<   2010年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

2010年4月期外国語講座 4月号テキスト表紙など (2月25日)

NHK出版の定期購読のページを見てみたら、もう4月号のテキスト表紙が見れました。以下にリンクを貼っておきますが、楽しみを3月18日の発売日まで取っておきたい方はまだ見ないでもよいです。

NHK出版の「2010年テキスト」のページ(英語以外)

4年ぶりに言語別のカラーリングになりました!これで積み重なった本の中からすぐに目当ての外国語が見つかります。デザインは…まあ、実物みないと分からないか。テレビのテキストの表紙(EURO24関係の言語)は女性雑誌みたいです。絶対意識してます。
[PR]

by L-monger | 2010-02-26 00:53 | NHK語学講座 | Comments(2)  

ラジオ講座を楽しむためのヒント(2月22日)

ラジオ講座は能動的に聞く(active listening)のが一番楽しめます。そのためのヒントをいくつか。

(1) 毎回(毎文)聞き取り練習をする。
まいにちフランス語応用編(杉山利恵子先生)やまいにち中国語応用編(楊凱栄先生)のように、フランス語/中国語の例文を言ってから日本語でその説明をする場合、テキストを見ないで聞き取れるか、試してみる(ポーズボタンを押して考える)。

聞き取れなかった理由=未習単語、文法の不理解など原因を意識する。未習はしょうがないけど、知っている単語だけで構成されている部分が聞き取れないと、とてもクヤシイデス!つまり良く覚える。

ちなみにテキストは講座の最中は、チラ見する以外、なるべく見ないようにします。なぜなら視覚の方が聴覚より強いので、見ながらだとほとんど何も聞いていません=リスニング練習にもならないし、日本語の説明もちゃんと頭に入りません。

(2) 例文を15個選ぶ。
数は変動しても良いのです。練習のためのネタとして約15個の例文を選びます。選択の基準は、知ってる単語だけで構成されているのに理解できなかった文、思ってもみない発想など面白い文、生活の中で役立ちそうな文、などです。

(3) 例文をノートに書き、未習語に下線を引く。
さらに対面ページに日本語の訳文を書いたり、辞書を引いて発音、意味、類似語、反対語などを書く(例文を覚えるための情報なので気になるものだけ書けばよい)

(4) 例文を自分で音声ファイル(mp3)に吹き込む(「超録」使用)。
一文ごとに、練習用の無音部(ポーズ)を入れる(readingファイル)。再生時間で約3分。また別ファイルに上記で選んだ未習語を「日本語(ポーズ)外国語」の順で入れる(vocabularyファイル)。約5分。

(5) 同じ週または翌週、トークマスターで三日ぐらい練習する。
readingファイル(1回目)では、ポーズで日本語訳を言う。vocabularyファイルでは、ポーズで未習語を言う。readingファイル(2回目)では、ポーズで外国語をリピートする。1回計10分間ぐらい。

(6) 翌々週以降は、2~3週間に1回、またこのファイルに戻ってくるようにする。
たくさんの例文をカバーするため、readingファイルのポーズで外国語をリピートするのみ。意味を忘れていたら、開いているノートでさっと確認する。再生を止めたりするので1ファイル計5分間ぐらい。

この調子でretentionを上げるようにしています。なお、自分で吹き込むより、講座の録音から音声を切り出した方が良い発音なのですが、過去にやってたとき時間がかかりすぎたので、最近はやってません。自分の発音チェックになるから良いかという面もあり。

私のように主にキッチンなどで立って学習する人でなければ(満員電車も(^^))、復習はどこかに座って、ノートを見たり、書きながら発音したりする方が覚えやすいでしょう。

こんなノロノロやっても、1週間に応用編2回分ずつやってるので1週30個として、6ヶ月24週とすると、30 x 24 = 720個の例文が覚えられる予定(これには読本の分は含めず)。あくまでも予定です。

あ、そうそう、「テレビでロシア語」とラジオの「アラビア語講座」は私の場合、つまらなくして聞いてます(笑)。聞き流しとも言う。全部ちゃんとはやる時間はないのですねー。

皆さんはどのようにラジオ講座を楽しくしてますか?
[PR]

by L-monger | 2010-02-22 17:41 | NHK語学講座 | Comments(2)  

長期復習と短期復習の比率(2月18日)

