<   2005年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

東洋は日本!? (中)

朝日新聞の土曜版やテレビ中国語会話テキストの連載でおなじみの莫邦富(モー・バンフ)さんの「これは私が愛した日本なのか」を読みました。

日本語との出会いのきっかけが、上海で放送されたラジオ日本語講座だったというのが、私たちと逆だけど同じで、何か親近感を覚えました。

そのテキストを初めて見たときの氏の感想。

「日本語はこれほど簡単でわずか五つしかない母音を使って構成された言語なのか。人間の豊かな感情を現わすのに必要なたくさんの言葉を、日本人はどうやって作り上げたのだろう。この母音の少ない日本語を使って愛という繊細かつ微妙で豊かな感情を若い女性はどうやって吐露するのだろう。詩人は詩を書く時どうやって韻を踏むのだろう......」

なるほど母音・子音の多さと声調のおかげで単語が1音節や2音節ですむ中国語から見れば、そう思うのかもしれませんね。とりあえずの簡単な答え=一単語に多めの音節数を使います! いちいち主語はいいません。そこから省略の美が生まれました。(歌の歌詞なんかでは他の外国語よりも圧倒的に情報が少なくなりますね。)

莫邦富さんが学生だった、1973年ごろはまだ日本に対する印象が悪かったので(そのあと良くなってまた悪くなったみたい)、上海外国語大学で日本語を学ぶと決めた彼にお母さんが言った言葉。

「なにを勉強しても良いのに、よりにもよってあの「東洋人」の言葉、「東洋語」を勉強するなんて、お母さんは悔しい、納得できない」

莫邦富さんの注=「東洋」とは中国語で日本のことを指す。「東洋人」=日本人、「東洋語」=日本語の意味。

こいつは驚きです。東洋が日本だなんて(婉曲語法?)。何かのアンケートで、中国人は自分たちを東洋人と思っていないとありましたが、自分以外を東洋人と呼んだのかな?
(もっとも日本人は日本国内では、自分たちが東洋人だとは思っていないという、逆の現象もありますが)

でもお母さんは後に考えを改めます。莫邦富さんの弟にたいして「日本語を勉強して兄さんのように出世したらいいわ」と言います。

「おやおや、母さんはいつから日本のファンになったんだ。びっくりさせないでよ」
母は大真面目に答えた。
「だって、家に遊びに来る日本人はみんな真面目で親切な人ばかり。日本人も、日本も変わったのよ」

よかった、よかった。(あの頃は...)
それにしても、大平首相のまいた種って大きかったんですねえ(日本語教師の育成)、ちっとも知らなかった。
[PR]

by L-monger | 2005-08-30 00:49 | 中国語 | Comments(3)  

最も難しい外国語?(中)

仕事の気分転換に検索してたら「How-to-learn-any-language.com」(私訳:どんな外国語も習っちゃおう)というサイトを見つけました。ここに「Choosing the language you want to learn」(どの外国語を学ぶか、選ぶ)というページがあって、各国語を比較しています。

中国語。難易度レベル星5つの満点(笑)。なんの役に立つか、どこが美しいか、知ってるとかっこいいか、どこの国で何人の人が話すか、などの情報もありますが、学習者としては「Difficulty(難しいところ)」が気になりました。

以下軽くまとめます(翻訳ではない)。この評価者の個人的意見ということです。

発音=奇妙な子音をなんとか乗り越えたら、4つの声調に取り組まないといけない。
文法=文法は簡単。名詞の変化形や、動詞の活用形がないので。
単語=単語が変化しないので、複雑な語は短い語をつなげて作る。
書き方=音声と全く関係のない文字を習わないといけない(表意文字のこと)。発音を表わすのは、ピンインである。繁体字と簡体字があるのもややこしい。
全体の難易度=私はレベル5と評価する。声調と複雑な表意文字がその理由。私見だが、これは最も難しい外国語であり、マスターした人は尊敬に値する。
習得に必要な時間=読み書きを覚えるなら3~4年というところ。話すだけなら1年。

なるほどね~。でもこれは英語を話す人の立場だから、日本人はもう少しやさしいとも言えるでしょうか(ただし発音については英語話者と同様、日本人だって大変です)。

ちなみに、日本語もレベル5。読み書きと細かい点(?)が難しいが、他の部分はやさしいと書いてある(追加説明なし)。何のこと?日本語は話すだけならやさしいと言われてる点かな?
日本語も中国語も、アラビア語やロシア語よりも難しいって、本当でしょうか?
(フランス語は難易度3ですねえ...。)
[PR]

by L-monger | 2005-08-28 00:44 | 中国語 | Comments(5)  

演技力!(中)

