<   2007年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

なぜ Hong Kong はホングコングでないか(8月30日)

英語のよくある疑問(?)。「King Kong はキングコングなのに、なぜ Hong Kong はホンコンであって、ホングコングでないのか?」

今週、NHKラジオ第1放送で夕方5:00~6:00、「ラジオほっとタイム」の中で「夏のラジオ英語クリニック」をやってます。ラジオ英語講座の先生たちがリスナーの疑問に答えています(詳しくは外国語講座のHPにて)。

その中で「Hong Kong」の G の音が聞こえないという悩みを相談なさっていた方がいて、大杉先生は早く発音するとそう聞こえないのだと答えてました。

その疑問から発展して、私は上の疑問について考えました。英語では King Kong も Hong Kong も同じように ~ng という音で終わっている(Gという音と考えるのは正しくありません。NGでヒトカタマリです)。ホングコングと書かないのは日本語の都合ともいえます。

しか~し、これは英語の中でだけ考えた話でして、中国語を勉強している皆さんは良くご存知ですが、中国語は N (舌をべたっと歯茎の裏につける)と NG (舌を付けずに、息を鼻から抜く)を識別しているので、Hong Kong が NG で終わっているのは後者の音を指しているのです。これは中国語式のローマ字の約束事で、別にGの音が含まれるわけではない(まあ、元は西洋言語のNGを拝借したのでしょうけど)。

この中国語ローマ字にあわせて日本語で考えると「ホンコン」が正しいのであり、「ホングコング」などとんでもない、ということですね。日本語の「ン」は 鼻から息を抜く NG の音ですから(逆に N は日本人には難しい)。

ああ、英語だけの狭い世界で物を考えると、ヘンな考えになってしまうのだなあと思ったことでした(別に大杉先生が間違っているという意味ではありません。念のため)

ちなみに、フランス人なら鼻母音を使えるので 「ホンコン」と発音できるかな。いや H を発音しないので「オンコン」か。

もう一言いうと、Hong Kong は広東語の発音を英語式に写したものなので、標準中国語(普通話)では 香港は「xiang1gang3」 (シアンカン)と読みます>他の言語学習者の方。
[PR]

by L-monger | 2007-08-31 00:43 | ひとこと日記 | Comments(5)  

祝!ポーズカフェ50回分終了 (8月28日)

* NHKラジオフランス語講座入門編 (藤田裕二先生)

先週のステップ82で、フランス語講座のポーズカフェ暗唱練習(方法はこちら)がとうとう50回分を数えました(スタートしたのがステップ33からだから)。いやー、この3ヶ月間、よくやりましたね>自分。

なんつって。本当にえらいのは毎回すごく正確なディクテをやってらっしゃる、kumoniusobukuさんです。拍手~!さあ、残りのステップもがんばるぞ!

と思ったら今週は夏の特別番組でポーズカフェもお休み。なんだあー。まあ、暑いから仕方ないか。シャンソンもフランス語検定過去問題(5級と4級)も、一応聞いておきましょう。

本当に息抜きが欲しいのはイタリア語なんですが(練習がきつい)、こちらの特別番組4回分は、なんと9月の最後にしかも通常レッスンの続きみたいなのをやるようです。ははは。

中国語も9月の最後に4回、力だめしをやるみたいです。これも楽しそう。

皆さん、夏バテしてませんか?
[PR]

by L-monger | 2007-08-29 01:10 | フランス語 | Comments(2)  

フランス語でイタリア語を習う(8月25日)

* NHKラジオイタリア語講座入門編(京藤好男先生、中矢慎子先生、マルコ・ビオンディ先生)

苦しいです。動詞の前に出る目的語の代名詞、性数を一致させる過去分詞(近過去形)。me l'ha dato, me l'ha data, me li ha dati, me le ha date .... 唱えても唱えてもぱっとできるようにはならないものです。続けるしかない!

