<   2009年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

ニコニコ学習法、継続中(6月29日)

フランス語は動詞の活用がたくさんあって、これを憶えるのが大変な反面、動詞を活用させて「遊んでいる」とついでに単語を覚えてしまえるという副産物があります。

アンコールフランス語講座「ソフィーとジル」ステップ49の例で言えば、Je ne m'ennuie pas avec les chats. ((私は)猫と一緒にいると退屈しないわよ)は代名動詞の人称を変えて、Vous ne vous ennuyez pas avec les chats? (あなたは猫と一緒なら退屈しないのですか)とか、Elle ne s'ennuie jamais avec les chats. (彼女は猫と一緒だと決して退屈しない)みたいに変えていくうちに、動詞 s'ennuyer 自体を決して忘れなくなります。(まいにちフランス語「サトシのナント留学記」でも、Il etait tres sage dan son enfance. (子供のころ彼はとてもおとなしかった)なんて「いじりがい」がありそうです。)

中国語は動詞活用がなくて、楽な反面、このような「いじり」ができないので、別の方法を考える必要があります。遙か昔に書いた記事で(「2005年4月22日」参照)、ニコニコ学習法というのをやってましたが、これとはちょっと違うやり方で新出単語が出てくると適用しています。ちなみに2文字の単語を2個並べて発音するので、ニコニコと言ってるだけです(笑)。

今読んで練習している「中国笑話・謎語50選」(中華書店)の第5話を例に取ります。
タイトル: 「熏蚊子」(蚊をいぶす)
本文の1行目: 家里蚊子很多,爸爸点着了蚊香熏蚊子。(家の中に蚊が多かったので、父親は蚊をいぶすために蚊取り線香に点火した。)

語彙練習の音声ファイル(自作):
(1) 「蚊をいぶす→熏蚊子(xun1 wen2zi)」「魚をくん製にする→熏鱼(xun1yu2)」「2つ続けて→xun1 wen2zi, xun1yu2」
(2) 「(ぶんぶん飛ぶ)蚊→蚊子(wen2zi)」「文字→文字(wen2zi4)」「2つ続けて→wen2zi, wen2zi4」
(3) 「点火した→点着了(dian3zhao2 le)」「命中した→打着了(da3zhao2 le)」「2つ続けて→dian3zhao2 le, da3zhao2 le」

例えば(1)のように異音で似た声調、しかも「熏」の意味が少し違うもの、(2)のように同音・異声調、(3)のように異音・同声調など、コントラストさせて練習していると、単語1個だけ憶えるのよりも定着がよいようです。たとえ一方を忘れても、もう一方を憶えている可能性が高いからかもしれません。

あと日本人にとっては1語だけでたった2音節というのは短すぎるのかもしれません。2語を並べて倍の4音節にしてやると、ある種のメロディーを生じて、日本人には楽になるという面もあるかもしれません。

(ちなみにコントラストさせる単語は、エキサイト辞書の当該単語の説明や、前方一致で拾っています。)

そういえば、郭春貴先生は毎日の発音のコーナーで、2語ずつ発音させますね。これもニコニコ学習法と言えるかも。天天笑!だし。

皆さんは忘れやすい単語学習、どうやって忘れるのを防いでますか?
[PR]

by L-monger | 2009-06-30 01:18 | NHK語学講座 | Comments(6)  

6月第3週の感想(6月23日)

仕事の最中の5分間休憩を利用して、ラジオ講座の復習(ノート書き)をしたり、読書の調べ物をしたりしています。いわば仕事からの逃避ですが、この方が時間のある時より、集中できるみたいです。

☆ まいにち中国語 楽しい会話入門 (郭春貴先生)
郭春貴先生の教え方で好きなことの一つは「完全な形の構文」と「日常で使われる省略された形の構文」の両方を教えてくれることです。例えば「请你给我一杯冰咖啡。」(アイスコーヒーを1つください。)は「「请给我~」でも「给我~」でも構わないのですね。

普通の講座の先生は、「省略形」から教えるので、後からもう少し改まった形(長い形)で出てきた時とまどいがあります。長いのを短くする方が楽ですものね。(この辺り、フランス語の古石篤子先生が、形容詞の女性形をまず教えて、それに対比して男性形を教えていた、「長→短」の流れと同じ考えだと思います。)

いやーそれにしても、毎日単語ストックを含めて、新単語6個ぐらい憶えるのは楽なようでキツイですね。(前に遡る必要があるから)

