<   2006年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

本当にひとこと(1月29日)

またしても忙しくなってしまったので、しばらく不定期にしか書けません。
でもラジオ講座を聞いて練習する時間は確保するつもりです。
ネタがたまったら、ちょっとづつ書きますね。
[PR]

by L-monger | 2006-01-30 01:24 | ひとこと日記 | Comments(4)  

内容はお客さんしだい?(1月27日)

NHKのラジオ語学講座(フランス語、中国語)を聞いているのはどんな人たちなのでしょう?

想像ですが、フランス語は大学で履修中(第2外国語とか)の大学生やフランス旅行に行きたい人などフランスの文化にあこがれている人。中国語は、中国や日本で中国人とビジネスまたは日常の会話をしないといけない必要に迫られた人が多いような気がします。

(もちろん、私のように「そこに山があるから登るのだ」という趣味人はいるでしょうけど、数の上で大多数はそんな人たちじゃないのでしょうか。)

そのためか、中国語は実用的な内容で、相手に対してアクティブに働きかけるような練習=アウトプットが多く(少なくとも今の入門編も応用編もそのような内容)、フランス語は文法を理解し、相手の文化を吸収できれば良い=インプットの多いものになるようです。

別にNHKの講座案内にそう書いてあるわけじゃないですが、売れる方向に傾斜していくのは当然のことなのでしょうね。

私は山に登りたいと思っていますので、実はフランス語のようなラクなやり方はちょっとなあ...と思ってます。今の講座はそれなりに良い感じなのですが、もっとしごいてくれる講座にならないかなあ、4月期から。

(フランス語は市販の教材が多いから、本格的なものはそちらにまかせてるのかな、という疑問もちょっと。でも中国語の教材も今はすごく多いけど。)
[PR]

by L-monger | 2006-01-28 00:32 | フランス語 | Comments(6)  

中国語のYesの言い方 (1月26日)

やっと、とても忙しい仕事が終わりました。明日からは普通に忙しいです。
2日間書き込みできなかったので、フラストがたまりました。

* NHKラジオ中国語講座入門編 Step 62、63、64

根本的な問題なのですが、中国語ってYes/Noがないのですね。Yes/Noと似た言い方(对,是啊/不,不是など)はあるけど、完全に同じでない。

なによりも、ここで日本人(とか英語話者)なら「ええ/いいえ」と言いそうなところにそれがないような気がします。

具体的に。「你累了吧? / 有点儿累了。(疲れただろう? / ええ、ちょっと疲れたわ。)」

上記、テキストの訳にわざと「ええ」を挟んでます。この方が自然でしょう?
思うのですが、「ないのだ」というのも立派な学習項目じゃないでしょうか?

(想像ですが、日本人で中国語を話す人は「对」や「是啊」を連発するかもしれませんね。私もしそうです。)

フランス語はまた明日...。
[PR]

by L-monger | 2006-01-27 01:29 | 中国語 | Comments(0)  

ひとこと日記 (1月23日)

昨夜も何とか予習の時間を確保(スキットを日本語訳から訳し戻す)。やらないと気持ちが悪くなってきました。

* NHKラジオ中国語講座入門編 Step 61

遠藤光暁先生はいつもナイスな指摘をしてくれます。
「了」は状態を表わす述語に付けば変化を表わし、動作を表わす述語に付けば過去を表わすのですね。

この状態の変化というのが分かりにくい。英語では言いませんからね。あえていえば、nowって感じかな?(過去ならthen)

我累了。(私は疲れました。I am tired now.)
我喜欢喝咖啡了。(私はコーヒーが好きになりました。I like coffee now. =動詞はあえて省きました)

* NHKラジオフランス語講座入門編 Step 61

最上級。基本を忘れてました、形容詞は後!
C'est la place la plus grande d'Europe.
(それはヨーロッパで一番大きな広場です。)

(x) la plus grande place と言いたくなるよね、普通は前に来る形容詞だから。それと前置詞はde なんだ、へえ。
[PR]

by L-monger | 2006-01-24 01:26 | ひとこと日記 | Comments(2)  

ひとこと日記 (1月21日)

