<   2006年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

直訳勉強法(2月27日)

* NHKラジオ中国語講座応用編 第20課

劉頴先生の勧めていた直訳をやってみました(最初から6ターンだけ)。これで中国語により近づいた理解になるかなと思って。中国語には常体と敬体の区別がないので、全部常体にしました。ぶっきらぼーです。

[試訳1: 直訳]
店員: いらっしゃいませ、ミスター、あなた様は何人か? 予約はしたか?
高原: 私たちは2名だ。予約はしていない。
店員: では、あなた様は少々の時間、待つ必要がある。今日の昼は客がとても多い。
高原: 大体、どれぐらいの時間待たなくてはならないか?
店員: 何とも言えない。今、あの奥のテーブルの客人は、すでにデザートを出している。彼らが帰り次第、私があなたたちを呼ぶが、それで良いか?
高原: 良い。では、私たちはここで待つことにした。

今度は思いっきり日本語に近づけて訳してみました。

[試訳2: 意訳]
店員: いらっしゃいませ、お客様は何名様ですか?予約は承っておりますでしょうか?
高原: 2名です。予約はしていません。
店員: 本日は混みあっておりまして、少々お待ちいただくことになりますが。
高原: どれぐらい待ちますか?
店員: そうですねえ、奥の席のお客様がもうすぐ終わられると思いますので、
そうしたらお呼びいたしますが、よろしいでしょうか?
高原: はい、じゃあ、待ちます。

気がついたこと。
(1) 中国語は具体的。「今日の昼(今日でいいじゃん!)」「客が多い(混んでいるの意味)」「あの奥のテーブルの客人/ デザートが出ている(そんな具体的に言わなくても!)」など。
(2) 話す順番が、「待つ必要がある」→「混んでいるので」。つまり、結論が先で、理由は後。(日本語でまず理由を言ってから、結論を言うのと逆)。
(3) 日本語は相手との距離により、動詞の形が変わりまくって、とても大変。「お待ちいただく」など。

試訳1からは中国語にできるけど、試訳2からはとても戻せないなあ。つまり、中国語作文をする際は「中間言語」として試訳1みたいなのを考えれば良いのか!(いや、最初から中国語で考えるのがベストだろうけど、日本語の引力が大きいときは方便として)
[PR]

by L-monger | 2006-02-28 02:06 | 中国語 | Comments(2)  

いろいろ勉強中(2月24日)

ChinesePodは「中级28 Negotiating Price」を聞きました。やっぱり中国語で中国語の説明をされると無理ですね~(初級までは説明はほとんど英語)。

これは上海発の番組なので、発音を聞いているとやはりあまり「儿化」しないのですね(普通話ですけど)。考えてみたら、上海語にはそり舌音もなかったのでした。日本人は好きかも。

* NHKラジオ中国語講座応用編 第20課

店の人、発音が早いというより、声が小さい!バックの騒音が大きすぎ!でも現実はこんなものか。

字を見たらスキットの意味は大体分かりましたが、「那边儿还有茶水可以用。」ってどういう構文?(「あちらでお茶もお召し上がりになれます」) 「那边儿您可以用茶水。」なら分かるけど。

* NHKラジオフランス語講座入門編 Step 80

文学コーナーで「Aux paysans qui lui demandent si tel endroit de Paris est loin de tel autre,papa repond: Peuh! Il n'ya que la riviere a passer.」
(パリのどこどこの場所は別のどこどこから遠いのかと聞く農民たちに、パパは答える「ふん、川を渡るだけだよ」)

un endroit (場所)はこの前、朝倉単語集で憶えたばかりだからちょっと嬉しかった。朝倉先生の説明では「endroit は lieu より狭い、lieu の中の特別な場所」らしいです。
[PR]

by L-monger | 2006-02-25 01:02 | ひとこと日記 | Comments(5)  

正しいコンセプト(2月23日)

遠藤光暁先生のラジオ中国語講座入門編は、私がこれまで学習したどの外国語の入門偏とも違ったやり方をしています。そして、そのベースとなっているコンセプトは、しびれるほど正しいものだと思えてなりません。以下、思いつくままに...

