<   2015年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

文法用語で説明するメリットとデメリット(15年8月28日)

文法用語はお好きだろうか?現在形、過去形、再帰代名詞、所有形容詞、不定形、人称変化、主格、対格、前置格など聞いただけで「面白そう!」と目を輝かせる人と「ウゲェー!」と逃げ出す人といるだろう。

さて、まいにちロシア語入門編の放送内での説明(口頭)を例にとるが、習ってない方々のためにカタカナで書く(テキストに載ってた書き方を使う)。あなたはどっちが好き?

* 説明A(できるだけ文法用語を使わない方法)

今回は人や物について「~している人」「~したもの」というように文で説明する表現を習います。人や物を文で説明する場合、カトールィという語を使います。まず実際にカトールィを使った文を聞いてみてください。
「ターム・ジヴョート・ストゥヂェーント・カトールィ・ウーチッツァ・ヴナーシム・ウニヴィルシチェーチェ」
この文では前のストゥヂェーントを後ろのウーチッツァ・ヴナーシム・ウニヴィルシチェーチェという文で説明しています。間にカトールィが入っていますが、カトールィ=ストゥジェント、カトールィはストゥジェントの成り代わりと考えてみてください。そして、カトールィは形容詞と同じ変化で、受ける名詞(今の文ではストゥヂェーントですが)と同じ性・数になります。つまり今の文ならストゥヂェーントと同じで男性・単数の形=カトールィとなっています。


何の話か、ロシア語を知らなくても分かった人はえらい。例文の意味は「そこにうちの大学で学んでいる学生が住んでいます。」

* 説明B(文法用語を使う方法)

今日のポイントその1はロシア語の関係代名詞カトールィの用法です。
関係代名詞は文と文を結びつける接着剤のような単語で、その直前にある名詞を説明します。その名詞は「先行詞」と呼ばれます。
例えば、「トゥイ・チラヴェーク あなたは人です」という文と 「トット・チラヴェーク・ドーラク・ボーリシェ・フスェーフ その人は誰よりも大切です」という二つの文があります。「人 チラヴェーク」と「その人 トット・チラヴェーク」は同一人物ですので、関係代名詞カトールィを使って「あなたは私にとって誰よりも大切な人です トゥイ・チラヴェーク・カトールィ・ムニェ・ドーラク・ボーリシェ・フスェーフ」という一つの文にすることができます。この場合、先行詞はチラヴェークです。


何の話か、分かったね。関係代名詞だ。実は説明Aは林田理惠先生「大人のためのロシア語」(14-4月期)で説明Bは現在の臼山利信先生「サバイバルロシア語」(15-4月期)だ。毎週、同じ文法項目の課を比較して聞いているので違いが面白くて、この記事を書いてみようと思った。

ではメリットとデメリットはそれぞれ何だろう?

説明Aには「親しみやすく耳で聞いて分かりやすい。文法恐怖症の人が逃げない。英語の文法と混同しない。」というメリットがある反面、「英語で関係代名詞を習っているのにその知識を流用できない。市販の文法書やネットでの文法説明を検索するキーワードが分からない。」というデメリットがある。

説明Bはその逆だ。「耳で聞いて分かりにくい。文法恐怖症の人はどんどん逃げる(笑)。英語と混同する」というデメリットがあり、「英語の知識が利用できる。キーワードが分かるので文法書やネットでの検索に活用できる」というメリットがある。

私はどちらが好きかって?いや、私ぐらい文法好き(文法用語も好き)になると、使わずに説明するのもドキドキして面白いのだ。

(ところで臼山先生は「人間・動物名詞/非人間・動物名詞」ってのを繰り返されているが、ふつう日本では「活動体/不活動体」っていうとこだ。何か意図があるんだろうか。カッコして併記してくれてもいいような気がする)
[PR]

by L-monger | 2015-08-28 15:07 | ロシア語 | Comments(2)  

夏なのに受講開始 12-1月期フランス語応用編シンプルライフ (15年8月24日)

先々週、福島祥行先生のまいにちフランス語応用編「Bon voyage, Manon!」(14年1月期)を聞き終わってしまったので、代わりの講座を探していた。過去の録音講座を聞き比べてみて、北村亜矢子先生、Sebastien Jaffredo先生のまいフラ応用編「Vivre avec simplicité 〜ドミニック流シンプルライフに学ぶ一歩先のフランス語〜」(12年1月期)が良いのではないかと目星を付けた。

問題はその当時買っていなかったのでテキストが手元にないこと。ネット書店を探しまくってようやく「アンコールまいにちフランス語 2013年度版」を入手した。今年はもうないが、アンコール講座のテキストだと、普通のテキストをバラで買うより安い。というか中古なので元値の半額程度、しかも清岡先生の入門編の活用表にマーカーがある程度で、応用編はまっさら!うーん、元の持ち主さん、勉強しないでいてくれて、ありがとう!
c0059093_17372745.jpg

