<   2014年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

単語を覚えたままでいるための学習(14年8月30日)

外国語を数か月以上学習している人は皆知っていることかもしれない。例えば、外国語の単語を1日に5個ずつ覚えることは、そんなに難しくない。問題は、それを「どれぐらいの期間、覚えていられるか」だ。数日間覚えているのではなく、数年間、数十年間覚えているための方法が問題なのだ。

習得レベルがすでにある程度高ければ、本をバリバリ読めば復習になるが、限られた時間で(皿洗い中に)初級をゆっくり学習(スローラーニング)している私としてはその方法は使えない。

なんか良い方法はないかなと思って先日「頑張らない英語学習法」という本を読んでみた。英語の学習法についての本だが、一般的な話ならどの外国語であっても同じことだ。するとあるページに「定着したと思ったら週に1度確認する程度で大丈夫です」とあった(以下の画像の左半分。この画像は書籍の表紙や内容、私のノートのスキャン画像から合成したもの)。
c0059093_1493194.jpg


言うは易く、行うは難し。例えば、1年分の学習内容を週に1度ずつ確認するのにどれぐらい時間がかかるだろう?単語集やノートを作る人ならば、それらをパラパラやれば簡単かもしれないが、私は音声ファイル(ICレコーダー)だから、1レッスン3分間でもすごく時間がかかる。

しかし何とかやってみようと思い、半年前ぐらいのレッスンから復習を開始した(机上で1日10分間)。音声ファイルを再生し、日本語訳からの瞬間翻訳にチャレンジする。できなかった(忘れていた)単語を例文の形のまま、らくがき帳に書いて発音してみる(上記の画像の右半分、殴り書きなので間違いがあると思う)。結構時間がかかるが、1日1レッスンの復習でも、1か月やれば1か月分、1年やれば1年分復習できるので、1年に1回ぐらいは同じ表現に戻ってくることができそうだ。

すごくよく覚えている単語もあれば、ぜんぜんな単語もあり、面白い。
さて、この学習自体、どのぐらい続くだろう?

(補足:復習しているのは、フランス語はモージェ・ブルー、中国語は「作文で鍛える中国語の文法」(宮岸雄介)を元に自分で拾った例文だ。)
[PR]

by L-monger | 2014-08-30 14:24 | 学習法 | Comments(2)  

2014年10月期の新作情報~その2 (14年8月23日)

東京に戻り、ようやく9月号テキスト (独露中)を入手した。ちなみに書店に行っている暇がないので、セブンネットで買って近所のセブンイレブンで受け取り。ポイント2倍でコーヒー無料券が3枚もらえて、お得だった。

10月期の講座について、上記のテキストには詳しい話が書いてなかった。「まいにち中国語」には「レベルアップ中国語」の説明があるかと思ったけど、なし。いずれも載っていたのは下記の簡単な表だけ。ネット上にはなぜかこの表がまだ出ていない。ラジオ講座の分だけアップする(テレビ講座は中韓を除いて、ほぼ2013年4月期の再放送)。

c0059093_1495856.jpg

私の興味のあるものだけ、手打ちで以下に示す。

★ レベルアップ 中国語
講師〈10月~12月〉: 陳淑梅
講座内容: 「聞く・まとめる・伝える 一挙三得中国語」
物語を楽しみながら自分の言葉で表現してみましょう。

講師〈1月~ 3 月〉: 楊凱栄
講座内容: 未定

★ レベルアップ ハングル講座
講師〈10月~12月〉: 金東漢〈キム・トンハン〉
講座内容: 「韓国・美しい風景をたずねて」
イ・チョンウォンの紀行文を講読します。

講師〈1月~ 3 月〉 :阪堂千津子(東京外国語大学講師)
講座内容: 未定

★ まいにちフランス語 応用編
講師〈10月~12月〉: 芳野まい/ピエール・ジル・ドゥロルム
講座内容: 「ファッションをひもとき、時を読む」
ファッションをテーマに映画や文学を味わいながら、フランス語を洗練させましょう。

【ちょっと感想】 陳淑梅先生のレベルアップ中国語は、方向性は面白そうだ。私の能力で学習可能か、分からないけど。ハングル講座は学習休止中だが、「紀行文」!難しそう。フランス語応用編はファッションかあ、一番興味のない分野だなあ。でも去年の「作家と共にパリ散歩」は割合面白かったから、聞いてみるか。

【ちょっと気が付いたこと】 10月期の講座も、ラジオでは9月の最終週=9月29日から始まる。これじゃ聞きのがす人が多いんじゃないかと思ったが、こうやるとストリーミング再放送での10月期開始が10月6日でちょうどいい感じになる。ああ!もうストリーミングを中心に置こうとしているのかな?ラジオもやめないでね、NHKさん。
[PR]

by L-monger | 2014-08-23 14:28 | Comments(2)  

