<   2012年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

「新・至福」最終課にこやかに苦闘中(10月30日)

先週から九州の実家にいる。仕事と病院通いとの合間に「新・至福の朝鮮語」の最終第24課と悪戦苦闘中。でも楽しい。

c0059093_12121230.jpg

(このようにコピーしたページをクリップボードに挟んで作業すると便利だよ。ダイソーで買った同じクリップボードが自宅と実家にある)

内容がすごいねー。
「2月 ― 人々はこの季節を悲しみの漂った別れの季節だという。…
中田は悲しい。…そうだ、告白しよう。ためらう必要はない。告白しよう。」

文法としては、NHKまいにちハングル講座では取り上げられることのない(私の経験)ハンダ体の勉強なんだけど、この内容のおかげで興味を失わずに続けられる。(ハンダ体はかえってハムニダ体やヘヨ体より簡単かな。語尾がニウンで始まるせいで発音変化が多いけど。)

とにかく、文章が長いので上の例だと「この季節(この頃)を別れの季節だという」「人々はこの季節を別れの季節だという」「悲しみの漂った」「人々はこの季節を悲しみの漂った別れの季節だという」とだんだん長くする練習が必要なので、終わるまでに2週間くらいはかかりそうだな。

でも、11月初旬に塩田先生の「超・入門編」を始めるために、がんばるぞ!
[PR]

by L-monger | 2012-10-30 12:17 | ハングル | Comments(7)  

「新中国語3」読んでみた (10月25日)

11月から(「新・至福の朝鮮語」と入れ替わりに)やろうかなと思っている中国語テキスト「新中国語3」、ちょっと借りて勉強(試行)してみた。割といいみたい。ほとんど知っている単語を、新たに覚えるのではなく使う練習をしたいと思ってるんだ。

それはさておき、文法説明も日本語で書いてあっても、日本製の教科書とちょっと違うね。ここの2番 "了" と複合方向補語の説明で、文例(1), (2)のように動態助詞"了"が文末の語気助詞"了"と合体してもよい、という言い方なんか、面白いね。

c0059093_20445693.jpg

(登録ファンの方はこの下のオマケの記事もどうぞ)
[PR]

by L-monger | 2012-10-25 20:53 | 中国語 | Comments(4)  

登録ファン用オマケ-「新中国語3」読んでみた

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by L-monger | 2012-10-25 20:51 | 中国語  

「つながる中国語文法」読んだ (10月21日)

たとえば通常の学習コース(含む「まいにち中国語」などラジオ講座)をひととおり学習し終わっても、何か物足りないというか、中国語文法がバラバラに頭に入っただけで、相互の全体像がつかめないな~と思っている人、いる?

私もそうだった。初学者にぱっと理解させるには、適切な補助線が必要だ。対象に肉薄しすぎるとかえって分かりにくい。たとえば、中国語にはない「過去形」の視点から説明してみたっていいじゃないか。(中国語に時制としての過去形がないという話をちゃんと説明していない文法書が多い。そう思わない?)

c0059093_2140915.jpg

「つながる中国語文法」(アマゾンのページ)では、例えばこの写真に写したページのように、日本語その他の「過去形」というものの考え方を見事に暴いてくれる。そうだよ、過去を表現するのに過去形という動詞や形容詞の変化形が必要だというのも、我々の思い込みなんだ。

(引用)ところが、中国語ネイティブは、この「はず」を外しました。いや、正確に言うと、この「はず」は最初からなかったのです。

私も初学者のころに読んでいたらなと思う本。頭の中がモヤモヤしている人にオススメ。通読は早ければ2時間、かかっても1週間でさっと読めます。

(登録ファンの方は、この下のささやかなオマケ記事もどうぞ)
[PR]

by L-monger | 2012-10-21 21:42 | 中国語 | Comments(1)  

登録ファン用オマケ-「つながる中国語文法」読んだ

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by L-monger | 2012-10-21 21:38 | 中国語  

ファン限定公開記事-その1(10月12日)

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by L-monger | 2012-10-19 14:57 | ひとこと日記  

阪堂先生「ドラマチック・ハングル」全テキスト入手(10月18日)

阪堂千津子先生の「わかる 使える! ドラマチックハングル」はいつかもっとレベルが上がった時に学習しようと思って、2010年4月期に「まいにちハングル講座 応用編」として放送されたときに、全48課分を録音してあったんだけど、2011年にアンコール講座で再放送されたときにテキストを買うつもりで忘れてしまった。

今年=2012年8月と9月に「レベルアップハングル講座」として再度放送されたが、これらのテキスト2冊を買ってみると、全40課しかない!放送期間の都合で8課分も削ったな!ストーリーものなのに、これじゃつまらんぞ!とばかりに某オンラインストアでセコハンの2010年版テキストを買い足して、全部そろえた。(去年の2011年版「アンコールまいにちハングル講座」としてのテキストは僅少なのか、とても高価だったで買わなかった。)これで全48課をテキストありで学習できる。やっほー!いつやろう?来年あたりやろうかな?

