<   2015年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

ドイツ語の呼び名がバラバラな理由 (15年7月29日)

いろいろな外国語を学んでいると、「ドイツ語(ドイツ人)」の呼び名が言語によりバラバラであることに気が付く。ずっと不思議に思っていたのだが、この前から読み始めた「言語世界地図」(町田健; 新潮新書)でようやくその理由が分かった。

c0059093_167263.jpg

「ドイツ語(ドイツ人)」を意味する英語 German(ジャーマン)は「ゲルマン人」に由来(これは想像がついた)。フランス語の allemand (アルマン)はゲルマン人の一部族「アレマン族」に由来。一番不思議だったイタリア語の tedesco (テデスコ)はなんとドイツ語自身の Deutsch(ドイチュ)と同じ語源で、「民衆」を意味する古いドイツ語の thiudiska が起源であるそうだ。そしてバラバラな理由は統一国家としてのドイツが19世紀にようやくできたので、それまでに他の国はそれぞれの呼び名で呼んでいたからということだ。

こういう語源は、英語、フランス語、イタリア語を習う時には教えてくれないから(「基礎英語」や「まいにちフランス語」、「まいにちイタリア語」で説明しているのを聞いたことがない)、不思議に思っている人は多いと思う。しかし、こういう「余計な」知識があるとかえって良く覚えられるので、教師の人は生徒に教えてあげると喜ばれるのではないかな。

この本、「言語世界地図」は、1言語4ページずつでコンパクトにまとめられていて読みやすい。他の言語についても、面白い知識が得られそうだ。外国語に興味のある人は、この夏休みに帰省するときなど、旅のお供にすると良いかもしれない(自営業の私は、夏休みないのだけど)。
[PR]

by L-monger | 2015-07-29 16:03 | フランス語 | Comments(5)  

練習時の中間言語としての日本語訳 (15年7月23日)

ICレコーダーで日→外の順番で例文を吹き込み、ぱっと外国語にする練習をしている(今は中国語とフランス語)。この場合、あまりきれいな日本語訳だとうまく外国語に戻らないので、いわば「中間言語」としての日本語を使って、一意に外国語に戻せるように工夫している。原則は「なるべく直訳、なるべく同語順」だ。

例えば、「まいにち中国語」(豊嶋裕子先生)の第61課の例文を例にすると…

1. 今天早上我打太极拳打了半个小时。
テキストの訳:けさわたしは太極拳を30分しました。
私の中間言語的日本語訳:今日の朝、私はする、太極拳、した、半時間。

「今日の朝」は「今日の夜」(今天晚上)に揃えたもの。なぜなら「今晩」だと「今晚(jiN1waN3)」か「今天晚上」か分からないのでこうしている。朝は大丈夫なんだけど。

後、「する、した」が2回出てくるのは中国語が2回言うから。「30分間」だと「三十分钟」と迷いそうなので「半時間」にした。

また、フランス語版「名探偵コナン」から取った例文だと…

2. Dites-vous que vous n'avez pas eu de chance et renoncez à votre toutou.
日本語原文:運が悪かったと思って、あのワンちゃんはあきらめるのね。
私の中間言語的日本語訳:(代名動詞D)思いなさい、運が悪かったと、そしてあきらめなさい(R)、あなたのワンちゃんを。

英語でやった方が良いときは、英語も混ぜた訳にしている。この例で言えば「Say to yourself、運が悪かったと、そしてあきらめなさい(R)、あなたのワンちゃんを。」みたいに。

もちろん、この「中間言語」方式はぴったり同じ外国語にもどすための方便なので、あえて意訳するというのも良いと思う。

再び「まいにち中国語」の第61課を例にとると

3. 这个纪念馆真远,我们走了半个小时才到。
テキストの訳:この記念館は本当に遠いです。わたしたちは30分間歩いてやっと着きました。
私の意訳的日本語訳:この記念館は本当に遠いです。わたしたちは歩いて半時間もかかりました。

