<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

2009年4月期 まいにち中国語 (郭春貴先生)の感想(10月28日)

2009年度4月期の感想、いくらなんでもそろそろ書いておきましょうか。

☆ まいにち中国語 楽しい会話入門 (郭春貴先生)

6ヶ月とおして聴講/練習した感想ですが、とても良かったです。初めて習う人にも何回目かの入門編の人にも楽しめる内容だったと思います。

郭春貴先生はカリキュラム構成も実際の教え方も上手な方で、ラジオ講座に非常に適した方だなあという感想を持ちました。

と、ほめるばっかりでは参考にならないと思うので、以下、番組/テキストのコーナー別にもう少し細かく書いてみます。再放送されたときに検索でたどりつく方のために、一応客観的なフリをして(笑)、それぞれのプラス点とマイナス点を書いてみます。

* きょうの会話:
(+)実用的ですぐ使えそうな内容。使えば中国人にウケそうな工夫もある(たとえば「托您的福很好。」(おかげさまで元気です)のような)。日本語と言葉の使い方の違いも放送で説明(すごく役立った)。
(-)語句だけのリピートがない。いきなりセンテンス単位のリピートは初心者にはキツイかもしれない。CDやストリーミングで再生を止める必要がありそうです。

* きょうのポイント:
(+)毎回例文4つ程度(後半)という、少なく暗記しやすい分量。説明ではなく、主に例文を通して納得させる。
(-)リピートするためのポーズがない(私は再生を停止してリピートしてました)。例文からの理解と言っても、たとえば金曜日の復習などでもう少し文法のまとめ話を聞きたかったかも。

* 単語ストック:
(+)例文が少ないために単語が不足しがちなのを補助する。自分のことを表現するのに役立つ場合もある。
(-)自分で例文の単語を入れ替えなくてはならないので、初心者には使い方が正しいか自信が持てない。(ひょっとしてコーナー自体がリピーター用の配慮か?)

* きょうの発音:
(+)最初のころ説明された発音の実地練習を6ヶ月かけてじっくりやった。
(-)なし(とても良い練習だと思う)

* 耳だめし:
(+)ラジオ講座の特性を考えれば、このようなリスニング練習はどの外国語ももっと力を入れるべき。今回たくさん時間を割いていたが、良かったと思う。とくに1番は、文字を見ず発音だけで回答するととても耳が鍛えられる。
(-)1番は「きょうの発音」で使われた単語を覚えていると、音の識別をする必要がない。2番は簡単すぎる。(しかし、このコーナーが耳を澄ませて表現を聞くためのきっかけに過ぎないとすれば、適度なレベルか。)

* 漢字で知る中国語(放送では取り上げない)
(+)日本語の漢字と比較することで、無意識に間違うのを避けられる。
(-)放送でも一言ぐらい言っても良かった(でも時間ないかも)。

* 金曜日の文化コーナーと今月の歌:
(+)文化知識をコンパクトにまとめ、ゲストも日本語や中国語を駆使して本国の事情を教えてくれて興味深い。中国語で歌う日本の唱歌やポップス(ユーミンなど)の紹介も面白い。
(-)文句ありません。

* 本文イラスト:
(+)わたなべまきさんのイラストはとても可愛い。きょうの会話に感情移入する助けになる。イラストはスキットの例文の横に必須だと思います。去年はイラストの扱いがオマケていどで残念でした。
(-)文句ありません。

この講座を聞いていたみなさんの感想は、いかがでしょうか?
[PR]

by L-monger | 2009-10-28 22:28 | Comments(2)  

忘れないでいるための学習方法(10月13日)

毎日残業が終わってから、翌日吹き込むフランス語や中国語のノート作りをしていたら、ブログに回す時間がなくなってしまいました。更新回数が少ないのはそういうわけなので、ご勘弁を。

最近、自主学習やラジオ講座復習のやり方を少し変えましたので、書いておきます。(やっているネタはこちら=9月29日記事

(1) ノート作り
左ページに学習済みのラジオ講座やこれから習う自主学習本の「テキスト」(スキットや本文など練習する文章)、右ページに訳文や単語の意味・発音を書きます。中国語の場合は、新出語と対照させてニコニコ学習法をやるための単語も選び、右ページにピンインを書きます。フランス語の場合は、右ページに新出語の動詞不定形や過去分詞形など関連した単語や例文も書きます。

(2) 自主学習用音声ファイルの録音
作ったノートに基づいて、ラジオ講座の音源を使う際は、MP3DirectCutで切り出して、適当な無音部を中国語やフランス語の「テキスト」の合間にコピーし、リピートポーズを作ります。自分の声で吹き込む場合は、「テキスト」の合間に1.5倍くらいのリピートポーズを作ります。黙っているだけです(笑)。これを(B)ファイルとします(大体1回の再生時間が5分間ぐらい)。録音ソフトは「超録」。

