<   2012年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

シャドウイングは好きですか?(3月30日)

2008年に「まいにち○○語」シリーズが始まってから、「まいにちフランス語」や「まいにち中国語」などで使われるようになったシャドウイング(ネィテイブのモデルリーディングにちょっと遅れてリピートする)という練習手法、みなさんは好きですか?私は嫌いです。

大体何のためにやるのかあまり詳しい説明も、毎回ここに注意を置いてという指示もないので、やっている意義をつかめないのは勿論ですが、私が一番嫌なのが「自分の声が聞こえない」という所。

私がモデルリーディングを(シャドウイングでなく)リピートする際は、もちろんテキストは見ないで、音に神経を集中し、ポーズの間に自分の音声(有気音がちゃんと出ているか、O と OE の区別ができているか、声調は正しいか、意味をちゃんと理解して自分の「演技」ができているか、一文の中で語順や動詞活用を間違えないか)などをチェックしているのです。それでこそ、自分自身にフィードバックができるというもの。

シャドウイングではこれらがチェックできず、自分が音声反復マシーンになった気がします。意味なんか理解できませんし、語順を間違えることがないので、自分の語順理解のチェックにも役立ちません。だから一々再生を停止して発音していたりします。(今期のハングル講座やイタリア語講座はそういう必要がないので好きでした!丸尾先生の中国語応用編は録音ファイルを編集してポーズを挿入してました!)

皆さんはどうですか?シャドウイングは好きですか?
[PR]

by L-monger | 2012-03-30 22:44 | NHK語学講座 | Comments(4)  

4月からのハングル学習のネタ本候補2冊(3月28日)

これまで2年間見てきたところ、「NHKまいにちハングル講座」では、最もテキストが売れている「テレビでハングル講座」から流れてくるライトユーザーを考慮するために、あまり思い切った教え方が取れないようです。最初からガンガン行く方が結局はラクだということを知っている私としては、4月からは市販の学習書をメインにすることにしました(いずれ塩田先生の入門編を楽しく学習しなおすという変態的な理由のために)。

いろいろ調べて、日本人教師の考案した日本人学習者のための方法という「語基式」を教えるテキストを探しましたが、今では結構マイナーになっているみたい。リアル書店にはなかなかなくて、立ち読みもかなわないのですが、結局中身を見ないまま、思い切ってアマゾンから購入しました。本当はリアル書店を優先したいのですが、こういう時は仕方ない。

以下にサンプルページ載せます。中身ページの方は白黒コピーなので、ご注意。2.の本のページは本当は2色刷です。

1. 朝鮮語の入門(白水社)(アマゾンのページ)
c0059093_1921556.jpg

2. 新・至福の朝鮮語(朝日出版社)(アマゾンのページ)
c0059093_18234740.jpg

(朝鮮語と書いてあるのは学術的な呼び名で、いずれもソウルの話し言葉がベースですから、実際はいわゆる「韓国語」です。)

まだぱらぱら見ている段階ですが、どちらも一長一短みたいです。1.「朝鮮語の入門」は、伝説の名著の改訂版らしいですが、真面目~。例文を見れば分かるように、実用ではなく基礎からの理解を育てるため、単語の単純な入替をすごくやっています。「机の上にペンがあります。」「土の上にアリがいます。」くだらないと思うなかれ。これでハングル特有の発音変化や構文が身につく仕掛けです。(飽きなければ!)残念なのは、数課に1回しか練習問題がないこと。

2. 「新・至福の朝鮮語」は伝説の野間秀樹先生(笑)。説明文のキャラが濃いな~、他のテキストに対しての上から目線も感じます。しかし、練習問題があってしっかり答えも書いてあるのですね。その他、巻末の特集がたくさん。例文は実用的です。軽いストーリーになっているらしいです。

さあ、どちらをどのように使って学習しようかな?上手くできない場合は約3000円×2冊が無駄になります。ドキドキします(笑)。(両方ともCDが付いているので音声練習はそれを使いながら、やります。)
[PR]

by L-monger | 2012-03-28 18:56 | ハングル | Comments(2)  