(1) 文法の説明は短く最低限に、その分、例文を練習する時間を長く。
遠藤先生は多少抽象的な言い方でも、どんどんしゃべり、後は練習しながら考えてくださいねという方式です。極論すれば、リクツは忘れても例文を憶えていれば、そこからリクツを思い出すことができますからね(私も英語で何百篇もそういう経験をしています)。

(2) うろ覚えのたくさんの例文より、発音・語法まで理解した少数の例文を憶える。
だから例文が少なく、徹底して練習します(文法説明と転換練習、応用会話の例文がかぶっている)。

(3) 昨日のレッスンは忘れてはいけない、毎回1週間分のスキットを練習する。
漆の重ね塗りのように毎日練習すると、木曜日の最後のスキットの前に「もう細部がすみずみまで理解できるか、聞いてみてください」とおっしゃるとおり、素晴らしい達成感のある経験ができる。(この目的のために、スキットは8往復分しかない短いものです。フランス語などの二分の一です。)

まだまだありますが、今日はここまで。

もちろん、自分でこのようにやれば良いのですが、外国語講座では「外国語の知識そのもの」に加えて「外国語の習い方」を憶えることこそ大事だと思います。6ヶ月でできることはたかが知れてますが、方法を理解すればそのあと、自分で正しい学習を続けていけますから。

他の外国語の入門編(やいくつかの応用編)が大学の授業のように「素材は置いていきますから自分で好きなだけ取ってくれれば良いですよ」は結構無責任、というか、ツマラナイ教え方だと思います。(前期の某国語講座はその見本ですね。)
[PR]

by L-monger | 2006-02-24 00:46 | NHK語学講座 | Comments(0)  

練習の工夫(2月22日)

* NHKラジオ中国語講座入門編 Step 79

センテンスの順番で憶えやすかったり憶えにくかったりします。

A. 「肉已经烤好了,可以吃了。 / 看来,蔬菜都差不多了。」
(肉はもう焼けたから、もう食べられるよ。 / どうやら野菜はみんな出来上がったようね)
B. 「这只虾还没烤熟。 / 你把虾放回去,再烤烤吧。」
(このエビはまだ火が通っていないわ。 / エビを戻して、もうちょっと焼いたら。)

Aブロックの間に Bブロックが入っていると考えて、ようやく暗記できました。

* NHKラジオフランス語講座入門編 Step 79

ロールプレイをあまりやってくれないので、リピートのときに「先取りリピート」しています。
やり方は簡単。ミカエルさんの言ったセリフの次のセリフを言うのです。

暗記してないとできないけど、意外と前置詞などがうろ覚えだと分かります。
(冠詞や前置詞の熟練のための練習だけずっとやっていたいぐらい。)
[PR]

by L-monger | 2006-02-23 00:28 | ひとこと日記 | Comments(2)  

主語を入れるワケ(2月21日)

ChinesePodは「初级15 Buying A Car」を聞きました。これぐらいのレベルだと退屈もないし、分かる範囲の中国語ですね。

Jennyの言った例文、「你为什么不结婚?」(あなたはなぜ結婚しないの?)に対して、Kenが「Jenny, you sound like my mother.」(僕が母親に言われるセリフだね)というのがおかしかったです。

NHKの講座でも時々個人的な反応を混ぜてくれると、言葉の意味がリアルに感じられて楽しいですね。(フランス語の杉山利恵子先生とミカエルさんは時々やってますが!)

