復習は現行・過去1・過去2の3本ラインを回す(17年2月9日)

ラジオ講座や参考書で学習している人、復習はしているだろうか?(前回に言ったとおり、復習嫌いな人は新しいものを3倍やってもよいが)

通常は昨日または先週学習したものを復習するだけだろう(例えばテキストを音読するとか、日本語訳から外国語を言ってみるとか)。

皆さん、経験があると思うが、このやり方だと昨日と先週しか思い出さず、例えば4か月目に至った現在、1か月目や2か月目のことはすっかり忘れてしまうものだ。それでも次の4月期開始の講座になればまた学習するからいいやと思える、心の広い人は、この記事は読まなくて良い。

どうしても忘れたくないんだ、忘れるのは嫌なんだという人は、復習のラインを増やそう。

何、簡単なことだ。5か月目の現行のラインを復習するついでに、1か月目(過去1)と3か月目(過去2)を復習すればいい(テキストを読んだり、外国語訳してみたり)。

今、5か月目の学習内容が難しくてアップアップしている人は過去1がどんなに易しかったか思い出し、オレも結構進んでるじゃんと嬉しくなるだろう。過去2はそんなに易しくないが、でも今引っかかっているのはここに原因があったか、と発見して嬉しくなるだろう。

それだけではない。復習しないでいる期間が(私の場合)3か月から1か月に縮まるので、記憶力も強化され、忘れにくくなる(大事なことらしいと海馬が信じ込み、長期記憶に入れてくれる)。

この3本ラインの復習、私が3か月前くらいからやっているが、本当に楽しい。前講座(サバイバルロシア語)の復習例文で、現講座(千里の道もロシア語)が分かったりして、有機的なつながりも見えてくる。

ウソだと思う人も、試してみてほしい。
(その前に学習時間をちゃんと決められる人でないと難しいけど)


[PR]

by L-monger | 2017-02-09 13:33 | NHK語学講座 | Comments(7)  

Commented by L-monger at 2017-02-10 11:38
(るも)新学期4月期というワードに反応した人もいるみたいだけど(私だって反応する(笑))、2月14日のバレンタインデーくらいに情報がでるみたいだよ(昨年も一昨年もそうだった。過去記事を見ると分かる)。外れたらごめん。
Commented by とど at 2017-02-10 22:24 x
 こんばんわ、とどです。いよいよ新年度講座の案内時期になりましたね。英語講座3月号の発売日に合わせて無料配布ガイド(になるのかな…2000年代は有料だったけれど…)となるのは確実だと…思います(なお、毎年恒例の英語測定テストの特設サイトは18日からの予定らしいですが…)。あとはNHK経営情報のサイトで週刊番組表が14日よりも前に発表されるか…というところでしょうか…。

 さて、前置きはさておき、記事拝読いたしました。今は「かたつむりの初級編」の80課代のところです。このあたりが継続するのにきついところではあるのですが、私なりに学習しています。復習の件ですが、理想なのは、初回放送、その1週間後に復習、さらに1ヶ月後に復習、最後に3ヶ月後に復習が理想なのですが、現実には厳しいと感じています。なので、かなり時間をかけるのですが、一通り終えたら、次の6カ月で復習1回目、さらにその後6カ月で復習2回目、最低でも復習に1年費やす方法を実践しようと考えています。もちろん、同じことを繰り返すのも飽きるので、現在学習している「カタツムリの初級編」では、初回学習では「放送+テキストの書き写し&文法等をわかりやすく整理」、今年4月からは復習1回目として「放送+発声+単語や放送内で出たテキストにない例文を含めての書取り+各週ごとの文法のまとめ」、そして9月からの復習2回目では「放送+発声+スキット書取り+例文置き換え練習」と考えています。根気が必要ですが、書いて、聞いて、声を出して、とすると意外と忘れにくいです。

 ついでに「カタツムリの初級編」の文法部分は「中級編」に譲る形で構成されているみたいなので(例文は多く、ロシア語に慣れることが重点に置かれているようなので…)、4月から中級編を同時にスタートしていこうかなと考えているところです。最後は「サバイバルロシア語」かなぁ。
Commented by とど at 2017-02-14 13:28 x
 こんにちわ、とどです。新年度の情報がNHK出版で掲載されました。
 1年前頃にコメントさせていただきましたが、ユーロ4言語のラジオ講座の1年通し企画は完全終了になりましたね。その分内容がどうなのかは、まだわかりませんが…。
 中国語とハングルはレベルアップの新作が17年度はないようです(17年度で終了かなぁ…)。テキストもアンコール放送テキスト状態。なお、ユーロ4言語のアンコール講座については、いまだに「17年度の放送はありません」と記載されています。まだ、復活させる予定があるのでしょうか。
 中国語だけは新番組開始のようです。英語講座も多少の変化あり。また、気持ちを新たにして取り組めそうです。
Commented by L-monger at 2017-02-14 21:43
とどさん、情報ありがとうございます。新しい記事にしてみました。それぞれの情報についての感想はまた今度にします。(仕事に押され気味でコメントできなくてすみません)
Commented by L-monger at 2017-02-15 14:55
とどさん、復習の方法について詳しく書いてくれてありがとうございます。なるほど繰り返すごとに方法を変えていらっしゃるのですのね。それも飽きずに良い方法かもしれません。確かに、書き写す、音読するなど、言語脳の運動神経部分を使うのは効果的だと思います。

気にしなくていいのですが、私は「中級編」「上級編」はスキットがなかったのであまり楽しめませんでした。やはりロシア語を発するための状況設定は大事に感じる性質なので。

話変わって、新年度ですが、疑似1年講座はやっぱり終了していたのですね。あれってテキスト値上げを乗り越えるだけのものだったのでしょうか(仏独については)。つまらんことです。中ハンのレベルアップはレベルダウンですね。3か月合本テキストになるし、CDは売らない(ダウンロードはある)、同日の再放送がなくて、毎日1回放送だけ、そして10月期も過去講座の再放送決定となると、これは2018年度に大変化があるか、レベルアップ消滅かと思ってしまいます。
Commented by とど at 2017-02-15 23:03 x
 こんばんわ、とどです。コメント拝読いたしました。
 余談ですが、本当は、私もスキット重視派ですよ!「中級編」は作文中心なので味気ないところはあるのですが、「初級編」の続編であることと「初級編」で散在している文法的なところを補完するには良いのかなぁ…と(関連づけられますし…)。スキット重視で考えると、「初級編」の後は「サバイバルロシア語」でも良いかな…とも考えています。とはいえ、「アンコールまいにちロシア語 13年度10月~3月」テキストと音声はあるので、「中級編」をやらないともったいないという感じなので、通してみよう!という考えています。
 なお、ドイツ語やフランス語も基本的にスキット重視ですよ!作文系講座は学習するのに少し悩みますね。
Commented by L-monger at 2017-02-17 14:15
とどさん、あ、悩ませちゃいましたか?自分の趣味に合わせた方が長持ちするので、好きなようにした方が良いですよ。

ここから先は独白なので読まなくて良いですが(じゃあ、書くな>私)、「中級編」は週3日なので「サバイバル」を週2日ずつ平行してやるのも手ですね。私の今やってる、ダブルロシア語講座(笑)。やっぱり気にしないでください。

作文は自分の知識整理にとてもいいんですよー。4月半ばからのドイツ語は2006年度入門編「ゲンのバイオリン」やるつもりですが(スキット重視)、現行の応用編の作文も並行してやろうかな、でもそれだと7か月かかるし…と悩み中です。

<< 17-4月期情報(1) NHK... タイムシフトでマイペースに楽し... >>