NHKラジオ中国語講座応用編(田口善久先生)のスキット、芸達者な銭波(せん・ぱ / Qian Bo, 2-1)さんと陶卉(とう・き / Tao Hui, 2-4)さんのおかげで、毎度楽しくまねしています。

このところ愉快だったものを挙げると...。

第9課  电脑 (1)
A: 是不是电脑有毛病?(コンピュータの故障ですか)
B: 不是。是硬盘的容量不够了。(いいえ、ハードディスクの容量が足りないのですよ)

陶卉さんが、「ぷーしー!」とあきれたように言うのが面白かった。「まったく、素人はすぐ壊れた、壊れたって騒ぐんだから」って感じで。

第13課 抽烟 (1)
A: 听说你最近戒烟了。(最近タバコをやめられたと聞いたのですけど)
B: 对。不抽了。(ええ。吸うのをやめました。)

銭波さんが、情けない声で「对。不抽了。」というのがおかしい。この後のセリフにも、タバコへの未練がたっぷり。お小遣いが足りないから、タバコをやめたんですね。

この話、次の課と続いているみたいで

B: 公司大楼里禁止抽烟。(会社のビルの中は禁煙です。)
A: 那,抽烟的人怎么办呢?(じゃ、タバコを吸う人はどうするんですか。)

銭波さんの「那,」の後に、息を呑むようなポーズがあって、「ええっ! タバコ吸えないの? そんなのかわいそうじゃないの。」って感じです。実際その後「社員から不満の声が上がらないんですか」って聞いてるし。

この演技、最後のナチュラルスピードの方で楽しめます。
スローなリピート練習は声調を覚えるのに必要かもしれないけど、私は自然な感情が乗っている音声の方が好きですね~。

(いつもの復習ファイルでは、スローな練習の後に、ナチュラルスピード読みにポーズを挿入して編集し、「演技」を楽しんでます。)

入門編でもこれくらい、演技してくれたらなあ。ちょっと弱い。
[PR]

by L-monger | 2005-08-26 01:18 | 中国語 | Comments(2)  

どうやって単語を覚えるか(学)

selhaさんが「まずは4000語」で英単語を4000語おぼえるという「ビジネスパーソンのための英語上達の法則」について書いてらっしゃいました。

原典にあたってないので、「丸暗記せよ。文中に出てきた単語をおぼえるやり方のほうが長期間の意志が必要である」というくだりが良く理解できないのですが、これって単語を覚えるだけで、その例文は覚えないんでしょうか。例えばEnglish word = 日本語の単語、って対照させる?

それと、一日40語って歩留まり100%で考えてますね。
私は歩留まり50%以下ですから(自慢か?)、一日80語!
ははは、無理無理。ヒマと記憶力がありあまってた、10代の頃ならともかくも。

こういうスパルタ式(体育会系式?)の根性論って科学的根拠があるのでしょうか。むしろ、無理な方法の学習法を売り込んで、お客が学習にめげてしまえば、「めげる人は出世できません、こちらの新しい教材をやりましょう」などと言い続けて、自分の商品を買わせ続けることができる?と疑ってしまいます。(昔、私の周囲にそういう人がいました。)

●●●

一語一語をばらばらに覚えるのって、人間の脳には難しいのではと思ってしまいます。最低でもワンセンテンス、できれば流れのあるテクストを暗記して、暗誦するというのが良い方法だと思います。ワンセンテンスの中に3つの新しい単語があれば、一石三丁だし。

(事実、ラジオ中国語講座入門編では、単語個別の練習をしているときはちーっとも覚えないけど、その後例文になるとまとめて覚えられる)

●●●

ちなみに昔々の英吉利語学習のときも、現在の中国語学習でも、私は単語帳を作って勉強したことは一度もありません(いや、正確には去年ポルトガル語を学習したとき、テキストが作れといってたので作ったけど、何の役にも立たなかった)。

いつも例文を音で暗記 & ノートなどに書きなぐるぐらいです。それと多読につぐ多読(=英吉利語をやったとき)。自分に興味のある文章(ポルノでも学術論文でも)読むのが良いみたいです。

●●●

動詞の活用がある言語(フランス語やドイツ語)をやるときも、一応活用表は発音するものの、実際に覚えるのはテキストの例文や、リーダーで「この動詞の不定形はなんだろう」と考えながら、辞書を引くと活用形が覚えやすいようです。そこで結論...

