中国語講座の応用編が書けない訳(3月23日)

このブログにはろくに書かないでいましたが、NHKラジオ中国語講座応用編「中国語 de ジム」はちゃんと続いています。楽しく聞いて、練習しています。

では、なぜ書かないでいたかというと、金曜日・土曜日の時間を予習復習にとられてしまうからです。元々背伸びをしたレベルですので、しょうがないのですけどね。(おまけに週末はフリーにとって稼ぎ時のため、むしろ時間がないことが多くなる)。

じゃあ、月曜日から木曜日の間に書けば良いようなものですが、どっこい中国語講座入門編(遠藤光暁先生)のレッスンは非常にインスピレーションを刺激するので、そちらを書いてしまうのですね。

しかし、今回の「中国語 de ジム」はとても力が伸びたような気がします。この方法論、うまいなあと思いますので、これからの学習にも生かして行こうと思います。また書きます。

(しかし王社長の乾杯の挨拶はすごかった。覚えるべき単語が26個もあったので、予習に倍の時間がかかってしまいました。でもがんばって憶えつつあります。その分、マンガの方が楽だった=今さらバレンタインですが、一レッスンのバランスを取るために時期を移動したかな?)

[今日の学習]
皿洗い学習: 30分 机での学習: 0分
- NHKラジオ中国語講座入門編 Step 96
(今日はいろいろあって、あまりできませんでした)
[PR]

by L-monger | 2006-03-24 01:10 | 中国語 | Comments(0)  

<< 週末こそ練習(3月24日) 今日の学習(3月22日) >>