ラジオ講座の浦島太郎さんたちへ(3月24日)

2008年以前または以降にNHKラジオ講座を聞いていて、今年2012年、また「まいにち中国語」や「まいにちフランス語」を聞こうかなと思っている人、とくに中国語やハングル講座を中心に、去年までとはずいぶん違ってきていますので、ひと言ご注意をしておきます。ラジオ講座から去りゆく私から、皆さんへのプレゼントです(笑)。

1. (×)入門編は週4日ではありません。
→ フランス語など大部分の講座では、入門編週3日、応用編週2日になっています。中国語とハングル講座は今年から入門編(まいにち)が週5日、応用編(レベルアップ)が週5日と二つの講座に分離いたしました。

2. (×)入門編は6ヶ月講座とは限りません。
→ 中国語とハングル講座は、去年まで、入門編週3日6ヶ月(合計72回)でしたが、今年から入門編(まいにち)が週5日3ヶ月講座(たぶん合計60回)となりました。週5日なのでゆっくり進むと思っている人がいると思いますが、回数的には少ないので、早く進む可能性があります。そして3ヶ月講座なので、4月開講と7月開講の2回開始されます。それ以外のフランス語など大部分の講座では、今年も入門編は6ヶ月講座(たぶん合計72回)です。

3. (×)アンコール放送がなくなりました。
→ 中国語とハングル講座では、昨年の講座を再放送する「アンコールまいにち中国語」などの講座はなくなりました。探してもありません(笑)。

4. (×)通年新作ではなくなりました。
→ フランス語など大部分の講座の入門編では今年も4月期が新作、10月期が再放送ですが、去年までの中国語とハングル講座は一年中新作でした。ところが今年は「まいにち」と「レベルアップ」の二つの講座に分離した関係で、それぞれ半年新作となりました。

入門編「まいにち中国語/ハングル講座」は4月期新作、10月期再放送(2011年度分)です。応用編「レベルアップ中国語/ハングル講座」は4月期再放送(2011年度分)、10月期新作です。入門編レベルの「まいにち中国語/ハングル講座」は、4月期に聞くか、録音しておかないと、10月期は去年2011年と同じことをすることになるわけです(しかもそれぞれ3ヶ月合計60回の講座に再編成されると思われます)。

というわけで、無駄になるかもしれませんが、私もいちおう4月からの入門編講座を録音して取っておこうと思っています。10月期の新作応用編「レベルアップ中国語/ハングル講座」が面白くなかった時に備えて。

新規の方、何語でもご質問がありましたら、コメント欄で聞いてみて下さい。最近のラジオ講座歴10年~8年の私がお答えいたします(初めて基礎英語を聞いたのは40年前(笑))。
[PR]

by L-monger | 2012-03-24 22:11 | NHK語学講座 | Comments(4)  

韓国語の発音の基礎をもう一度(3月23日)

2010年に途中までやって放り出してあった「韓国語の発音と抑揚トレーニング」(アマゾンのページ)、今回九州の実家へ移動する飛行機の機内でやり直してみました。CDプレイヤーは重たいので、MP3プレイヤーに変換したファイルをコピーして、説明を読みながら実際の発音を聞いてみました。

下にサンプルのページを載せます。ひと言ご注意しますが、「ひくたか」も「たかたか」も文の途中の話で、もし文の最後に来ると、終わりが低く発音されてしまうそうです。だから発音サンプルも文全体を読んでいる中から、最初の部分だけ切り取って録音してありました。(サンプル画像、あまり拡大できないみたいなので、このページを読みたい方は、アマゾンのページで見てください。)
c0059093_20254512.jpg


濃音が非常に高いところから始まるというのは、今回のまいにちハングル講座入門編の塩田今日子先生の発音を聞いているとよく分かりましたね。むしろ韓国人よりも高かったぐらいですよね(笑)。

さすがに2年間で入門編4つ聞いた後なので、知っている単語も増え、前回ほど退屈しませんでした。4月頭に東京の自宅にに戻る時にも、聞いて練習しようと思います(実家滞在中は時間ないので)。

