カテゴリ:スペイン語( 5 )

 

後期入門編「スペイン語のジム」注目ポイント8つ (15年11月10日)

皆さんに白状すると10月に聞き始めたころは大して評価していなかったのだが(前期みたいに易しすぎるのではないかと感じたので)、最近、後期入門編としても素晴らしい講座ではないかと思えるようになってきた。最初の不明を恥じるばかりだ。以下、8つのポイントを挙げて説明する(前期より1つ多いね→15-4月期(再) 入門編「みんなのスペイン語」私の注目ポイント7つ (15年4月13日))。

★「まいにちスペイン語 入門編」(菅原昭江(すがはらあきえ)先生;スペイン語のジムにようこそ!)

1. 月火水とだんだん難易度があがる(やりがいが増える)
月は常に同じ形のままキーフレーズを言わせ、火は性・数・活用を変えてキーフレーズの自由度を上げ、水は聞き取りや模擬会話で実地に使わせる。

2. スキットのキャラ設定がはっきりしている
引退してもアクティブな高齢男性、結婚を夢見る受付嬢、ハンサムな男性インストラクターなどなど、スキットを練習する際になりきって感情移入しやすい。

3. 講座の進行がスペイン語→日本語なのでリピーターの人は聞き取りができる
講座の進行は、ゲスト2人がまずスペイン語で話し、その後を菅原先生が日本語で言い直す形なので、講座を聞くのが2回目以降の人も退屈しないし、練習になる。

4. リピートは2回以上
15分間講座では講座内のリピート回数が少ないのが現状だ(CD買って自分でやれっていう意図?)。しかしこの講座ではすべてのキーフレーズを2回以上リピートさせてくれ、しかも「~の気持ちで」「テキストを見ないで」など具体的な指示で飽きさせない。サービスが良い。

5. 発音練習はキーフレーズから取り上げる
例えば、Jの発音(喉でホ)はtrabajar という動詞を練習するときにやるなど、その音が頻出するときにやるので、発音の大切さを実感しやすい。(それに対してドイツ語は…)

6. ジムのたとえは心構え
動詞活用など単調な練習を「筋トレ」(つらくても筋肉をつけるには必要な練習)と呼んだり、文化情報的なものをリラックスして吸収するのは「サウナルーム」と呼ぶなど、ジムというたとえで受講生の心構えを誘導している。

7. レッスンの終盤で日→西の瞬訳練習
考えずにぱっと出ないとしゃべれないので、思い出していう練習(正確には、訳す練習ではない)。実用には必須だと思う。

8. ゲスト2人に個人的な体験を話してもらう
大した体験でなくてもイインデス!(こればっかり) ゲストや先生の体験をシェアすることで親しみがわき、講座からドロップアウトしにくくなる。(それに対してフランス語は…)

などなど、聞けば聞くほど工夫している事が分かってくる講座だ。今では、ぜひ6か月目の最後まで聞かなくてはと思っている。


[PR]

by L-monger | 2015-11-10 14:16 | スペイン語 | Comments(5)  

15-4月期(再)感想 まいスペ入門「みんなのスペイン語」不慣れな人の学習習慣化に最適 (15年10月27日)

随分遅くなってしまった。4月期の感想ラストを飾るのはスペイン語の入門編だ。購入したテキストは4月~6月だが、講座は4月~9月までの計72回を全部聞いた。今回の2015年4月期が去年の4月期の再放送だったので、おそらくもう再放送しないだろう(今年なくなってしまった「アンコールまいにちスペイン語」が復活しない限り)。
c0059093_1616037.jpg


★ 「まいにちスペイン語 入門編」 (江澤照美先生;みんなのスペイン語)
毎回番組の冒頭、いきなりキーフレーズの「百本ノック」をするなど、親しみやすいキャラクターの江澤先生にグイグイ引っ張られて学習する感じの講座だ。
参考:15-4月期(再) 入門編「みんなのスペイン語」私の注目ポイント7つ (15年4月13日)