☆ アンコールフランス語講座 「入門編」 ソフィーとジル (六鹿豊先生)
テニスをしに行く話といい、賃貸アパルトマンを見に行く話といい、ディクテーションが本当に難しくなってきました。でも内容は面白いです。

六鹿先生、講座での語りは訥々としていますが、先日出たパート2のテキスト(7月~9月)の巻頭言では良いことをおっしゃってました。(ラジオ音声もテキスト本体も前と同じでも、巻頭言だけは新しく書いていらっしゃるのですね。古いテキストと照らし合わせて分かりました。)

(引用始め)初級を終えたあと、さらに力を伸ばすには、小説、ニュース、論評、より高度な会話など、さまざまなものにできるだけ多く触れる必要があります。そのような素材を扱ったものは、学校の教科書としては相当の数があるのですが、残念ながら、一般の独習者を対象としてきちんと訳や解説をつけた市販の書籍ではかなり限られています。しかしゼロというわけではでありませんから、好みのものを探して利用されるといいでしょう。
また、この点では、ラジオ講座の中級編や応用編は理想に近い教材です。文字で書かれたフランス語と音声が必ずセットになっていますし、訳や解説も丁寧ですし、毎週2回という規則正しさもあります。ぜひご活用ください。(引用終わり)

最後はちょっと宣伝じみてますか(笑)?

確かに中級以降の良い独習教材は少ないです。というかフランス語の参考書は入門と初級だらけでいかに脱落者が多いか分かるぐらいですね。私はあまりオールラウンドな能力をきちんと身につけようという真面目な学習者ではないのですが、でもフランス語の小説をCNG読書法などで読み、ラジオ講座と組み合わせると、世界が広がる感じがして面白くできています。あ、これは自分の宣伝か(笑)。

皆さんの学習進捗はいかがですか?
[PR]

by L-monger | 2009-06-24 01:23 | NHK語学講座 | Comments(6)  

中国語の読書も始めました(本編)(6月18日)

仕事が終わったのでようやく書けます。

ずっと勉強してた国民的中国語教本「ときめきの上海」(5月27日の記事参照)が終わって以来、次の学習ネタを物色していました。(もちろん「まいにち中国語」の学習は続けながら、それと平行して学習するものです。)英語やフランス語でやっている CNG読書法をやろうかと思っていたのですが、そのためには中国語原文+日本語訳+朗読CD(および全文ピンイン表記)が必要です。ネットで探し、専門書店で実物を入手して、以下の三候補を検討してみました。

(1) 中国語購読シリーズ 中国ショートショート 第6集 (北京外文出版社)
  <中国語原文あり、全文日本語訳あり、朗読CDなし、全文ピンイン表記あり>
中国語を学習する日本人学習者のための、中日対訳の読み物です。有名な作家や無名の人の書いたショートショート集(1つの話が4ページから10ページくらいです)。全6集の最終巻ですが、各集は独立しているので無関係です。1991年発行で、書店の人によれば絶版・在庫のみのようです。ざら紙の印刷で表紙もたくましく日焼けしています(笑)。

(2) 《汉语风》中文分级系列读物 Chinese Breeze Graded Reader Series (北京大学出版社)
第1級 300語レベル 「错,错,错!
 <中国語原文あり、全文日本語訳なし、朗読CDあり、全文ピンイン表記なし>
学習用に書かれたレベル別リーダーの一番下のレベルです(笑)。殺人事件ネタ。アニメ絵満載。ミニCDにMP3の音声入り。

(3) 「中国笑話・謎語50選」(中華書店)
 <中国語原文あり、全文日本語訳なし、朗読CDあり、全文ピンイン表記あり>
40編の笑い話と10編のなぞなぞです。一つの話は1ページくらい。元のある話なのでしょうけど、だんだんレベルが上がるように書き直されているようです。授業で使う副読本のような感じです。

検討の結果は以下のごとし:
(1)の「中国ショートショート」は本物の中国語(書き直されていない)なので、リアルな面白さがあって良いのですが、いかんせん朗読CDがないため、自分で読むとウソ声調で憶える危険があるのと、やはり語彙レベルが高いので、学習に時間がかかりすぎるだろうという結論で、不採用にしました。いつかちゃんと読みたい。

(2)の「错,错,错!」(併記された英語タイトルはWrong, wrong, wrong!)は、実は(1)がダメだった時のために「保険」として買ったのですが、やはり話の内容が十代くらいの学習者向けみたいで大人の興味が持てない。多用されているアニメ絵も私の好きなタイプでないというのもあり、殺人事件の話を口頭練習したくないなあという点もあり、不採用にしました。内容は工夫されているようなのでいつか読み飛ばしたい(笑)。いやすぐできそうですけど。

