まいロシ入門「千里の道」を本放送期間に学習しない理由(16年9月1日)

「まいにちロシア語」9月号テキストを入手した。16-4月期入門編(オレーグ・ヴィソーチン先生;千里の道も一歩から)のカリキュラム全体がようやく見えた(NHK出版さん、以前のように、毎月、進度表つけてくださいよう)。

さすがロシア人講師というべきか、思い切ったカリキュラムだ。ロシア語の命ともいうべき、完了体・不完了体の区別はあえて教えず(動詞は最後まで不完了体しか扱わない)、その分、各種活用を形容詞まで含めてここまできっちりやったのは、長いNHKロシア語講座の歴史では初めてにして最後だろう(多分)。日本人講師なら格変化の一番最初は、前置格から教えることが多いと思うが(前置詞の後という決まった位置に加え、男女差がなくて覚えやすいから)、前置格は9月に他の格変化の復習のついでに教えるという方法もびっくりだ。

さて、現在の所、私はこの講座を学習せず聞き流している。その理由は4月~10月は2001年のドイツ語講座(レオのドイツ語世界)を学習していて時間とエネルギーがないということもあるが、去年の臼山先生「サバイバルロシア語」と同じ方法をとるつもりだからだ。

つまり、4月~9月はただ放送を聞き流し、講座の全体像をつかむ。そして10月から(今年は都合により11月から)、自分の学習したい部分を自分の学習したいペースで学習するためだ。

今の所、皮算用しているのは6月~8月のオレーグ入門編を週に2回、これと同じ学習ポイントを持つ匹田入門編(匹田剛先生「繰り返しでマスター!文法の基礎固め」;2015年10月期再放送)を週に1回として組合せ、19週間(5か月)で練習しようかと思っている(複数の格変化については臼山先生のサバイバルロシア語も適宜混ぜる)。

こうするメリットは
(1) 自分の好きなレベルの学習を、好きなペースで進められる。
(2) オレーグ入門編は味が濃いので、ときどき、あっさり味の匹田入門編で飽きなくする(あと匹田先生の説明は分かりやすい)。
(3) 例文拾いをする際に、どちらかの講座で興味のある例文をベースに反対側の講座の単語を挿入するなどして、自分の好きな例文を作りやすい。

いずれにせよ、これまでいい加減に放っておいた格変化をちゃんと身に付ける(名詞、形容詞、指示代名詞、そして複数形のそれらを含めて)良いチャンスだと思っている。スタートが楽しみだ(あと2か月もあるけどね)。あ、予定は変更になる場合もあります(笑)。


[PR]

by L-monger | 2016-09-01 15:21 | ロシア語 | Comments(0)  

<< 時間節約のために「新キャンパス... 循環式再復習で差が出る・中仏独... >>