「使わなければ、覚えません!」


ん~、凡庸な結論。

(でも、絶対的に学習時間は必要ですね、5分間づつのバラでも良いから、1日最低1時間とか、短期間でやりたい人はやるべきです。そこは賛成)
[PR]

by L-monger | 2005-08-24 01:10 | 学習法 | Comments(0)  

ABCが読めない (中)

中国語でのABCの読み方が分かりません。
いや、ピンインローマ字が読めないのではなくて、アルファベットを個別に読むとき、どう読むかです。

先週のラジオ中国語講座入門編 Step 78 に「CD」と「DVD」が出てきたのですが、あのしつこく練習させてくれる喜多山先生が、これらの単語だけ発音練習せずに行き過ぎてしまいました。

私の乏しい聴解力で呉さんたちの読む発音を聞き取ったところ、どうも「xi di (4-4)」と「di wei di (4-4-4)」と言っているようです。

自信がないのでネットでずっと調べてたのだけれど、分かりません。もし中国語でのアルファベットの名前の読み方の一覧表みたいなものがあればうれしいのですが。どっかにないかな~?

先生が練習させなかった理由ですが、「本来英吉利語っぽく発音すればそれで良い。しかし、中国人の間で発音差があるので統一的に扱えない」というのでしょうか。

でも、例えば日本語で「V」はブイと発音するのが「正しい」と思います。それが日本国内で通用するアルファベットの読みだからです。もし中国語で「V」を「wei 4」と発音するのが正しいのなら、そう覚えるべきだと思うのですが...。
[PR]

by L-monger | 2005-08-22 00:39 | 中国語 | Comments(5)  

放送大学 外国語への招待 インドネシア語 (印)

放送大学の特別番組「外国語への招待 インドネシア語」 (注:PDFです)が下記のスケジュールで放送されます。
ラジオですけどね(スカパーのラジオでも)。早いほうは、明日の早朝みたいです。

8月21日(日曜) 6時45分-7時30分
9月8日(木曜) 23時-23時45分

興味のある方は聞いてみたらいかがでしょう。

以前同じシリーズで「ポルトガル語」や「ヒンディー語」(次回 8月28日(日曜) 20時 テレビ)を見たのですが、その言語の概観がとてもよくまとまっていたし興味深かったのを覚えています。ポルトガル語(ポルトガル方言)は、そのあとちょこっと勉強しましたけど。

というわけで、インドネシア語も聞いてみたいと思います。
[PR]

by L-monger | 2005-08-20 14:02 | インドネシア語 | Comments(0)  

9月号テキスト発売 (N)

テキストが発売になっていたので、今月は3冊買いました。
いよいよ6ヶ月コースの最終月です。だから、ちょっといつもと違う点が。
以下、気になった情報。

NHKテレビ中国語会話 9月号

「前期の総復習!」と表紙に書いてあって、9月19日(21日)のページに全部のキーフレーズのまとめと練習問題があります。

でも気になったのはそっちではなくて、巻末の「aminこの1曲」のまとめの方。
これまでと違って、ピンインローマ字つきの歌詞が全曲、書いてありました(それと陳先生の訳も)。

実はTalkMaster IIでテレビの音声も6月から録音しているので、aminさんの歌声も残っているのです。やっほう!これで歌ってみよう!

NHKラジオ中国語講座 9月号

入門編、「今日の会話」がどんどん長くなっています。木曜日のまとめは2ページも!ポイント練習もほとんどありません。「自分でやること」と先生の声が聞こえてきます。

楽しみなのは、9月最終週の復習回 x 4。全部問題集!
これで高得点が取れるように、がんばりたいと思います。

それから10月期の予告。入門編は2004年度の遠藤光曉先生の再放送。(評判良かった先生ですね?)
応用編は、金曜日が楊達先生の聞き取り練習、土曜日が劉穎先生の作文練習、だそうです!
あれ、2日間が別々になっちゃうんだ。しかも6ヶ月コースで。今のドイツ語応用編みたい。(回数は同じということですね。)

NHKラジオフランス語講座 9月号


こちらは9月の最初に特別プログラム x 4。
いろんな人が秘密を語るらしい。
駿河台出版社 「フランス語で広がる世界」 もご参照ください...って?
なあんだ、講師の先生の編纂した本か。癒着?

