<   2012年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

2011年度後期 第17週の小ネタはこちら(1月31日)

今週は、全24週のうちの第17週目(1月30日~2月5日)。「まいにち中国語」「まいにちフランス語」「まいにちイタリア語」「まいにちハングル講座」その他どのラジオ・テレビ外国語講座でも感想のコメントどうぞ。

さあ、テキスト2月号に入りました。これから2ヶ月が一番大変かつ面白い時期になります。初めて講座を聞いている人は青息吐息状態になるかもしれませんが、全部憶えようとせず、しかし一部は確実に憶えるようにして進むと挫折しなくて良いかもしれません(私も、中国語応用編とハングル講座入門編をそんな風にやってます)。
[PR]

by L-monger | 2012-01-31 10:58 | Comments(6)  

実家滞在中の復習(1月29日)

とうとうゆっくりノートに例文を書いている時間がなくなったので、もっぱらICレコーダー(SANYO ICR-P5004M)に日本語訳+外国語の例文吹き込みをして、外を出歩きながら復習しています。

文字を見ないと、特に韓国語(ハングル講座)は空耳が激しいです。「ノロマ、ハゲっすよ」とか(笑)。(뭘로 하시겠어요?=何になさいますか?です) しかしこじつけで憶えられるというメリットはあるか(ないか)。

中国語は、音が日本語と全然違う分、あまり空耳にならないですね。しかし、書かないでいるといつまでも漢字の細かい部分を憶えません。

あ、出かけなきゃ。
[PR]

by L-monger | 2012-01-29 10:01 | NHK語学講座 | Comments(3)  

2011年度後期 第16週の小ネタはこちら(1月24日)

今週は、全24週のうちの第16週目(1月23日~1月29日)。「まいにち中国語」「まいにちフランス語」「まいにちイタリア語」「まいにちハングル講座」その他どのラジオ・テレビ外国語講座でも感想のコメントどうぞ。

今週でコース全体の三分の二が終わります。1月号掲載分のレッスンが終わるんだから当たり前ですが。(12月に本腰入れて開始した私は二分の一が終わります)

九州の実家に滞在中も、技術翻訳の仕事はしていますので、母親の病院でのお見舞い(往復時間含み2時間)を引くと、ゆっくり語学やっている時間はありません。

しかし、この生活を始めて気がついたのですが、時間がない方がかえってよく憶えるということもあるみたいです。(大学入学試験直前の若い方々!今が一番憶えられる時期かもしれませんですよ。イヤイヤやるのでなければ)

そういうわけで、ICレコーダーに自分で覚える単語を吹き込み、半端時間に再生して練習したりして、がんばっとります。でもさすがに4ヶ国語は無理みたい。中国語とハングル講座を優先し、フランス語とイタリア語は東京に戻ってからということにします(隙間時間があれば講座は聞きますが、復習ができないですね)。
[PR]

by L-monger | 2012-01-24 20:16 | NHK語学講座 | Comments(10)  

九州の実家に移動しました(1月21日)

何か更新が遅いな~と思った皆さん、スルドイ。恒例の療養病棟の母親お見舞いのため、今日東京から飛行機で九州の実家に来ました。

道中、ずっと読んでいたのが「語学力ゼロで8ヶ国語翻訳できるナゾ(アマゾンのリンク)」という本。帯のボビー・オロゴンさんの「これを読めば外国語はペロペロだよッ!今すぐ読むしかねーよ!」という推薦文ともども怪しさ爆発です!ところがどっこい、この講談社+α文庫とかいうものは、意外に内容は真面目で、私のような実務翻訳者向けの実践的な内容であり、第2章以降は楽しく読めました。まあ、この方法を検証してみなければ信じられないですけど。

いずれにせよ、このタイトルは(わざと)気を引こうとしている感がアリアリです。本来は専門家向けの内容なのに、無理して読者層を広げようとしているような。ちなみにボビーのいう「ペロペロ」は「ペラペラ」の間違いだろうと思ったあなた、罠にはまってます。だれもそんなことは言ってない(笑)。脳内で訂正してはいけません(人間の習性を利用しているなあ)。

そんなわけでラジオ講座は、イタリア語応用編を3本聞いただけで、イタリア人の習性を楽しく学習いたしました。いつもの皿洗いタイム学習と違って、ずっとテキスト見れたので、楽でした。
[PR]

by L-monger | 2012-01-21 21:05 | NHK語学講座 | Comments(0)  

2011年度後期 第15週の小ネタはこちら(1月17日)

今週は、全24週のうちの第15週目(1月16日~1月22日)。「まいにち中国語」「まいにちフランス語」「まいにちイタリア語」「まいにちハングル講座」その他どのラジオ・テレビ外国語講座でも感想のコメントどうぞ。

もうすぐ4ヶ月目も終わりですね。明日1月18日は2月号テキスト(英語以外)の発売日です。2月号テキストには4月新開講の「まいにち○○語」講座の予定表が載っているかもしれませんので、新しい情報が出ていたらこのブログに書くことにします。

それ以前に今日中に片付けなくてはならない仕事を終わらせなければ!