で、(3) の「中国笑話・謎語50選」ですが、短い話なので一回の学習に時間がかからないだろうという点、内容が大笑いはしないまでも、クスッと笑える話で何度も口頭練習しても苦にならないだろうという点で、採用にしました。一つ問題なのは、日本語訳がないので、独習者の私は誤読しても指摘してくれる人がいないのですが、まあがんばってみようかなと思います。

あ、「CNG読書」でなくなってしまった(笑)。日本語訳がないからねえ。だから普通に「読書」と書いておきます。

皆さんは何か楽しい読書をしていらっしゃいますか?
[PR]

by L-monger | 2009-06-19 01:11 | 中国語 | Comments(2)  

中国語の読書も始めました(予告記事)(6月16日)

仕事が忙しくてブログが書けな~い(アンパンマンの「顔が濡れて力が出な~い」の調子で)。
というわけで予告だけの記事です。

現在、フランス語と英語の2ヶ国語で進行しているCNG読書法ですが、このたび、中国語も始めることにしました。いろいろ悩んで、3冊ほどの候補の間を紆余曲折があったのですが、結局「中国笑話・謎語50選」(中華書店)を読み始めました。短い話ですが、楽しく読んで練習しています(これまで2話完了)。

2,3日内にはもっと詳しく書きたいと思います。

(これ以外には「まいにち中国語」「アンコールフランス語講座・入門編」(そしてときどき「まいにちフランス語」を半分だけ)の講座を聞き、本文をノートに書き、音読し、日本語から原語に書き戻したりしています。これが結構時間を食っている面もありますね。)
[PR]

by L-monger | 2009-06-17 00:59 | 中国語 | Comments(0)  

6月第2週の感想(6月12日)

私の外国語学習はあくまでも趣味ですので、本業のじゃまにならないように、机に座っている時以外、つまりキッチンでお皿をやっているときだけに限定して学習していました(口頭練習中心)。でも、ある程度学習が進んできて、たくさんの単語を覚える段階(読書などを通じて)に来ると、それでは忘れる単語が多すぎるようです。

で、北京のけいさんのブログの記事(20090420 連動企画 語彙増強法紹介)を見たこともあり(おお、何というスパルタ!)、ここまではとてもできなくても、せめてノートを書いて、中国語なら日本語から漢字やピンイン表記の文を書いてみたり、フランス語ならディクテをしたり、日本語からフランス語に戻す練習をしてみたりしないといけないなあと思って、最近やってます。口頭練習では復習に時間がかかりすぎる(1週10分間としても、3ヶ月分=13週分=130分!)のですが、ノートを見ながらなら15分もあればなんとかなります(赤線部中心)。

☆ まいにち中国語 楽しい会話入門 (郭春貴先生)
第43課=当たり前みたいですが「走」は目的語を取らず「去」は目的語をとれるということですね。だから、「さあ行きましょう。食べに行きましょう」はこれら2つの動詞を使い分けないといけない(!) それにしても三回も言うのですね、「走、走、走!」って。日本語はせいぜい二回です、「行きましょ、行きましょ!」。

第46課=「每天」とか、「明天」とか、時間詞は動詞の前。先生は「英語を習った人は影響されないように。日本語式に考えればよい」とおっしゃってました。その通り!うっかりすると英語式になりやすいんですね。でも時点の話はそれで良いとして、時間の長さは動詞の後に来るんだなあ。つまり日本人は、日本語式と英語式を行ったり来たりしないといけないのであった(笑)。

☆ アンコールフランス語講座 「入門編」 ソフィーとジル (六鹿豊先生)
カフェにてマダム二人がバカンスの予定を話す会話。開口一番、「ここに座る?」がOn se me la? だもんなあ。nous も s'asseoire も使わない、バリバリの口語にしびれます。

ディクテして分かったのですが、飲み物について言うときの「un jus d'orange」とか「un panache」などの不定冠詞 un は凄く聞こえにくいです。何かあるのは分かるけど、何だろうって感じ。でも常識で分かれよ!と思いました。

それにしても若い人は un stage d'anglais (英語の研修)とか les vendages (ブドウの収穫のアルバイト)とか、夏にいろいろやるのですね。

皆さんの学習はいかがでしょうか?
そういえば、7月号の表紙はレモンイエローのようですよ。
[PR]

by L-monger | 2009-06-13 00:53 | NHK語学講座 | Comments(4)  

