17-4月期 学習時間割 例によってとりあえず (17年4月14日)

ラジオ講座と自主学習の時間割、まだ試行段階だが、例によってとりあえず出しておく。
c0059093_14520480.jpg
【朝の皿洗い】
★ 露入=「まいにちロシア語 入門編」
16年4月期(オレーグ・ヴィソーチン先生;千里の道も一歩から)+15年10月期(匹田剛先生;繰り返しでマスター!文法の基礎固め)
あと1週間で終わり、来週以降はメンテナンスモードに入る。5か月しかやらなかったので、短かったなー。

★ 独入=2006年「NHKラジオドイツ語講座 入門編」(太田達也先生;ゲンのバイオリン)
今は4月号から5月号前半を聞き流しモードだが、来週以降は学習モードに入る。実はこれと今再放送中の応用編(田中雅敏先生;ドイツ語発見の旅)を組み合わせて「ダブルドイツ語講座」にしようかと思っている。

【昼の皿洗い】
★ 中(例文)=不動のポジション(笑)。中文版「ドラえもん」から拾った例文の反復練習を続ける。

【夜の皿洗い】
★ 独初=今学期「まいにちドイツ語 初級編」(藤田明彦先生;ドイツ語で巡る建築)
ちょっと変わった入門編なので、聞き流してチェックする。役に立ちそうなら将来の例文学習の候補にする。テキストあり。

★ 仏入=
今学期まいにちフランス語 入門編」(田口亜紀先生;Bon Voyage! フランス語で旅をしよう!)
会話集みたいな講座なので、たぶん例文学習はしないと思うが、一応聞き流す。テキストなし。

★ 中お=今学期おもてなしの中国語」及川淳子先生出会い ふれ合い 語り合い)
最初の10分間くらいは軽く分かるので、復習として聞き流す。テキストなし。

★ 露入=今学期「まいにちロシア語 入門編」(黒岩幸子先生;声に出して覚えるロシア語)
例文学習の候補になるか、聞き流してチェックする。行けそうなら10月期に例文学習する。テキストあり。

★ 仏(例文)=同じく不動のポジション。仏語版「名探偵コナン」から拾った例文の反復練習を続ける。

(この時間割は概念図なので、都合により曜日や時間は変更して使う。)


[PR]

by L-monger | 2017-04-14 15:07 | NHK語学講座 | Comments(3)  

Commented by L-monger at 2017-04-16 14:09
(るも) なぜこんな時間割にしたがって学習するのか?それは、時間割を決めずに学習するのは「非常に意志力のいる作業」だからだ。そのやり方では私は1週間ともたない。時間割を決めておけば「これから何を学習しようか」と悩むことなく自動的に実行でき、結果的に非常に楽だ(私のように3か国語プラス1をやるのなら、なおさらだ)。食後に歯磨きをする習慣のある人には分かってもらえると思う。
Commented by L-monger at 2017-04-17 15:57
(るも)書き忘れたが、朝のロシア語の時間は講座を聞くだけでなく、過去の例文の反復練習もしている。講座8分間+例文8分間ぐらい。今日(月)、朝に黒岩先生の入門を全部聞いてみたら、1.5倍速でも12分間ぐらいかかって、例文練習の時間を圧迫する。やはり夜聞いた方が良いのかな。(オレーグ先生の入門編では、発音やことわざを飛ばしていた)
Commented by L-monger at 2017-05-01 22:58
(るも)上記時間割で、ドイツ語の学習モードを開始し、ロシア語をメンテナンスモードに切り替えた。そのうちブログに書きたい。
テレビの方は「旅するフランス語」「旅するドイツ語」は3月で見終わったので今期の再放送は見ず、「旅するスペイン語」を見始めた。平さんのスペイン語は他の人たちよりずっと上手なので、ロールモデルとして参考になる。(いろんなブログを読んでいると、やっぱりテレビは、真面目に語学番組やらないほうが、受けが良いみたいだなあ。そういうものか。私は例えばハングル講座の真面目さは好ましいと思うのだが。)

<< ゴールデンウィークの再放送が役... 疑似一年講座は不完全な形で継続... >>