<   2015年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

仏語コナン-29 第2の事件完了 楽しい理由 (15年4月30日)

12月30日以来学習していたフランス語版「名探偵コナン」の第2の事件の学習が完了した。作者・青山剛昌氏と翻訳者M. Thibaud Desbiefに感謝だ。

第2の事件は、連載3話分、53ページ。これを12月30日から4月22日まで足かけ17週間、15回にわたって学習した。1回に約9個の例文を覚えたので、およそ計135個の例文を覚えた。

3月前半は法事でストップしてたことも考えると、ページ数の割に早く終わった。アクションシーン(台詞少ないページ)が多かったかもしれない。適度なむずかしさ(口語体かつ謎解きの説明)があり、フランス語から訳してみて、原作の日本語の台詞とぴったり合致した時の喜びといったらない。楽しい!の一言である。

その一例を、絵付きで紹介する。数日前の前のコメントで述べたのと同じものだ。私はまずフランス語で読み、意味を考えてから、日本語の原作を見ている。

c0059093_0212548.jpg

これは分かった時にバンザイと言った。y arriver のイディオム+aussi que の同等比較を組み合わせたもの。

c0059093_0215918.jpg

これはプチロワ仏和に詳しく載っていた。「Je m'en doutais (bien).(どうせ)そんなことだろうと思っていた,やっぱり思っていた通りだ」つまり「やっぱり!」という日本語台詞に対応する。形容詞 beau は美しいだけでないのね。

ますます楽しくなってきた。引き続いて第3の事件を学習開始する。

過去記事(学習の進め方):フランス語版コナンで武者修行を開始 (14年10月14日)
過去記事:仏語コナン29 第1の事件 学習完了 (14年12月23日)
[PR]

by L-monger | 2015-04-30 14:12 | フランス語 | Comments(1)  

15-5月号テキスト購入 買わぬテキストの皮算用 (15年4月25日)

NHKの語学テキストが安いなどと言う人がいるが、私はそうは思わない。1講座だけ時々買うのならともかく、例えば 3講座を12か月買い続けるとどうなるか。432円 x 3講座 x 12か月 = 15,552円(1年分)! これは大きい。ちゃんとした参考書が5冊ぐらい買える値段だ。

今年もどの講座を買って、どの講座を買わないか、悩んだ。なんとか毎月2講座くらいに抑えたい。そこで4月期を3か月ごとに分けて、購入計画を立てた。
c0059093_14224380.jpg

【4月~6月】(決定)
★まいにちスペイン語=当然、入門編の江澤照美先生の授業を完全に楽しむため。あと、福嶌ノリ先生の応用編もフランス語との比較ができて面白いので。
★まいにちロシア語=入門編の臼山利信先生がどこまで離れ業のカリキュラムを到達できるか、見るため。あと、柳町裕子先生の応用編は中国語学習に利用しようかと思う(うまく行ったら、ブログに書く)。

【7月~9月】(予定)
★まいにちフランス語=7月からの応用編が未発表だが、もし面白そうなら3か月購入する予定。
★まいにちスペイン語=江澤照美先生の入門編をまだ聞いていたら、後半も買い続ける予定。
(予備:★まいにち中国語=もし学習しがいがありそうなら、後半3か月を購入するかも。)

以上、買わないうちからの皮算用である。このペースで頑張っても、年間1万円をちょっと越えちゃうけどね(笑)。
[PR]

by L-monger | 2015-04-27 14:25 | NHK語学講座 | Comments(5)  

15-1月期 まいフラ応 「池袋より愛をこめて」 初級文法と若者言葉 (15年4月25日)

今回は、私が2015年1月~2015年3月に聞いていた(多少予習していた)以下のフランス語講座について感想だ。前回の記事と違い、こちらはまだ再放送されると思うので(予想:2016年1月期)、その時の参考にでもしていただければ幸い。

★まいにちフランス語 応用編(そうだ,中級の準備をしよう!~池袋より愛をこめて;清岡智比古先生)

c0059093_15344740.jpg

講座の目標はタイトル通り、初級文法全体のおさらいをして、中級に上がる準備をしようというもの。3か月24回なので超忙しい。しかし、フランス語の初級から中級へつなぐ応用編はこれまでなかったので、貴重ではある。お勧めの使い方としては、この講座で見つけた自分の弱点をちゃんとした文法書でおさらいして、繰り返し練習すればいいのではないだろうか。講座自体は駆け足なので、個々の文法事項の練習問題が十分ではないのは、仕方ないよね。「もっと練習を!」