(ちなみにこのテキストの兼若先生の入門編部分=ハングル・エクササイズには、もはや全然興味がないのでした。)

c0059093_14242522.jpg

おまけ。誰の役に立つか知らないけど、新旧放送時のレッスンの対照表を打ち込んでおくね。形式は(2010年応用編のレッスン番号)=(2012年レベルアップ講座時のレッスン番号)という形。右項が x になっているものは、レベルアップ講座で放送されなかった「欠番」のレッスン。もし万一、役に立つことがあったら知らせてくれると、労力が報われてうれしい。

01 = 01, 02 = 02, 03 = 03, 04 = 04, 05 = 05, 06 = 06, 07 = 07, 08 = x, 09 = 08, 10 = 09, 11 = x, 12 = 10, 13 = x, 14 = 11, 15 = x, 16 = 12, 17 = 13, 18 = 14, 19 = 15, 20 = 16, 21 = 17, 22 = x, 23 = 18, 24 = 19, 25 = 20, 26 = x, 27 = 21, 28 = 22, 29 = 23, 30 = 24, 31 = 25, 32 = 26, 33 = 27, 34 = 28, 35 = 29, 36 = 30, 37 = x, 38= 31, 39 = 32, 40 = 33, 41 = 34, 42 = 35, 43 = 36, 44 = 37, 45 = 38, 46 = x, 47 = 39, 48 =40

だれか、すでに学習した人いる?
[PR]

by L-monger | 2012-10-18 14:33 | ハングル | Comments(6)  

かわいそうなので「まいにち中国語」リスナーに一言(10月16日)

現行の「まいにち中国語(おもてなしの中国語入門)」、初めて中国語を勉強している人は目が回るだろうな。

なにしろ去年の週3回時代には1か月12課しか進まなかったのに、今回週5回にそのまま転用したせいで、1か月20課も進むことになるんだから。体感速度は倍だよね。だから、たとえついていけなくても悩むことはないよ。講座の進行スピードが間違っていると考えよう。私のように録音してゆっくり進もう(笑)。

(実用を目指したせいで、今回の講座は入門なのに中身が多いし速い。同じ週3回→週5回転用した「まいにちハングル講座」(おいしく身につく!ハングル学習ナビ)は元のカリキュラム進行がスローなので割と大丈夫じゃないかな。)
[PR]

by L-monger | 2012-10-16 14:35 | 中国語 | Comments(1)  

韓国語あと少し(10月15日)

仕事が忙しいとなかなか書けないな~。それでもチャン・ウニョン先生のまいにちハングル講座(話そう美しいハングル)は聞き続けてる。109課で今更ラゴハムニダ(笑)。

あとメインの「新・至福の朝鮮語」はあと少しで終了だ。写真は23課の練習問題をやっているところ。私のハングルノート、初公開!やり直してる箇所は笑ってみてね。

c0059093_12215542.jpg


練習問題の2番の5「時間が合わなければ」って、文脈によっては「時間が合ってなければ(正しくなければ)」って意味にもなるのかな?例えばその時計の「時間が合ってなければ」みたいに。マジャヨって「正しいです」「その通りです」って意味もあるよね?
[PR]

by L-monger | 2012-10-15 12:25 | ハングル | Comments(1)  

10月期の「テレビで中国語」がつまらん(10月10日)

昨日、「テレビで中国語」の10月期第1回目を見た(先週は復習だったから)。

つまらん!私が好きだった仕掛けがなくなっているではないか。スキットの奇跡の逆転劇もなし(長山さんの役者さん好きだった)、漢字の歴史コーナーもなし(ルーさんの日本語演技が面白かった)、だんだん良くなる発音コーナーもなし(「だんだん良くなってますか」のセリフが好きだった)、過去の日中友好の人物紹介(田中角栄が見れるのが好きだった。ウソ)もなし。

中国で現在進行形で活躍する日本人ビジネスパーソンを取り上げているのも、あんまり興味ないかな。「了」の説明で「売り上げが20%上がりました」って言われてもねえ。ココリコ田中くんも阿部力くんも相変わらずがんばっているが、なんか面白さ半減であります。

まあ、北京に駐在する日本人はニューヨークより多いとかいう世の中だから、実用一点張りになるのも仕方ないのかもしれんがのう。
[PR]

by L-monger | 2012-10-10 17:20 | 中国語 | Comments(4)