<   2014年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

中国語の声調とフランス語の性別を忘れなくする工夫 (2月23日)

今週は記事数多いと思う?次の土曜日に一周忌があって(参列者約100名、へっへっへ)、忙しくてブログの記事を書けなくなりそうなので、あらかじめ埋め合わせしている(笑)。

ところで表題「中国語の声調とフランス語の性別」だが、忘れやすいねー。1か月くらいは大丈夫だが3か月ぶりくらいに復習すると、あかん! もう忘れてもうた!(なぜか関西弁)

そこで今週から練習の仕方を変えている。基本は「長く、長~く」だ。

Mauger Bleuを使用したフランス語学習では、不定冠詞や部分冠詞を付けて男性名詞、女性名詞の区別を覚えようとしたが、これが忘れやすい。divan(長椅子) は男性?女性? fauteuil(肘掛椅子) は男性?女性? un divan や un fauteuil がさっと出てきにくい。

そこで、前置詞+冠詞+名詞で覚えることにした。sur le divan とか dans un fauteuil という組み合わせである。これだと性を識別する冠詞が、端っこでなく、真ん中なのでなんとなく「落っこちにくい」ような気がする。

また、「作文で鍛える中国語の文法」で間違えた箇所をペアの例文にして覚えているが、こちらは単語の声調が忘れやすい。「逛街」(街をぶらつく: guang jie)が 1-4 か 4-1 か忘れてしまいやすい(あまり他で使わないからというのもあるかな)。

これも長くする。要逛街 (4-4-1)とか逛逛街(4-4-1)とかもっと長くするとなんとなく忘れないような気がする。

考えてみたら、日本人は(日本語は)4音節ぐらいが好きなので、フランス語や中国語のように2音節程度で一単位だと、短すぎてテンポを出しにくいのかもしれない。4音節ぐらいに長く引き伸ばしてやると、発音した際の調子が出てくるんじゃないかな。

このフレーズレベルのチェックと例文のチェックを組み合わせて、なるべく忘れないようにしている。ぱっと自信を持って発音できるとすごく気持ちがいい。
[PR]

by L-monger | 2014-02-23 17:27 | 学習法 | Comments(1)  

2014年4月期 NHK外国語講座の情報 その3 (2月22日)

この前、書店に行ったら「速報ガイド!英語テキスト2014」という無料小冊子を配布していたのでもらってきた。英語講座の宣伝パンフだが、後ろの方に英語以外の外国語の一覧表が載っていたので、以下にアップする(まいにちフランス語などの3月号テキストの末尾に載っているものと同じだろう)。この前の情報と違うものが載っているので、両方見るといいかも。

c0059093_14171643.jpg

(クリックで拡大)

興味をひかれる点について、少しコメントすると:

「まいにちフランス語」入門編(あれ!初級じゃなくなってる!とうとうやめたか):
「親が子供に教えるように」が引っかかる。先生の口調が「まずスキットを聞きなさい。後について繰り返しなさい。練習問題をやりなさい」なのかな(笑)。

「まいにちロシア語」入門編:「大人が興味を持てる文章の読解が目標。ニュースや文学を読みたい大人のための入門編」!! 入門編としては大それた目標だなあ。黒田先生の「カタツムリ」シリーズで「上級」まで行った人向けかな?すっごく気になる。

「まいにち中国語」:「すぐに使える実践的な表現を学びます」レストランでの注文の仕方とか、タクシーの交渉とか、ホテルのチェックインとかでしょうか?(むしろ中国語は頭から実用が可能な言語なので、やってみると良いと思う)それとも中国人は通常「你好」とは挨拶しないとか、そんな話?
[PR]

by L-monger | 2014-02-22 14:35 | NHK語学講座 | Comments(2)  

フランス語文法の盲点:前置詞が区別しないこと (2月20日)

ゆっくりではあるが10年以上もフランス語を学習していて、今さら気が付いたことがあるので書いておく。

英語では以下のように前置詞 "at/in" と "to" を使い分ける。
(1) I live in Paris now. (私は今、パリに住んでいる。)
(2) I go to Paris every year. (私は毎年パリに行く。)
(1)が状態、(2)が動作の到達点だ。

これをフランス語で言うとどうなるか?
(1) J'habite à Paris maintenant.
(2) Je vais à Paris chaque année.
前置詞はどちらでも à だ。

これは初級の初歩。不思議でもなんでもない。辞書で à を引くと、「(1)(場所・位置) ...に、...で、(2)(方向・方角) ...へ、...に」と二つの意味が書いてある。つまり、「前置詞 à というのは特殊で、このように静的な状態と動作の到達点の2つの意味を持っているのだ」と理解していた。皆さん、それで正しいと思いますよね?

