<   2011年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

イタリア語の教科書でフランス語を学ぶ(10月28日)

これまでと違い、「まいにちフランス語」の入門編も応用編も聞かなくなった私が、最近どうやってフランス語を練習しているかというと、4年前に買った「40 leçons pour parler italien」(2007年8月25日の私の記事)を使っています。

え?イタリア語を勉強しているんでしょ?と思われるかもしれませんが、実はイタリア語は当て馬で、説明しているフランス語をこそ、読みほどく練習をしているのです。

ある程度基礎のできた外国語はどんどん使うのが正しいのですが、日本に住んでいて一番手軽な方法は、小説などの本を読んでたくさんその言語を使う状況に触れることです。私が今、仕事で使っている英語を勉強した時もそうしました。

ただ本当のことを言うと、これまでカンニング学習法などでフランス語の小説を読んできましたが、一番興味があるものは難しすぎ、易しいものはあまり興味が持てないというわけで、イマヒトツ単語の記憶の定着率が悪かったのです。

私が一番興味のあることはやはり外国語の学習、なかんずく文法なのですね。たとえフランス語で書かれていても、文法の話なら読みたいし、読み解けるものみたいです(変?)

例えば以下の文:(第4課より)
Alors qu'en francais la phrase interrogative se characterise par l'inversion sujet-verbe, en italien l'order des mots est, en general, le meme que dans la phrase affirmative.(すみません。アクサン略してます。)

多少ややこしい文ですがすっと分かります(すでに知っている内容だから!):
フランス語では疑問文は主語-動詞の倒置で表されますが、イタリア語では疑問文の語順は肯定文とほぼ同じです。

(もちろん、イタリア語は普通のSi-No 疑問文の話です。フランス語にだって倒置しない疑問文があるじゃないかというツッコミはなしでお願いします(笑)。)

ああ、分かる分かると楽しんで繰り返してます(自分で読んだフランス語(と少しのイタリア語)の録音を聞きながら復唱しています)。

こんな教材の使い方もありですよね?ちなみにこのフランス語で書かれたイタリア語のテキストはとても良くできているのですが、同じシリーズの「40 Lessons to Speak French」(英語で書かれたフランス語のテキスト)を数年前のパリ旅行で買ってきたのですが(2008年11月22日の私の記事)、こちらはそんなに面白い内容じゃなかった。そんなもんです。
[PR]

by L-monger | 2011-10-28 23:58 | フランス語 | Comments(8)  

2011年度後期 第4週の感想をどうぞ(10月24日)

今週は、全24週のうちの第4週目(10月24日~10月30日)。「まいにち中国語」「まいにちフランス語」「まいにちイタリア語」「まいにちハングル講座」その他どのラジオ・テレビ外国語講座でも感想のコメントどうぞ。なんと!1冊目、10月号は今週で終わりです。来週から11月号テキスト掲載分のレッスンが開始されますが、皆さん、11月号テキストはもう入手されましたか?
[PR]

by L-monger | 2011-10-24 19:03 | NHK語学講座 | Comments(5)  

中国語文法を英語で学ぶ(10月22日)

まだ「まいにち中国語 入門編」が簡単すぎることもあり、今日は別の話です。

以前「Chinese with Ease」というテキストで英語を通じて中国語学習をやってみたのですが、ダメでした。語系が違いすぎることもあり、英語を通じての学習は非効率的という結論でした(それと説明が下手すぎた)。

でもこの前、アマゾンで立ち読みしていたら、なんか説明の仕方が面白かったので、買ってしまいました。「Shaum's Outline of Chinese Grammar」(日本アマゾン米国アマゾンのページ)。同シリーズに微分積分や三角関数もあるので、ひょっとしてアメリカの高校で使う本なのかもしれません(未確認)。

例として、数字の「二」と「两」の区別の説明を引用します。(冒頭のみ。この後、もっと大きな数字の練習が続きます。)

(引用開始)
・ When counting numbers without a following classifier, the number "2" is always 二 er.
   一、二、三...
・ When the number "2" is part of the number 12, 22, 32, 42, 52, 62, 72, 82, or 92, it is always 二 er.
   十二、二十二、三十二...
・ In all other cases, when the number "2" occurs before a classifier, it is 两 liang.
   两本书   两个人
(引用終わり)

