最終再放送なので「テレビでロシア語」テキスト購入 (17年3月24日)

2013年4月期から計8回・4年にわたり(現時点)、長い間再放送を繰り返してきた「テレビでロシア語」(貝澤哉先生+小林麻耶生徒役;サンクトペテルブルク・魅惑の旅)が、この2017年4月期・第9回目で最終再放送となるので、これはもう一度見とかなきゃと思ったりする。勝手なもので。

私自身にも変化があった。4年前はロシア語の講座はまだ流し聞き、流し見するだけのものだったが、一昨年のまいにちロシア語入門編「サバイバルロシア語」から例文練習をしてまっとうに学習するようになったので、ロシア語能力が少しだけ上がったからだ。

2013年4月号しかテキストを持ってなかったので今回購入することにした。今期2017年4月期は6か月合本で1404円なのだが、書店で見てみたら分厚くて寝床で読むにはちょっと重いため、2か月合本のバックナンバー、2017年2・3月号を買った。566円だから今後計3冊買うと計1698円だが、軽くて寝床で楽だし、お便りコーナーも掲載されている(笑)。録画してあるため、最終2か月から見始めてみようと思う(途中で挫折するのを防ぐため)。

これが2017年2・3月号の表紙。
c0059093_17512516.jpg
これが基本表現のページ。今となっては簡単すぎる。
c0059093_14321702.jpg
これがスキット。いろんな表現・文法事項が混ざって出てくるのが、良いかも。
c0059093_14324399.jpg
基本表現だけで構成するようにしているせいなんだろうが、読んでいて知っている単語が出てくるし、日本語訳をカンニングしながらだが文法構成も理解できて、とても面白い。サバイバルの臼山利信先生、ありがとう。

別に検定試験なんか受けなくても、ロシア語が分かるという喜びに浸れるので、私的には十分なのだ。


[PR]

by L-monger | 2017-03-24 14:36 | NHK語学講座 | Comments(3)  

Commented by L-monger at 2017-03-26 22:26
(るも) スキットの予習読みをした上で、昨日、2月2日の「テレビでロシア語」の録画を見てみたが…スキットではものすごいナチュラルスピードで話すので聞き取れない部分が多かった。アリーナさんがガイド的にナレーションする時は大丈夫なのだが、他の素人の方々との会話がすごいのだ。まあ、テキストを読みとるのは面白いと感じるので、続けてみる。
(ナチュラルスピードを最初、速く感じるのは英語でもフランス語でも経験済みなのでいずれ慣れると思う)
Commented by L-monger at 2017-05-20 12:38
(るも)ようやく最終2か月の「テレビでロシア語」を見終わった。次は冒頭2か月に取り掛かる。現在、4月5月に再放送されている分だ(テキストは去年の10・11月号=今の合本版より薄いので)。その先のテキスト12・1月号はまだ買っていない。10・11月号が半分終わったら買うつもりだが、その時までに売り切れになったらどうしようとドキドキする。このドキドキ感を利用して挫折しないようにしている(笑)。
Commented by L-monger at 2017-11-29 12:04
(るも)最後のテキスト12・1月号を買ったら安心して、とたんに見なくなった最終「テレビでロシア語」の録画(やっぱり!)。あと6本残ったところで足踏みしている。毎週、新番組「ロシアゴスキー」を見るので忙しいという面もある。しかし「ロシアゴスキー」はこれまでと違って3か月番組なので12月には終わるから、1月以降に最終「テレビでロシア語」を見ることにしようかと思う。急ぐ理由はないし。(ちょうど去年の12・1月の再放送と同じタイミングで見ることになるね)

<< 独仏のサンプル 応用編も「試... 17-4月期情報(4) 新学期... >>