タイムシフトでマイペースに楽しむNHK語学講座(17年2月6日)

まず前提として、外国語学習は自分の性格に合わせてやれば良いと思う。録音をためてしまって聞かないので、語学講座はリアルタイムでしか聞かないという人は、それはそれでアリと思う(ただし、来客や家族の邪魔は無視するべし!)。

さて、私は他人の時間に縛られるのが嫌いなので、そして来客と家族を無視できない人なので(笑)、語学講座は必ず録音し、自分の決めたスケジュールに従って学習することにしている。時間ずらし(時期ずらしかな)すなわちタイムシフトだ。

そもそも語学講座の入門編が6か月ってどういうことだと思う。講座により難易度も分量も変動するものだが、私の感覚では半数以上の講座は6か月でこなせる人はとても少ないはずだ。現在再放送中の「サバイバルロシア語」も「まいにち中国語:大陸君の留学日記」もあのスピードは速すぎる。

つまり、4月や10月に新しいお客さんを増やしたい一心で、現有の学習者を切り捨て、新しい学習者に乗り換えているのだ、講座側が。

とは言え、NHKの講座スケジュールには不満があっても、内容はとても気に入ったので、私はゆっくり時間をかけてこれらの講座を学習した。ロシア語は7か月くらいで、大陸君は4か月分を6か月かけて、満足のいく学習ができた。このためには録音によるタイムシフトが欠かせない(私がレオのドイツ語世界でやったように、別売りCDでも良い)。

あとは計画性だけだ。毎日10時になったら学習するとか、月木金に1時間ずつやるとか決めて学習すると、身につくのが分かってきて大変楽しい。もちろん循環復習は欠かせないけど。そのための、もう一つの楽しい秘訣はまた今度。

参考過去記事:ゴールイン 例文復習 昨年のまい中「大陸君の留学日記」(16年4月7日)
参考過去記事:連休中にゴールイン 例文復習 昨年のサバイバルロシア語 (16年5月9日)


[PR]

by L-monger | 2017-02-06 18:00 | NHK語学講座 | Comments(0)  

<< 復習は現行・過去1・過去2の3... 漫画のフランス語も学習に役立つ... >>