(愚痴:私は仏語版「名探偵コナン」を読む際の役に立てばいいなと思って聞いたが、カバーする文法範囲が広すぎて、個々のツッコミが弱かった。私の一番知りたかった接続法の用法にしても最終回に1回、半ページやっただけだし)

c0059093_1534542.jpg

もう一つの柱は、タイトルの後半通り、恋バナおよびバリバリの口語フランス語。スキットの内容は、日本に留学しているフランス人女性 Eva さんが、同じく留学生の中国人 Wang 君と恋愛して、いろいろあるという話。ここに使われるのが若い人の使うリアルなフランス語。たとえばT'abuses!(ほんとにもう!勘弁してよ)などという言葉。こういう最前線の言葉を扱った応用編は、これまでなかったので、これまた貴重ではある。映画、音楽、ブログなどに興味ある人は約立つかもしれない。

(愚痴:私は普通の表現をコンプリートしようとしている最中なので、あまり興味持てなかった。仏語版「名探偵コナン」だって、ここまでの口語は出てこない。せいぜい Tu exagères!ぐらいである。)

まとめてみると、これはこれで変わった講座で良かった。ただ、この類の恋愛話の嫌いな人(男性も女性も)には向かないかなあ。私は嫌いではないけど、ちょっと味が濃くて胃にもたれたので、もう少し薄めていただけると幸いだった。大学生とか、若い人向けなのかな。

過去記事:15-1月期まいフラ応「池袋より愛を」の1週目 - ギャグも文法練習も少な目(15年1月12日)
過去記事:1か月目の感想 中仏応はあべこべ (15年2月2日)
[PR]

by L-monger | 2015-04-25 15:48 | フランス語 | Comments(4)  

14年度 アンコまい独「月の光ソナタ」 高速復習に良いかも (15年4月23日)

書くのが遅くなった。私が2014年10月~2015年3月に聞いていた(多少練習していた)以下の講座について感想を書いておく。もう再放送されることはないだろうから、私のメモ的な意味が大きいが、ヤフオク等でこのテキストを購入する人には役立つかもしれない。

★2014年度(4月期・10月期)アンコールまいにちドイツ語 入門編(月の光ソナタ―ヒカリとあきら;柿沼義孝先生)(1238円+税)(本放送は2013年4月期)

スキットのあらすじを言うと、月の世界のあの方の娘ヒカリがドイツに留学していて、日本人留学生あきらと出会い、ドイツ人同級生たちと一緒に日本に卒業旅行する…という話。設定から想像すると波乱万丈な話が展開しそうだが、そんなことはなくて、ドイツの大学生どうしの会話とか旅行の準備とか、地に足の着いた(笑)ディアローグが繰り広げられる。例として以下にヒカリが正体を明かす回のページを紹介する。

c0059093_14375976.jpg

とんでもない話をしている割には、日常生活に役立つ表現がふくまれている。逆に言うと、SF好きな私としては物足りなかった。"なんとなくそんな予感がした"?もっと他に言うべきことがあるだろう!(失礼)まあ、スキットは実用的と評価しておこう。

次に行こう。このアンコール講座を聞いた動機が、14-4月期の「まいにちドイツ語 入門編 (中山純先生他、Kompass)(15-4月期に再放送中)があまりにアヴァンギャルドなカリキュラムだったので、ノーマルなドイツ語講座を聞いてみたかったというものだったが、それは良い意味でも悪い意味でも裏切られた。以下に私の入力した前半3か月分の文法事項リストだ(サービスが悪いことに、このテキストには文法事項の索引がないで、自分で索引を作って忘れた動詞や形容詞の活用を見直す時などに利用してた。前半ではね…)。

c0059093_2232417.jpg

じっくり見ると分かるのだけど、離散的なカリキュラムだ。積み上げていくのではなく、あっちに飛び、こっちに飛びしている。もちろん先生は意図的にこうしているのだろう。日常会話は文法の難易度順にあらわれるものではないからね。

しかし、継続学習しても、自分の中に文法システムがだんだん出来上がっていく感じがしない。初めて学習する人には向かないと思う(他の参考書を併用すれば大丈夫)。このカリキュラムが一番役立つのは、一通り初級レベルの学習を終えた人が自分の知識の穴をチェックしたいという場合だろう(その意味で、清岡智比古先生の15-1月期フランス語応用編に似ている)。毎回、相当数の単語をまとめて紹介するのも高速復習に向いている。

なお、私が文句を言いながら6か月全72回の最後まで聞き続けられたのは、毎回最後の「表現練習」のおかげだ。これは名前と異なり、私の大好きな文法的変形を行う練習なので、このコーナーだけは毎回「できた!」とか「できない!」とか騒ぎながら楽しめた。(ただし、急に易しくなったり、急に難しくなったりするよ。レベルの上下動がジェットコースター並みで、ぱねっす!)