ところで、この前大書店に行ったとき、衝動買いしてしまいました。「40 leçons pour parler italien」(私訳:40レッスンで学ぶイタリア語会話)!そうフランス語で書かれた、イタリア語を学ぶための本です。ポケット時刻表のサイズでかわいいのに、400ページの本格派。ミニ辞書、動詞活用表、文法便覧までついている。すっげ~。

フランス語だって自由自在というわけではないので、文法説明など難しくて分かりにくいです。でも、会話テキストのイタリア語とそのフランス語訳は当然、初級レベルなのでよく分かります。

最近寝る前ちょっとずつながめて、悦に入っています。
伊:Conosci i miei genitori? (仏:Est-ce que tu connais mes parents?)
伊:No, non conosco né tuo padre né tua madre. Ma conosco tuo fratello. (仏: Non, je ne connais ni ton père ni ta mère. Mais je connais ton frère.)

これぐらい、学習されている方には簡単ですよね!? 日本語訳は付けません。

ああ、これで勉強したらフランス語もイタリア語も一石二鳥かもしれないけど、今はできないっ!
[PR]

by L-monger | 2007-08-26 00:52 | イタリア語 | Comments(9)  

再放送ラッシュ!(8月22日)

またしても、NHK出版のページなのですが、実はこのページが次に放送される講座について一番情報が早いようです(テキスト予約の都合上?)。同じサイトでも他のページは情報が遅かったりするのが、不思議ですが。

そこで私のやっている言葉に関連した予定をまとめます。

「ラジオ中国語講座」
〈入門編〉 10~3月 田口善久/2006年4~9月の再放送
〈応用編〉 10~12月 楊凱栄/2006年7~9月の再放送
       1~3月 未定

「ラジオイタリア語講座」
〈入門編〉 10~3月 芝田高太郎/2006年4~6月の再放送
〈応用編〉 10~12月 一ノ瀬俊和 ラウラ・サバットリィ/2006年10~12月の再放送
       1~3月 鈴木マリア・アルフォンサ/2005年10~12月の再放送

「ラジオフランス語講座」
〈入門編〉 10~3月 六鹿 豊/2006年4~9月の再放送
       クリスティーヌ・ロバン=佐藤
〈応用編〉 10~12月 井上美穂/2006年10~12月の再放送
       ニコラ・ガイヤール
       1~ 3月 北村亜矢子/2007年4~6月の再放送
       フローレンス・容子・シュードル

中国語が一部未定ですが、それ以外は決定。すごいですね。再放送のラッシュだ!それぞれの入門編が再放送なのはいつものこととして、10月期には応用編の新作が入るものですが、今回は10月期も1月期も再放送です。

し・か・も、少なくとも1年3ヶ月ぐらいは再放送の期間を空けるのが普通なのに、イタリア語とフランス語の10月期は1年前、フランス語の1月期に至ってはこの4月に放送されたばかり(9ヶ月前)を再放送しようというのだから!

明らかに在庫処分しようとしてますね~。来年には、たぶん大幅な編成変更が起こりそうです。15分間に短縮か?英語講座と時間の入れ替えか?はたまた音声講座のダウンロード開始か?

一体どうなるんでしょう?(たぶん結論は6ヵ月後....。)
というか、私はどれを聞こうかな~。どれも聞かずに過去の講座の録音を聞いたりして。
[PR]

by L-monger | 2007-08-23 00:42 | NHK語学講座 | Comments(8)  

バックナンバー買いました(8月20日)

* NHKラジオイタリア語講座入門編(京藤好男先生、中矢慎子先生、マルコ・ビオンディ先生)

NHK出版のページでは今のテキストとともに、10ヶ月前までのバックナンバーを買うことができます。ということで、9月号が出ると買えなくなるイタリア語講座2006年10月号(と11・12月号)を買いました。バックナンバーが1冊から1週間で届いて、代金は後払い(郵便局・コンビニ)なんて太っ腹です(テキストだけならアマゾンより便利)。

もう放送されることもないバックナンバー(入門編は再放送だった)を何のためにと思う方もいらっしゃるかもしれませんね。目的は主に二つです。

目的(1) 私が初めてイタリア語にチャレンジしたのは、武田好先生のこの講座(本放送は2004年4月~)でした。でもそのときは、1ヶ月で挫折。それなのに今の講座はもうすぐ5ヶ月になろうとしていますが、まだ挫折していません。この差を生んでいるものは何か、知りたい。