さらに(A)ファイル=中国語やフランス語の新出単語のみ読み上げ(再生時間2分間)+日本語・原語の順で意味の確認(再生時間3分間)も作ります。自分の声で。

(3)練習本番=ノートをチラ見しながら、音声ファイルを聞いてリピート
まず(A)ファイルで新出単語を意味を思い出しながらリピートします(リピートせずに意味を日本語で言う場合もあり)。大体思い出せたら後半を略して、(B)ファイルへ進む。思い出せなかったら、後半で意味の確認をします。それから(B)ファイルのテキストをリピートしながら意味を思い出します。思い出せなかったら、トークマスターの再生を止め、ノートをチラ見して、すぐに意味を確認して、数回リピートします。

これで1回の練習が、長くて10分間、短くて7分間で終わります。2回ぐらいやれば単語は覚えますので、3回目からは(B)ファイルだけやって5分間。

朝など1回の皿洗い練習タイムは20分間ですから、(B)ファイルだけやるなら、まとめて4回分ぐらいをおさらいすることができます。ラジオ講座は週1回ごとに復習ノート+ファイルを作っているので、1日で4週間分を復習できるということです。

この方法で、現在進行中のラジオ講座や自主学習だけでなく、週に1,2回、郭春貴先生のまいにち中国語(たのしい会話入門)の後半4ヶ月分を練習し続けています。(ごめんなさい、六鹿先生アンコール講座はまだ手が回りません。)歩留まり7割ぐらいだったのが、8割半から9割くらいになっていくので、なかなか楽しいです。

前にも書いたとおり、ちょっとの間、覚えているのは簡単ですが、1年後も2年後も忘れずにいるというのが、大事かなと思ってやっています。だんだん記憶が増えていくのが楽しいです。論語の「学びて時に之を習う。 亦説ばしからずや。 」ですね。

それだけでなく、あいまいだった記憶がはっきりしていく効果もあります。(例えば、中国語で「長」の二つの発音と「場」の発音が区別できるようになったり)

さて、続くかな~?
[PR]

by L-monger | 2009-10-14 00:58 | NHK語学講座 | Comments(8)  

遠藤先生のまいにち中国語 消えた5分間の謎(10月6日)

2009年度10月期のラジオ講座も第2週に入りました。皆さん聞いていらっしゃるのでしょうか。第1週目を聞き逃した方も、ネットのストリーミング再放送を使えばまだ追いつくことができます。始めるのなら第1週目を再放送している、今週中ですよ(NHK語学講座のページ)。

さて、今学期の「まいにち中国語入門編 エチュードで学ぼう」(遠藤光暁先生)ですが、初めて放送されたのは「中国語講座 入門編」としてでした(本放送2004年4月期、再放送2005年10月期)。このときは毎回20分間の放送だったのですが、今の「まいにち中国語」のフォーマットは毎回15分間です。つまりどこかで5分間短くしているのですね。

では、いったいどこを短くしているのでしょう?

この件について調査するべく、私は先週来、ステップ1からステップ6まで、古い20分間版と新しい15分間版をぜんぶ聞き比べてみました(再生速度は1.3倍速や1.5倍速ですけど)。ものすごい物好き!こんなことをしてブログにまで書くのは、たぶん日本でも私だけ!

そこで分かったことは、説明の内容や練習の段取りはどれも削られておらず、ただ単語のリピート練習が削られているのでした。元々はスキットの「語句」や「補充語句」の説明の後に、1回ずつリピート練習があったのですね。また毎日やってる最後のスキット練習でもロールプレイの後のスキットのリピート練習1回分が削られていました(ステップ6の場合)。

(1週目の発音練習の週は、リピート以外にも少しはげましのお話しとか削ったりしていましたが)

これはスゴイです。講義内容だけなら何も減ってないということですから。道理でテキストを比べてみても何も変わってないわけです(背景デザインは除く)。しかも、改めて聞いてみると、短い説明の中にもっと上のレベルの中国語を理解するためのヒントがすぱっといわれたりして、楽しいです。

私はもう入門編を聞かないつもりだったのですが、こうやって聞いているうちにまた聞きたくなってきました。入門編の週4回を週2回ぐらいに縮めて聞こうかな。それに応用編を週2回で組み合わせて。

というわけで中国語については、応用編週4回は中止です。いきなり予定変更すみません。やっぱり好きなんですね~、遠藤先生(と容文育さんと沈宝慶さん)。

*追伸: 新作の「テレビでロシア語」は現地レポーターが何人かいるのですが、先週の第1回目で全員を紹介していました。そのなかに黒田先生の「かたつむり」で1年間お世話になったカーチャさんがいました!「おお、カーチャさんが動いている!小学生としゃべっている!」と一人で騒いでいました。はは。
[PR]

by L-monger | 2009-10-07 00:57 | 中国語 | Comments(6)