先週の件、3日坊主にはならなくてすみましたが、少し遅れつつやってます。新鮮です(笑)。
[PR]

by L-monger | 2012-01-17 15:27 | NHK語学講座 | Comments(4)  

ラジオ講座 開始1ヵ月半後の感想(1月13日)

え?1ヵ月半でなくて、3ヵ月半じゃないの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、私が(本腰を入れて)学習開始したのは12月なので、これでいいのだ。

<中国語>
1. まいにち中国語 入門編 「実践エクササイズで学ぶ中国語」 (高木美鳥)
2. まいにち中国語 応用編 「目指せ 補語の達人」 (丸尾誠)

1. は期待してなかったけど(失礼)、実用性という面をすごく考えられているのがわかって来ました。その分、語法(文法)が分かりやすい教え順ではないですが、長くやっている私にはむしろ文法が混ざって出てきてくれた方がウレシイので良いです。

勉強方法としては、最初に日本語訳だけ見て(中国語を隠すのに苦労してます!)、中国語を作文してみて「正解」と異なっている場合、どういう違いがあるのかを「中国語わかる文法」を見て学習しています。

2. は補語中心のカリキュラムというのに不安があったのですが、スキットが面白いじゃないですか!さらに自然な日本語訳がついているので、これと中国語を比較すると、中国語のしつこさ、脂っこさ(笑)が分かって面白いです。欲を言えば直訳の日本語もつけてほしいけど、そちらは放送で(大体)いってくれるのでOKです。

勉強方法としては、最初に中国語だけを見て(こちらは右ページの日本語訳を隠すのは簡単です)、日本語に訳してみて(ボイスレコーダーに吹き込み)、その後、丸尾先生の訳を見て自分の理解不足をチェックします。放送を聞いたあと、5個ぐらいの例文を選び、自分で吹き込み、日本語→中国語を思い出す練習をします(ノートにも書いてます)。

<ハングル講座>
1. まいにちハングル講座 入門編 「つながる!はまる!ハングルのツボ」 (塩田今日子)

今学期、私には一番面白い講座です。文法が実例のシステムとして頭の中にできあがっていく快感があります。詳しくは、これまで書いているので略。

勉強方法としては、週3回の講座を「月火」「水木」「金土」の2日ずつ聞いています。例えば月曜日、聞く前にハングルだけで読んでみて、右の単語を見ながら訳を予想し、その後、下の日本語訳を見て難しそうなポイントを探します。放送を聞いた後、選んだ例文を自分で日本語→韓国語の順で吹き込み(6分)、さらに放送音声(mp3)を今日のツボ以降だけ切り出して(6分)、翌日、火曜日に改めて聞いて記憶を強化します。水曜日以降も同様です。

(応用編は聞いてません。良い講座みたいだけど…)

<イタリア語>
1. まいにちイタリア語 入門編 「キャンピングカーでまわろう in Toscana」(花本知子)

ちょっと飽きてきました。というかハングルに押されて時間がなくなってきたというか…。暗誦の声、子どもの声が増えて楽しいのですけどね。最後まで聞くだけは聞きます。応用編も聞き流しするつもり。

<フランス語>
NHK講座ではないですが、「40 Lecons pour parler italien」が続いています。のろい歩みですが、結構面白い。北村亜矢子+セバスチャン先生たちの応用編はちょっと私の考える自主学習向きではないので、聞けたら聞き流しします。

皆さんの感想はいかがですか?
[PR]

by L-monger | 2012-01-13 12:26 | NHK語学講座 | Comments(3)  

2011年度後期 第14週の小ネタはこちら(1月9日)

今週は、全24週のうちの第14週目(1月9日~1月15日)。「まいにち中国語」「まいにちフランス語」「まいにちイタリア語」「まいにちハングル講座」その他どのラジオ・テレビ外国語講座でも感想のコメントどうぞ。