* NHKラジオ中国語講座入門編 Step 77&78

予習では、結果補語を使うのを完全に忘れてました。だけど、返事で「好。」はできたから嬉しい。(ちょっと前はできなかったから)

火曜日の「你把虾放回去,再烤烤吧。」(エビを戻して、もうちょっと焼いたら。)が「你」で始まるのが新鮮でした。そう、「あなた」って言わないと「わたし」がエビを戻す可能性もあるからですね。

失礼ながら、「あなた、エビ戻す、もっと焼く、いかが」と考えると、主語が付加されることに納得がいきます。(中国語はもっと厳密なものですが、日本語から見るとそう見える面もあるということで。)

* NHKラジオフランス語講座入門編 Step 77&78

Paolo est alle voir un film polonais. Maria jouait dans ce film. (アクサン略。パオロはポーランド映画を見に行きました。マリアがその映画に出ていました。)

半過去形って英語の「過去進行形」みたいに考えるとわかりいいような気がします。状況説明って進行動作になりやすいので。

映画に出るのって「jouer 」(プレイする)なんですね。

(マリアってどんな演技するんだろう?)
[PR]

by L-monger | 2006-02-22 01:37 | ひとこと日記 | Comments(0)  

妄想(2月19日)

* NHKラジオ中国語講座応用編 第19課

高原さんと骨董店の店員さんの会話の続きでした。
店員さん役をやってる梁月軍さんがすごく上手いので、まるで本当に値切り交渉をやってるような気になれます。

そこでいつもの妄想です。テキストP.84の日本語訳参照。

5行目の高原:400?だめだめ、高すぎるよ
         (高原の心の声:400でも良いけど、300に値切れるかな?)
9行目の高原:まだ高いよ。200!200で売ってくれない?
         (高原の心の声:これぐらい言っておけば、300にできるだろう)
12行目の店員:はいはい、お客様、分かりましたよ、じゃあ300で。
         (高原の心の声:やったね。狙い通り。良い買い物をした!)
         (店員の声:元値が100だから、200でも良かったけどね。だいぶん儲かった!)
[PR]

by L-monger | 2006-02-20 00:57 | 中国語 | Comments(0)  

2006年4月期発表(2月18日)

応用編の予習で忙しいのでちょっとだけ。

テキスト3月号が発売になりました。同時に4月からの講師陣なども発表になっています。
こちらに。上の方のボタンで見てください。

テレビ中国語の陳淑梅先生は続投のようで良かったです。キャストは入れ替わりみたいですが。
ラジオ中国語は一日三回放送になるようです。流行ってるなあ。 蒋文明さんは好きな声です。
「アジア語楽紀行」で広東語!でも6月。

テレビフランス語は何と、杉山利恵子先生とミカエルさんが!悪ふざけして欲しい!
ラジオフランス語は何と、六鹿豊先生が!もう古いフランスの歌をかけないで欲しい!

新学期って何か興奮しますね。

(高柳翔君って最近の若者風でした。グリグリメガネみたい感じを想像してたのですが。声では分からないですね。)

*02/19追記 tomoさんの所chai_naoさんの所でも新学期の記事があります。参考まで。
[PR]

by L-monger | 2006-02-19 01:01 | ひとこと日記 | Comments(12)  

ポッドキャスティングで中国語(2月16日)

図書館で「ポッドキャスティングde英会話」という本を借りました。いまさら英会話番組を聞こうとは思わないのですが(逃避にならないので)、これって他の言語にも応用できるかもしれないと思いました。

中国語講座も良いのですが、昨年3月までの榎本先生の講座では時々自由会話(講師とゲストの間で)があったものの、この10ヶ月ぐらいは「真面目な」講座で自由会話にうつつをぬかしてくれません(遠藤先生の講座はそんなスキマさえないし)。