もちろんテキストの訳はわざと直訳調なのだと思うが、特定の状況でこの直訳がパッと頭に浮かぶ人は良いとして、そうでない我々時間不足な学習者は「走了半个小时才到」を「歩いて半時間もかかりました」などと固めて覚えておくと良いのではないかと思う。すると「自動車で3時間もかかりました」「飛行機で15時間もかかりました」などが言いたい放題だ。私はまだ覚えてないので言えないけど(笑)。
[PR]

by L-monger | 2015-07-23 14:24 | NHK語学講座 | Comments(1)  

15年-7月~9月 ラジオ講座受講スケジュールとりあえず決定 (15年7月16日)

7月期も3週目に入ったので、そろそろラジオ講座の受講スケジュールを記録しておく。また変動するかもしれないけど。

c0059093_1419734.jpg
1.「まい仏応」=「まいにちフランス語応用編」(13年10月期の録音;福島祥行先生;Bon voyage, Manon!)→先週までに21課、聞き終わり、残り3課分。文法の整理になっている。単語の辞書引きも続けている。やはり予習した方が面白いね。

2.「まい露」=「まいにちロシア語入門編」 (今学期;臼山利信先生;サバイバルロシア語)→これまで記事に書いた通り。

3. 「まい中」=「まいにち中国語」(今学期15年4月期;豊嶋裕子先生;大陸君の留学日記)→予習として口頭でスキットのディクテーションをしてから、例文欄はピンインを見ずに漢字だけで正しく読めるか、確認している。ただ、放送の発音が遅すぎるので、相変わらず 2倍速で7分間 x 2本ずつ聞いて文法の確認をしている。金曜日は飛ばし。

4. 「レベ中」=「レベルアップ中国語」(12年1月期の録音;豊嶋裕子先生;大陸君、初めての日本)→3年前の講座の録音を聞いている。実は、3か月目だけ聞き終わってなかったので、今さら後追い。予習としてスキットの日本語訳を見ずに、辞書を引いて、自分で解釈してから日本語訳と突き合わせている。易しい内容のはずなんだけど、結構難しいね。

5.「旧露」=「まいにちロシア語入門編」 (昨年14年4月期;林田理惠先生;大人のためのロシア語)→今学期の講座と教え方の比較をしたくなったので、同じ文法項目をおしえているレッスンをピックアップして(文法の進度表を作った)、週の後半、聞くようにしている。ずいぶん違いがある。

6.「まい西」=「まいにちスペイン語入門編」 (今学期;江澤照美先生;みんなのスペイン語)→2倍速で内容確認だけ。今週、すごく長い例文になったので、ネットで確認した。

7.「まい西応」=「まいにちスペイン語応用編」 (今学期;福島教隆先生;スペイン語で味わうJ文学)→聞いてて楽しいので、音楽のように味わっている。

あと、空いた時間で「まいにちハングル講座」と「ロシア語応用編」をざっと内容確認している(後で使うかもしれないので)。
[PR]

by L-monger | 2015-07-16 14:22 | NHK語学講座 | Comments(0)  

東大二外のスペイン語とロシア語のアンケート(15年7月13日)

検索してたら、たどり着いた。東京大学の生協が第二外国語履修者にアンケートを取っていた。
第二外国語について|東京大学消費生活協同組合 受験生応援サイト2015年

感心したのは、スペイン語が1位であること。さすが東大新入生の皆さんは将来を考えてらっしゃる?それとも、中国語は最近他人に貶されるから、次善の「やさしい」二外として選んだ?(イジワル)「発音は楽だったけど、点過去・線過去など時制が複雑」ってのが面白い。最初楽そうに見えるんだろうねー。(私はどの外国語も「最後までやれば」難しさは同じと思っている)

その他、プライドのドイツ語、欲望のフランス語、簡単な中国語(最初はね)とか、かいま見られて面白い。

別のサイトだけど、以下のも面白かった。
「激ムズ第2外国語」筆頭!東大生が語るロシア語の本当の難しさって?