過去記事(表紙画像あり):14-10月期アンコ独・応用編の親切な学習法指導 (14年11月17日)
[PR]

by L-monger | 2015-04-23 15:11 | ドイツ語 | Comments(2)  

日曜の夜になつかしラジオ講座を聞く(15年4月20日)

やる気が出なかったので、昨夜(日曜日の夜)の皿洗い時は、過去に聞いて好きだった過去のラジオ講座4本の録音を聞いて、まったりしていた。好きなドラマの録画を見て楽しむ人もいるんだから、ラジオ講座をなつかしんでもいいよね? 以下の4本。

(1) 2005年4月期 ラジオ中国語講座・入門編(喜多山幸子先生;ニーハオからはじめよう)
(2) 2011年4月期 ポルトガル語入門(浜岡究先生;楽しいブラジルの旅)
(3) 2011年10月期 まいにちハングル講座・入門編(塩田今日子先生;つながる!はまる!ハングルのツボ)
(4) 2014年4月期 まいにちロシア語・入門編(林田理惠先生;大人のためのロシア語)

(1)を聞くと過去の20分間時代の中国語講座は、単語や例文を本当に何度もリピートしていたと分かる。覚えやすかったなあ。最近の1回しかリピートしないのはケチな講座に思える(特に発音が難しい中国語は)。(参考:祝 Step 100 完了 (中)

(2)のポル語は楽しかったなあ。第1回はやはり挨拶でしょ。

(3)では登場キャラクター「タダシ」と「ミヤ」のやり取りを聞いて思った。ストーリー性のあるスキットってやっぱり良い。特に入門では。例文の発音にも気持ちと力が入る。(参考:マイ新学期2:「ハングルのツボ」再学習始めました(12月6日))

(4) 去年やったばかりだから、まだ記憶が新鮮。生徒役・小倉君のつっこみも面白い。(参考:2014年4月期ロシア語の感想:達成感のあるスパルタ講座 (14年10月10日))

昔の講座を聞いて、当時の気持ちを思い出すのも、またいいものだ。
[PR]

by L-monger | 2015-04-20 15:07 | NHK語学講座 | Comments(0)  

中国語の応用編をわざと週2回のスローラーニング (15年4月17日)

昔は、ラジオ講座(フランス語)の応用編が、入門編のように週4回ぐらいあればいいなと思っていた。そうすれば、復習も含めて週7日間毎日学習することができて、習慣づけに最適だからだ。ピアノやスポーツと同じで、毎日動かしていないと、外国語筋肉は動かなくなる。

しかし今は応用編は週に2回あれば十分ではないかと思っている(フランス語など欧州言語の現状通り)。なぜかというと、以前の記事に書いたように(ラジオ講座の入門編と応用編のレベル差はどうするか (15年4月4日))、応用編レベルに至り、それを維持するためには、ラジオ講座だけでは不十分であり、それ以外の学習もしないといけないのだが、仮に週4日応用編があると、復習のために時間を取られすぎるので、他の学習が難しくなるからだ。

もちろん、習得ずみの外国語を忘れないために応用編を聞いているだけというレベルの方は、週4日でも別に問題ないだろう。1回のレッスンにつき、知らない単語が2つ、3つしかないのであれば、学習も楽々だ。

ところで、レベルアップ中国語やレベルアップハングル講座は週5回の「応用編専門番組」だが(金曜日は復習だから、実質週4回分くらい)、「忘れないために聞いているだけ」というレベルの人はどれくらいいるんだろう?