だけど、習った言葉がどう使われるのか、しょっちゅう聞かないと聞く力は伸びないはずです。そうかといって生の中国語(とか)は聞いて分かるほど語彙力がない。

ちらっとネットを検索したら、ChinesePod.comというのがありました。英語で中国語を教えているようです。

最初に出ていた「中级27 Buying A Computer」を聞いてみました。15分ほどの番組。一応スキットもあるけど(台本をめくる音が入ってますよ~!)、それより二人のDJのやり取り(英語とちゃんぽん)が面白いです。(Right? に対して 对。とか)中級はやはり多少きつかったので、次は初級かな。

フランス語でも探してみたいと思います。

* NHKラジオ中国語講座入門編 Step 75

スキットが難しくなかったので、ロールプレイでは完全に演技に集中することができました。楽しい。ひょっとして成功体験を積ませるのが、狙いだったのかな?
[PR]

by L-monger | 2006-02-17 01:14 | ひとこと日記 | Comments(10)  

フランス語と中国語の共通点(2月15日)

* NHKラジオ中国語講座入門編 Step 75

ああ、あと四分の一しか残っていないですねぇ。
今日の表現「现在先别看。」は感覚的に納得いきません。
(テキストの意訳=今は読まないで。/テキストの直訳=今はまず読まないように)

今は「まだ」読まないようにとするのが日本語では普通だと思います。
「现在」と「先」が共存することが不思議な感じです。

あと「不要客气。」って「遠慮しないで下さい」ですが、「遠慮してはいけません」って感じかも知れないと思いました。

* NHKラジオフランス語講座入門編 Step 75

空耳アワー。病院の受付の人のセリフ「Je vous met alors a ... 16 heures 30.」(では、16時半にお入れします)の最初を「Je veux mais...」(そうしたいけど...)と聞いてしまいました。門前払いかなって(苦笑)。

ところで、フランス語と中国語(普通話)は似ている部分があります。音節が母音で終わることが多いので音が響かせやすいとか、そうなった原因が語尾の子音を発音しなくなったからというのも似ていますね。

さらに昨日、Easy French Reader を読んでいて気がつきました。動詞 apprendre の意味は「1. 習う 2. 教える (実地の訓練を要するものを教える)」の両方の意味があります。中国語では「上课 shangke 4-4」が「1. 授業をする 2. 授業を受ける」の両方の意味があります。

どちらの言語も、ひとつの単語の意味が広いのですね。混乱しないのでしょうか?
[PR]

by L-monger | 2006-02-16 01:24 | ひとこと日記 | Comments(2)  

似た言葉(2月14日)

* NHKラジオ中国語講座入門編 Step 74

私にとっての今日のポイントは、
(1) もう「你」は要らない。
(2) 「買って来た」は「买来了」じゃなくて、「买回来了」。

遠藤先生、うまい手を使っていて、スキットの日本語訳では「私が頼んだ本、買って来た?」なのに、今日の表現の日本語訳では「私が頼んだ本、買って帰ってきましたか?」と直訳しています(劉頴先生おすすめの直訳)。そうか「買って帰って来る」なんだ~、標準は。

疑問が一つ。今日の表現は「你把我要的书买回来了吗?」って言えるのでしょうか?うるさいか。(でも自分の訳でも「我要的书, ...」ってしたから、納得してないわけじゃないです。)

* NHKラジオフランス語講座入門編 Step 74

今日も早口言葉。Nous ne nous inquiétons pas. (ヌヌヌザンキエトンパ=私たちは心配しません)ミカエルさんみたいにゆっくり発音するとかえって言いにくいですね。ここはスピードをつけて!ヌン・ヌーザンキエトンパ!

朝倉単語集、P.70まで終了。やっと四分の一。embarasser (オンバラッセ、当惑させる)がembrasser (オンブラッセ、キスする、抱きしめる)に似ているのは何かの皮肉でしょうか。しかし、英語じゃ、キスと抱きしめるは別々なのになあ(それぞれkissとembraceエムブレイス)。

バレンタインらしい話題?
[PR]

by L-monger | 2006-02-15 00:28 | ひとこと日記 | Comments(0)