(実家に滞在中は、高木美鳥先生のまいにち中国語入門編3月号の放りっぱなしだった例文暗唱をしようと思います。)
[PR]

by L-monger | 2012-03-23 20:20 | ハングル | Comments(0)  

2011年度後期 第24週 / 祝!ゴールイン(3月19日)

長いようで短い6ヶ月でした。今週で今学期も終わりです。皆さん、お疲れ様でした。

今週は、全24週のうちの第24週目(3月19日~3月25日)。来週、3月の最終週は再放送です。「まいにち中国語」「まいにちフランス語」「まいにちイタリア語」「まいにちハングル講座」、聞き終わった方も、聞き終わらなかった方もなんでもコメントどうぞ。私もコメントします。

皆さん、長い間おつきあいありがとうございました。これで私はNHKラジオ講座をやめることにいたします。

...なんてね。驚きました(笑)?でも本当、去年は(面白い)ラジオ講座に引っ張られて、予定した自習学習ができなかったので、今年はできるだけ我慢して自習に集中しようと思います。でも我慢できなくてまた聞くかもしれない(笑)。卒業したOBが学校に顔をのぞかせるみたいに。

そういうわけで、来学期はいつもの併走者募集はしませんが、たまにこのブログをのぞきに来ていただけると幸いです。
[PR]

by L-monger | 2012-03-19 23:09 | NHK語学講座 | Comments(17)  

2012年4月号テキスト買いました(3月18日)

記念買いに近いのですが、5冊も買ってしまいました。アホですね~。
以下、短く感想を書いてみます。

<テレビでフランス語>
何だか詩みたいで、川竹英克先生の説明文が面白いです。お相手がジョジアーヌ・ピノン先生でないのが残念です。2人のやりとり、毒があって面白かったのに。パリ、マルセイユ、トゥールーズが週替わりで出てきます。マンガで書かれたフランスの習慣(ビズなど)とか現地ロケ担当ディレクターの現地解説とか、記事が充実しています。フリガナで発音が書いてあるのはもう仕方ないのかな。

<テレビで中国語>
表紙は生徒役のココリコ田中さん、バイリンガルの阿部力(つよし)さん、段文凝さんです。スキットは日本人ビジネスマンが窮地に陥ると気絶して(笑)、表現を習ってから、時間を巻き戻してやり直すという、ちょっとコミカルな展開。ピンインと漢字と日本語訳を並べて書いてあるので、漢字だけで読む練習がしにくいです。まあ、次号以降買うつもりはないんだけどさ。

<テレビでアラビア語>
550円もするテキストなのに、口絵グラビアがないです。2ヶ月に1冊しか出ないから仕方ないのかな。生徒役の戦場カメラマン渡部陽一さんの写真は最初の紹介部分だけで好印象です。スキット「アラブの秘宝を探せ」はサスペンスドラマっぽいです。エバ・ハッサン先生、写真で見る限り、すごく大人っぽくなりました。

<まいにち中国語(入門編相当3ヶ月講座)>
(ご注意!レベルアップ中国語=応用編相当は去年の再放送なので、去年4月~9月にテキストを買った人は同じ内容ですから、買わなくても大丈夫です。買っても良いけど。)4日間レッスンしたら、金曜日に復習です。発音に特化したレッスンは最初の2週間10回です。(去年の週3回入門編なら3週間分ていどになりますね。)スキットに挿絵がないので、淋しい!

<まいにちハングル講座(入門編相当3ヶ月講座)>
中国語と同じく、4日レッスン+1日復習し、最初の2週間10回で文字に特化したレッスンをやり終えます。スキットに影絵とかカットみたいな地味な挿絵あります。去年の木内明先生の入門編みたいに、スキットの主人公が日本語で独白します。フリガナ復活です。まあ、あまり学習する気はないので、良いですけど。

さて、テレビは気晴らしに見るぐらいにして、ラジオはどれも学習しないかもしれません(しかし、10月期の入門編は去年の再放送になってしまうので、4月期の入門編の録音だけはしておきます。レベルアップ中国語(新作)の内容に興味が持てなかった時に備えて。貧乏性でしょうか?)

