<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

人生で初めてのラジオ講座(9月28日)

実は今、実家に帰省しています。記事の更新やコメントのお返事が滞っていますが、もうちょっとお待ちください。

さて、明日から10月期のラジオ講座が開始ですね。第1回目のレッスンが楽しみです。

ところで、実家においてある古いテキストを眺めていたら、人生初めてのレッスンが何だったのか、発見しました。

197x年(ははは)1月5日のNHK基礎英語、Lesson 173 = good と well の比較級です。スキットを筆写してみます。

A: Do you speak English?
B: Yes, I do. But my sister can speak it better than I.
A: Does she study English every day?
B: Yes, she does. She studies it much harder than I.
(日本語訳は略します。すみません。)

全体としてちょっと固い文章ですが、なるべく意味のある会話にしてありますね。この基礎英語の講座はスキットが巧みだなあと思います。それから、Can you speak English? と言ってない所がナイスです(場合によっては失礼に当たる、と書いてあります)。このレッスンを聞いたとき、better の発音が「ベルゥ」のように聞こえたので(アメリカ英語の発音)、日本語の音とのあまりの違いにシビレてしまい、以降数年間レベルを上げつつ、ずっと続けることになったのです(最後は翻訳者にまでなってしまいました)。

皆さんは初めてのラジオ講座の内容を、おぼえてらっしゃいますか?
[PR]

by L-monger | 2008-09-29 00:28 | NHK語学講座 | Comments(9)  

祝!2008年4月~9月 語学講座 ゴールイン (9月23日)

まだ再放送中ですが、本放送は先週終わりましたので、書いておきたいと思います。

皆さん、6ヶ月のラジオ講座が完了しました。最後まで完走できたでしょうか。私はできたものもあれば、途中で挫折したのもあります。感想を交えて振り返ってみます。

● NHKラジオまいにちフランス語
  [月火水(初級編)] 「ナミのおいしいパリ日記」 清岡智比古、レナ・ジュンタ

講座の進め方は面白かったです。特に清岡先生の司会に対して、レナさんがネイティブ講師になったり、生徒役になったりの掛け合い漫才は結構楽しめました(うっとおしいと思う人もいたでしょう)。たった週3日間というハンディキャップを逆手に取り、いくつかの文法事項を関連づけて教える手法、また間違えやすいものを対比する手法など、親切なカリキュラムだという気がしました。

15分間の短い時間内に収めるために、説明は一生懸命やる反面、練習問題はCDを聞いてくださいとするなど、残念な面もありました。また、スキットは文法を教えるためのもののせいか、生き生きとした会話でなくなっている面があり(最初は面白かったけど)、暗唱する楽しみが少なかったです。やはり20分間でのびのびやらせてあげたかった。

  [木金(中級編)] 「ディアローグ三銃士~もっと伝わる会話術~」 
(1) セドリック・リヴォー+明石伸子
(2) ガエル・クレピュー+常盤遼子
(3) セバスティアン・ジャフレド+西川葉澄

すみません、ときどき他に浮気してたりしたので、三分の一ほど聞き流して終わっています。残り三分の二はちゃんと復習もしました。まるで真面目な先生のフランス語会話教室に通っているみたいでした。社会的な話題や議論の進め方について、文型パターンを練習することに専念する中級講座。フランス人講師がメインでやっているので、フランスでの通常の考え方が浮き出ていて、そこは興味深かったと思います。でも、ダイアローグももうちょっと普通の会話が合っても良かったかな。こちらは15分間でも短いとは思いませんでした(中級だから?単調だから?)

参考:2008年4月号テキスト発売 - ラジオまいにちフランス語 (3月18日)

● ラジオまいにち中国語
[月火水木金]  「基礎を固める6ヶ月」 荒川清秀

この講座はスキットが素晴らしかった。生の中国語会話ではこういう話し方をするんだろうなと言うリアルなスキットで、練習していて本当に楽しかったです。たぶん、ネイティブ出演者や学校の中国人講師の方々と話し合って練ったものなのでしょうね。私はずいぶん力が付いたような気がします。

反面、スキットと同時にやる練習問題ががっかりするほど簡単。しかし、全く初めて中国語を学んだ方は、おそらく私と逆のリアクションだと思います。練習問題はちょうど良いけど、スキットや重点の例文が難しすぎて何を言っているか分からなかったかもしれません。なぜだろう?北京オリンピックに合わせて、初級でも実用的な中国語を教えたかったのでしょうか(先生が?制作者側が?)。ちょっとバランスが悪かったような気がします。あと、発音一ヶ月は必要なのでしょうが、長すぎて飽きました。

