仏語コナン-30 第2の事件完了&例文学習100回目突破 (17年8月7日)

仏語版「名探偵コナン 第30巻」の第2の事件の学習が完了した。第29巻から通算すると第6の事件の完了だ。作者・青山剛昌さまと翻訳者M. Thibaud Desbiefさま、Merci beaucoup!

おまけにこの仏語コナン例文拾い学習を開始してから100回目も通過した。週1回かそこらの頻度なのに、長く続いたよなあ。2014年10月以来、2年10か月目かあ…。

参考記事:フランス語版コナンで武者修行を開始 (14年10月14日)

以下は扉絵と内容のサンプルだ(左右は別々のページから持ってきた)。多少のネタバレ防止として一部灰色で塗りつぶしている。
c0059093_17352345.jpg

今回は昨年10月中旬から今年7月頭まで、約9か月間学習した。進行スピードはますます遅くなっているが、楽しい分にはかまわない。私にとってラジオ講座「まいにちフランス語」の入門編では易しすぎ、応用編では難しすぎるのだが、この内容は私にちょうど良いレベルだ。

以下100回目の例文からちょっと紹介すると…(ちなみに上の画像のフランス語から拾っていじったものだ)。

1. 彼の指(複数)には付いていた、インクの跡が。
Ses doigts portaient des traces d'encre.

2. 彼らは理解した、仕掛け of ティーカップ(複数)を。
Ils ont compris l'astuce des tasses de thé.

3. 彼はウィットに富んでいる(上と同じ単語)。
Il est plein d'astuce.

4. (非人称)私に必要なかった、長い間は、for 見つける、私の眼鏡を。
Il ne m'a pas fallu longtemps pour retrouver mes lunettes.

5. かぎ爪(複数)of タカ
Les griffes du faucon

6. 猫が私をひっかいた、手を(上と同じ単語)。
Le chat m'a griffé la main.

現在は、こんなレベルでうろついている。しかし、たとえゆっくりでも「貯金箱」はたまっているみたいで(Ⓒロシア語のオレーグ先生)、この前書店で「日本人が知りたいフランス人の当たり前 フランス語リーディング」という本を立ち読みしたら、第1課は90%ぐらい理解できて、ちょっとうれしかった。


[PR]

by L-monger | 2017-08-07 17:59 | フランス語 | Comments(0)  

<< 新学期17-10月期の情報(1... 「声に出して」ロシア語:発見多... >>