17-10月期フランス語応用編とロシアゴスキーのページ紹介 (17年10月1日)

自宅仕事の合間をぬって隣駅の書店まで足を延ばし、ようやく17-10月期「まいにちフランス語」と「ロシアゴスキー」のテキストの内容を確認し、納得して購入することができた。

いつも書いているが、10月期は入門編が再放送で、応用編が新作の講座が多いので、NHK出版の外国語(英語以外)テキストのページの「試し読み」ボタンはテキスト後半こそ見せてほしい。入門編を求める学習者が圧倒的に多いのだろうが、入門編は大人の知的レベルに物足りない面もあるので、応用編に興味を持つ人も多いはずだ。(また、再放送の場合、入門編はすでにテキストを持っている人も多いからその人たちに応用編を売り込まないと、買ってくれない。)

そういう人を救済するために以下にテキストのページを載せる。ラジオ講座は明日10月2日(インターネットでは10月9日)から新学期なので、参考にしていただけたら幸いだ。

★ まいにちフランス語 応用編 (姫田麻利子先生、フランソワ・ルーセル先生;日仏交流さんぽ)

4課(2週分)でひとまとまりとなり、和文仏訳2回、会話1回、SNS1回がひとつのユニットになっている。非常に目新しい講座構成に興味を引かれた。私の実力で和文仏訳ができるのか不明だが、ちょっと試してみたい(富岡製糸場などにはあまり興味はないけど)。

第1回と2回は以下のような和文仏訳。単語が提供されているので、少しラクかも。
c0059093_15371261.jpg
第3回は以下のような会話形式。
c0059093_15384068.jpg
第4回はなんとSNSでの書き方だ。フランス人と「出会う」のは現実よりも、SNSの方が機会が多いのかもしれない。
c0059093_15403041.jpg
★ テレビ ロシアゴスキー(前田和泉先生/タチアナ・ティマコワ、ジェーニャ、オレーグ・ヴィソーチン)

最後にロシアゴスキーの最後のページあたりにあるロシア語スクリプトと和訳だ。少しロシア語をやった人には本編は簡単すぎるから、このスクリプトで聞き取り練習をするといいのかもしれない(私はまだ読み取り練習だけど)。
c0059093_15435141.jpg
さて、新学期に向けてトークマスターの録音予約およびワンセグの録画予約を設定しなおしておこうかな。


[PR]

by L-monger | 2017-10-01 15:50 | Comments(4)  

Commented by L-monger at 2017-10-02 21:22
(るも)その書店で「旅する」シリーズが平積みになっていたが、残りが一番少なかったのは「旅するフランス語」だった。やっぱりA級有名人だから強いのか、それとも引き続き2年目なので固定ファンが付いているのか。他の旅人は一般的な知名度が少し落ちるとはいえ、イタリア語なんかもっと売れそうだけどなあ。
Commented by L-monger at 2017-10-06 18:34
(るも)別の駅前書店でも「旅する」シリーズの残りぐあいを見てみた。「旅するフランス語」が残2~3冊。南仏が目新しいのか、表紙で破顔一笑している常盤貴子さんに惹かれるのか。

それ以外の3か国語はうず高く積みあがっていた。一番残っていたのはドイツ語。ベルリンが人気がないのか、前川泰之さんが知られていないのか(今の仮面ライダービルドにも出ているんだがなあ)。

ちなみに、その書店ではロシアゴスキーが平積みになっていた(前の番組では棚置きオンリー)。やったあ!
Commented by ゆうこ at 2017-10-07 02:42 x
こんにちは。

以前一二度コメントさせていただきました。ご無沙汰しております。私の家のそばの本屋さん(私もリアル書店応援組です!)では、スペイン語やイタリア語が売れていて、フランス語は結構残っていましたよ。昨年度は4か国語楽しく見ていました(もちろん、語学番組としてではなく旅行番組として(笑))。旅行が好きな私としては、スタジオ中心よりはいいかなと思います。ドイツ語の前川さんは私が大好きな俳優さんなのでもううれしい限りです!ロシア語の新番組も始まったし、ラジオ講座の合間に映像で旅行したような気分にもなれるし、音声に慣れるという点でもいいかなと思っています。
Commented by L-monger at 2017-10-07 17:49
私と同業のゆうこさん、お久しぶりです。「旅する」各国語テキストの売れ行きは、書店の立地場所により違うのですね。勉強になりました。

私も第1シーズンは仏・西を6か月全部、独は前半3か月くらい見ました。旅番組としては良かったのかもしれません。ちなみに第2シーズンのフランス語第1回目を見たのですが、常盤さんがフランス語に慣れた(という設定)なのか、現地の人のフランス語がたくさん聞けたので、私にとって語学要素の増加になり、良かったです。常盤さんがフランス語を話さなくても別にかまわないかなって(笑)。

どうやら、6か月分を2週間ぐらいで撮影しているらしいので、そんな短期間で「旅人」の方の語学力がアップするわけないですね。昔のスタジオ中心の時は、2本取りで計12回スタジオに来ていたはずなので(たぶん数か月にわたって)、最後まで見ると「生徒役」の語学力アップが見れて面白かったんですけど…。

<< 再録:語学の小ワザ(5) 新学... 買えない!新学期17-10月期... >>