それと荒川先生は中級向きの先生だと思います。あの意味がとらえにくい「就」など繋ぎの単語のニュアンスを毎回必ず説明なさっていましたが、これは私、夢中でメモを取っていました。

参考:2008年4月号テキスト発売 - ラジオまいにち中国語・イタリア語 (3月19日)
(イタリア語は完全に聞き流しでした。すみません~。)


● ラジオまいにちロシア語
[月火水木金]  「カタツムリの初級編」 黒田龍之助

ロシア語は初級段階で覚えることの多い言葉です。他の講座と同様に6ヶ月に詰め込もうとしたら、いくら120回でも大急ぎになってしまいます。それを考えて、普通の半分の量の文法しか教えてないのですね。

カタツムリのようにゆっくり進んでも、毎日休まず続けると、ずいぶん遠くまで進むことができる。それだけでなく、もどったり、また進んだりを繰り返した方が忘れる量も減らすことができる。そんな大事なことを教えてくれたような気がします。

ロシア語は黒田先生の考え方への興味から学習しただけなのですが、面白くなってきちゃいました。もう止め時だなあと思いつつ、10月も続けてみようかと思います。

参考: 2008年4月号テキスト発売 - ラジオまいにちロシア語 (3月22日)

* * * * *

さて、皆さんは無事にゴールなさったのでしょうか?
よろしければ、記念書き込み、どうぞ。
[PR]

by L-monger | 2008-09-24 01:00 | NHK語学講座 | Comments(21)  

2008年10月期テキスト発売(9月20日)

10月号テキストは発売日の9月18日や19日に入手していたのですが、仕事に押されて書けないでいました。

先日の記事(2008年10月期のNHKラジオ・テレビ講座が判明(8月18日))以外で分かったことを感想とともに書いてみます。NHKの公式ページはこちら(NHK外国語講座)。

☆ まいにちフランス語
 [入門編 10~3月] 「ジュリアンとさくらの Japon ウォッチング」(藤田裕二先生)(2007年4~9月の再構成)
 [応用編 10~12月] 「A table! ~文と語彙を料理する」(井上美穂先生)

入門編は去年の20分間×週4日のレッスンを15分間×週3日で放送します。去年木曜日にやっていた復習や応用の日が、テキスト掲載だけで放送がないようです。それから、私はてっきり「ポーズカフェ」(シルヴィー先生がフランス語で話して藤田先生が日本語で説明)のコーナーを削るのだと思っていたのですが、テキストにテーマが記述されているので、削らないみたいです。はて、どこから5分間削るのでしょう?また、練習問題をCDだけでというパターンかな?

去年私がこの入門編を聞いていたときの日記はこちらへどうぞ(システムから入る(4月19日)入門編の長所と短所(5月5日)

井上先生の応用編は、テキストのテーマが料理、それを表現するフランス語も「料理する」というモチーフのようです。「語彙を煮詰める」とか「文をさばく」とか。レベルは中級の上(ディアローグ三銃士より上)ですね。ネイティブ講師(パートナー)はレウルス先生とガイヤール先生のダブルです。扉写真の井上先生が脇侍を連れた観音様のようです(笑)。う~ん、料理が好きな人や中級の上の方の人には良いけど、私はパスするかも。

☆ まいにち中国語 「ちがいがわかる6ヶ月」 (小野秀樹先生)
考えてみたら、1週間(5日間)ずっと中級だけというのは、NHKの非英語講座の歴史では初めてだと思います(アンコール講座をのぞく)。学習人口が上昇中の中国語ならではですね。

その内容ですが、毎週テーマを絞って集中的に文法(私は字法と思っていますが)を学習します。可能補語の「得」と助動詞の「能」がどう違うのか(レッスン1)など、細かいことに興味の出てきたレベルの人や理屈っぽい人には良いかもしれませんね。ここまで突っ込んだラジオ中国語は、少なくとも私の知る過去4年間ではありませんでした。

でもずっと例文だらけ。私の大好きなスキットがありません。あ~感情移入できないなあ。一応やりますが、つまらなくなったら相原先生のテキストにでも逃げようかと思っています。
(毎週月曜日の復習の日にスキットはありますが、5分の1じゃね~)

☆ まいにちロシア語
[月~水] 「かたつむりの中級編」 (黒田龍之助先生)
[木・金] 「会話力アップの実践編」 (貝澤 哉(はじめ)先生)