世間でロシア語が難しいと言われる理由って、見慣れないキリル文字の「外見」と世間の人が文法が難しいという「評判」の2つではないだろうか?東大新入生の皆さんは「さすが」キリル文字程度ではびくともせず(だって1週間で覚えられるよ)、格変化も身に付けてしまえば自分の味方になると理解してらっしゃる。

本当だよなあ。私はロシア語の文法について語れるほど詳しくないが、英語より文法が複雑と思われるフランス語は(フランス語版「名探偵コナン」を読む限り)、文法の仕掛けがすごくヒントになるのは分かる。情報を取るために原文を読んだり、外国語を実際に活用し始めると分かる。

逆に、中国語のノーヒントぶりって半端ない。格変化などの文法的仕掛けがないせいだ(それなのに語順が変わる)。最初は楽かもしれないけど、長~い文を読むとしんどさがわかるよ(私は中文版「名探偵コナン」で感じただけだが)。しかしこれもイディオム的な仕掛けが文法の代わりに助けてくれる。

どの外国語も「最後までやれば」難しさは同じ、かな。
[PR]

by L-monger | 2015-07-13 12:15 | ロシア語 | Comments(0)  

ラジオ講座で実力テストを日常化する (15年7月8日)

ラジオ講座(中国語、フランス語、ハングル、その他)で、何年学習しても外国語のリスニングができないとか話せないとの声を聞く。それ、毎日試してみている?と質問したくなる。必要な技能は毎日使わないと身につかない。リスニングが必要ならば聴解練習、スピーキングが必要ならば(作文しての)発話練習を繰り返すことだ。外国語を話す機会はいきなりやってくる。毎日、自分に実力テストをやっていれば、ドギマギしなくてすむ。

手順は、ごく簡単なことだ。ラジオ講座の説明部分を聞く前に、再生を止めて、スキットや本文の音声を聞き取り練習すればいい。テキストの別売CDやラジオ音声を録音したもの、面倒ならば、NHK語学のホームページのストリーミングを使えばいい。一番いいのは、テキストを見ずに、文字にして書いてみることだ。次善の策として、単に聞いて、テキストを見ずに何と言っているかリピートするのでもいい。その後でテキストの答えを見る。何回でも納得がいくまで、適当に再生を止めながら聞いて構わない(私は5回くらい)。時間がかかるが(入門編なら5分間ぐらい)、自分の実力がよく分かり、説明のどこを重点的に聞くべきか、分かる。

書取りの答え合わせが終わったら、今度は解釈練習だ。テキストの日本語訳を見ずに、自分で訳してみる。辞書を引きながらが良いのだが、面倒ならば、単語欄を見ながらでもいい。それでもなかなか正しく解釈できないよ(中国語など、過去か未来かも分からない時がある)。苦しむと良く覚える。次に知らなかった文型を使って自分の言いたいように言いかえてみると発話練習になる。

以上は予習でやる方法だ。私はこちらが面白いのでこの方法でやっている。ラジオ講座を始めて三か月ぐらいの人には難しいかもしれない。ならば毎日、先月分の講座に戻り、復習としてやると良いだろう。どちらにせよ、受身的にラジオ講座を聞き流しているだけでは、頭脳が働いていないので、しみ込まない。アクティブにラーニングしないとね。
[PR]

by L-monger | 2015-07-08 16:18 | NHK語学講座 | Comments(3)  

15-1月期レベルアップ中国語の感想:良心的な中級講座 (15年7月5日)

15-1月期の「レベルアップ中国語」 (楊凱栄先生 / 間違いのない中国語を目指そう) を6か月かけて、今週、やり終わった。1月分は週5課、2月分は週3課、3月分は週2課ずつ進むというスローダウン戦略により、3か月全60課の講座を6か月かけて終了した(過去記事:中国語の応用編をわざと週2回のスローラーニング (15年4月17日))。練習としては全20回 x 毎回8個 = 160個くらいの例文学習となった。トークマスターで録音したものをゆっくり学習したので、進度に無理がなくちゃんと学習できて満足度が深い。

c0059093_1447273.jpg

以下感想だが、最初はこのように考えていた→過去記事:15-1月期のレベルアップ中国語は中位の喜び (14年12月21日)。それが実際にどうだったかというと…

中級で連続ストーリーはあまり嬉しくなかったのだが(ただ主人公・シチュエーションは毎月変わる)、聞き取り(ディクテーション)をやりながら学習したので、どういう状況なのか知っていると意味が予想しやすいのは良かった。しかし予想通りの面もあった。「間違いのない…」というタイトルからすると誤文を提示して正しくはこう言うと教えてくれそうだが、全然違う。文法を深めるのではなく、様々な表現を覚えるという形なので、それはそれで勉強になるものの、私がいま必要としているものではなかった(それは15年4月期「まいにち中国語」(豊嶋裕子先生)が埋めてくれるのでは期待している)。と言うわけで、予想結果は半分ハズレで半分アタリだった。

