連休中にゴールイン 例文復習 昨年のサバイバルロシア語 (16年5月9日)

皆さん、連休は楽しかっただろうか?私はずっと家で仕事をしていたが、それでも楽しい出来事があった。昨年の15-4月期「まいにちロシア語 入門編」 (サバイバルロシア語;臼山利信先生)の例文復習をついに完了したのだ。

c0059093_14275146.jpg

この7か月間(10月-4月)で、元の放送の4か月分(第31課-第72課=42課分)について、1課につき5個~10個の例文を覚えていった(約370個の例文)。ピックアップした例文について、例のボイスレコーダーで日→露の瞬訳だ。例文の記憶がだんだん完璧に近づいてすっと言えるのが楽しいが、まあ、第3外国語用の手抜き練習だ(自分で作文していない)。

参考過去記事:今期サバイバルロシア語はサバイバル+ロシア語?(15年5月18日)
(他の記事へは、この記事下の「ロシア語」リンクから)

この記事で書いたようにサバイバルフレーズに加えてロシア語の文法を教えるという「二兎を追う」作戦で、特に後半はスパルタ鬼軍曹的な進度だったが(先生は優しい)、代わりに毎レッスンが文法事項をコンパクトにまとめてあるせいで、くりかえし練習すると頭の中に文法が組み上げられていき楽しかった(こんなスパルタ進行に負けるかというチャレンジに打ち勝つヨロコビでもある)。

もちろん優しい臼山先生はオアシスもちゃんと用意している。ロシアの文化・歴史・風俗が分かる文化コーナー(それは最終月のテスト中にもミニ知識として続けられた)があるし、例文は以前にやった単語が繰り返し出てくるようになっているので、新たな例文に出会ってもそれが理解できるヨロコビをもたらしてくれる。

また例文にも工夫が見られた。以下の月の名前の例文はちゃんと意味のあるメッセージになっている。

c0059093_1428199.jpg

8月は泳ぐのにうってつけとか、9月は散歩するのによい、10月はキノコ狩りによい、なんて異国の生活が想像できて楽しい。それがロシア語ですっと言えるともっと楽しい。ただ月名を丸覚えしろと言う、工夫のない某言語などとは、配慮の深さが違う。

この「ついて行けば楽しい」サバイバルロシア語は今年16年10月から再放送されるので、興味のある方は聞いてみたらどうだろうか。途中から進行が速いので最初は面食らうかもしれないが、特に後半部は完遂出来た時がとても楽しい。(後半は私のように講座を録音するなり、CDを買うなりして倍の時間をかけたっていい)。

さて、今期16-4月期は私はオレーグ先生の「千里の道も一歩から」入門編を聞く予定だが、臼山先生の例文復習も並行して6か月間、くりかえす予定だ。ダブル入門編を今期も続けるわけ。そうやって千里の道を一歩目からたどり直すのもまた一興だ(この例文集を何回まわせるかというチャレンジでもある)。
[PR]

by L-monger | 2016-05-10 14:34 | ロシア語 | Comments(5)  

Commented by hideaki3411b at 2016-05-10 18:48
先日はお返事ありがとうございました。
4月からのレベルアップ中国語が難しかった為、中止し、復習をしていますが毎日のラジオ講座は良き並走者、リズム作りになってくれていたようです。GWもあり中だるみ~~。モチベーションを維持するのは難しいですね。
Commented by L-monger at 2016-05-12 15:46
hideaki3411bさん、こんにちは。「レベルアップ中国語」(加藤徹先生;つかみの中国語)は、私も去年10月から聞いたものの、しんどくて12月にはほぼ脱落状態でした。楽しげなフリートークやハラハラするスキットですが、レベルは上級ではないでしょうか。この次の7月から再放送される「レベルアップ中国語」(李軼倫先生;より広く!より深く!違いがわかる中国語)は中級の下ぐらいのレベルですから、そちらを聞かれると良いと思います。金曜日以外はちょっと単調ですけどね。
Commented by L-monger at 2016-05-17 11:24
(るも)ノートの画像のR70AとかR70Bは、それぞれ、ロシア語第70課の前半、後半という意味だ。1つの課につき5個ずつ例文を拾っていたが、第43課以降、学習内容の密度が上がったので、前半、後半に分けて、1課につき計10個の例文を拾うようにしたのだ。最後の10週間分はそんな調子。リアルタイムでやってたら脱落していたろうが、倍の時間をかければどうと言うことはない。これも講座の枠を乗り越える一つの方法。
Commented by hideaki3411b at 2016-05-17 14:45
こんにちは♪お返事ありがとうございます。レベルアップ中国語も5月号に入りました(ストリーミング)。スキットの内容に惹かれ、テキストは購入しないながらも聞き流そうと思います。つかみのひとことは記帳し、ストックします。自宅が関空沿線にあるのでアジアの若い旅行者と電車で乗り合わせます。先日、中国人女性に話しかけてみました。撃沈でした。
Commented by L-monger at 2016-07-28 12:07
(るも)第1巡目のサバイバルロシア語例文復習は、7月11日(2016年)の週に終わった。やはり9月分(2015年)の復習はしんどかったが、一回りすることで例えば6月分と9月分の似た単語の対照が見えて面白かった。今、第2巡目を進行中。9月末までに終われるかな。

<< 感想 ラジオ語学講座 5月第2... 読み方で苦労する学習者は幸いな... >>