テキストの最初に5ページほど二人の先生の対談記事が載っています。NHK語学テキストの歴史の中で、講師どうしの対談記事なんて初めて見ました。なるほどこんな宣伝の仕方もあるのか~。

「かたつむりの中級編」(本当は初級の後半だと思う)ですが、これも残念なことに毎日のスキットがありません。感情移入できないなあ(笑)。週3日になったので、何かを削らなくてはならないのでしょう。そのかわり、毎週水曜日にやさしいロシア語のテクストがあって習ったことのまとめに使うようです。スキットがないということは、私にとって脱落の危険がありますが、週3日なので行けるとこまで行ってみようかと思います。

「会話力アップの実践編」はリアルな会話があって私好みですが、まだ格変化もおぼつかない状態で11月以降も理解できるとは思っていません。録音だけして来年以降というパターンも考えたいと思います。最初はもちろん聞きますけどね。

***

上の記事について知りたいことがある方はコメントどうぞ。

あと買ったテキストは「テレビでフランス語」と「テレビでアラビア語」です。こちらは、また時間ができたら書きます。
[PR]

by L-monger | 2008-09-21 01:38 | NHK語学講座 | Comments(5)  

9月第2週の感想(9月16日)

仕事の隙間がようやくできたので、先週の感想を書きます。明後日、18日に10月号のテキストが出たら、そっちの話を書きたいし。

☆ まいにちフランス語 初級編 Leçon 67~69 (清岡智比古先生、レナ・ジュンタ先生)/中級編 Leçon 45・46 (ガエル・クレピュー先生、常磐僚子先生)

初級編、いよいよ複合過去形です。これってそんなに難しくないと私は思っているのですが、皆さんはどうですか? 助動詞の avoir と etre の活用ができれば、ごく初期の段階で習っても大丈夫かなと思ったりします。実際、六鹿豊先生の入門編(2002年、2006年初放送)では2回とも5月の内に複合過去形をやってました。

実は最近、寝る前に2002年の六鹿先生のテキスト(ソフィーとジル)を読み返してます。これが入門編か!と思うほど、バリバリ日常的な表現が出てきます(2006年のよりきびしい。ひょっとして荒川先生の中国語よりきびしい)。喫茶店に入った二人がオンスメラ (On se met la?)って何の事やら分かりませんでした。だからすごく面白いです。

中級編は…聞くことは聞きましたが、復習する時間がありませんでした。でも、ディアローグ三銃士のアドバイスが良かったです。特にガエルの「Les langues etrangeres sont comme le sport: connaitre les regles ne suffit pas ; il faut s'entrainer et pratiquer.」(外国語はスポーツのようなものです。規則を知るだけでは十分ではなく、トレーニングし、実際に使ってみる必要がありますよ。)まったく同感です!まいにち、トレーニング!Du francais tous les jours! たしか部分冠詞で言ってました。そういう意味ですね。 (*アクサン記号略しました。すみません。)

☆ まいにち中国語 ステップ111~115 (荒川清秀先生)

「你男朋友怎么办? / 我们已经分手了。」(彼氏はどうするの? / わたしたちもう別れたの。)なんてとんでもない表現がスキットに出たものだから、インパクトがありましたね。(「分手」は男女関係に限らないそうですが)

でもこんな表現を出してきたわけは、その後の「为什么?(どうして?)」という難しい質問に対して、「不为什么,一言难尽。以后慢慢儿跟你说。(どうってわけじゃないんだけど、一言では言い尽くせないわ。そのうちあなたにゆっくり話すね。)」という風に、中国語力が不足でうまく説明できない場合、このように逃げればよいという例をだすためか!と復習しながら気がつきました。なるほど、これなら無理して変な説明になるよりも良いですね。

先週、今週と、センテンスが馬鹿長いです。発音していて途中で声調が分からなくなります。荒川先生はまだまだ道が遠いということを教えたいのでしょうか?

☆ まいにちロシア語 第111~115課 (黒田龍之助先生)

スキットはこの週で終わりでした。タクミ君はアンナさんが好きらしけど、アンナさんはアントン君が好き。アントン君は日本で医者をするために行ってしまうけど、アンナさんは学生だから行きたくてもまだ行けない。ちょっとほっとする(?)タクミ君という、ちょっとした三角関係になってたみたいですね。あれ?マリヤさんはどうした?一人で映画に行ってしまったきりかあ。