講座のカリキュラムとしては日本にいるスペイン語話者(スペイン人も南米人も)と交流できるための実践練習が中心で、文法はその補助のために必要に応じて教えるという位置付け。外国語学習に不慣れな人のために、どうやって練習するのか、その方法を身に付けさせることを目指しているように見える。

例えば冒頭の「百本ノック」(実際は十回くらいリピート)は、スペイン語の例文は何回も繰り返さなくては覚えられないことを身を持って知ってもらうためだろう。番組最後の「挑戦しよう!」は覚えたスペイン語を実際に自分が使う場面になったことを想像して言わせる練習。常に想像しながら覚えたスペイン語を言うのは、外国語をウソっぽく感じやすい日本人に必要な心理的練習だ。またよりスペリングを知り、より細密に聞くことを練習するために「音声を聴いて、書き取ってみましょう」のコーナーもある。これ、現在のフランス語や中国語など他のどの講座でもやらないが(40年ほど昔はやってたね)、初心者にはスゴークいい練習だと思う。まあ、自分で再生をとめて書き取ればいいんだけど。

さて、短所も言わなきゃね。基本を繰り返す分、時間がなくなるせいか、スキットは説明するけどリピートしない、ロールプレイもしない。「スペイン語のしくみ」では性・数の一致や動詞の活用も少しはやるけど、文法全体を俯瞰したり、文法的に言いかえさせる練習はしない(毎月のテキストの最後のページに、放送では取り上げない「今月の文法」のまとめがあるのは良いサービスだけど)。「基本の基本」は身につくが、応用力を付けるためにはあと半年や一年必要であり、すでに英語やフランス語、イタリア語を齧った人間にはまだるこっしい(そもそも我々はターゲット層ではないのだろう)。

そして、私個人の問題だが、第3外国語群のひとつとして学習しているスペイン語に割く時間があまりなかった(ロシア語の方が面白くなって…)。「百本ノック」しなくても憶えられるので、やっていて飽きるし、また、スキットや文法の練習を講座内であまりしないため、そんなに盛り上がらなかった。講座を聞いている人の外国語の吸収力を低く想定しているんだなと感じた。しかし、それは私自身がもっと講座外で勉強すれば良かったことなので講座自体の責任ではない。

この講座の修了者対象に、この10月期には「まいにちスペイン語 入門編」(菅原昭江先生;スペイン語のジムにようこそ!)=後期入門編をやっているけど、こちらは1週間分まとめて1つのスキットの中にキーフレーズがいくつもあり、また動詞の活用もちゃんとやるので、順当にレベルアップさせてくれているなあという感じがする。私もこちらの講座の方が耐えられる(笑)。

スペイン語は世界中の話者が多い割に日本ではイタリア語やフランス語ほど人気がない言語のようだが、だからこそスペイン語講座の先生たちは頑張って面白い講座を作ってくださっているようだ(ロシア語も同じ状況だけど)。
[PR]

by L-monger | 2015-10-27 16:35 | スペイン語 | Comments(1)  

英語版スペイン語文法書 Barron's Spanish Grammar を買った (15年6月14日)

「みんなのスペイン語」が物足りないので追加練習 (15年6月1日)」で書いた通り、テキストの説明が少ないので、英語版の文法書を買った。約900円と安いこと、またBarron'sシリーズは中国語のが面白かった経験があるので買ってみた。

c0059093_14171333.jpg

左が「Barron's Spanish Grammar」と「まいにちスペイン語」テキストのサイズ比較。とてもコンパクトなのでベッドに寝転がっても、電車で暇つぶしにも手軽に読めるのが、気に入った。右は今回、説明が少なくてよく分からなかった、「まいにちスペイン語」での前置詞 a の説明。目的語に付けるらしいが、なぜ前置詞が「~を」なのか、分かりにくい。

c0059093_1420677.jpg

こちらがBarron'sでの説明。「§9.5-1 Personal a」の部分。このタイトルは「人間に付ける a 」とでも訳そうか。最初のパラグラフをざっと訳すと「直接目的語が人または擬人化された物の場合、その前に前置詞 a を置く」と書いてある。その後、不定代名詞の場合、地名の場合(ただし定冠詞が付くと a は付けない)、ペットを擬人化した場合と続く。

