疑似一年講座は不完全な形で継続中?もう終わった?(17年4月13日)

2015~2016年度に行われたヨーロッパ4か国語の疑似一年講座(入門と初級)は、現時点では不完全な形で継続中のようだ。

「疑似一年講座」は「2学期制」と呼んでもいいかもしれないが、私の造語だ。過去の事情を知らない人は以下を読んでほしい。

過去記事:新学期15-10月期情報 記念すべき後期入門編の開始 (15年8月19日)
過去記事:10月開始にした理由の考察~2016年テレビ外国語(16年4月18日)

以下、私がフォローしている独仏のみで話をする(西伊は良く知らないので)。

本来ならこの4月期は「入門編」の再放送となり、10月期が「初級編」の新作を放送するという形になるはずだった。

ところが「まいにちドイツ語」は「初級編(藤井明彦先生;ドイツ語で巡る建築)」をやっているため、去年10月期の「Kompass2=初級編」の再放送から引き続き「初級編」が連続する形になり、ドイツ語の真の初心者の方にとっては難しい講座が連続する形になってしまった。また今年10月期は「入門編(ケイと双子のライオン)」の再放送だから、「初級編→入門編」の逆順となり、その意味で「疑似一年講座」はくずれている。(去年からは入門編、初級編、初級編、入門編の順となる)。

「まいにちフランス語」は今回初級編ではなく「入門編(田口亜紀先生;Bon Voyage! フランス語で旅をしよう!)」なのでドイツ語のような「不便」はないのかもしれないが、まったく「疑似一年講座」ではなくなっている(「初級」の設定がなくなっている)。今年10月期は「入門編(つながるフランス語)」の再放送だから、去年からは入門編、初級編、入門編、入門編の順となる。(もっとも旅フランス語というのは少し応用的になるかもしれないので、実質、初級編なのかもしれないが、テキストに文法進度表がないので9月に終わってみないと分からない)

結局「疑似一年講座」というのはいつかコメントに書いたように、テキストの大幅値上げに伴い、受講生(購読者)の減少を防ぐためだけのものだったのだろうか?ビジネスと教育は両立しにくいものとはいえ、構造改革につながったかもしれない制度なのに、つまらない扱いだなあ、と思う。(西伊はどうなのだろう?)


[PR]

by L-monger | 2017-04-13 15:01 | NHK語学講座 | Comments(2)  

Commented by とど at 2017-04-13 16:10 x
 こんにちわ、とどです。
 結局「カタツムリの初級編」が最後の10課残したまま2巡目に入りました。2巡ともなると細かいところにも気づき、新鮮に感じますね。ついでにドイツ語の「双子のライオン」、1週6レッスンで現在進行中。15日には4月号終了です。3カ月で1巡目終了を目指しています(こちらは最初は放送のみの学習で進むので、負荷なく終えそうです。2巡目から本番というところでしょうか)。

 さて、今回の記事、拝見いたしました。
 スペイン語は「動詞活用重視+練習問題」でけっこう聞いていて勉強しようという気になります(言語を楽しみながら…という人にはキツイかもしれませんね)。テキストも「学習書」というイメージです。応用編も似たような構成の講座(再放送)ですので、半期分あれば基礎は身に着くのかなというイメージです。
 イタリア語の詳細は不明ですが、もともと独自路線を取っているので、スペイン語も含めてあまり「1年縛り」的なことは関係ないかもしれませんね。

 ドイツ語とフランス語はやっぱり迷走なのかなぁ…というイメージです。ドイツ語はしっかり教えたいが強く、フランス語は話せればを重視してで今年度は進めていき様子を見るのかもしれませんね。
 とはいえ、来年度の2018年度で「まいにち」になって10年になるので、今年度は来年度に向けて水面下では準備しているのかなぁ…というのが私の意見です。まあ、面白く、かつ、言語がしっかり身に着く講座が一番なのですが…。
 余談ですが、テレビ講座はロシア語も含めて今年度後期から「旅する」シリーズに統一されるのでしょうか…。
Commented by L-monger at 2017-04-14 14:08
とどさん、コメントありがとうございます。私の勝手な妄想ですが、ドイツ語入門編は昔、二外で学習した男性の退職者、フランス語入門編は「意識高い」系の女性をターゲットにしているような気がします。だから独は大学の授業みたいな感じで進み、仏はサロン的な感じで進行するのですね。もはや、言語間の統一性はなくてよいし、それぞれの企画で構わないという方針なのでしょう。テレビは、今年の中国語とハングル講座を見た限りでは「旅する」化していないので、秋のテレビ・ロシア語新作も「旅する」化しないかもしれません(ニッチ狙いなら、するべきではありません!)。

スペイン語、第1週の3回分だけを聞きました。気持ち良いほど、スパルタですね。仏独もこうなってほしかった。
ところでカタツムリ2巡目おめでとうございます。繰り返し学習すると細かい理解が進んですごく楽しいのですが、世間にはそういう楽しさは知らない人が多いと思うので、私たちだけの「秘密の花園」です。

<< 17-4月期 学習時間割 例に... 17-4月期 新作講座 露独仏... >>