タイトルは長期記憶と短期記憶になぞらえたものですが、直接の関係はありません(笑)。

現在聞いているラジオ講座のラインアップは以下の通り(9月末に決めたとおり)。

☆ 「ラジオ中国語講座応用編~中国語生き生き会話26 / 田口善久 銭波 陶卉」(2005年7月期の録音)
☆ 「まいにち中国語応用編 ~すぐに使える基本文法 / 楊凱栄 将文明 張艶」(今学期放送)

☆ 「まいにちフランス語中級編 ディアローグ三銃士 ~もっと伝わる会話術~」(Cedric Riveau, Gael Crepieux, Sebastien Jaffredo) (2008年4月期の録音)
☆ 「まいにちフランス語応用編 Racontons nos vies! ~文法&表現力を磨こう~」(杉山利恵子) (2009年10月期の録音)

それでタイトルに戻りますが、短期復習は今週や先週のラジオ講座を復習することで、長期復習は数週間前や数ヶ月前の復習です。これまでは、短期復習を週に2~3回、長期復習1ヶ月分を週1回やってます。長期復習の方は週替わりで、つまり3~4週で3~4ヶ月分が回るようにしています。f

ふと思ったのですが、これだと短期:長期=3:0.25くらいにしかならない。特にラジオ講座の4ヶ月目や5ヶ月目になると長期が3ヶ月分や4ヶ月分になるわけですから、これではいかにもバランスが悪いなあと感じてきました。

現在仕事が忙しくて、中国語やフランス語の読本が進めませんので、その間に、長期復習をやってみてますが、やはり忘れているのが増えていて、やってて楽しいです(まずい!)。だから、これからは短期:長期=2:0.5くらいに変えてみようかなあと思っています。

みなさんはどれぐらいさかのぼって復習なさってますか?
[PR]

by L-monger | 2010-02-18 13:53 | NHK語学講座 | Comments(0)  

2010年4月期外国語講座 全部発表!(2月12日)

めーちゃんさんのコメントを見て急いでNHK外国語講座のページを見に行ってみたら、一挙に全部公開になっていて驚きました。さっきまでは影も形もなかったのになあ。去年よりも早い発表です。

「春からの語学番組、全ラインナップ発表!」
このページの一番下のリンクをクリックするとPDFファイルが開きます。カラーのPDFファイルで、時間も講師もゲストも分かります。英語以外の外国語講座は11ページからです。

一応私の興味のあるのを転載しておきます。

☆ まいにち中国語
月~水(入門編) 「どんどん話せる基本表現」
講師:三宅登之 ゲスト:于躍(ウ・ヤク) 解明明(カイ・メイメイ)
おすすめポイント: 中国語の基本表現をどんどん話しながら、楽しく覚えられる!

木・金(応用編)「わかる使える!お悩み解決クリニック」
講師:陳淑梅(チン・シュクバイ) ゲスト:斉中凌(サイ・チュウリョウ) 張維納(チョウ・ウェイナ)
おすすめポイント: 中級レベルの学習者がつまずきがちな中国語のポイントを、まちがった用法(病句)を治療するクリニック形式で添削! 日本人にとっつきにくい応用表現を楽しくマスターする。

(私のコメント: なんと中国語が3日+2日のパターンを使うとは!去年までの5日間ぶっ通しがウソのようです。発信中心の応用編は興味をそそりますね。)

☆ アンコールまいにち中国語
前期: 荒川清秀『基礎を固める6か月』(2008年度前期初回放送)
後期: 郭春貴『楽しい会話入門』(2009年度前期初回放送)

(私のコメント: なんとアンコールが前期・後期で別々とは!しかも本放送枠で再放送していないのをいきなりアンコール投入ですか。ぜいたくだなあ=フランス語から見た場合。そうすると、本放送の後期はどうするんでしょう?また20分時代のを再構成でしょうか。それも楽しみだなあ。)

☆ まいにちフランス語
月~木(初級編)
講師:清岡智比古 レナ・ジュンタ
おすすめポイント: 人気講師の掛け合いトークとオリジナルストーリーで、楽しく学べるフランス語

金(中級編)
講師:澤田直 リリアンヌ・ラタンジオ
おすすめポイント: 知っているようで実は知らないフランス文学の世界をじっくり味わうチャンス

(私のコメント:清岡先生のブログでもう発表されていたので驚きはないですが、中級編の澤田直先生はちょっと意外でした。こちらは週4日+1日というパターン=今期の中国語と同じですが、濃い内容なら週1日も悪くないなと思ったりします。)

