<   2006年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

いろいろ気づくこと(6月29日)

* NHKラジオ中国語講座入門編 Step 52

同じ「个」という単語でも、陳涛さんは「グ」に近い音、蒋文明さんは「ガ」に近い音で発音しますね。巻き舌は、蒋文明さんの方がより深い感じです。そうそうこの前、quanはチュアンに近い音で統一して発音しますと先生はおっしゃいましたが、発音練習では蒋文明さんはチュエンに近い音になってました。いや文句ではなくて、普通話って許容する音の範囲が結構あるのだなあということです。

* NHKラジオフランス語講座入門編 Step 52

最初の頃大急ぎみたいなカリキュラム進行だったせいか(そこで時間を稼いだ?)、最近はじっくりという感じもあります。同じ「知っている」でもsavoir と connaitre があり、同じ「できる」でも savoir と pouvoir がある。こういう区別は難しいですが、時間をかけて区別できると、外国語をやっている醍醐味を感じます。

[今日の学習]
皿洗い学習: 80分 机での学習: 15分
- NHKラジオ中国語講座入門編 Step 52
- NHKラジオフランス語講座入門編 Step 52
[PR]

by L-monger | 2006-06-30 01:04 | ひとこと日記 | Comments(2)  

100円のCD教材(6月28日)

出張先で買ったダイソーの「やさしい日常中国語会話」ですが、家に戻ったらぜんぜん読む時間がないことに気づきました。仕方がないので、皿洗い学習ができるように、近所のダイソーに行ってこれに対応した100円のCD教材(笑)を買ってきました。MP3ファイルに変換してTalkMaster IIで聞いてます。ちょっと頼りない感じの女性の声がメインで、ときどき男性が入ります。思ったよりなまってないみたい。ゆっくり話してくれるので、9割がた聞き取れてうれし~い。

* 06/29追記: CDケースに吹き込み者の名前が書いてあるのを見落としてました。「蓮池秀代(女性)」さんたちです。「あれ、日本人?」と思ったら「中国語のナレーターはネイティブスピーカーです」と書いてありました。

* NHKラジオ中国語講座入門編 Step 51

副詞「大概」も動詞の前、動詞の前です。英語などではabout を名詞の前に直接つけるので、気をつけなければいけません。There are about 6,000. がこっちでは 大概有六千多个。
あれ、時刻の表現は動詞の前に出るので「大概」が直接かかるように見えますね(大概十点多来)。でも実は動詞にかかっているのでしょうね。

*07/01追記: 勘違い! 「大概十点多来」の「大概」はabout の意味ではなく、「たぶん」perhaps の意味でした。テキストの訳では「たぶん10時過ぎに来ます」となっています。二つ意味があるのですね。ということは、動詞にかかっていると考えてOKなわけです。(もっとはっきり書いておいてくれたら...ブチブチ)

* NHKラジオフランス語講座入門編 Step 51

Agnes vit toujours seule depuis son divorce? (アニェスは離婚してからずっとひとりなの?)というフランソワの台詞は思わせぶりですね。人称代名詞の間接目的語は、すぐに名詞から代名詞への変換ができないので、自分でたくさん練習をしなくてはなりません。楽しみ!

[今日の学習]
皿洗い学習: 80分 机での学習: 15分
- NHKラジオ中国語講座入門編 Step 51
- NHKラジオフランス語講座入門編 Step 51
[PR]

by L-monger | 2006-06-29 01:36 | ひとこと日記 | Comments(2)  

祝!半分完了(6月27日)

入門編は今日でとうとう、ステップ50を数えました。まだ聞いているみなさん、よくがんばられましたね。さあ、残りあと3ヶ月です。

* NHKラジオ中国語講座入門編 Step 50

発音ジムでやった eng は私苦手です。これが含まれる単語は、どうも覚えられないような気がします(応用編で出た「建成」 jian4cheng2とか)。そんなことも言ってられないので、ウンだかオンだかはっきりしない母音をがんばっています(フランス語の中間的な母音は好きなんですが、何が違うのだろう)。

副詞の「先」も気をつけないといけませんね。動詞の前、動詞の前です。You go first (君が先に行って)ならば、「你先走吧」かな?自作例文では「咱们先买饭票吧」(先に食券を買いましょう)と書いてみました。食いしん坊ばんざい。