目的(2) 今の講座では練習が非常にきつい(量が多い)のですが、どれほど実力がついたのか、他のテキストを読んで確認したい。

というわけでこの3日間、30分間ずつこれらのバックナンバーを読んでいました。それで大体分かったことは次の通り。

分かったこと(1) 武田好先生の講座はシニア世代の夫婦がイタリアに留学する話でした。実用を重んじたため、出てくる文型は多岐に及んでいるものの、それらを細かく練習するという部分はありませんでした。つまり「浅く、広く」という講座だったのですが、私はそれよりも現在の講座の「狭く、深く」というカリキュラムの方が面白いようです。みっちり練習して、「できたか、できなかったか」をはっきり検証することができるので。

分かったこと(2) 5ヶ月目に到達しているので、当たり前と言えば当たり前ですが、1ヶ月目~3ヶ月目の入門編は90%理解することができます。文型で分からないものはなく、ただ具体的な単語はさすがに知らないものが出てきますねえ。

おかげで非常に満足できました。今の講座をやっているのは間違っていなかったのだなということで。皆さんも昔やったNHKテキストと今のテキストを比べてみると満足感にひたれますよ。ああ、ここまで分かるようになったんだなあって。

(追伸:購入した3か月分のテキストに掲載されていた応用編「イタリア都市めぐり」はこの10月から再放送されるそうです。無駄にならなかったのは良いけれど、1年前をもう再放送するのは、前例がないことですねえ。普通は短くても1年3ヵ月後です。)

お知らせ:「短期集中講座 くらしで使えるポルトガル語 ブラジル人と話そう!」は明日8月21日(火)午後2:30-3:00開始です。再放送枠がないので、聞き逃しにご注意を。ああ、それにしてもウチの近所の書店にはなんでテキストが入荷していないのだ!
[PR]

by L-monger | 2007-08-21 00:50 | イタリア語 | Comments(2)  

進化する耳たこ中国語(8月16日)

* NHKラジオ中国語講座入門編 (陈淑梅先生)

「耳たこ中国語」というサブタイトルを毎回おっしゃる陳淑梅先生は、本当にメディアの扱いが上手だなあと思います。サブタイトルは形式上つけただけという態度の講師の方々がほとんどなのに、陳先生はサブタイトルで受講生が何をすべきか、毎回刷り込んでいるのですから。

それだけでなく(これまで受講を続けた人はご存知ですが)、ステップが進むにつれ、テキストの内容もどんどん「進化」しています。(当たり前のようですが、他の講座でこんなに変えたのは見たことがありません。)

耳だめし(今日のスキットを耳だめしに使うのは本当に素晴らしい。他の講座にもやってほしいです)では、4月~5月はピンイン+日本語訳、6月~7月はピンインのみ、8月~は漢字(声調符号付き)のみ、という風に変えています。最初は漢字に惑わされずに音を聞いて欲しい、次に漢字から音を想起できるようになってほしいという意図のようですね。まるで自転車の補助輪を外していくみたいです。

また、ドリルは4月~6月が簡体字をなぞる練習+語句の置き換え練習、7月~が語句の置き換え練習+ナレーションを聞いて正しい答えを選ぶという練習、に変わってきています。スキット形式をナレーションに置き換えると言うのはとても良い練習で(以前田口先生が応用編でやってらっしゃいましたが)、入門編から入れるというのは賛成です。ちょっと時間不足な感じはありますが。

さて、最後の工夫ですが、スキットがお父さん、お母さん、佳佳の三人と言うのが会話にふくらみがあってよいと思います。ロールプレイでは自分の番がいつ来るか分からないので、他の人の発言を一生懸命聞くというメリットもあるようです。

他にも隠された工夫がいろいろありそうです。
皆さんも何か気づかれたものはありますか?
[PR]

by L-monger | 2007-08-17 00:36 | 中国語 | Comments(4)  

新作のポルトガル語講座とちょっとした不安(8月13日)