興味深かったのは 動詞 tener には一般に付かないとある。Tengo dos hermanos (私には兄弟が二人います)などの場合だ。ああ、そうだったね。私は英語脳なので当たり前すぎて、気が付かなかった。しかし 動詞 tener を hold (抱く)の意味にすると、前置詞 a を付けると書いてある。最後の例文「看護師は子供を両腕に抱いていた」の場合だ。

これはややこしい!そして、とても面白い!このややこしい(と今は感じる)仕組みを自由に操れたら面白いだろうなあとワクワクする。できたら、ラジオ講座の中で 「私はミドリさんを知っています」「私はコロンビア市を知っています」「あなたは私の兄を知っていますか?」「あなたは私のペットの犬を知っていますか?」「私はミドリさんを両腕に抱きます」など置き換え練習すると楽~しいだろうなあと思う。でも、絶対やらないだろうな、難しすぎるという理由で(そうかな?)。

今年、欧州四か国語がスローな一年講座になったのは良いと思うが、時間があるのなら、重箱のすみずみまで練習して文法構造の楽しさを感じられるようにすればいいのに、と思ってしまう。文法マニアの私だからだろうか?それとも外国語が不得手な人にはこの進度でも早すぎるのだろうか?
[PR]

by L-monger | 2015-06-14 14:42 | スペイン語 | Comments(3)  

「みんなのスペイン語」が物足りないので追加練習 (15年6月1日)

元々私のような者向きではないと知っていたが、全行程の三分の一を終わった今、物足りなくなってきた。まいにちスペイン語入門編 (江澤照美先生;みんなのスペイン語)である。

過去の記事で褒めたのだが (15-4月期(再) 入門編「みんなのスペイン語」私の注目ポイント7つ (15年4月13日))、しかし、そのトレードオフとしてやれてない部分がある。今日のキーフレーズに集中して練習の時間を割く分、以下のことをやっていない。

1. スキットは説明のみでリピートなし

聞いて理解できればよいということだろうか?その割に毎週のポートフォリオのページで「スキットの音読がなめらかにできる」や「スキットに出てきた単語を正しく書くことができる」とあるのは、何回も自習しないと無理だろう。しろってことね。

2. 「スペイン語のしくみ」で解説したことを練習しない。「まとめて覚えよう」の追加単語はリピートのみで、キーフレーズに入れ替える練習をしない

自分でやりたい分だけやればいいということだろうか。しかし入れて練習しないと絶対忘れる。これも必要。

このままでは、楽すぎて聞くのをやめそうなので、自分で追加練習をすることにした。まず1は放送を録音した音声から「mp3DirectCut」のソフトを使って、スキット部分(水曜日の今週全部)を切り出して(1~2分程度の長さ)、繰り返し聞く。ICレコーダーで「日本語訳→元のスペイン語」の練習(1回2分程度)を自分で吹き込み、言えるかトライする。

次に2.の「まとめて覚えよう」の追加単語は「スペイン語のみ」(冠詞付けたり、男女の形ペアで覚えたり)「日本語訳→スペイン語」(キーフレーズに入れた形)で練習する。男→女、女→男、単数→複数なども適宜やる。その際、スペインでの単語、南米での単語をペアで覚える。

以上を次の日のレッスンの前に、前の日の復習として3分間やる。まだ1週間しかやってないが、今後もやり続けていつ挫折するか、見てみよう。

* * * * *
以下は蛇足(無関係な話)。

フランス語の基礎知識と共通しているので、悩むことは少ないと言えるが、違う部分の説明=差分説明なんかしてくれたら助かるけどなあ。

A. 英語のBe動詞に相当する2種類の動詞、ser と estar の区別はフランス語にはない(英語にもない)。対比練習したら良いと思うけど。(例: Es nervioso. = 彼は神経質な人だ。Está nervioso. = 彼は今緊張している。)