* NHKラジオフランス語講座入門編 Step 50

スポーツをする、学問をする、を faire 一語で片付けてしまう。しかも部分冠詞をつけて。この表現のアバウトさがフランス語らしくなくて好きです。Il a fait de la philo à l'université.(彼は大学で哲学をやりました)なんて例文を考えました。フィロってのも軽くて良いですね。

[今日の学習]
皿洗い学習: 80分 机での学習: 0分
- NHKラジオ中国語講座入門編 Step 50
- NHKラジオフランス語講座入門編 Step 50
[PR]

by L-monger | 2006-06-28 00:56 | ひとこと日記 | Comments(7)  

何の不思議もなけれども(6月26日)

* NHKラジオ中国語講座入門編 Step 49

「人が本当に多い」は中国語で「人真多」と言いますね。何の不思議もないみたいですが、フランス語や英語ではNGです。Il y a beacoup de monde. (There are many people.)という文型で言わなくてはならない(x People are many. と言えない)。でも中国語にも同じ言い方ありますね、「有很多人」とか。何かニュアンスが違うのかな?

今日の曜日の言い方はさすがに憶えていたので、リピートのときは先取りリピート(ゲストの先生の前に発音して、自分の声調をチェックする)。むむむ、まだ1割ぐらい間違いますね~。

* NHKラジオフランス語講座入門編 Step 49

最近六鹿先生は、「音声だけ練習」を心がけてますね。テキストを見ないでリピートしましょうとか、以前出た例文を言いますので聞き取ってみましょうとか。これはとてもよい練習だと思います。人間は意識の大部分を視覚に頼っていますから、聴覚に意識が行かない傾向にあるのです。私も皿洗いでテキストをあまり見れないのが、聞き取りの集中力をあげていると思います。「テキストを閉じて!」皆さん、お試しあれ。

それにしてもバタフライもクロールも私はできません。Je ne sais pas nager!

[今日の学習]
皿洗い学習: 60分 机での学習: 0分
- NHKラジオ中国語講座入門編 Step 49
- NHKラジオフランス語講座入門編 Step 49 (明日で半分終わり!)
[PR]

by L-monger | 2006-06-27 00:30 | ひとこと日記 | Comments(2)  

ひとこと日記(6月25日)

[今日の学習]
皿洗い学習: 80分 机での学習: 60分
- NHKラジオ中国語講座応用編 第21課(+復習第19, 20課)(今週分をまず1個消化)
[PR]

by L-monger | 2006-06-27 00:18 | ひとこと日記 | Comments(0)  

勝手にレベルダウン(6月24日)

以前「勝手にレベルアップ(5月30日)」という記事を書きましたが、あれは入門編が2ヶ月ごとに講座のレベルが勝手に上がるという意味でした。第2レベルの真ん中まで来ましたが、みなさんいかがでしょうか。

さて、今日は応用編の話。今、中国語講座応用編の先週聞けなかった分を学習してます。これまでは訳す前に録音を聞いて(ウォーミングアップをカンニングしながら)ディクテーションしていましたが、内容が難しくなったのと追いつくためには時間がないので今週からディクテーションはしないことにしました。

どうせスキット全部は憶えられないし、憶える必要があるとも思えません。自分の好きな単語に置き換えて、例文5個を暗記するようにします。(例:昨天我们在长崎游览了不少地方。とか)レベルは自分で調整しなきゃね。

フランス語講座応用編はちゃんとスケジュールどおり完了しています。来週はいよいよ「星の王子さま」の最終講義になります。

[今日の学習]
皿洗い学習: 80分 机での学習: 60分
- NHKラジオ中国語講座応用編 第20課(+復習第19課)(まだ先週分です)
- NHKラジオフランス語講座応用編 Lecon22
[PR]

by L-monger | 2006-06-25 14:04 | ひとこと日記 | Comments(0)  

旅するだけの広東語(6月22日)

* アジア語楽紀行 - 旅する広東語

出張中も含めて、第9回まで見終わりました。去年までの反省なのか、5分間の中でいろんなできごとがあり(帽子を拾いに橋の下へサッと下りる、等)、またいろんな場所を訪ねますね。それは良いのですが、キーセンテンスのリピートコーナーがないので何といっているのかも分かりません(テキストは持ってるけど、音が捕まえられない!)