☆ アンコールまいにちフランス語
入門編:「ジュリアンとさくらのJaponウォッチング」
中級編:「ディアローグ三銃士~もっと伝わる会話術~」

(私のコメント: 本放送枠で再放送が終わったものをアンコールで流すという意味で、このラインアップは順当なのでしょうが、中国語を見てしまうと残念だなあと思ったりして。カルメンとか聞きたかったけど、まだ先になりそうですね。本当はテキストが欲しいだけですが。へへへ)
[PR]

by L-monger | 2010-02-13 01:03 | NHK語学講座 | Comments(18)  

笑い話が時々わからない(2月8日)

ラジオ講座の他に、笑い話の本を読解して腕試しをしています。付属CDの音声で音読もしています。通常の笑い話を学習用に書き換えてあるようなので、初級に毛の生えた程度の私でも楽しめます。

ただこの本、全文ピンインがついていて、単語の説明もあるのですが、独習者としてはできれば全文和訳が欲しかった。ところどころ分かりません。全体の流れは分かるんですけどね。

先週読んだのは以下のようなお話。途中まで私の下手な和訳付けてみます。

1. 有一对夫妻,丈夫非常爱喝酒,为这事,妻子常跟他生气。
2. 一天,他在外面喝酒,回家晚了,屋子里很安静,他不敢立刻上床,就脱了鞋,轻轻地走到孩子的摇篮旁边儿,小声唱起催眠曲,一下一下地摇着摇篮。
3. 妻子听到他的声音,问他: "你在干什么?"
4. "唉,你看你," 他对妻子说,"你是怎么当妈妈的?孩子哭了一个钟头,都哭累了,我一直坐在这里摇他。"
5. "你骗谁?" 妻子生气地说: "你没看看孩子在哪儿呢?"
6. 丈夫一看,原来自己摇的是一只空摇篮,孩子正在妻子身旁睡觉呢。

1. 昔あるところに一組の夫婦者がいた。夫は大の酒好きで、そのことで妻はいつも夫に怒っていた。
2. ある日夫は外で酒を飲んで、家に帰るのが遅くなった。家の中が静かなので、夫はすぐ床に上がる勇気がなかった。そこで靴を脱いで、忍び足で子供の揺りかごの側へ行き、小さな声で子守歌を歌い始めた。少しずつ(?)揺りかごを揺らしながら。
3. 妻は夫の声に気づいて、尋ねた。「あなた、何をしているの?」
4. 「(?)」夫は妻に言った。「そんなんで母親がつとまるのか(?) 子供が一時間も泣いて、泣き疲れていたから、俺がずっとここにいて、揺らしてやってたんだよ」
5. 「そんなんで誰がだませるの?」妻は怒って言った。「あんたは子供がどこにいるかも見ていないんだね?」
6. (略)

6番は皆さんのお楽しみのために、訳さずにおきます(笑)。さて、分からない部分は 2の「一下一下地」、4の「唉,你看你」と「你是怎么当妈妈的?」です。

もしお分かるになる方がいらっしゃいましたら、ごく簡単に教えてください。辞書的な意味とこの文脈での解釈を教えていただければ、なお幸いです。

あ~いつまでもExciteのオンライン中日辞書に頼ってばかりでなく(便利なんですけど)、そろそろ紙の中日辞書も買わなきゃいけないかな。

(蛇足:私はフランス語では旺文社のプチロワイヤル仏和辞典を使っていますが、イディオム的なものや常用句がとても調べやすいです。)
[PR]

by L-monger | 2010-02-08 15:03 | 中国語 | Comments(7)  

フランス語の数え方は990台が難しい(2月3日)

年の数だけ豆を食べてますか?なんつて。
数にちなんだ話題。

もう数年間、毎朝水道メーターを見て表示されている下三桁をフランス語で読み上げています。一時中国語やイタリア語でやりましたがすぐできるようなったのでフランス語に戻しました。(本来は水を使いすぎないように記録するためやっているのですが、ついでに練習です。)

で、990台は本当に難しい。今日は「997」でした。はい読んでみて!

そう、neuf cent quatre-vingt dix-sept ですね。どうしても言うことを聞かないのが、「9xx」で neuf cent はすぐ出ますが、「99x」と来たときに neuf cent quatre ... というのに抵抗がある。ここで「4」というのがね。

これが「999」 だと neuf cent .... neuf となるわけで余計途中に quatre なんとかを言うのが心理的抵抗があります。

皆さんはそういうことないですか?
フランス語の数は本当に難しいので楽しいです。
[PR]

by L-monger | 2010-02-03 15:27 | フランス語 | Comments(14)