皆さんはどれを聞いてみよう/見てみよう/学習してみようと思っておられますか?
[PR]

by L-monger | 2012-03-18 18:13 | NHK語学講座 | Comments(0)  

2011年度の学習を振り返る(3月16日)

明日から忙しくなるのは分かりきっているので(笑)、今のうちにこの一年の学習を振り返ります。

<中国語>
2011年4月入門編「おもてなしの中国語」(楊光俊)=学習完了
2011年4月応用編「即戦力のビジネス中国語」(杉田俊明)=聞かず
2011年10月入門編「実践エクササイズで学ぶ中国語」(高木美鳥)=ほぼ聞き終わり
2011年10月応用編「目指せ補語の達人」(丸尾誠)=ほぼ聞き終わり

この2012年4月に始まる「レベルアップ中国語」のためのユーザーベースを強化しておこうと考えたのかどうか知りませんが、2011年度の「まいにち中国語」は入門編も応用編も実用を前面に押し出したものでした。私は当初、「マイ応用編」と銘打って、「中国語文法まちがいチェック」を自主学習したり、荒川先生の2008年の講座を聞こうとしたのですが、この実用重視の入門/応用編では習うことが山ほどあるため、自習部分がだんだんできなくなりました。

その前の年、2010年度からやっていた「リハーサル学習法」(単に予習なんですけど)のやり方では、講座の先生が出してくるポイントにかかわらず(無視して)、自分にとって分かりにくい部分を習うというポリシーのため、実用的場面だとカバーする領域が多くなり、結果、学習量が多くなるという「悪循環」です(笑)。

そういえば、陳淑梅先生の2010年度4月応用編「お悩み解決クリニック」を一年ぶりに聞き直してみて、何もポイントを覚えていなかったため、ショックを受け(笑)、「自分の犯した間違いは大事にしよう」と決意した年でもありました。

間違ったからと言って無視してはいけません。間違いをどう正すのかが勉強になるのだから、(1)テキスト内のいわゆる「正解」の例文と(2)自分の間違いから派生したちょっと違った意味の例文をコントラストさせて、覚えるようにしました。(実はこれけっこう楽しいです)

<ハングル講座>
2011年4月入門編「おいしく身につく!ハングル学習ナビ」(木内明)=聞き流し
2011年10月入門編「つながる!はまる!ハングルのツボ」(塩田今日子)=ほぼ聞き終わり(学習は半分)

4月期木内先生のは、今回あんまりユルイのでまじめに学習しませんでした。チャン・ウニョン先生の「話そう!美しいハングル」の録音を聞こうともしたのですが、あまり真面目にやらず。ところが10月期に伏兵が隠れていた(笑)。私好みのある程度難しい練習があり、軽いラブストーリーっぽい筋立てのスキットを使う、塩田今日子先生の入門編にすっかり「はまって」しまいました。とても内容をマスターしたとは言えないのですが、なんかやる気がモリモリわいてきました。この入門編のせいで、他の言語は被害甚大です(へへ)。

<イタリア語>
2011年4月入門編「田舎でのんびりホームステイ」(花本知子)=学習完了
2011年10月入門編「キャンピングカーでまわろう in Toscana」(花本知子)=聞き流し

4月に楽しく超スローな入門編を1年間やるというのを聞き、興味がわいたのが運の尽き。1年間付き合ってしまいました。4月期は楽でしたが、10月期はイタリア語の本性が現れ、男性女性の区別や2つの過去形を何とかしなくてはならなかったのですが、例の「伏兵」のせいでただ聞き流すはめに。それでも楽しかったからいいや。またいつか聞きたいですね、イタリア語。

<フランス語>
2011年4月入門編「あなたにきっと起こること」(國枝孝弘/パトリス・ルロワ)=途中で聞かなくなった
2011年4月応用編「Racontons nos vies! 文法&表現力を磨こう」(杉山利恵子)=再学習完了
2011年7月応用編「A table! 文と語彙を料理する」(井上美穂)=聞かず
(10月期はほとんど聞かず)