不満がたまったので、買って来ました、「はじめての広東語」。実は以前図書館で借りたこともあるのですが、ちゃんとやろうと思って。附属CDが、日本語と広東語、交互に入っているので皿洗い学習している私にはありがたいです(著者本人の声が聞けます)。

それにしても6つも声調があると、やはり難しい!第4声と第6声の区別がつきません。しかし、普通話の蓄積があるので「反復疑問文」が出てきても(広東語ではこの形を一番使うらしい)、分かります。うれしい。

ローマ字は日本でよく使われる千島式ではなく、イエール式なのですが、hをつけた母音表記も意外に分かりやすいですね。あと、「是」にあたるのは「係」(hai)なのですが、回答の時これを使って「係」と答えると、まるで日本語の「はい」(Yesの意味)みたいな音・イントネーションで愉快です。

[今日の学習]
皿洗い学習: 80分 机での学習: 20分 寝ながら学習: 20分
- NHKラジオ中国語講座入門編 Step 48(+遠藤先生復習Step85)
- NHKラジオフランス語講座入門編 Step 48
- はじめての広東語 発音編
[PR]

by L-monger | 2006-06-23 14:15 | ひとこと日記 | Comments(0)  

自分で文例を選ぶ(6月21日)

スキットを全部憶えようとしても憶えられないのは、その単語やテキストとちゃんと出会ってないからかもしれません。

全部憶えるのを止めて、夜フリーの時間にノートに多少単語をいじった文例を一日五個くらい書くようにしました(前もやってましたが、気張りすぎて途絶えてました)。昼時間があれば自分で吹き込んだ音声ファイルにして、ランチ後の復習に使っています。何にせよ、長く続けなければ意味ありませんが...。

[今日の学習]
皿洗い学習: 80分 机での学習: 20分
- NHKラジオ中国語講座入門編 Step 47(+遠藤先生復習Step84)
- NHKラジオフランス語講座入門編 Step 47
- NHKテレビスペイン語 Leccion 10
[PR]

by L-monger | 2006-06-22 15:32 | ひとこと日記 | Comments(10)  

キツネの教え(6月20日)

* NHKラジオフランス語講座応用編 Lecon 15

「星の王子さま」でキツネが言ってた言葉が気に入りました(本当はフランス語で書くべきですが、時間がない。稲垣先生の訳を拝借します)。

「君はまだぼくには、ほかの10万人の子どもとまるで違いがない子どもさ。だから、ぼくは君がいてもいなくても気にしない。君のほうでも、君はぼくがいてもいなくても気にしないだろ。ぼくは君には、10万匹のキツネと同じような一匹のキツネさ。だけど、君がぼくのなじみになってくれたら、君とぼくとはお互いになくてはならない者同士になる。君はぼくにとって、この世でたった一人の子どもになるし、ぼくは君にとってたった一匹のキツネになるのさ...」

寓話はあまり好きでないのですが、例えばこれを外国語学習と結び付けて考えると、自分だけの経験の中で出会った単語は忘れられない存在になるという意味だなあと、思えてなりませんでした。今日もそんな経験ができるといいなと思いつつ、ラジオに耳を傾けています。

[今日の学習]
皿洗い学習: 60分 机での学習: 0分
- NHKラジオ中国語講座入門編 Step 46
- NHKラジオフランス語講座入門編 Step 46
- NHKテレビフランス語 Lecon 11
[PR]

by L-monger | 2006-06-21 15:45 | ひとこと日記 | Comments(0)  

欲求ははっきり言うべき?(6月19日)

* NHKラジオ中国語講座入門編 Step 45

今週は旅客機の中での会話(コーヒーにしますか?紅茶にしますか?)。先週そういう経験をした私としては、インパクトがあって良いです。

「~が欲しい」という時、フランス語などの西洋言語では二通りの言い方があります。丁寧な形の「Je voudrais ...」(英語のI would like ...に相当)と普通の形「Je veux ...」(英語のI want ...に相当)と。そして普通「~を下さい」の場合は、丁寧形の方を使って、普通形は使わないようにします(欲求をもろに口にするのはお下品という考えでしょうか)。

今日のレッスンによると、中国語ではもっと直接的に「我要...」(wo3 yao4...; ~が欲しい、~をください)のままで構わないみたいですね。英語やフランス語でそう言わないように訓練した人には、「これで良いのだ!」と思えるまでに慣れが必要なようです。いや、「我要...」= Je voudrais...なのだと思えば良いのでしょうけど。

[今日の学習]
皿洗い学習: 80分 机での学習: 0分
- NHKラジオ中国語講座入門編 Step 45
- NHKラジオフランス語講座入門編 Step 45
- NHKラジオフランス語講座応用編 Lecon 22 (追いついた!)
[PR]

by L-monger | 2006-06-20 12:29 | ひとこと日記 | Comments(0)