(全部の例にピンイン(声調符号あり)が付いてますが、上記引用では省きました。また繁体字と簡体字の両方で例が書かれていますが、上記では簡体字のみにしました。)

ね、すっきりしているでしょう?念のために適当な日本語訳をちょろっとつけてみると

・ 量詞をつけずに数を数える時は、いつも「二」
・ 12, 22, 32の一部である場合、いつも「二」
・ それ以外の場合、量詞の前では「两」

学習用の文法はシンプルな方が使い勝手が良いですね。そういう意味でこの説明の順番や言い回しが割合気に入りました。

この本、寝る前にちらちら読んで楽しんでいます。また気が向いたら引用します。

あ、ちなみにこの本、A4サイズででかすぎるのと紙質がペーパーバック特有のざら紙(きっと来年までに真っ黄色に日焼け)じゃなきゃ、もっといいのにな。値段が安めだからしょうがないのか。
[PR]

by L-monger | 2011-10-23 00:09 | 中国語 | Comments(1)  

2011年度後期 第3週の感想をどうぞ(10月17日)

今週は、全24週のうちの第3週目(10月17日~10月23日)。「まいにち中国語」「まいにちフランス語」「まいにちイタリア語」「まいにちハングル講座」その他どのラジオ・テレビ外国語講座でも感想のコメントどうぞ。皆さんはもう外国語講座をうまく生活のリズムに取り込めましたか?たとえ録音/録画している人も、いつも同じ時間に聞くようにすると忘れなくていいですよ。これ、長年やった私の知恵。

(18日は11月号テキスト(英語以外)発売日です。発売が遅いところでも今週末には出ますね。)
[PR]

by L-monger | 2011-10-17 14:24 | NHK語学講座 | Comments(17)  

第1週目の再放送は本当に必要?(10月8日)

前々回に書きましたが、今回の10月期のNHKラジオ講座(まいにち中国語など)は9月26日~が第1週目、10月3日~が第1週目(再放送)、10月10日~が第2週目というスケジュールになっています。なぜこうしたか、想像するしかないのですが、おそらく講座開始を長くすることでリスナーを増やす作戦なのでしょう。

しかしですねえ、熱心なリスナーは9月26日に「さあ、始めるぞ」と意気込んで始めても、翌週がいきなり足踏みではつまらないったらないです(前期では5月のゴールデンウィークやお盆に足踏みなのはまあ、仕方ないと思います)。それに第2週目の月曜日は体育の日で祝日ですから、むしろこっちの方が聞きにくくて脱落してしまう人が多いのではないでしょうか。

なんのためのインターネットホームページ(NHK語学番組)のストリーミング再放送なのでしょう。これがある以上、聞き逃しても翌週聞けますし、日曜日や土曜日の再放送枠もあるではないですか。

余計な心配りはやめて、来年からは第2週はすぐに放送してほしいものです。

皆さんはどう思われますか?
[PR]

by L-monger | 2011-10-15 13:55 | NHK語学講座 | Comments(7)  

2011年度後期 第2週の感想をどうぞ(10月11日)

今週は、全24週のうちの第2週目(10月10日~10月16日)。「まいにち中国語」「まいにちフランス語」「まいにちイタリア語」「まいにちハングル講座」その他どのラジオ・テレビ外国語講座でも感想のコメントどうぞ。皆さんはもう始められたでしょうか?2週目が待ち遠しかったという人は、快調な滑り出しですね。

えっ?10月期の開始を知らなくて、出遅れた?そういう人も大丈夫。
NHK語学講座のホームページに行けば、先週分の講座(第1週目)をストリーミングで聞けます。再放送みたいなもの。今週いっぱいですから、新しい講座に参加したい人は、もう今週がラストチャンスです。後がないので急いだ方が良いですよ。なんつて。

下の方の記事で、毎度おなじみ併走者募集をやっておりますが、今回は少ないですねえ。私がフランス語講座を聞くのをやめたのが影響しているのかな(まさか)。それとも前期で見せかけの賑やかさや楽しさを追求していたのが、消費者に飽きられたかな(今学期は本気の講座が多いのにね)。
[PR]

by L-monger | 2011-10-11 14:10 | NHK語学講座 | Comments(4)  