ひとつ訂正。過去記事「15-1月期レベ中「間違いのない中国語」の1週目 - 前期・入門編より易しい応用編(15年1月14日)」でレベルが易しすぎるので、週5課進めると書いたが、冒頭に書いた通り、だんだんスローダウンした。これはどういうことかと言うと、この講座は1か月目より2か月目、3か月目と(本当に)レベルアップしているのだ。最後まで付いてこれた人は (えへん、私だ(笑))、最初よりそれだけ実力アップするようになっている。このようにキチンと難易度を上げるのは難しいような気もするが、さすが、楊凱栄先生、きっちりとやってくださった。

(次回は、お得意の文法に特化した講座をやらせてあげてね>NHKラジオ第2放送のスタッフの皆さん)
[PR]

by L-monger | 2015-07-05 14:51 | 中国語 | Comments(1)  

ラジオ応用編 仏は難易 中は易難という順番の理由? (15年7月2日)

去年までの「まいにちフランス語」応用編は10月と1月が新作だった(今年は4月と7月が新作)。いつも不思議だったのは、10月が難しく、1月に易しい講座をやること(再放送時は4月が難しく、7月に易しい講座)。具体的には以下の通り、

【難】2013年10月期 (井上櫻子 Vincent Brancourt) "作家とともにパリ散歩"
【易】2014年1月期 (福島祥行 Marine Jacob) "Bon voyage, Manon !"
【難】2014年10月期 (芳野まい Pierre-Gilles Delorme) "ファッションをひもとき、時を読む"
【易】2015年1月期 (清岡智比古 Marine Jacob) "そうだ、中級の準備をしよう!~池袋より愛をこめて"

以前書いたが(ラジオ講座の入門編と応用編のレベル差はどうするか (15年4月4日))、今の所、理由として考えられるのは、応用編は入門編と同じテキスト内に間借りしているので、入門編スタートの10月や4月なら応用編がたとえ難しくても、テーマがパリやファッションである限り、購入数が減少しにくいからではないだろうか。商売上ではナイスな戦略だ。今年2015年の4月と7月の新作はウォッチングしていないのだが(やっている人、情報ください)、ちらっと見たところ、やはり4月が【難】、7月が【易】のようだ。入門編脱落者の人数分を7月の応用編新作で増やす作戦だろうね。

では独立した応用編である「レベルアップ中国語」はどうか?

【易】2012年10月期 (豊嶋裕子 李軼倫) "大陸君、初めての日本"
【難】2013年1月期 (楊達 李洵) "S君の取材ノート4 リスニングで知る現代中国"
【易】2013年10月期 (呉志剛 容文育) "かっこいい中国語"
【難】2014年1月期 (千野拓政 張燕霞) "中国文学~現代の息吹"
【難】2014年10月期 (陳淑梅 殷秋瑞) "聞く・まとめる・伝える 一挙三得中国語"
【易】2015年1月期 (楊凱栄 毛興華 李婷) "間違いのない中国語を目指そう"

入門編に頼れないため、人数の多い10月期(再放送4月期)の方を易しくしているような気がする。ところが、去年2014年10月期はこの順番が逆転して、【難】が先に来た。まあ、陳淑梅先生のは千野拓政先生(上級?)と比べれば易しいが、それでも比較的難しかった。これはなぜか?

私見だが、これはラジオ・テレビ両方でこれまで露出の多かった陳淑梅先生の人気に頼ったのではないだろうか(そしてレベルを底上げ?)。楊凱栄先生もかなりファンはいると思うが、テレビ講座には出たことないものね。
[PR]

by L-monger | 2015-07-02 15:17 | NHK語学講座 | Comments(2)