おとなのロシア語:進化する大企業女性リーダー (14年8月18日)

九州の実家滞在中。お盆行事は初盆と比べると拍子抜けするほどだった。でも語学が遅れているのでこれから楽しむ予定。1週間遅れだった「まいにち中国語」(小野秀樹先生)は再放送の間に追いついた。

さて表題の「まいにちロシア語」(林田理惠先生)だが、ずっと聞いている人は、この表題を見ただけでニヤリとするだろう。

「大人のためのロシア語」という副題で、書き言葉のロシア語(あらかじめ決まった3つのエッセイ)を読めることを目指すこの講座だが、私は最初、こつこつと全部のセンテンスを地味に解説していくのだろうと思っていた。

全然違うね。重点的に選ばれたセンテンスを何度も書き換えて出題してくるんだ。例えば、「毎週日曜日にゴルフをする大企業リーダーの女性」はこれまで5回も出題されている。毎回新たな文法事項を加えて、「進化する」例文の形になっている。

お恥ずかしながら、私のノートの抜粋コピーを以下にお見せする。活字体は我流のいい加減なものだから参考にしないでね。私なりに楽しむために、テキストの解説を見ずに原文を書き写し、覚えてない単語を巻末の単語集で調べ、[試]で自分なりの試訳を書いてみて、[答]でテキストの正解を書いて比較している。(テキストの巻末にどのレッスンで例文を取り上げたか書いてあるので、例文とレッスンの対照表を作ることができるよ。)
c0059093_1326455.jpg

例文の進化の過程が見えるね。「日曜日に」→「毎週日曜日に」、「他の女性リーダー」→「大企業のリーダーである他の女性」など。私もさすがに4回目、5回目は単語を引いていない(覚えた)。しかし「9年間」を「10年間」と間違えたのは小倉君と同レベルだ!

この例文の改造方法は大いに参考になる。他の中国語やフランス語でも、新しい文法事項を加えたり、引いたりして例文のレベルを上げ下げすることが可能だ。そうしておいて、繰り返し口頭練習すれば、文法がお題目でない、自分の血肉になるはずだ。またひとつ勉強になった(笑)。
[PR]

by L-monger | 2014-08-18 13:33 | ロシア語 | Comments(0)  

ラジオ語学講座のジレンマ 基礎固めか?実用か?(14年8月7日)

どちらも重要なのは間違いない。基礎がしっかりしていないまま実用表現を使うのは危いし(通じなかったり誤解を生む)、実用表現を教えない基礎固めはあまり役に立たない。

前回の記事「学習ポイントに集中できた過去のラジオ講座 (14年8月5日)」では、例示した中国語講座が文法ポイント中心に展開しながら、そのポイントの範囲内でできるだけ実用的な言い回しを導入していた。フランス語講座も、練習問題で「よく眠れましたか?」「私は食べすぎました」などの実用的と思われる表現を取り上げている。

しかし、文法ポイント中心に構成して、「受講生に分かりやすい」「易しい」講座を作ろうとすると、講座の期間内(6か月)で現実に役立つ複雑な表現までたどりつかないことが多いみたいだ(私の印象)。

そこで、今期「まいにち中国語」(小野秀樹先生/すぐに使える中国語)は逆向きに考えた。最初に文法ポイントを決めずに、まず現実的なスキットを考え、逆にその中から文法ポイントを選び出すという手法を取ったそうだ。なんと、革命的なカリキュラムだろう!(笑)
c0059093_14275749.jpg

(左が5月号の「講師あいさつ」、右が5月第1週のまとめページ前半。見ればわかるけど、バラバラな文法ポイント)

中国語だから可能なんだけどね。中国語以外の言語(フランス語もロシア語もハングル講座も)語形変化を説明したり練習したりの段取りが多くて同じ手はたぶん使えない。

もちろん、(ドイツ語のKompassと異なり)文法ポイントの説明は少なめにとどめ、例文の発音練習を多く入れるようにしているし、また単語数が少ないと何もできないから、通常の三倍くらいの単語を導入している(シャアか!)

私はこの講座は入門の皮をかぶった中級編だと思う。おそらく「まいにち中国語」をこれまで半年から1年間学習した人が最も役立つだろう。ある程度基礎の固まった人はその上に、大きな家を建てることができる。ゼロレベルの入門者は…別の文法中心のカリキュラムの学習書をやった方が良いかな。

さもなければ、今度10月期に再放送される、文法ポイント中心で理解しやすい「まいにち中国語」(三宅登之先生/めざせ発信型の中国語/2013年4月放送)を引き続き聞いて、知識を再整理し、失った自信を取り戻すといいかもしれない(こちらは講師とゲストのおしゃべりがあり、笑いもあって楽しい。)。その上で、再度小野先生講座に戻ると、分かりやすいかもしれない。
[PR]

by L-monger | 2014-08-07 14:41 | NHK語学講座 | Comments(2)  