成人の日は来週の日曜日1月15日でも良かったんじゃないの?という気がしますが、何にせよ、今年に入ってからの新作放送開始です。楽しい、楽しい。

今週から、習ったことは当日の内にノートに書いたり、例文吹き込みしたり(日本語訳-> 中国語あるいはハングルあるいはイタリア語->フランス語訳など)してみたいと思いますが、本当にできるものやら。まず目標は3日間!3日間続いたらエライということにします。
[PR]

by L-monger | 2012-01-09 15:46 | NHK語学講座 | Comments(0)  

中国語ではゼロも回数の内(1月6日)

12月31日からやっていた翻訳の仕事、昨日1月5日まででようやく終わりました。あ~しんどかった。1月1日に初詣は行きましたが、その前後も仕事、仕事づくめでした。これがフリー翻訳者の生活です。皆さん、マネしちゃダメですよ(しないか)。

ところで、まいにち中国語入門編「おもてなしの中国語入門」(2011年4月期、楊光俊先生)の復習を10月からずっとやってましたが、12月半ばでようやく終わりました。おかげで充実した日々でした(笑)。

最後から2回目のレッスンで取り上げられた「時間量を動詞の前に置くケース」が面白かったのでちょっと書いてみます。中国語学習仲間の皆さん、以下の日本語の意味を中国語で言ってみてください。

(1) 私は中国語を三年間勉強しました。(現在はしていない)
(2) 今週、私は三日間会社を休みます。(=出社しません、と否定形で)

これを正しい語順で訳して、しかもその理由を説明できたら、初級でもナカナカの方でしょうね。(私はヤマカンでできただけでした。)

(1) 我学了三年汉语。
(2) 这个星期我三天不去公司。

このように時間量は、肯定文の(1)では動詞の後、否定文の(2)では動詞の前となっています。なぜなのか?楊先生は「行わない」状態が一定期間「持続する」ことを表す時は動詞の前なのだとおっしゃってますが、それでは納得しにくい。

こんなときは、私の中国語文法のバイブル、「中国語わかる文法」の出番です。P.127, No.96「動作量、時間量を動詞の前に置く場合」には、その時間量が「提示された回数や時間の範囲で起こること、あるいは存在することを表す連用修飾語となる」と書いてあります。(動詞の後ろに置いた場合は補語)

このセクションの例文を見た方が分かりやすいでしょう。

1. 一次喝两瓶。(1度に2本飲む)
2. 一天吃三顿饭。(1日に3度食事する)
3. 一个星期没下雨。(1週間雨が降っていない)

あ~、見えた!前に時間量、後ろにその時間内でおこなわれる回数や分量ですね!つまり上の例文3では、1週間にゼロ回の雨が降ったということか!最初の例文(2) では会社に出社するのが、今週はゼロ回という解釈になるわけだ!中国語ではゼロ回も回数と考えるのですね。

ああ、すっきりした。さすが興水優先生・島田亜美先生の本はいろんな回答を教えてくれます。実は、中国人の楊先生の説明じゃなぜか納得しにくいもので、この半年間の入門編の間、興水先生たちの本で疑問を解決するという勉強方法をずっと続けていたのでした。与えられるより、見つけ出した回答の方が忘れないものです。この勉強法、皆さんにもオススメします。丸暗記より忘れませんよ。
[PR]

by L-monger | 2012-01-07 01:03 | 中国語 | Comments(7)  

あけまして(2012年)おめでとうございます(1月3日)

あけましておめでとうございます。Bonne Année! 新年好!(ハングルとイタリア語はまだ知らないや)

昨日、九州の実家から帰ってきました。母親は療養病棟で無事に年越ししました。これからたまった仕事の片付けと、たまったラジオ講座の片付けに入ります(笑)。

ところで、トークマスター仲間の皆さん!「年」の設定は大丈夫ですか?私のトークマスターSlimは2台とも年が明けたら、2020年になってました。ファイル名に2020が入るのは構わないけど、その年は1月2日が木曜日なのですね。従って、木曜日の予約録音設定で録音されていました。1週間ぶっとおしで録音する人は構わないと思いますが、応用編(木金)だけとか入門編(月火水)だけ録音している人は要注意です。

お正月番組も今日1月3日で終わり、明日1月4日からラジオ講座が始まります(先週の再放送)。年末に聞きそびれた人はしっかり聞きましょう。(ストリーミングで聞くという手もありますね)。
[PR]

by L-monger | 2012-01-03 14:06 | トークマスター | Comments(15)