10月期の予告。入門編は、2004年度の杉山利恵子先生の再放送。
待ってました! 今回ザセツした人も、きっと次回は大丈夫でしょう。
私も前回全部聞いたけど、もう一度聞きます。

応用編は3ヶ月コースで、井上美穂先生とニコラ・ガイヤール先生のフランスの若者向け新聞から抜粋した、社会、文化、経済、環境など多岐に渡るテキスト。
むー、また単に素材を並べただけに終わりませんように。日本人+フランス人講師のダブル担当は過去の経験からは、良い講座になりそうな気もしますが、油断はできないです...。
[PR]

by L-monger | 2005-08-19 00:45 | NHK語学講座 | Comments(4)  

「-n」と「-ng」の区別 (中)

一週間遅れですが、NHKテレビ中国語会話 第19課録画しておいたのを見ました。

陳淑梅先生の教えにはいつも新たな発見があって楽しいです。
今週、私が面白かったのは「-n」「-ng」で終わる母音の区別(ピンインハスラーで)。

クチの前方を閉じるのが「-n」で、奥のほうを閉じるのが「-ng」。金子君と一緒に、んが、んが言ってみました。本当だ! 母音の発音位置が動いている! そういうイメージが頭の中にできると、不思議と楽に発音の区別ができるようになりました。理屈は知ってたのに...。

金子君もちゃんと聞き分けできてて (他听懂了!)すごいと思いました。(本当に事前に教わってない?)

でもこれは日本人にはカンニング可能なのですね。(金子君がやってるとは言わない)

有名だけど、書いちゃおう。
日本漢字音で「ン」で終われば、中国語で「-n」
日本漢字音で「ウ」や「イ」で終われば、中国語で「-ng」

例. 南 ナン nan2、川 セン chuan1
  東 トウ dong1、中 チュウ zhong1

(参考:相原先生の「発音の基礎から学ぶ中国語」)

それにしても、陳淑梅先生、そのうちラジオの入門編をやってくれないかな?
毎日発見があって面白いレッスンになりそう!
[PR]

by L-monger | 2005-08-18 01:40 | 中国語 | Comments(6)  

隠れた教え (中)

NHKラジオ中国語講座入門編も最後まであと6週間です。

これまであまり書く機会を見つけられないでいましたけど、喜多山幸子先生の講座は本当に素晴らしいと思います。中級以上の人には物足りないのかもしれませんけど...。

個々の学習項目もさることながら、それらの教え方によって大きな影響を受けていると感じます。以下、項目を列挙します。

(1) レッスンの最初に前のレッスン(今日のひとこと)の復習をする。
=復習が常に大事であると教えてくれています。木曜日の「今週の会話」も。

私はいつも日本語を聞いてぱっと答えを言おうとするのですが、うまく行かないことも結構あります。今日の「このグレーの帽子はそれと同じ大きさです」を聞いて、思わず「有 大小 一样」などとばかげたことを口走っていました。「这顶灰帽子 跟那顶 一样大」です、当然。

(2) 「今日のポイント」ではまず説明をして、後で発音練習をする。
=意味の理解が先で、分かった上で発音しなければ定着しにくい。
(どっかのフランス語講座ではダイアローグで逆のことをやってますが)

私は自分でハードルを上げています。「語句」で習った単語しか出てこないのだから、絶対聞き取れるはず、と考えてテキストを見ないで聞き取っています。理解を先取り、というわけ。

でも今日なんか(Step 77)、「清大家 "带好" (daihao 4-3) 自己的东西」なのに「太好 (taihao 4-3)」などと聞き取って「???」となってました。でもおかげで「带好」をしっかりおぼえましたけど。

(3) レッスンポイントは、同じ意味の表現、反対の意味の表現、関連した表現を同じ日または同じ週のレッスンでまとめて教える
=同意、反意、関連を行き来できなければ、意味を理解したとはいえない。

というわけで、自分で活用してみなければいけないのですが、なかなか時間が持てません。せめて、復習ファイルを聞くときに、「部長は課長より口うるさくない」を「課長は部長より口うるさくない」と言い換えてみたり。

さて、今回の講座ではどこまでいけるか、楽しみです。
(でもアウトプットする時間がないのが、今の私の一番の問題だったりして)
[PR]

by L-monger | 2005-08-16 01:02 | 中国語 | Comments(0)  

旅するベトナム語 - 第3週 (越)

「アジア語楽紀行 旅するベトナム語」、第7回~第9回が終わりました。

ちょっとザセツ気味。第7回は、伸びた高校野球中継のあおりで録画されてなくて見れず、リアルタイム視聴もできなくて第8回と第9回は同じ日に見るし、中国語応用編が難しくなってベトナム語の復習ファイルは作れなかったし。

それはそれとして、今「ベトナム語のしくみ」を読んでます。通読してしくみを理解する超入門書ですが、なかなか面白いです。

付録のミニCDの音声をMP3にして、TalkMaster II で聞いているのですが、気がついたことが一つ。

ラン・フォンさん(案内役の女性)の声の高い、日本で言えばぶりっ子風の話し方は別にベトナム語自体の特徴ではないようです。

「ベトナム語のしくみ」のCDではもっと落ち着いた声の高さの女声なので、助かります。実は高い女声って苦手なんです。
[PR]

by L-monger | 2005-08-15 00:48 | ベトナム語 | Comments(2)