフランス語(応用編目当て)」の中身をチェックして良さそうなら買おうと思って。

そしたら、何ということでしょう!「ロシアゴスキー」も「まいにちフランス語」も両方とも売り切れたらしく、在庫がなかった。その書店では過去一度もそんなことがなかったので、驚いてしまった。

可能性としては(1)新学期10月号のテキストの売れ行きが大好調か、(2)書店が在庫の数を減らしている、の2つではないかと思うのだが、(1)のわけないから当然(2)だろう。しかし雑誌類は買い切りではないはずだから、書店が自ら在庫を絞るはずがない。これはひょっとしてNHK出版が出荷数を減らしているのではないか?紙のテキストをやめて、電子版のテキストを売りたがっているのではないか?と思ってしまった。(そうなんですか>中の人?)

新学期なんだから、それはやめてほしいなあ。ちなみに「まいにちロシア語」のテキストはいっぱい在庫があった。ぜんぜん売れてないよ(涙)。

ちなみにNHK出版のページに行けば、試し読みはできる。見たい人はどうぞ。
(ただしフランス語ほかのテキストの後ろの方にある、応用編のページは見せてくれないので、チェックできず、買うかどうかの判断ができないんだよ>中の人)

もう、ロシアゴスキーのテキストだけ、ヨドバシかセブンネットで買おうかなあ。でもスクリプトがどの程度か、試し読みでわからないしなあ。


[PR]

# by L-monger | 2017-09-23 15:14 | NHK語学講座 | Comments(8)  

新学期17-10月期の情報(2):過去の感想 for 再放送講座 (17年9月7日)

10月号テキスト発売まであと10日間ばかりだが、10月期に再放送される講座について、私が過去に書いた記事のリンクを貼っておく。どんな講座か知りたい人は、参考にしてほしい。

★ まいにちロシア語 入門編 (林田理惠先生;大人のためのロシア語)
2014年4月期ロシア語の感想:達成感のあるスパルタ講座 (14年10月10日)

★ レベルアップ中国語 (李軼倫先生;より広く!より深く!違いがわかる中国語)
李軼倫先生レベ中 2週間聞いての感想(16年1月20日)

★ まいにちフランス語 入門編(倉舘健一先生,クロエ・ヴィアート先生;<つながる>フランス語)
仏ラジオ入門編 通年化2年目の途中に思う (16年9月29日)

★ まいにちドイツ語 入門編(秋野有紀先生,マルコ・ラインデル先生;ケイと双子のライオン)
感想 ラジオ語学講座 5月第2週完了時点(16年5月21日)

下の3つは聞き流しだったので、表面的な感想だ。念のため。


[PR]

# by L-monger | 2017-09-07 13:25 | NHK語学講座 | Comments(1)  

黒田先生のロシア語学校Mと飽きない授業(17年8月24日)

黒田龍之助先生の「その他の外国語エトセトラ」という本に、先生がロシア語の基本を身につけた学校の話が書いてある。その授業の方法が興味深い(P.146「ロシア語学校M」)

箇条書きでまとめると:
1) 90分間の授業のうち、三分の二の時間は、一人一人が教科書の例文をテープのあとについて発音し、発音を矯正される。
2) 文法は特に教えない。教科書には文法説明も和訳もあるので、質問したければすればいい。
3) 発音の矯正作業が終わったら、簡単な単語テストをしたのちに教科書を閉じ、同じ文をテープで聞いて口頭で日本語訳する。
4) 先生が同じ文の日本語訳を読み上げるので、それをロシア語にする(訳すのではなく暗唱の確認)。

黒田先生は、この授業がとにかく楽しかったという。

分かるような気がする。とかく外国語は理屈で説明し、それを理解することに大部分の労力が費やされがちだが(それも大事だが)、それから後に「練習、練習、また練習」をしないと文法から離れて話せるようにはならない(ここが、現在のラジオ講座に特に欠けている部分だ。仕方ないんだろうけど)。

この「単調な」練習の時間は、外国語学習に慣れてない人は「つまらないに違いない」と思うのだろうが、ところがどっこい、やればやるほど楽しさが湧いてくるものだ。

2008年にNHKラジオ語学講座の大部分が「まいにちシリーズ」に変わったとき、ダジャレだとか歌だとか目先の楽しさを追う講座がいくつかあった。外国語学習に慣れてない人にアピールする目的だったのだろうが、あの類の楽しさは2か月ももたないと思う。自力でやれる(聞き取れる、読み取れる、話せる、書ける)という楽しみこそが、本当の意味での「飽きない」授業につながるのではないだろうか。

実は、今放送中の「まいにち中国語」はそのような楽しさを持った講座だと思うのだが、その話はまた次回書くことにする。


[PR]

# by L-monger | 2017-08-24 14:29 | 学習法 | Comments(10)  

新学期17-10月期の情報(1):ロシアゴスキー!読む系の応用編! (17年8月19日)

昨日、中・露の9月号テキストを駅前の書店で買ってきた(フレー、フレー、リアル書店)。去年と同様、10月期の案内表が載っていたので紹介しよう。


c0059093_14384915.jpg
一番驚いたのが、4年半ぶりの新作になるテレビのロシア語講座、何と「テレビでロシア語」でも「旅するロシア語」でもなく、その名は「ロシアゴスキー」! ダジャレで来ましたか。「ロシア語ってなんだか縁がない」という人にこそ見てほしいそうで、アニメも使うそうだ。9月末まで再放送中の「テレビでロシア語」がサンクト・ペテルブルクを取り上げているので、今回はモスクワを取り上げるんだね。はたして超初級になるのか、マニアックになるのか、ドキドキする。


ついでに(笑)、テレビの「旅する」シリーズは第2期に入る。仏独は監修する先生は同じで、西伊は変わる。旅人については、何と仏は引き続き常盤貴子さんで、それ以外の3つは別の旅人だ。外国語を勉強するための講座ではないとわかっているので、まあ、楽しくやってほしいと思う。今期のスペイン語の平平コンビのように。


ラジオの各応用編は仏独西伊露が、日仏交流の名所旧跡、ベルリンの歴史と文化、19世紀文学、古典文学、文学とずらっと読むためのラインアップになった(ロシア語は入門編も読むための講座だ)。ふーん、インターネット時代には読む能力が大事ということか。応用編の受講者が減ったので、文学に興味のあるニッチ層を引き寄せようというのか。謳い文句と違う時があるから、実際の講座を聞いてみてから判断したい。



[PR]

# by L-monger | 2017-08-19 15:02 | NHK語学講座 | Comments(9)