* NHKラジオ中国語講座応用編 第15課コミュニケーション編

昨日は30分間ほど予習する時間がありました。ラッキー。
予習してあると、半分は憶えているので、残りは後半分なので結構ラクです。

例えば作文の2番「必ず何とかして解決します。」は「我一定解决。」しか分かりませんでしたが、これに「想办法」を憶えれば良いだけです。「我一定想办法解决。」

人間の記憶力って少しだとナメてかかるけど、たくさんだと怯えて逃げてしまうような気がします。

(マンガで女性秘書の顔がだんだん鬼のようになるのが面白いですね。無理もないけど。)

1/22追記:「觖决」→「解决」に訂正しました。nahoさん、谢谢。
[PR]

by L-monger | 2006-01-22 00:26 | ひとこと日記 | Comments(3)  

ひとこと日記 (1月20日)

* NHKラジオ中国語講座応用編 第15課イメージ編

今日は塗り絵がありませんでした。何か物足りない。

いつものようにピンインを漢字に直す予習をしている時間がなかったので、10分ほどでピンインで分からないものを、辞書で引くだけにしました。chuleとか、yihuir なんて簡単なものがわからない。分かってみれば「なあんだ」なのですが。

* NHKラジオフランス語講座応用編 Leçon 5

意外と続いてます。自分でリーディングしたものの録音と、講演者ルネ・ドゥペストル氏の録音を交互に聞いて、耳に定着させてます。せっかくフランスから独立を勝ち取ったハイチですが、(混血の度合いによるグラデーション的な)人種間の闘争があったという話。植民地主義はひどい迷惑ですね(今の中東情勢もそのなれのはて)。

フランス語は難しい単語ほど英語に似ていて分かりやすいというのは、中国語も(字で見れば)難しい単語ほど日本語に似ていて分かりやすいというのに似ています。つまり、早く中級の内容をやったほうがラクかもしれない、と思ったり思わなかったり。
[PR]

by L-monger | 2006-01-21 00:34 | ひとこと日記 | Comments(1)  

ひとこと日記 (1月19日)

何だか忙しくなってきたので、来週まで短い記事になりますが、ご勘弁を。

* NHKラジオ中国語講座入門編 Step 59 & 60

「你是从什么时候开始的?」「一参加工作就开始了。」のやりとりで、答えのほうまで「的」になってしまいますね。対策として、「是从什么时候~的」を固めて憶えて、それ以外は「了」と繰返し覚えるようにします。

ちょっと思ったのですが、「~了~」と「~了~了」の意味の違いって、英語の過去形と現在完了形の違いに相当するかもしれません。

* NHKラジオフランス語講座入門編 Step 59 & 60

英語と違って何が難しいかって、現在形、近接未来形、単純未来形の3つも未来を現す方法があるので、迷ってしまうのですね。

でも、単純未来形をたくさん使っているのは、書き言葉の星占いと、車内アナウンスだけですね。正式な感じがするのかもしれません。
[PR]

by L-monger | 2006-01-20 01:40 | ひとこと日記 | Comments(0)  

ひとこと日記 (1月17日)

* NHKラジオ中国語講座入門編 Step 58

「了」の用法は結構難しいものですが、なぜか予習では間違いませんでした。だけど良く覚えなきゃいけませんね。数量補語のあるなしで、「了」の位置が違うということを。
我喝咖啡「了」。(私はコーヒーを飲みました。)
我喝「了」一杯咖啡。(私はコーヒーを一杯飲みました。)
これを使いこなすには、どういうアタマの動かし方をすれば良いのでしょう?
「一杯」などの数字を言いたいなと思ったとたんに、動詞「喝」の後に「了」を言っていったんけりをつけるクセをつければ良いのかな?

(おまけの英語訳)
- How long did you jog?
- Half an hour.

* NHKラジオフランス語講座入門編 Step 58

星占いはおぼえる気になれないのですが「Vous risquer de perdre un grand amour.」(大恋愛を失う恐れがあります)ってすごいので、覚えちゃいました。はは。

むしろ役に立つのは Bah, ça m'est égal.(どっちでもいいわ/しょうがない)のほうですね。
Bah って音がすごいですね、羊の鳴き声みたいで。男も女もこれを言うのだから、フランス語って...。

マリアの過去に何があったのでしょう?