毎年夏になるとやっているNHKラジオポルトガル語講座。私の知る限り、2003年以来毎年再放送でした。香川正子先生の講座はよくまとまった内容でしたが、さすがに何度も聞く気にはなりません。

それが今年はどうした風の吹き回しか、新作が作られたようです。情報はNHK外国語講座のホームページ「短期集中講座 くらしで使えるポルトガル語 ブラジル人と話そう!」をご覧ください。

やりましたね。これはぜひ聞かなくては。(ただ、私はいまイタリア語が最盛期なので、録音だけして10月ごろ聞こうかなと思っています。)しかし、いきなり放送が決まったのか、来週から放送だというのにまだテキストが発売されていません。(この茶色の表紙は9月号の共通色みたいですね。季節感ないなあ。)

さて、良かったと思う反面、ちょっとした不安があります。前回までは30分間×10回の放送でしたが、今回は15分間×20回という構成になっています。放送日は10日間(+総集編1日)なので、毎日2レッスンずつこなしていくわけですね。それも一つの方法でしょう。

15分間構成にしたのは多分、来年とか再来年に再放送する際に、英語のどっかの時間枠(15分間)に当てはめることもできるからですね。それもまあ良いかと思います。今みたいにハングル講座の再放送枠が毎年夏になるとつぶされなくてもなくてもすむかもしれないし。

じゃあ、何が不安かというと、まさか番組編成がやりやすいからという理由で、来年から他の外国語もぜんぶ15分間の枠に短縮される前触れじゃないのかなということ。それならば、英語に限らずどの外国語も必要に応じて、かなり自由に時間枠を移動したり増やしたり減らしたりできますからねー。(今のフランス語講座入門編が、最後の5分間をポーズカフェにしているのは、実質15分間にするための実験をやってるんじゃないだろうな、という疑念も起こったりしてます。イタリア語講座入門編はもっとドラスティックに、文法だけなら50回でカバーできないかの実験だったりして。)

しかーし、英語みたいに数年間かけて基礎を学べるほど講座がたくさんあればともかく、今だって20分間×100回(6ヶ月)という短時間で文法の基礎はきついのに(ドロップアウトする人多し)、15分間(4分の3)じゃどうかなあと思います。

それと関係あるのか分かりませんが、今年の10月についても過去の入門編のどれを再放送するか、NHK外国語講座ホームページ(ラジオ)には中国語以外どの言葉も書いてないのが気になります(8月13日現在)。まあ、あと数日したら9月号テキストが発売されるから、読者投稿のページあたりを見れば、10月からの予定が分かりますが。

(*08/14追記:NHK出版のHPで見たら、独仏中西露はちゃんと後期の内容が決まってました。でも、なぜ、イタリア語とハングルは書いていないのだー!)

私の不安、杞憂に終われば良いのですが。皆さんはどう思われますか?
[PR]

by L-monger | 2007-08-14 00:53 | NHK語学講座 | Comments(6)  

イタリア語のうんちく(8月10日)

知っていると友達に自慢できるかもしれないウンチク(しゃべりすぎると嫌われるので、ほどほどに...)。

(1) イタリア語の「spaghetti」(スパゲーッティ)は実は複数形だったのです。じゃあ、単数形はなんて言うのかって? 決まってるじゃないですか、「spaghetto」(スパゲーット)!あの一本一本が!

(もちろん英語の「spaghetti」は不可算名詞で、単数形も複数形もありません。外来語として移入した際にそうなったのですね。)

(2) 決まってるじゃないですかの意味が分からない人のために: 一般的にイタリア語の男性名詞の単数形は「o」、複数形は「i」になる決まりなのです。

だから、一人の男性に対して喝采するときは「Bravo!」(ブラーヴォ!)といい、複数の男性(女性混じっても可)には「Bravi!」(ブラーヴィ!)というのですね、この話は形容詞ですけど。この辺、英語やフランス語、スペイン語は、一般的に単数形に対して複数形語尾の「s」を付加することになってますから、方式が違いますね。

