新学期17-10月期の情報(1):ロシアゴスキー!読む系の応用編! (17年8月19日)

昨日、中・露の9月号テキストを駅前の書店で買ってきた(フレー、フレー、リアル書店)。去年と同様、10月期の案内表が載っていたので紹介しよう。


c0059093_14384915.jpg
一番驚いたのが、4年半ぶりの新作になるテレビのロシア語講座、何と「テレビでロシア語」でも「旅するロシア語」でもなく、その名は「ロシアゴスキー」! ダジャレで来ましたか。「ロシア語ってなんだか縁がない」という人にこそ見てほしいそうで、アニメも使うそうだ。9月末まで再放送中の「テレビでロシア語」がサンクト・ペテルブルクを取り上げているので、今回はモスクワを取り上げるんだね。はたして超初級になるのか、マニアックになるのか、ドキドキする。


ついでに(笑)、テレビの「旅する」シリーズは第2期に入る。仏独は監修する先生は同じで、西伊は変わる。旅人については、何と仏は引き続き常盤貴子さんで、それ以外の3つは別の旅人だ。外国語を勉強するための講座ではないとわかっているので、まあ、楽しくやってほしいと思う。今期のスペイン語の平平コンビのように。


ラジオの各応用編は仏独西伊露が、日仏交流の名所旧跡、ベルリンの歴史と文化、19世紀文学、古典文学、文学とずらっと読むためのラインアップになった(ロシア語は入門編も読むための講座だ)。ふーん、インターネット時代には読む能力が大事ということか。応用編の受講者が減ったので、文学に興味のあるニッチ層を引き寄せようというのか。謳い文句と違う時があるから、実際の講座を聞いてみてから判断したい。



[PR]

by L-monger | 2017-08-19 15:02 | NHK語学講座 | Comments(9)  

Commented by L-monger at 2017-08-20 14:23
(るも)最初から6か月合本というのも驚きのロシアゴスキー・テキスト。(6か月分で864円だから、通常のテキスト(486円)の2か月分よりも安い)。4年半続いている現行「テレビでロシア語」テキストは最初が月刊、しばらくして2か月合本になって、この4月にようやく6か月合本になったのを考えると、思い切った変更だ。毎月発売してもそんなに売れないことの裏返しかな。
Commented by L-monger at 2017-08-21 14:02
(るも)レベルアップ中国語+フランス語の応用編というのが、毎年10月期恒例の組み合わせだったのだが、今年はご覧のようにレベルアップ中国語が再放送となり、新作ではないのでつまらない。来年、中国語(やハングル講座)の講座編成が変わる前触れではないかと思うのだが、どうなんだろう。個人的には他の外国語と同じように中国語も入門編+応用編=3日+2日にして、空いた時間枠でアンコール講座を復活させてほしい。今はバリエーションがなくて逃げ道がない。
Commented by arihiro at 2017-08-22 00:55 x
大変ご無沙汰しております。下期の講座情報ありがとうございます。
TVロシア語はスゴスギーなタイトルになるようですね。今期の半年分合本(買い逃してしまいましたが)が1400円だったでしたから、ずいぶんな値下げのようですね。
半年先の分の収録が終わっているのなら、このように半年分まとめて、安く提供していただくのが一番リスナーのためになります。ラジオ講座も再放送が半分なので
新作を早く収録してしまえば、テキストコストが圧縮できるのかと思います。読者投稿欄や文化ニュース、連載記事がなくなるのは残念ですが、それはネット上に展開
することも可能かと思います。
Commented by L-monger at 2017-08-23 13:50
arihiroさん、お久しぶりです。スゴスギー、おっしゃるとおりです(笑)。値段が下がった分、今のテレロシのような全文スクリプトは付かないのかな?そもそも長いロシア語ナレーション自体ないのかな?と心配しております。

おまけ記事は、私あまり読んでないのです。本文をアンチョコに使うの主目的なので。以前はロシア語作文の添削などもあったのですが、中級くらいの人はうれしいんでしょうね。
Commented by L-monger at 2017-08-29 14:40
(るも)やっぱり間違えられた!ロシゴスキーて何?
www.oricon.co.jp/news/2096310/full/
Commented by yasufumic-ex at 2017-08-31 10:58
耳寄り情報ですね!ありがとうございます。
僕も駅前書店に買いに行きます(笑)

ロシアゴスキー、このお店の名前に引っかけてるのかなー、って思いました。霊感ですが…
ttp://www.rogovski.co.jp/

渋谷にあったときたまに訪れてましたが、美味しいお店でした。そういえば、NHKって渋谷にありますね。

>> (るも)やっぱり間違えられた!ロシゴスキーて何?
「ときめきの上海」の盧思さんを思い出しました(笑)
当時私はるーすー小姐ファンでしたね〜(遠い目)

ロシスキー!
Commented by L-monger at 2017-09-02 14:13
yasufumicさん、私も渋谷の店を瞬間的に思い出したのですが、名前に v が入るとは知りませんでした。私は渋谷で数年間、働いていたことがあるのに、1回も行ったことがなかったですね。その頃はロシア語はやってなかったせいもありますが。
盧思さん、You Tubeで古いNHK中国語会話が見れます。と思ったらこれは「北京尋夢」か!
(2004 中国語会話北京にいたころが本当になつかしいわ)
Commented by ariiro at 2017-09-18 10:03 x
「ロシアゴスキー」のテキスト見本がみられるようになりました.が、10~12月の3か月12回シリーズが1~3月に再放送という、圧縮講座になってました。
折角の4年半9クールぶりの新作講座と期待していたのに。「語学講座のご案内」にも明示していないのは詐欺?
Commented by L-monger at 2017-09-18 16:34
ariiroさん、「旅するユーロ」シリーズ同様、現地映像を中心にして、先生たちはアニメで登場するという方式のようですが、貧しいロシア語講座(失礼!)によくそんな予算があるなあと思ったら、なんだ、そういうことだったんですね。量を半分にしたんだー。

しかし去年「旅する仏・独・西」を見た経験から言うと、どれも4か月目には飽きました。(飽きませんでしたか>皆さん?)「おいしそう」とか「試食してもいいですか」程度の表現をやるには3か月で十分な気がします。それ以上やるなら、単語と文法の積み上げをやらないとね(「覚えよう、旅の単語」!)だからロシアゴスキー式で別にかまわないと思います、ちゃんと3か月単位だと断ってくれれば。(でも簡単すぎる講座になりそうだなあ)

<< 黒田先生のロシア語学校Mと飽き... 仏語コナン-30 第2の事件完... >>