4月にはマイ応用編として「父と暮らせば」(井上ひさし;和仏対訳)を読んだり、夏には「中級フランス語/あらわす文法」を読んだりしたのですが(それと利恵子先生の応用編、2回目完走!)、なにしろクニパトコンビの不思議な日本語とDJ形式の入門編のせいで、「ああ、自分はもうNHKまいにちフランス語から得るものはなくなったのだなあ」と痛感して、聞くのをやめてしまいました。今後おもしろそうな応用編は聞くかもしれないけど、入門編は聞かないだろうなあ。踏ん切りがついて良かったというべきか。ちなみにしばらくフランス語は休む予定です。

さて、皆さんにはどんな学習の年だったでしょうか?
[PR]

by L-monger | 2012-03-16 12:32 | NHK語学講座 | Comments(4)  

2012年4月号テキストの表紙(3月15日)

まだ発売日前ではありますが、「まいにち中国語」他4月号の表紙を見たい方、NHK出版のページで見れます。店頭に並ぶまで見たくない人は見ちゃダメです。

NHKテキスト>語学テキスト・CD

全体に落ち着いた感じですかね。中国語のシンボルカラーがいつもの紫色に見えませんが、少し変えたかな?フランス語のシンボルカラー青色が乗っ取られるかも(笑)。「レベルアップ中国語」とかは昔風ですね。
[PR]

by L-monger | 2012-03-15 14:19 | NHK語学講座 | Comments(2)  

2011年度後期 第23週の小ネタはこちら(3月12日)

あ~っ!とうとう来週で、今学期(6ヶ月コース)も全部終わりですよ。皆さんどうしますか(笑)?

今週は、全24週のうちの第23週目(3月12日~3月18日)。今学期は今週を含めて、残り2週間です。3月の最終週は再放送です。「まいにち中国語」「まいにちフランス語」「まいにちイタリア語」「まいにちハングル講座」なんでもコメントどうぞ。私もコメントします。

現状:「まいにち中国語」は遅れずに聞いて、ときどき復習もしています。入門も応用も実践トレーニングなので、わりあい面白いです。「まいにちフランス語」(応用編)は聞かなくなりましたねえ(内容に興味がない)。「まいにちイタリア語」入門編は遅れずに聞いています(でも復習なし)。応用編も面白く聞き流しています(笑)。「まいにちハングル講座」入門編はやっとこついて行ってます。新しく始めようとしている学習書の試行があるので、練習はサボり気味です。
[PR]

by L-monger | 2012-03-12 18:32 | NHK語学講座 | Comments(4)  

2012NHKテキストナビ+2012年4月期情報のまとめ(3月11日)

無料冊子の「NHKテキストナビ」ですが、去年と同様、3月9日には東京の自宅近くの書店に並んでいました。とはいえ、これも去年と同様、発表されている内容はインターネットで発表済みですので、新しい発見は大してありませんでした。

c0059093_1284954.jpg

これまで当ブログで記事にしたもののリンクを貼って、内容のご紹介に代えさせていただきます。

☆2012年4月期情報 その2(2月9日)
3月号テキストの巻末にも載っている「ニョコの表」へのリンクあり。全体の情報を一覧したい方はこちら。それからアジア系言語の考察。

☆2012年4月期情報 その3(2月11日)
こちらはフランス語その他の考察。

☆2012年4月期情報 その4(2月15日)
「レベルアップ中国語講座」「レベルアップハングル講座」の情報(「速報ガイド!英語テキスト2012」より)

☆2012年4月期情報 その5(2月18日)

中国語とハングル講座の情報(まいにち中国語およびまいにちハングル講座の3月号テキストの予告ページより)

実を言うと、テキストナビは情報よりもキャッチフレーズの方が面白い。皆さんも書店で手にとってご覧ください。(4月号テキストの発売は、英語系が3月15日、英語以外が3月17日です。レッスン開始は4月2日です。)
[PR]

by L-monger | 2012-03-11 12:12 | NHK語学講座 | Comments(0)