私はとてもそんなレベルではない。前学期のレベ中(楊凱栄先生)を1月放送分は週5回分進めていたが、2月放送分は週3回分でもしんどくなってきた。復習の時間不足なのだ。今週で2月放送分は終わるが、3月放送分になったら週2回分くらいにしようかと思っている。ビジネス会話など、私には不慣れな内容になるしね。このスピードなら6月くらいには終わるんじゃないかと思う。たとえ遅くても憶えていないより、ずっといいので、これで良いのだ。

どっちみち、まいにち中国語(豊嶋裕子先生)は今やさしいレベルを進んでいる所なので、6月か7月にならないと学習したいレベルに到達しないから、これで良いのだ(笑)。
[PR]

by L-monger | 2015-04-17 12:27 | 中国語 | Comments(0)  

練習のリズムと「サバイバルロシア語」(15年4月15日)

野球では、打たせて取るピッチャーの方が、守備陣の守りのリズムが良いそうだ。ラジオ講座でも同じことが言えるかもしれない。講師はピッチャーなので、投げ・打ち・取らせるのリズムをうまく作るべきだろう。

それが良く表れるのが、発音のリピート練習だ。スキットが A・B・Cという3つのセンテンスの場合、「A・B・C」「A・B・C」の順で各1回ずつ練習するのではなく(パターン1)、せめて「AA・BB・CC」という各2回のリピートパターンがよい(パターン2)。できたら「AAA・BBB・CCC」という各3回パターンがよいと思う(パターン3)。最初から正しく聞き取って同じ音を出せる初心者はまずいないので、自分の発音を微調整するためには、複数回リピートが必要だと思う。

今期の「まいにち中国語」はスキットなどの練習がパターン1なので、声調を聞き取るには厳しいと思う(ストリーミングや録音を使って、再生を止めて繰り返すべきだ)。またAとBとCの間に各20秒も詳しい説明を入れるので(測ってみた)、その間、聞いているだけになるのは少々退屈だ(完封型ピッチャー)。リズムがもう少し早まることを期待したい(4月中だけかもしれないけどね)。それに比べて、「まいにちスペイン語」は…知っている人はもうよく分かっているね。

ところで「まいにちロシア語」(サバイバルロシア語;臼山利信先生)は文字と発音の説明が終わって第3週に入ったので、少し面白くなってきた。臼山先生も説明は多くて先週は退屈だったが、今週に入って斬新な視点が見られるようになってきた。呼びかけの表現「若いお兄さん」とか、付加疑問文の「ダー?」とか、過去のロシア語講座ではメインポイントに取り上げることがなかった事項を、学習事項にしている。

なによりも、パターン2で練習し、たくさん発音させられるので、退屈しにくい。また、先生の男性声が明瞭かつ聞きやすいので、この点も私は耽溺しつつ聞いている。いいなあ。

(なお、文法事項をどっとやるため時々スパルタなこの「サバイバルロシア語」を聞いていられるのは、たぶん去年「大人のためのロシア語」で鍛えられたせいかもしれない。まったくの初心者は他の参考書を併用しないと厳しいかな。「新ロシア語入門」の本なんかいいですよ)

参考:2014年4月期ロシア語の感想:達成感のあるスパルタ講座 (14年10月10日)
[PR]

by L-monger | 2015-04-15 13:00 | ロシア語 | Comments(0)  

15-4月期(再) 入門編「みんなのスペイン語」私の注目ポイント7つ (15年4月13日)

今学期再放送中の以下の講座、私は初めて聞いている。聞けば聞くほど、よくできているなあと感心することが多い。とりあえず私が注目しているポイントを7つ、あげてみたい。

★ まいにちスペイン語 入門編 (みんなのスペイン語 江澤照美先生)
c0059093_1650147.jpg

1. 先生の日本語による説明と指示が、緩急とポーズを上手に使った、7色のイントネーションを駆使されていて、全然眠くならない。

2. キーフレーズを習ったのち(すぐさま「百本ノック」で発音してから)スキットを聞くので、習ったことをすぐに使えて(聞き取り練習)、達成感がある。(中国語も昔はこうだった)

3. 使う状況を想像して意識させる練習方法。深い記憶につながると思う。(a) 「挑戦しよう!」の中でガヤのBGMとともに話す。(b) テキストのさし絵が、キーフレーズと「話してみましょう」にあり想像を刺激する。

4. 「書き取ってみましょう」という練習がある。大部分のラジオ講座は「聞く・話す」しか練習させず「書く」ことを無視した形になっているが、書くのが一番記憶に残ることでもあり、良い「練習の練習」だと思う。