大間違い! (というか、話はもっと大きい)

これは前置詞 à に限った話じゃないのだ。この前、Mauger Bleu 第31課で以下のような例文が出てきた。

(3) Pierre ouvre la porte-fenêtre et passe sur le balcon.(拙訳:ピエールはフランス窓を開いて、バルコニーへ出る/移る。)
(4) Je sors dans la rue. (私は通りに出る。)

例文(3)は「バルコニーで移った」ではなく「バルコニーへ移った」、(4) は「通りで出た」ではなく「通りに出た」と解釈しないとおかしなことになる。前置詞 sur でも dans でも、前置詞 à と同じような使い方ができるのだ。

つまり、フランス語の前置詞はそれ自体「静的状態」と「動作の到達点」の区別をせず、その区別は動詞の方でやっていると考えて良いのではないだろうか。そう考えると、長年違和感がぬぐえなかった Je vais en France. (私はフランスへ行きます)でふつうは「~の中で」の「静的状態」を意味する前置詞 en がすんなりと理解できた。そうだったのか~~。

これは、英語に詳しい人ほどひっかかる、フランス語文法の盲点だと思う。英語で区別を覚えたからこそ、ひっかかるのだ。日本語ならどっちも「~に」で区別しないもんね。
[PR]

by L-monger | 2014-02-20 15:57 | フランス語 | Comments(4)  

2014年4月期 NHK外国語講座の情報 その2 (2月16日)

NHK語学番組のページを見ると、4月からの講座が発表になっている。以下にリンクを貼っておく。

平成26年度「NHK語学講座」のご案内(PDF)
注目番組  →各番組の紹介  →番組時刻表

「各番組の紹介」というのを見ると、テレビもラジオもアンコール講座も分かるよ。

気になる点を挙げると…
「テレビでフランス語」のフレンチブルが日本を探検って、本物かな、ヌイグルミかな?

「まいにちフランス語」の大木充先生、「文法より実践練習」だって。去年の講座へのアンチかな?(笑)

「アンコールまいにちイタリア語」だけ、なぜ先生の写真が載っているんだろう(他のアンコールはない)。先生に人気がある?

「英語で読む村上春樹」は講師が交替だね。沼野充義先生、好きなんだけど。沼野先生だと、ロシア語やそのほかの言語の村上作品が比較できるから面白い。「カエル君」の訳とか。

「テレビで中国語」、生徒役がおとな二人というのは初めてだね(一人が子供というのは過去にあった)。カラテカ矢部太郎氏を中国や台湾に頻繁に送り込むつもりかな(笑)。
[PR]

by L-monger | 2014-02-16 16:05 | NHK語学講座 | Comments(0)  

「まいにちフランス語」など 2008年~2013年のフランス語講座一覧表 (2月12日)

前回の記事、「再放送のパターンが変わってきた(2月9日)」は少し単純化しすぎかもしれないので、フランス語に限って具体的に一覧表を作ってみた。

c0059093_18223991.jpg

(クリックすると拡大)

左から右に入門編(初級編)、応用編、アンコール講座、テレビ講座の列になっている。「NHKラジオ フランス語講座」が「まいにちフランス語」という名前に変わってから後の時期(2008年~2013年の6年間)だ。その前の分も以前入力したのがあるけど、みんな興味ないだろう。

グレーの部分は再放送。アンコール講座は再々放送なので、全部グレーにした。これを見ると、前回のパターン(b)はどうも2007年以前のパターンだったかなという気がする。でもパターン(c)=即再放送というのは以前はなかったので、前回の記事もあながち間違いではない。

過去の講座、何を聞いたか、先生やゲストは誰だったか、見るのには便利かもしれない。役に立ったらそう言ってくれると、労力が報われてうれしい。(もし間違いを発見したら教えてほしい。)
[PR]

by L-monger | 2014-02-12 14:04 | フランス語 | Comments(5)  

再放送のパターンが変わってきた(2月9日)

ラジオ講座の再放送パターンが去年ぐらいから変わってきている。長くラジオ講座の学習を続けている人でないと気が付かないかもしれない。というか、気にしないかもしれない(笑)。以下説明する。

(a) 入門編の再放送パターン
「まいにちフランス語」などの入門編・初級編(ほぼ月火水)の再放送パターン。これには全体が入門編である「まいにち中国語」「まいにちハングル講座」を含む(月~金)。これはまだ変わってない。

c0059093_13222730.jpg

表の一コマは6か月周期である。2013年4月期に新作として放送された (A) は、1年半後の2014年10月期に再放送される。2014年4月期に新作として放送された (C) は、1年半後の2015年10月期に再放送される。(そして各々、2年後にはアンコール講座として格安テキストで再々放送される(笑)。)

(b) 以前の応用編の再放送パターン
これは現在減りつつある(もうなくなった?)、「まいにちフランス語」などの応用編(ほぼ木金)の再放送パターン。分かりやすいように2013年開始で表組したが、現実にこの通りの講座はないかもしれない。

c0059093_1327126.jpg

表の一コマは3か月周期である。2013年4月期に新作として放送された (A) は、1年3か月後の2014年7月期に再放送される。2013年10月期に新作として放送された (C) は、1年半後の2014年度1月期(カレンダー上は2015年1月)に再放送される。