学習ポイントに集中できた過去のラジオ講座 (14年8月5日)

暑い夏なので、ちょっと昔のことを思い出してみる。

現在の「まいにちフランス語」などのラジオ講座は時間不足なので(例えば入門編などは合計時間で半分くらいの時間しかない)、1回に付きポイントを1つに絞り込んで学習することは、多分もうできない。

古きよきラジオ講座の入門編テキストの画像を以下にアップする。1回20分間 x 週4回(6か月計100回)の時代だ。こんなにのんびり(じっくり)学習できてたんだねえ。

c0059093_12144538.jpg

これは、「NHKラジオ 中国語講座/メロディーで覚える中国語」(2004年10月期再放送時)(榎本英雄、呉志剛、何立人)だ。ご覧のとおり、「让」(~させる)しか教えていない。その代わり、実践で多用されるセリフ「ご心配をおかけしました」「妻が私に煙草を吸わせません」(笑)「自己紹介をさせてください」「みなさん乾杯しましょう」などを教えている。役に立ちそうだ。

c0059093_12145744.jpg

これは、「NHKラジオ フランス語講座/ユミのパリひとり暮らし」(2005年10月期再放送時)(杉山利恵子、Michaël Ferrier)だ。なんと「副詞の位置」(現在形や複合過去形、不定詞における)が学習ポイントだ。これだけで1回。でも間違いやすいから、入門では必要だと思う。

(スキットの訳は別ページなのでここに書いてない。フランス語に集中できるので、これも良い方法だと思う。まとめて書くと「車を借りたのですか?いいえ、観光バスでのガイド付きツアーに参加したんです。そうしてよかったですね。それで、何の心配もなしに、ワインを試飲することができたのですね。そういうことです。」)
[PR]

by L-monger | 2014-08-05 12:30 | NHK語学講座 | Comments(2)  

2014年10月期の新作講座~講師の情報 (14年8月4日)

まだ、2か月先の話だけど、10月期の講座について、講師の情報だけわかった(NHK出版の「2014年度NHK語学講座のご案内(2014年10月~2015年3月)」たぶん書店向けの情報)。

ほとんどの講座が昨年4月期の再放送だけど、レベルアップや応用編が新作だったりする。以下、私の興味あるものの抜粋。中国語やハングル講座は、過去のラジオ講座で評判の良い先生をそろえた印象だ(評判の方向性はさまざまだが)。

レベルアップ 中国語
講師〈10月~12月〉 陳淑梅(東京工科大学教授)
  〈1月~ 3 月〉 楊凱栄(東京大学教授)

レベルアップ ハングル講座
講師〈10月~12月〉 金東漢〈キム・トンハン〉(東京大学准教授)
  〈1月~ 3 月〉 阪堂千津子(東京外国語大学講師)

まいにちフランス語 応用編
10月~12月 芳野まい( 学習院大学助教)
1月~ 3月 講師未定

とりあえず、お知らせまで。講座の内容は9月のテキストが発売される2週間後ぐらいに分かるかも、分からないかも。
[PR]

by L-monger | 2014-08-04 14:17 | NHK語学講座 | Comments(0)  

リンガフォンの「学習のしかた」(14年8月2日)

「リンガフォン」のフランス語を借りて読んでみている(イギリス製の有名な外国語教材シリーズだが現在は絶版)。学習するつもりはなくて、興味半分で覗いているだけだ。この大きな教材ボックスの中に、日本で作られたとおぼしき「学習のしかた」という小冊子が入っていた。興味深いので画像をアップしてみる。

c0059093_1742560.jpg

すごいね。まず「耳慣らし」で5回x3セット(テキスト見たり、見なかったり)ひたすら聞き、文を理解し、聞き取りを最低5回、その後やっと発音練習や対話練習。それから書取り練習。

例えば「まいにち中国語」(小野秀樹先生)なんかだと、スキットを1回聞いて、すぐに解説、すぐに発音練習だ。これでは、さすがに何も音声的な練習にならないので、私はスキットを書取り練習しているから、そこで5回ぐらいは聞いている。これは多い方だと思ってた。

ところが15回も20回も聞かなくては、発音練習さえしないという、リンガフォンのこの姿勢!すごいね。

うがって考えると、数万円もするリンガフォンで学習したけど外国語を聞いたり話したりできるようにならなかったという苦情を回避するためかもしれない。『「学習のしかた」のとおりに練習しましたか』って訊けるからね。

私はとてもここまでできないけど、せめて聞き取り5回とか、発音練習5回ぐらいはやろうかな。あ、中国語以外はそんなに真面目にラジオ講座を学習してなかった(笑)。
[PR]

by L-monger | 2014-08-02 14:07 | 学習法 | Comments(0)