2011年10月期 とりあえずの学習プラン(10月6日)

あ~忙しい。仕事が多いわけではなくて、私の手が遅いのがいけないのですが、余分なことを考える余裕がなくて困ります。例によって、メシ後の楽しい皿洗いタイムにラジオ講座を聞くだけは聞いているのですが。

とりあえず10月期の計画を考えました。4月期みたいに「小説読んで」というのは時間の面から現実的でないのが分かったので、やめます。

<中国語>
1. まいにち中国語 4月期入門編 「おもてなしの中国語入門」 (楊光俊)=復習中
2. まいにち中国語 新入門編 「実践エクササイズで学ぶ中国語」 (高木美鳥)=とりあえず聞き流し
3. まいにち中国語 新応用編 「目指せ 補語の達人」 (丸尾誠) =とりあえず聞き流し

1. はまだ京都にいます。告白までがんばります(笑)。
2. はまだやさしすぎます。12月ぐらいから本腰入れます(それまで、1番をやってます)
3. はとりあえず流します。応用編は自分の側に引き寄せる力がまだないので、知識としてだけ聞くつもり。

<イタリア語>
1. まいにちイタリア語 入門編 「キャンピングカーでまわろう in Toscana」(花本知子)=ちょっとだけ本気で聞きます。
2. まいにちイタリア語 応用編 「弱点克服 ディクテーション特訓講座」(Riccardo Amadei)=聞き流し

1. は前期から続けてきて、これからが正念場というところです。どこまでできるか楽しみ。でもそんなに時間は使えないです。
2. は難しそうですが、リッカルド先生の「己の弱点を知るべし!」が面白かったので、聞いてみます(日本語うまいじゃん!)

<フランス語>
勉強をやめます(じゃーん!) さらば「まいにちフランス語」。前期のクニパト講座で踏ん切りがつきました。(ありがとう、クニパト!)勉強をやめて、使う練習に励んでみたいと思います。方法は現在試し中。そのうち書きます。

<ハングル講座>
どうするかなあ…。録音だけにするか、やっぱり聞くか。出来が良い講座は悩みます。

<その他>
「テレビで中国語」「テレビでハングル講座」=見流しして楽しみます。

以上、とりあえずです。変えるかもしれません。

みなさんの学習プランは固まりましたか?よろしければ教えてください。
(併走ランナー募集もよろしく!)
[PR]

by L-monger | 2011-10-06 18:52 | Comments(4)  

併走ランナー新規募集のコメントのお返事(10月3日)

併走ランナー新規募集のコメントについては、後で私が読み返しが楽なように、こちらにお返事のコメントを書くようにいたします。私が書いたコメントへのさらなるお返事はこの記事のコメント欄に書いていただければ、幸いです。
[PR]

by L-monger | 2011-10-03 12:08 | NHK語学講座 | Comments(8)  

NHKラジオ講座 併走ランナー新規募集(2011年10月期)

待っていた方、お待たせしました。併走ランナー新規募集です。

「6ヶ月や12ヶ月続く放送講座はマラソンと同じです。
ゴールまでたどり着くためには、併走者がいると心強いです。
一緒に走りませんか?」

私はフランス語、中国語をメインに学習していますが、今年はイタリア語講座もやってます(ハングル講座は半分お休み状態)。多言語学習は全然目指してないのですが、外国語学習とNHK語学講座(とりわけラジオ講座)が好きなんです。

NHK ラジオ講座(やテレビ講座)をやろうと思った方々、どの外国語でも、ひとつの講座でもかまいません。コメント欄で「私も併走します!」宣言をしちゃってください。どの外国語講座か、入門編か応用編かの区別を書いてください。気軽に書いて下さいね。知ってるのは自分だけですから(笑)。

(実は私も聞く講座を決めていません。来週は足踏み週なので、来週ぐらいに決めます)

では皆さん、楽しみましょう!
[PR]

by L-monger | 2011-10-02 17:37 | NHK語学講座 | Comments(7)