文法事項は動詞モーチ(できる)パモーチ(手伝う)の変化、ものが主語になるインチリサヴァーチ(興味を持たせる)、仮定法(もし~ならば)でした。細かい落ち穂拾いなので、その前の週の形容詞の格変化よりも簡単でしたね。「もしわたしが鳥だったら」「もしわたしがお金を持っていたら」というフレーズだけは覚えました。他の西洋言語だと動詞が仮定法の特殊な活用になるのに、ロシア語は「ブイ」さえ入れれば、過去形でこれが表現できるのはラクチンですね。

* * * 

皆さん、今週で終わりです。録音をためちゃっている人も、今週来週で最後まで聞きましょうね(人のこと言えない)。
[PR]

by L-monger | 2008-09-17 01:04 | NHK語学講座 | Comments(2)  

今度の「テレビでアラビア語」のこと(9月12日)

仕事が忙しいため、なかなかブログを書けません。もし待っている方がいたら、すみません。
書きたいネタはあるので、近々ちゃんとした記事をアップしたいと思っています。今日は小ネタ。

テレビ雑誌でも出ていたので知っていたのですが、NHK外国語講座のページにも載りました。
「10月1日(水)<火曜深夜>から 「テレビでアラビア語」が始まります!」(NHK外国語講座)のところです。

生徒役の方はどうでも良いのですが(失礼!)、先生が… なんと木下宗篤先生ではないですか!私が数年前にラジオのアラビア語講座で初めて習った先生です。教え方、すごく好きでした!再放送のときにカセットテープに全講座を録音しました(でも、その後、学習中断)。

ああ、困った。いまさらアラビア語をやる時間はないんだけれど、見てみたいなあ。見るだけなら良いかなあ。
[PR]

by L-monger | 2008-09-13 00:58 | NHK語学講座 | Comments(3)  

9月第1週の感想(9月7日)

では、今週は早めに書いてみます(あくまでも先週より早いだけ)。

☆ まいにちフランス語 初級編 Leçon 64~66 (清岡智比古先生、レナ・ジュンタ先生) /中級編 Leçon 42・43 (セバスティアン・ジャフレド先生、西川葉澄先生)

初級編、人称代名詞。そう、名詞の目的語なら動詞の後、代名詞の目的語なら動詞の前にポッと飛び出るのです。まだ完全に慣れません。リエゾンやアンシェヌマンもありますし、否定の de まで絡んでくる。Le professeur donne des exercices aux étudiants? (~デゼグルシス~) Non, il ne leur donne pas d'exercices.(~パ・デグゼルシス) 布団の中でエグゼルシスをやりまくり。まだ目的格の代名詞1個だけなのに。(今回、2個はやらないのかな?)

中級編は先週の続きみたいに、Le Vélib' (ヴェリブ)=貸し自転車サービス。分からない文が一つ。Le document est un article de magazine sur le Vélib', un system pour faire du vélo en libre service à Paris. (「このテキストはヴェリブというパリのセルフサービスの貸し自転車システムについての雑誌記事です」と訳されています。) faire がよく分からないです。faire du vélo en libre service で自転車をセルフ式で貸すという意味になるのかな?

☆ まいにち中国語 ステップ106~110 (荒川清秀先生)

面白かった例文は「四川人不怕辣,湖南人怕不辣。」(四川の人は辛いのを恐れない。湖南の人は辛くないのをいやがる。)一発で憶えました(笑)。

「怕」は恐れるでもいやがるでもいいのかな(大雑把な意味範囲ですね~)。じゃあ美香さんに対して「怕打针?」=「注射はいやですか?」と解釈しても良いのか。(いやがるのも無理ないですね。○に打たれる可能性があるんじゃ(笑)。)

「给我看看」は「私のために(代わって)見てください」(给が前置詞)と「私に(渡して)見せてください」(给が動詞)の2つの意味があるというのも衝撃的なレッスンでした。やっぱり大雑把?

☆ まいにちロシア語 第106~110課 (黒田龍之助先生)

出た~、「形容詞の格変化」!昔はこれで頭が混乱して挫折したようなものです。黒田先生の教えは「表は知っているものをまとめたもの」ということでした。つまり、ちゃんと習う前に表から憶えるのは無謀だということ。

そこでユックリ習うことにしました。「私はロシア語を勉強しています。」(ヤー・ザニマーユシ・ルースキム・イズイコム)や「私は日本の診療所で働きたい」(ヤー・ハチュー・ラボータッチ・フ・イッポンスカイ・パリクリニケ)など一つ一つの表現が言えることを目指してみました。すると不思議に気が楽です。考えてみたら格変化を自由自在に使えるようになるのに、1,2週間で出来るわけないし。1,2年後にいろんな形容詞に応用できたら良いな、ぐらいに思うことにします。

な~んだ、こういう気持ちでいれば良かったんだ。

* * * 

皆さん、あと2週間です。まだ続いている人は、記念コメントをどうぞ。
[PR]

by L-monger | 2008-09-08 01:00 | NHK語学講座 | Comments(10)  

単語を覚えるときの秘訣~ブロック記憶法(9月4日)

受け狙いシリーズ(笑)!