(c) 新しい応用編の再放送パターン
これは現在広まりつつある、「まいにちフランス語」などの応用編(ほぼ木金)の再放送パターン。これには全体が応用編である「レベルアップ中国語」「レベルアップハングル講座」を含む(月~金)。

c0059093_13302091.jpg

表の一コマは3か月周期である。2013年10月期に新作として放送された (A) は、6か月後の2014年4月期に再放送される。2013年度1月期に新作として放送された (C) は、6か月後の2014年度7月期に再放送される。

これで分かる通り、パターン(c)は「すぐに再放送」が基本のため、1年間の間、3か月講座 x 2 しか聞くことができない。前提となっているのは「そんなずっと聞いてくれるリスナーはいないよ」だろうか。オレたちがいるんだがなー。

フランス語など西洋言語の場合には、アンコール講座(毎日午前11時くらいから放送)があるので、そちらと組み合わせれば、1年の間 3か月講座 x 4 も聞けて退屈しない(?)のだが、中国語やハングル講座のようにアンコール講座がなくて、パターン(c)「すぐに再放送」をやられると、逃げ場がなくて困るね。なぜパターン (a)にしないんだろう?(実は、ぜんぶ「冷凍保存」しているオレは困らないんだけど。)

注意:上記は原則的な再放送パターンなので、NHKの都合により、いつでも違うパターンに代わることがある。例えば、ソチ冬季オリンピックがらみなのか、現在テレビ講座の講師、貝澤 哉先生のまいにちロシア語「実践編」は2008年のものを、今年4月から再放送だ。スキットが楽しいよ。
[PR]

by L-monger | 2014-02-09 13:33 | NHK語学講座 | Comments(1)  

Mauger Bleu の疑問、まいフラ応用編で解決 (2月6日)

(2月7日、下の方に追加の記事を書きました。)

ヴァンサン一家はパリに着いた。友人のルグラン氏がサン・ラザール駅に出迎える。(下の画像参照。左のページの Mauger Bleuのストーリーの下の方だ。以下、拙訳。流れ重視で訳してみる)

ルグラン氏: こんにちは、皆さん。快適なご旅行でしたか?
ヴァンサン氏:ええ、ありがとう。奥さんとお子さんたちはお元気ですか?
ルグラン氏: 元気です。明日、わが家に午後のお茶にいらしてください。それから一緒に夕食をしましょう。
ヴァンサン氏:喜んで。

この「一緒に夕食」のくだりがフランス語では「vous dînerez avec nous.」と未来形で書いてある。未来形と言えば、二人称に使うと軽い命令形になると理解していたので、アレ?と思った。ちょっと押しつけがましくないかと思った。「私たちと夕食しなさい」みたいな。(友人だから当然かもしれないけど)

(このように説明されているページの参考:東外大のフランス語モジュールの文法ページ

しかし、まいにちフランス語の応用編(「マノン」)で先日、未来形を取り上げ、その説明では「ていねいな命令」とあるので、やや納得した。やはり丁寧に夕食に誘っているんだよね。
(下の画像で右のページが、まいにちフランス語のページ。)

c0059093_23154997.jpg

ラジオ講座と学習本を併用しているとこのように思わぬところで解決したりする(逆のケースもある)。ありがとう、福島先生。

* P.S. (2月7日) フランス語学習休止中に買った「フランス語ハンドブック」(白水社)のことを忘れてた。「単純未来形」を調べてみると、もっと詳しく載っていた(当たり前)。以下の画像の右ページの一番上に書いてある。(本が分厚いのでスキャン時に浮いた部分がぼやけてしまう。読みにくくてすみません。)この中では、「勧誘」というのがぴったりな意味かな。まとめると、二人称の単純未来形の意味は広くて、命令、勧誘、示唆、懇願まで含まれるということだね。勉強になった。

c0059093_14405340.jpg

[PR]

by L-monger | 2014-02-06 23:23 | フランス語 | Comments(1)  

2014年4月期 NHK外国語講座の情報 (2月1日)

2月に入ったばかりだというのに、NHK出版に2014年4月期の情報が載ってた。このページ。「語学」をクリックすると英語以外の講座が表示される。

まだ先生と講座名だけだけど、十分興奮する(笑)。まいにちフランス語に 大木充先生!おお、10年前のテレビ講座以来のカムバックではないか!もう私は入門編は不要だけど。えー、櫻子先生の応用編もう再放送ですか?早い早い。

テレビでフランス語の姫田麻利子先生は、初めてお目にかかるなあ。どんな人だろう。

まいにち中国語(つまり入門編)は、小野秀樹先生がカムバック。うんうん、入門編向きだと思ってたんだよ。

皆さんは誰に興奮しますか?

P.S. あわてて投稿してしまった。「詳細を開く」をクリックすると、詳細が見れるよ。
[PR]

by L-monger | 2014-02-01 17:07 | NHK語学講座 | Comments(12)