(左が本の表紙、右がこの応用編の表紙=合成画像)

実をいうと、このインタビュー相手のフランス人エッセイイスト、ドミニク・ローホー(Dominique Loreau)さんのシンプルライフの思想には何の興味もない(失礼!)。ただシンプルな言葉づかいの方が興味があって、外国語を読むときによくある、単語は分かるのに全体の意味が分からないというケースの勉強には良いのではないかと思っただけだ。

あと、北村先生、ジャフレド先生たちが穴埋め、選択、クロスワードなどいろいろな工夫をしているテキストだが、私は予習で単語調べをするときに見るだけで、聞くときは皿洗いしながらテキストを見ずに聞くので、実をいうと、少し邪魔(笑)。でもまあ、キツネのイラストは可愛いし、テキストとしての魅力はあるのかな。
c0059093_14294819.jpg

(左が練習問題のページ、右がインタビュー内容のスクリプトと日本語訳=合成画像)

これから3か月くらい、付き合ってみようと思う。
[PR]

by L-monger | 2015-08-24 14:37 | 中国語 | Comments(1)  

新学期15-10月期情報 記念すべき後期入門編の開始 (15年8月19日)

昨日は9月号テキストの発売日だった。9月号は巻末に10月期の予定が載っているので、毎年楽しみにしている。私だけでなく、この時期、私のブログにアクセスしてくる人の半分くらいは、新学期情報が目当てだと思う(笑)。

さて、タイトルに「記念すべき」と書いたのは(常連読者の方はご存じだろうが)、以前私が書いた件、つまり、今年からNHK外国語の入門編(独仏西伊)はそろって疑似的な通年講座になっており、この10月期はレベルが上の入門編、後期入門編となっているからだ。

参考過去記事:15-4月期NHK外国語講座発表 一年化への布石?(15年2月14日)
入門編の通年化に対する熱意度ランキング (15年3月24日)

前口上が長くなった。以下が9月号の「まいにち中国語」テキストに載っている、10月期のラジオ講座の情報だ。(テレビ講座の説明ページは省略した。10月期は去年の再放送か、4月からの通年講座の引き続きで、10月開始の新作はないので。)
c0059093_123225.jpg

以下、私の興味のある講座の説明を手打ちしておく。一口感想も添えてある。

★ まいにちフランス語 初級編 (大木充先生) ■新作「もっと話せるフランス語~文法より実践練習2」
前期入門編の続編。フランス語を話す練習に重点をおいた講座です。フランス各地を旅するスキットで楽しく学びます。

→ 一口感想:入門編から初級編に昇格!パリを離れてあちこち行くようだ。後期なんだから前期をベースにした文法的まとめをやればいいのに。アピールにならないから書いてないだけ?たぶん違うな。

★ まいにちドイツ語 初級編 (中山純先生、クナウプ先生)■新作「Kompass2」
前期入門編「Kompass」の続編。スキット「モーゼル日記」を教材に、読む・書く・聞く・話す力を総合的に身につけられます。

→ 一口感想:同じく、入門編から初級編に昇格!怖いものみたさで、見てみようか(聞いてみようか)。でもきっとアレなんだろうなあ。アヴァンギャルド(笑)

★ ちなみに後期であってもイタリア語とスペイン語は「入門編」のまま。なぜだ!不統一ではないか?あ、こちらは簡単なんですか、ふ~ん。(ソウジャナイト思ウ)

★ レベルアップ中国語(加藤徹先生)■新作「つかみの中国語」
中国人のハートをギュッとつかむフレーズ、そしてフレーズの使い方まで徹底指南!さらに中国と日本を舞台に大胆に展開するスキットにも注目です。

→ 一口感想:ギュッ!徹底!大胆に!などという大げさな書き方が凶と出るか吉と出るか。単に「つかみはOK」だけで終わるか、お楽しみぃ!