5. テキストに放送の補完的役割を持たせている。毎週のとびらページでその週のテーマを提示し「予習」。なぜそれを習うのか、動機づけを強化している。また毎週のふりかえり用の「あなたのポートフォリオ」で、目標行動をできるかどうかのチェックをすることで「復習」をしろと強制せずに、自然にそうするように誘導している。

6. カリキュラム的に、一度出た表現がまた後で出てくる。例えば「Usted habla español muy bien.(あなたはとても上手にスペイン語を話しますね)」は第3課のスキットに登場後、第7課で類似の「¿Usted habla español?(あなたはスペイン語をお話しになりますか)」がキーフレーズとして出てくる。記憶補強にとても有効だと思う。

7. 先生とゲストがわざと違うスペイン語の発音をしている。例えば、ワタシ yo の発音は、江澤先生がスペイン式の「ジョ」、パブロさんが出身地ボリビア式の「ヨ」と発音している。もちろん発音の違いはきちんと説明している。たぶん、いろんな地域のスペイン語話者に慣れるためだろう。

7番はすごいよ。英語で例えれば、「英語会話」の講師がイギリス発音、ゲストがアメリカ発音をしているなんて考えられるだろうか。英語は発音が難しいのでやらないのかな?スペイン語は発音が簡単な分、このようにバラエティを持たせられるのかもしれない。たぶん、たぶん。

参考: 15-4月期開始 入門編の試し聞き (15年4月2日)
[PR]

by L-monger | 2015-04-13 16:54 | スペイン語 | Comments(5)  

関口ドイツ語講座のテキストと音源 (15年4月11日)

語学特番で言ってたとおり、NHKラジオ放送発足後、英語会話に次いでドイツ語とフランス語が始まったぐらい、これら2つの講座は歴史が古い。

その中でも以前書いた、有名な関口存男先生のテキストが見れ、ラジオでの講義が聞けるのだから、インターネットはすごい。以下のページに載っていた。

(1) マキペディアさんの 関口ラジオドイツ語講座の「関口ラジオ講座のテキスト」のリンクから1957年~1959年ごろの25冊

(2) 関口ラジオ講座が少しだけ聞けます

何?上記のような古い講座には興味がない?
そういう人には、相澤啓一先生の宇宙人ピポのシリーズはどうでしょう?全レッスンそろってる。

(3) 新ドイツ語入門

本気でやる人は「NHK新ドイツ語入門」の本と併用すると良いかもしれない。
[PR]

by L-monger | 2015-04-11 23:43 | ドイツ語 | Comments(4)  

「レベ中」継続中 声調を区別するためのペア例文 (15年4月11日)

以前書いたが(最近の例文づくりの工夫(15年2月19日))、「レベルアップ中国語」(楊凱栄先生)のスキットはディクテーションしてちゃんと聞き取れるか/書けるか、毎回確認するのが楽しみになっている(3月に終わった講座だが、私は三回忌が入ったこともあり、1か月半遅れで学習中)。

日本人には声調の違いを聞き取るのが難しいが、やや長い文であれば単語同士が助け合ってそんなに正確に聞き取れなくても意味は分かる。しかし、たまに似た単語同士で聞き間違いが起こるので、それを「ペア例文」の形で対比して発音していると、「こんな学習をしている日本人は少数だろうなあ」と優越感に浸れる(アホです)。

★(第33課)「传 chuan2」(伝わる)と「穿 chuan1」(通り抜ける)を区別するための例文

1. 一定是从中华街传过来的声音。(きっと中華街から伝わってきた音です。(聞こえてくる音です))
2. 她一定是从公园里穿过来的。(彼女はきっと公園の中を通り抜けてきたのだろう。)

(工夫ポイント)→ 1音だけの区別は難しいので2例とも chaun guo lai de の形にして、勢いを付けている。これは全くの同音でありながら、chuanの部分だけ声調が違うのがミソ。また、例文の意味がまったく似ていないので記憶を補強できる。

★(第34課)「重视 zhong4shi4」(重視する)と「充实 chong1shi2」(充実している)を区別するための例文

1. 一定要重视这个问题。(必ずこの問題を重視しなくてはならない。)
2. 虽说时间短了点儿,但是过得挺充实的。(時間は短かったが、充実した時を過ごした。)

こういう「路地裏に生えた小さな花」が面白いよね。
(参考:10周年を迎えた"るもんが" の外国語学習日記 (15年3月31日)
[PR]

by L-monger | 2015-04-11 12:49 | 中国語 | Comments(2)