B. saber と conocer の2種類の「知っている」はフランス語からの類推で分かるが、conocer は(これに限らないらしいが)直接目的語が人の時だけ、前置詞 a を付けるとは驚きだ。調べて分かった。

C. Lleva lentes.(彼はメガネをかけています)あれ?冠詞がない!と思った。フランス語は Il porte des lunettes.のように不定冠詞の複数でも付けるのだが、これもスペイン語では冠詞に対する強制が弱い(意味が違う?)のだろうか。(英語は He wears glasses.で似たようなもの)

D. 文字の読み方で B と V が同じ音だと言ってくれても良かった。しばらく「ヴ」で発音してた。そうする癖がついているためだ。牝牛 vaca は「バカ」であって「ヴァカ」ではないのね。唇をかまないようにするのは結構難しい。私にとっては、バカの壁(笑)。

アマゾンで英語版のスペイン語文法書を頼んだが、輸入なので来週にならないと着かない。ああ、待ち遠しい。
[PR]

by L-monger | 2015-06-01 15:36 | スペイン語 | Comments(1)  

15-4月期(再) 入門編「みんなのスペイン語」私の注目ポイント7つ (15年4月13日)

今学期再放送中の以下の講座、私は初めて聞いている。聞けば聞くほど、よくできているなあと感心することが多い。とりあえず私が注目しているポイントを7つ、あげてみたい。

★ まいにちスペイン語 入門編 (みんなのスペイン語 江澤照美先生)
c0059093_1650147.jpg

1. 先生の日本語による説明と指示が、緩急とポーズを上手に使った、7色のイントネーションを駆使されていて、全然眠くならない。

2. キーフレーズを習ったのち(すぐさま「百本ノック」で発音してから)スキットを聞くので、習ったことをすぐに使えて(聞き取り練習)、達成感がある。(中国語も昔はこうだった)

3. 使う状況を想像して意識させる練習方法。深い記憶につながると思う。(a) 「挑戦しよう!」の中でガヤのBGMとともに話す。(b) テキストのさし絵が、キーフレーズと「話してみましょう」にあり想像を刺激する。

4. 「書き取ってみましょう」という練習がある。大部分のラジオ講座は「聞く・話す」しか練習させず「書く」ことを無視した形になっているが、書くのが一番記憶に残ることでもあり、良い「練習の練習」だと思う。

5. テキストに放送の補完的役割を持たせている。毎週のとびらページでその週のテーマを提示し「予習」。なぜそれを習うのか、動機づけを強化している。また毎週のふりかえり用の「あなたのポートフォリオ」で、目標行動をできるかどうかのチェックをすることで「復習」をしろと強制せずに、自然にそうするように誘導している。

6. カリキュラム的に、一度出た表現がまた後で出てくる。例えば「Usted habla español muy bien.(あなたはとても上手にスペイン語を話しますね)」は第3課のスキットに登場後、第7課で類似の「¿Usted habla español?(あなたはスペイン語をお話しになりますか)」がキーフレーズとして出てくる。記憶補強にとても有効だと思う。

7. 先生とゲストがわざと違うスペイン語の発音をしている。例えば、ワタシ yo の発音は、江澤先生がスペイン式の「ジョ」、パブロさんが出身地ボリビア式の「ヨ」と発音している。もちろん発音の違いはきちんと説明している。たぶん、いろんな地域のスペイン語話者に慣れるためだろう。

7番はすごいよ。英語で例えれば、「英語会話」の講師がイギリス発音、ゲストがアメリカ発音をしているなんて考えられるだろうか。英語は発音が難しいのでやらないのかな?スペイン語は発音が簡単な分、このようにバラエティを持たせられるのかもしれない。たぶん、たぶん。

参考: 15-4月期開始 入門編の試し聞き (15年4月2日)
[PR]

by L-monger | 2015-04-13 16:54 | スペイン語 | Comments(5)