単語を覚えるときに、よもや単語一つずつ覚えてはいないでしょうね?「単語はできたら例文の形で覚えましょう」とはよく言われることですが、私は数語のカタマリで覚えるようにしています。

そのメリットは、短いので一息で言えるけど、それなりに長さがあるので、調子に乗って発音できることだとおもいます。1語だと調子に乗る前に言い終わってしまいます。

例を挙げましょう。
「まいにちフランス語」だと: 「いい曲」→「un morceau sympa」、「夜のパーティーを始めるために」→「pour commencer la soirée」
「まいにち中国語」だと: 「寒気がして、頭が痛い」→「发冷、头疼」、「熱が出て、喉が痛い」→「发烧、嗓子疼」
「まいにちロシア語」だと: 「ペンで書いた方が良い」→「ルーチシェ・ピサーチ・ルーチカイ」、「鉛筆で書いた方が良い」→「ルーチシェ・ピサーチ・カランダッショム」

上記のように似たようなものを対比させるのも効果的です。中国語では美香さんは本当は三つ言っていましたが、一息を越えるので二つにしました。ロシア語はもちろん性の違う単語の造格を対比するためです。

こうやって使えるブロックを増やしておくと、しゃべるときにかなり楽なのを英語で経験していますので、他の外国語でもやっています。

その他のメリットとして、ラジオの講座の6ヶ月終盤ではこれまで覚えてきた多くの単語に邪魔されて、新しい単語を覚えるとき混乱しがちだけど、ブロック形だと付加情報があるので、記憶が混乱しにくいというのもありますね。

皆さん、単語の記憶は順調でしょうか?受け狙い、歓迎。
[PR]

by L-monger | 2008-09-05 00:49 | NHK語学講座 | Comments(4)  

8月第5週の感想(9月2日)

仕事に押されて、先週の感想がすっかり遅れてしまいました。

☆ まいにちフランス語 初級編 Leçon 61~63 (清岡智比古先生、レナ・ジュンタ先生) /中級編 Lec,on 41・42 (ガエル・クレピュー先生、常磐僚子先生) / Teach Yourself French - Unit 14

初級編の懐かしのシャンソン? いやフレンチポップスでしょう。Tout, tout pour ma chérie(シェリーに口づけ)とか、La plus belle pour aller danser (アイドルを捜せ)、Poupée de cire, poupée de son (夢見るシャンソン人形)なんて、若い人は知っているのかなあ?私は昔レコードを持ってたり、今でもCDを持ってたりしますけど。

中級編の Exprimer des conditions, proposer des idées (条件を挙げ、提案する)は面白かったです。市長さんの言葉の堅いこと!「Mesdames, messieur, comme convenu, nous consacrerons la séance d'aujourd'hui à l'amélioration du cadre de vie de notre ville.」でも、英語からの翻訳練習をすると結構素直に翻ってくれてユカイ。「Ladies and gentlemen, as planned, we will contribute today's meeting to the improvement of the living standard of our city.」とか(あまり良い英語でないので参考にしないでね)。

☆ まいにち中国語 ステップ101~105 (荒川清秀先生)

そろそろまとめに入っている部分がありますね。ステップ102の練習1、前置詞「给」「离」「从」「对」の区別。皆さんはできましたか?私は「离」「从」の区別でこけました。分かっているようで、できません。

好きだった例文。今天是中秋节,吃月饼。(今日は中秋の名月ですから、月餅を食べなくてはいけません。)(笑)。Zhong1qiu1 jie2 って2回に1回しか発音できませんけど。

☆ まいにちロシア語 第101~105課 (黒田龍之助先生)

造格が出て全部の格変化がそろいました。昔習ったのにすっかり忘れていた「否定生格」も。否定文だと主語が「主格」→「生格」になるなんて、昔驚いたことを思い出しました。「アントーン・ドーマ」(アントンは家にいます)と「アントーナ・ニェット・ドーマ」(アントンは家にいません)。本当に不思議な使い方です。

* * * 

皆さん、今週を含めて、あとたったの3週間です。最後までがんばりましょう。
[PR]

by L-monger | 2008-09-03 01:05 | NHK語学講座 | Comments(0)