Graded Readers をあまり読みたくない理由(6月8日)

CNG読書法すすめていますが、仕事の波があるせいでちょっと停滞気味です。それでもフランス語の第2冊目「Kamo l'agence Babel」(邦題:カモ少年と謎のペンフレンド)は全89ページのうち55ページまで、英語の第1冊目「Contemporary Japanese History」(邦題:日本現代史)は全187ページ(第1部)のうち79ページまで進んでいます。中国語は…ふふふ、もう少しやってから発表します。

今年はじめてラジオ講座「まいにち中国語」や「アンコールフランス語」で学習を開始した方は、現在のところは講座に集中された方が良いかもしれません。でも、一、二年やってラジオ講座で物足らなくなってきた方には、お勧めします、外国語での読書。楽しいです。

ところで、ずっと前、Graded Readers (語彙を限定して書き直してある、レベル別の学習用読本)はあまり読む気にならないと書いたことがあります。なぜ読む気にならないか、うまく説明できなかったのですが、この前新聞を読んでいたら、思わず膝を打つ記事がありました。正確にはGraded Readersについてではなく、子供用リライト小説の話なのですが、似た傾向だと思います。(Graded Readers を好きな人にその効果を認めないわけではありません。語彙を増やす方法としてテキストブックよりもよいと思います。以下、あくまでも私の趣味の話です。)

2009年5月24日付け朝日新聞11面、筒井康隆氏の連載記事「漂流 本から本へ」(8)「子供向けリライトでなく」です。子どもの時、氏が疎開していた頃のお話し。ちょっと引用します。

引用開始:
(前略)
最初に手をつけたのがデュマ「モンテ・クリスト伯」二巻である。(中略)読みはじめてぼくはまず、児童向きの本で読まなくてほんとによかったと思った。「神は細部に宿る」なんて諺はまだ知らなかったが、その諺はまさに小説のためにあったのだ。子供向きの本ではストーリィを追うあまり細部の描写や瑣末なエピソードは省かれてしまう。しかし小説の真の面白さはそういう部分にこそあり、実は以前、同じデュマの「三銃士」を児童もので読み、ちっとも面白くなかった経験がある。人物がチャカチャカ動くだけの紙芝居的な展開にすぐ嫌気がさし、以後、その種のものは読まなくなった。これは今でも正しかったと思っている。
(中略)
あり余る財宝を手に入れたモンテ・クリスト伯が、あらゆる手段でじわじわと復讐していく後半がぼくには面白かった。(中略)読み終わり、茫然とせざるを得ない。これは人間業ではない、これ以上の復讐譚を書く作家はもう出ないのではないかと思い、アレクサンドル・デュマは天才だと思い、解説にも書かれているように、この時期のフランスでその名を喧伝された双璧がナポレオンとデュマであったというのも当然と思えた。
* * * * * *
以後、ぼくは今でも、この作品を子供向けの本でしか読んでいない若い作家志望者に、原典で読むことを奨めている。
:引用終わり

ちなみに古本好きの方のために書くと、新潮社の世界文学大全集の第15巻(昭和2年)と第16巻(昭和3年)の版だそうです。

この前までCNG読書法で読んでいたフランス語小説の第1冊目、「Balzac et la Petite Tailleuse chinoise」でも主人公の中国人の青年たちが「モンテ・クリスト伯」(中国語訳)に夢中になり、お針子さんの父親をも夢中にさせるという話が出てきました。なんだかちょっと興味が湧いてきましたね。次の次かな(笑)?

私がCNG読書法で読書しているのも、リライトものを読むよりは、翻訳と対照しながらでも原典を読む方がなにか強いアピールがあるように感じているからかもしれません。

皆さんの中で「モンテ・クリスト伯」を読んだ方(リライトでも原典でも原語でも)はいらっしゃるのでしょうか?いかがでしたか?
[PR]

by L-monger | 2009-06-09 00:31 | 外国語の読書 | Comments(7)  

5月第4週の感想(6月2日)

毎月変わるNHKまいにち講座のテキスト表紙の色、(ある程度)事前に知る方法が分かりました!それはアンコール講座テキストの表紙の月を示す、4 5 6 & 10 11 12の丸囲み数字の色です。パートIのテキストでは4~6月は既知のとおり、そして10月は緑、11月は黄土色、12月は紫色のようです。7~9月と1月~3月の色は、今月末にパートIIのアンコールテキストが発売されれば、分かるでしょう。(え、とっくに知ってた、こんな話?)