(おまけの英語訳)
- Taurus. "Affection: You may lose a big love."
- Huh, I couldn't care less.
- "Success: The fate will soon prove that you are in the right."
- Oh, that's very good.
[PR]

by L-monger | 2006-01-18 01:13 | ひとこと日記 | Comments(0)  

ひとこと日記 (1月16日)

先週から講座前の日曜日夜にスキットを日本語訳から対象言語に訳しもどしてみる「予習」をやってますが、やはり覚えが良くなるようです。自分のテーマを持って、講座を聞けるからかな。リピーターの皆さんはお試しあれ(初心者はつらいだけだから、やはり復習に集中したほうが良いでしょうね)。

* NHKラジオ中国語講座入門編 Step 57

今日の私にとってのテーマ(予習で間違えたポイント)は、「每天都」(毎日~する)でした。「都」を忘れました。忘れるぐらいなら、つけて覚えてしまえば良いのです。「每天都、每天都」と繰り返してました。

それにしても「跑步」(paobu, 3-4, ジョギングする)って難しい発音ですね。paopu や baobu その他考え付くだけの順列組み合わせになってしまいます。

(おまけの英語訳)
Did you jog this morning, too?
Yes. I jog every day.

* NHKラジオフランス語講座入門編 Step 57

こっちはテーマを絞れないほど間違いました。決まり文句といい、前置詞といい、星占いの文章といい、難しいです。中国語の入門編と違って、このレベルまでカンペキに使いこなせることは求められてないからかな(分かればよいという感じ)。

思うのですが、発音のとき、単語でなくフレーズを言うほうが役に立つような気がします。例えば「D'après la méthéo」(天気予報によると)、「marcher sous la pluie」(雨の中を歩く)、「ton signe du zodiaque」(あなたの星座)。こうすると、前置詞と名詞の性までまとめて一口で覚えられるのになあ。

(おまけの英語訳)
According to the weather report, it's fine in Bordeau.
Great! I hate walking in the rain.
Oh, here's a horoscope. What's your sign (of the zodiac), Maria?
I'm a Taurus.

「le zodiaque」 は黄道十二宮のことらしいですね。ちなみに Je suis Capricorne.です。
[PR]

by L-monger | 2006-01-17 00:35 | ひとこと日記 | Comments(0)  

ひとこと日記 (1月15日)

昨日は何とPCのLAN機能に不具合が出て、ネットにつなげませんでした。今日、580円のLANボードを買ってきて解決。やっと更新できます。

* NHKラジオ中国語講座応用編 第14課イメージ編 & コミュニケーション編

今週も塗り絵がありました。なんだか、学習と関係なく、塗るの自体がだんだん楽しくなってきました。最後の塗り絵、子供や凧まで全部塗りたいと思いませんでしたか?(空には凧、风筝=fengzheng 1-0、もあるよね。)今週はひとつも間違えませんでした。

今週はシビアな価格交渉の話。私の妄想を駆り立てます。それぞれテキストのセリフを参照しながらお読みください。

1行目の高原健:(気に入ってくれたみたいだな。売れるのは間違いないんだから、今回の出張ではなるだけ注文させるようにと部長に言われたし、ガンバラなきゃ。)

2行目の王社長:(大量発注って、売れ残ったらこっちのリスクじゃん。価格、中国じゃ高すぎるしなあ。仕切りを少しでも下げてもらって、値引きの余地を作りたい。)

3行目の高原健:(しょうがない。まず少しでも発注してもらって、この商品の売れることを分かってもらおう。)

4行目の王社長:(えっ、付き合い長いのに、最初は値引きなしですか?仕方ない、まず部下にどれぐらいならリスクが小さいか、計算させてから相応の量を発注しよう。)

...なんて考えているのかあと思いながら、発音するとよくおぼえられます。
[PR]

by L-monger | 2006-01-16 00:52 | ひとこと日記 | Comments(2)