★ レベルアップハングル講座(中島仁先生)■新作「パターン別会話集で表現力アップ!」
会話のパターンをそのまま身に付け、表現の微妙な違いを理解し、シチュエーションに応じた会話力を高めることを目指します。

→ 一口感想:前やった「ドリルで攻略! 文法の基礎」の先生だよね。前の文法の基礎と組み合わせて会話集やれば良いバランスかもしれない。レベ中ではこれまで両方やった先生はいないから、やっぱりハングルはうらやましい。
[PR]

by L-monger | 2015-08-19 12:41 | NHK語学講座 | Comments(5)  

時間不足の入門編も悪いことばかりではない? (15年8月16日)

お盆でアクセス数が落ちているので、今ならこっそり書けるかなと思って書いてみる。

前回の記事にも書いたが、ラジオ外国語講座の入門編が20分間x週4回だった時代(2007年以前)は初級に必要な文法はほぼ全部、ちゃんと練習時間をかけて教えてくれ、それに加えて、ゲストとフリートークする余裕もあって楽しく、ためになる講座だった。

2008年以降の「まいにちフランス語」「まいにちドイツ語」などの入門編は(15分間×週3回になった)、「講座」という名前を取っ払ったのでも分かる通り、初級文法を網羅できず、また、時間の余裕がないのでスキットと例文を大急ぎで説明するため、楽しくない詰め込みか、逆に、楽しくすれば不十分な内容となっている。

では、もうダメなのか?現在の入門編は何の役にもたたないのだろうか?

皮肉な言い方になるが、私はそんなことはないと思う。というのは「講座」時代には、面白く、また内容もたっぷりあったため、自立して学習する習慣が育たなかった(高校生時代そして2002年に再開後しばらくの私がそうだったように)。

外国語は自分から主体的に学ばなければ決して身につくものではない。だから「講座」時代の6か月・計33時間であれ、「まいにち」時代の計6か月・18時間であれ、それは大差ないと言わざるを得ない。自分で勉強した時間が前者ならラジオ放送の3倍、後者なら6倍でようやく年間200時間に届く程度だから(これでも1日1時間にならない)、全然不足しているのだ。

「まいにち」時代の希望とはおそらく相当数の人が6か月の途中で「これじゃ覚えきれてない」と気が付き、自主学習の時間を増やすだろうという点だ(もちろん、その数倍の人が単に「や~めた」という面もある)。時間的に、また内容的に不十分な講座だから気づきも早いのではないかと思う。

何?条件の悪い講座を皮肉って言ってるんだろうって?うん、まあね。でも半分は本当だと思う。あの恵まれた「講座」時代にこれに気が付いていれば、もっとずっと伸びただろうに、という後悔を込めて。(しかしこの回り道は無駄ではないとも思う。)
[PR]

by L-monger | 2015-08-16 14:13 | NHK語学講座 | Comments(2)  

01-04月期 ドイツ語講座テキスト入手 (15年8月14日)

昨年10月にこのブログのコメント欄で教えていただいて以来(あやこさん、ありがとうございます)、読みたいと思っていた2001年4月期 ドイツ語講座入門編 「レオのドイツ語世界」のテキストを、この度ようやく入手した。
c0059093_14232924.jpg

残念なことに4月~9月号のうち、5月号以降しか入手できなかったので、4月号は別売りCDを買った。テキストは普通のテキストの値段よりやや高いくらいだったが、CDは数が出回っているのか、半額位の値段だった(しかしテキストよりは高い。7月号以降は数が少ないのか、さらに高い)。

早速、夜寝る前にちびちびと楽しんでいる。寝酒がわり(笑)。今7月号を読んでいる。以下5月号の最初のレッスン。

c0059093_14271414.jpg

一見して「入門編なのにこんなにスキットが長いのか!」と驚く人がいるだろう。しかしむやみに難しくしているわけでなく、一センテンスは短く、今やっている文法を理解するためにたくさんのサンプルを提供していると思えばいい。

文法は1週間を通して統一したテーマになっているオーソドックスなものだ。受講生は集中しやすいだろう。

それよりなにより、スキットが面白い!やんちゃなレオ少年が成長していろんな出会いをする物語なのだが、彼は絵の中に入り込んだりするので、例えばこのレッスンではかのジークフリートと会話をしている。(この課では現代的な表現が通じなかったという話)。

4月号テキストが買えなくて代わりに4月号CDを買ったのだが、かえって良かった。先生方の話す雰囲気やレオ少年のやんちゃぶり(子役のうまさ)を実際に聞くと、5月号以降のレッスンの感じが想像しやすい。

ああ、ラジオ講座入門編が20分間、週4回だった時代は良かったなあ。こんな面白い講座を聞けたのだ。これで学習開始した人をうらやましいと思う。
[PR]

by L-monger | 2015-08-14 14:42 | ドイツ語 | Comments(5)  

中文版「ドラえもん」学習開始 (15年8月7日)

以前から持っていたのだが中国語版「ドラえもん」=「哆啦A梦」第3巻を精読と例文拾いで学習することにした。毎年夏になると新しい学習を始めているような気がする(笑)。