☆ まいにち中国語 楽しい会話入門 (郭春貴先生)
わざと人名をたくさん出しているようですね。田中さん、山本さん、山根さんとかは調べなくても分かるのでラッキーです。それと中国人の名前は知っておいた方が、聞き取りの時に絶対助かるよね。

第37課=子どもの日とか国慶節とか、なぜテキストに日付まで書かないのだろうと思っていたら、レッスンで聞き方を考えさせたり(中国的国庆节几月几号?)、数字を聞き取らせるためか。それと「跟~一样」で名詞と形容詞のコントラストさせたのは良いよね(我跟他一样是大学生。今天跟昨天一样热。)。

6月にはいって、耳だめし(1)で声調を書かなくなりました。望むところ!

☆ アンコールフランス語講座 「入門編」 ソフィーとジル (六鹿豊先生)

ステップ29=au troisieme (3階で)は、日本風に言うと、4階だそうです。去年パリに行った時、実体験しました。ヨーロッパでは普通なのかな。イギリスでも同じ。/ジェロンディフまで教えちゃいます。難しいというなかれ。読書しているとしょっちゅう出てきますから大事です!ディクテの時に「sortant」を間違って「sortent」と書いたのは内緒です。

ステップ31+32=Je fait la livraison et c'est tout.(私は配達だけなんです)といって戸口に洗濯機を置いていく配達の人。フランスでは当たり前っぽいですね~。そのあと、ソフィーが「Mais, c'est pas possible!」と言ったのを「そんなめちゃくちゃな。」と訳してあるのは笑えました。ディクテでは「il est en stationnement interdit.」(トラックが駐車禁止の状態にある=直訳)という部分は、当然聞き取れませんでした。こんな言い方なんだ。

皆さんのラジオ講座での学習はいかがですか?
[PR]

by L-monger | 2009-06-03 00:52 | NHK語学講座 | Comments(4)  

中国語文法上の「被」の変遷(6月1日)

そろそろ「まいにち中国語」の学習日記を書くべきですが、面白い発見があったので、それを先に書きます。

以前書いたのですが、中国語で受動態を表す「被」(bei4)は必ずしも使わなくても、意味上から受身(受動態)だたと分かることがあります。たとえば「他撞伤了。」(彼ははねられてけがをした)。(「中国語の文法にだまされない(2008年1月3日)」参照)

どうしてこんなことが許されるんだろうと思っていたのですが、先週図書館で借りてきた「新しい中国語・古い中国語」という本の「IV文法における歴史的変遷」「2-6.前置詞"被"の用法の拡大」に以下のような記述がありました。

引用: "被"は受動態(受身)を表すが、それは話者あるいは主語にとって不如意、不愉快、不幸、不利益であるときに用いられるのが普通であった。ところが新興文法、とくに欧米の文法の影響を受けて「能動態(active)」「受動態(passive)」の概念が導入されたことにより、これまでの"被"の用法の枠を打ち破って次のような用法も見られるようになった。

"你说明的东西越多,越普遍, 越深刻, 你的成绩就越大。(貴方によって説明されるものがますます多く、広く、深くなるにつれて、貴方の成果はますます大きくなる)"
"果然胜利等来了。(果たせるかな勝利はついにもたらされた)"

(中略) 話者あるいは主語の主観的、感情的要素が移入されない場合でも、また逆に好ましい状況でも、さらに客観的なあるいは自然的な受動態であっても、"被"を用いようとする傾向が顕著になり、先の2例文では"被"を挿入することがなかった箇所にまで、ことさらに"被"が用いられている。要するに能動あるいは被動の文法概念が中国語文法にも確立されて、行為の主体者と被動者とを明確にするために"被"がこのように活用されるに至ったのである。 (引用終わり)

なるほど~、"被"の転用により作られた受動態だから、先祖がえりして使わない場合も認められるのでしょうね。

この本、中国語専攻の方には多分やさしめの本なのでしょうが、門外漢の私には難しすぎます。でもナナメ読みしていると何でなんだろうと疑問に思っていたことが解決されたりして愉快ですね。

(代名詞 ta1 は元々男性・女性・中性の区別なく「他」だったのを西洋文法に倣って「他」「她」「它」という字を使い分けるようになった。実は ni3 に対しても男性の「你」に対し、この字のニンベンを女ヘンに変えた字を女性に当てようとしたが、定着しなかった、なども面白い話です。)

皆さんは中国語やフランス語、英語の文法で納得いかないことや不思議なこと、ありますか?
[PR]

by L-monger | 2009-06-01 22:35 | 中国語 | Comments(12)