(3) 「spaghetti」(スパゲッティ)の「h」はなぜ必要なのか? 取り去って(*) spagetti にしたって、英語ならスパゲッティと読めますね。実はイタリア語ではge はジェ、ghe がゲなのです。(*) spagetti だとスパジェッティになってしまうから、h が必要なのです。

え、ジェを je と書けば、ゲは ge ですむじゃないかと思ったあなたは鋭い! でもイタリア語の正書法では「J」の字を使わないのですよ。だから日本は「Giappone」(ジャッポーネ)、「ジョジョの奇妙な冒険」のジョジョはGIOGIOになるのですね(むー、オタクネタになってしもうた)。
[PR]

by L-monger | 2007-08-11 00:41 | イタリア語 | Comments(0)  

伊和辞典買いました(8月8日)

* NHKラジオイタリア語講座入門編(京藤好男先生、中矢慎子先生、マルコ・ビオンディ先生)

皆さんは新しい外国語を始めたとき、どのタイミングで辞書を買うのでしょうか?一番最初にテキストと一緒にそろえてしまう?それとも必要になったときに買いますか?

私は必要になるまで待ちます。まず第一にその外国語の様子が分からないうちに、テキストの単語をひたすら引きまくるのは、遠藤光暁先生いわく「勤勉なる怠慢」で、つまりは効果の薄い自己満足の努力に終わるからです。最初はテキストの範囲で単語を例文で覚えたりすることに精力を注いだ方が良い。第二は(私の場合)、欲求がアップしたとき買った方が、一所懸命使うからです。第三は私が今回の入門編をいつドロップアウトするか分からないからです(笑)。

でも、もう必要でたまらなくなったため、小学館の伊和中辞典(第2版)を買いました。¥6,930 (税込) !高い!

でも、伊和辞典といえばこれしかないのです。マイナーな言語(失礼)の常なのですが、選択肢が少なく、価格が高いのですね(フランス語なら中辞典が4000円ぐらいであります)。でも内容は良いみたいです。そこに不満はありません。

なぜ買ったのかというと、例の母音にはさまれたSの発音が北イタリア「濁る」と南イタリア「濁らない」で違うので、どこに発音をあわせるか迷ったからです(加藤ローサさんは、親御さんが南イタリアなのかな)。辞典の表記に自分の発音を合わせようと思ったからですが、でもこの辞典の付録の発音解説に書いてありました。

「どちらでも意味の伝達に支障をきたすことはないので、実用的には語中で母音間の s は、多数派である濁音の [z] で統一してさしつかえない。」

がーん。それはとっても楽ですしこれからはそうしますけど、じゃあ7000円も要らなかったなあ...。
[PR]

by L-monger | 2007-08-09 00:48 | イタリア語 | Comments(2)  

仕事と語学で手一杯(8月4日)

お盆が近づいたせいか、仕事が多くなっています。午前0時過ぎの時間も残業、メール、さらにラジオ講座(イタリア語の水と木だけ)でつぶれるので、今週はブログに回している時間がありませんでした。記事の更新を待っている方(いるのか?)、お待たせしてすみません。

それにしてもイタリア語が大変です。習い始めて1年目の言語はだいたい大変なものですが、膨大な量の練習問題を用意してくれるので、嬉しい悲鳴です。たぶんすごく力がついているのではないでしょうか(じゃないと割に合わない)。

フランス語はもちろんポーズカフェの暗唱を(イタリア語に押されて遅れ気味になりながら)続けています。ちょっと同じテーマが増えてきたような気もするけど、でもあれだけの量の教養講座を、本来のレッスンと別個に用意するというのも、大サービスのような気がするので、こちらも気が抜けません。

あ~、中国語。入門編もすっごく面白いし、応用編も(再放送なので、学習二巡目ですが)拾えば役に立つ表現がいっぱいあるのに、今はなんともできません。仕方ない、秋以降にナントカしましょう(10月からの世界遺産旅行の入門編はどうせ聞かないだろうし)。

そんな具合です。近況報告でした。
皆さんは最近はお忙しいのでしょうか?
[PR]

by L-monger | 2007-08-05 00:44 | Comments(7)