去年の夏から冬、7か月にわたって中国語版「名探偵コナン」を学習したが、一冊の四分の一を学習したところでやめることにした(過去記事:中文コナン30 第1の事件 ようやく学習完了 (15年2月11日))。その理由としては(1)一つの話が50ページもあるため、話が長すぎて半年ぐらいやらないと終わらない。(2)トリックの説明が複雑で今の私の中国語力では調べるのに時間がかかる、というものだった。もちろん(2)の調べが速ければ、(1)の問題も減少するんだけど。(フランス語版のコナンもやっているが、こちらは問題ない。フランス語は中国語より文法がしっかりしている分、調べやすくて、そんなに時間がかからない。)

そこで「ドラえもん」だ。上記と比べて(1)の点では一つの話は8ページくらいなのですぐ終わるし(2)の点ではある意味、決まりきったパターンの話なので容易に察しが付く=調べやすいというわけだ。また、原作者の藤子不二雄先生はまるで俳句のように短くて切れ味の良い日本語の台詞を書いていらっしゃるので、これが中国語に訳されたとき、どれぐらいクドくなるのか(クドくしないと中国語として通じないか)という面を見る面白さがある。

以下にサンプルを示す。怒ったママが「你又把衬衫弄得这么脏!」(原文:また、シャツをよごしたのね。)なんて面白い。「把」構文や結果補語だけでなく「这么」を加えないと責めている感じがしないんだなあ、なんて。
c0059093_153420.jpg

セリフの日本語原文は後でコメント欄に書くので、やる気のある人は自力で解釈してみて。

関連過去記事:
この本を買った時の話→バイリンガル・ドラえもん(2006年7月11日)
ドラゴンボールと読み比べた話→孫悟空 en francais (2006年7月16日)
日本アニメのフランス語版の話→「キャンディ・キャンディ」の歌=フランス語版(2007年7月27日)
[PR]

by L-monger | 2015-08-07 15:09 | 中国語 | Comments(5)  

15-4月期は3分の2が完了 あとたった2か月 (15年8月3日)

2015年4月期も5か月目に入った。暑さおよび夏の行事が多くて集中できないときに、これまで以上に高度な内容を進めるわけで、脱落者が出るのもこの学期編成に問題があるような気がする。いっそ放送大学のように4月~7月(4か月)が通常授業、8月~9月(2か月)は集中再放送みたいにすればいいのかもしれない。過去の応用編の集中アンコールもいいな。製作費も浮くし。いやいや(笑)。

何はともあれ、現状のラジオ講座の進行具合と感想を書き記しておこう。

1.「まいにちフランス語応用編」(13年10月期の録音;福島祥行先生;Bon voyage, Manon!)→23課まで聞き終わり、あと1課で終わり!文法の整理になって面白かった。しかし、これからの2か月、何をやろうかなあ。

2.「まいにちロシア語入門編」 (今学期15年4月期;臼山利信先生;サバイバルロシア語)→8月に入って文法項目がガンガン進むようになった。今日のように、複数生格を男女中とも1回でやるのは、全体見通しは良くなるけど、ちゃんと身に付けるまでには至らない。したがって「ヴァプロッサフ」など、音の感じを楽しむことにする(笑)。

3. 「まいにち中国語」(今学期15年4月期;豊嶋裕子先生;大陸君の留学日記)→文法について、毎回、なんらかの発見があって面白い。単語が易しめなので復習していないが、これからは文例をノートにまとめるなりして、覚えておこうかな、とちょっと考えている。

4. 「レベルアップ中国語」(12年1月期の録音;豊嶋裕子先生;大陸君、初めての日本)→あと4課で終わり(あと2週間)!こちらも、あと2か月、何をやろうかなあ。

5.「まいにちロシア語入門編」 (昨年14年4月期;林田理惠先生;大人のためのロシア語)→今学期のサバイバルロシア語とアプローチが違うので、対応するレッスンがない場合があることに気が付いた。そして、丁寧に進めているんだけど、臼山先生の方が後から見返すには便利だと気が付いた(でも文法進度表がないので、不便。今、自分で作っている。できたら、ここに公開しようかと思う)。

6.「まいにちスペイン語入門編」 (今学期;江澤照美先生;みんなのスペイン語)→実用中心なので、キーセンテンスが長くて発音しにくいものと短くて易しいものとが混ざって出てくる。先日ようやくアルファベットのスペイン語読みをやった。何かで必要だから学習するという方針なんだね。それと始めたばかりの学習者の負担を減らす目的かな。

7.「まいにちスペイン語応用編」 (今学期;福島教隆先生;スペイン語で味わうJ文学)→今月は「博士の愛した数式」。いよいよ現代文学になった。訳しやすそうだけど、かえって難しいこともあるのかもしれない。文法では「手を上げる」で再帰動詞を使わない(使うと意味が違う)というのがフランス語と違っていて、興味深かった。

以上、メモメモ、マミムメモ。
[PR]

by L-monger | 2015-08-03 17:46 | Comments(2)