<   2016年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

年末年始の特別番組/NHKラジオ第2 (16年12月30日)

今年もやってきました、年末年始の特別番組(NHKラジオ第2)の情報。何?ラジオを持ってない?そんなもん、ネットで聞きなさい(らじるらじる)。

参考:NHKゴガクの「食べて・歌って まるごとユーロ!」(西・仏・伊・独)のページ

去年と同様の番組があるみたいだけど、興味ある? 私はフランス語が応用編1月期の芳野まい先生だから、部分的に聞くかもしれないけど、それぐらい。むしろ通常番組の「まいにちフランス語」等の中でやってほしいんだけどな、昔みたいに。じゃなかったら下記のように。その方が面白い。あとユーロ4言語に集中せず、ポルトガル語やロシア語、中国語、ハングル、アラビア語なども順番に入れておくれ。

昔の参考:年末年始ベストセレクション+テキスト1月号発売(2007年12月20日)

実は語学よりも、朗読の時間の方に興味がある。「秘密の花園」が12月31日から4日間、14:30 - 16:00 のオビで放送される。正月開始でなく、年末開始というのがシブイ。録音しとこうかな。

参考:NHK「朗読」のページ


[PR]

by L-monger | 2016-12-30 14:34 | NHK語学講座 | Comments(4)  

中国語:覚えられない単語は英語化または読み下す (16年12月29日)

ようやく忙しい仕事が終わった。年末年始は落ち着いて仕事をしつつ、語学をやろうと思う。(What's new? いつものことさ) もちろん、このブログも。

ところで中国語の単語は「1. 日本語と違う漢字を使う」や「2. 日本語と語順が違う」などが覚えにくい理由だろう。

1の場合の覚えにくい単語については、瞬訳用の日本語で「音読み」や「読み下し」をするようにしている。

先日ドラえもんで覚えた例文を例にすると

★ 何だい、そのおもちゃの弓矢?(is 何だい、そのおもちゃのキュウセン?)→ 是什么呀,这个玩具弓箭?
★ おぼれるう!(僕は沈下チンカしていくラ) → 我沉下去了!
★ ちっともうまくならないんだ(not 成長して進む)。→ 一点都没有长进。

2の場合の覚えにくい単語については、(上記でもうやっているが)英語を混ぜた文を添えて、言う語順を忘れないようにしている。

★ それは君に夢を実現させてくれる。(それは can make you 実現させてくれる、君の夢想ムソウを)→ 它能使你实现你的梦想。
★ 泳げるようになったら行くよ。(wait 僕が can 泳げるようになったら、again 行くよ)→ 等我会游了再去。

「英語の意味が間違っている!」と文句を言わないでほしい。これは思い出すための記号としての英単語なのだ。そのため、わざと「wait 僕が can 泳げる」と日本語を挟んで切れるようにして、「wait until I can swim」や「when I am able to swim」などと言わないのだ。


[PR]

by L-monger | 2016-12-29 15:41 | 中国語 | Comments(1)  

独語:覚えられない単語は仲間を探す (16年12月11日)

再復習を繰り返していると、いくつかの単語はなかなか覚えられないことに気付く。そんなときはどうするか?

先日は「レオのドイツ語世界」ステップ95で以下の例文にそんな単語があった。
In Diktaten macht er so viele Fehler, die nicht nötig sind.
(書取りの答案で彼はしなくてもいい間違いをたくさんする)
(直訳=書取りにおいて、彼はたくさん間違いをする、必要でない所の)

関係代名詞の例文だが、関係代名詞 die や動詞が最後に来るのはぜんぜん平気だ。問題は
「nötig 必要な」がピンと来ない。覚えられない。

そこでわが愛用の「新キャンパス独和辞典」を引いて仲間の単語を探してみる。あった。

die Not (複数 Nöte) 困窮、貧苦

ああこれって、英語のneedと同じではないか。in need で「困窮している、貧乏している」となる。

すると、Nöte → nötig で英語の need → needed と同じことだな、とすとんと腑に落ちた。それ以来、この単語を忘れることは決してなくなった。

このやり方、時間はかかるが、記憶力の衰えた(笑)私のような方にはオススメだ。やはり単語は人間と同じ。友達になるにはそれなりに時間がかかるのだ。


[PR]

by L-monger | 2016-12-11 18:08 | ドイツ語 | Comments(1)  

ダブル入門編でロシア語学習開始+学習進度表(16年12月5日)

「レオのドイツ語世界」の学習が終わったので、その裏(火木土)でメンテナンスモードだったロシア語を、表側(月水金)で学習モードに戻した(朝の皿洗い時間)。11月半ばから、すでに3週間やったので、その内容をそろそろ書いておこう。

今回はダブル入門編で学習する予定だ。一つは16年4月期の「まいにちロシア語 入門編」(オレーグ・ヴィソーチン先生;千里の道も一歩から)。もう一つは15年10月期に再放送した「まいにちロシア語 入門編」(匹田剛先生;繰り返しでマスター!文法の基礎固め)だ。

「千里の道も」入門編は、ロシア語の格変化にスポットライトをあて、これまでの入門編よりもずっとじっくりと取り組んでいる。日本語には格助詞があるから格の意味は分かるのだが、名詞や形容詞の語尾が千変万化する万華鏡の世界はなかなか身につかない。しかし手ごわい敵は、ひとたび身に付けると力強い味方に変わってくれるはずだ(ロシア語解釈を助けてくれる)。それを身に付けるのに最適な入門編だろう。

反面、「千里の道も」は蟻の歩みだ。じっくりやる分、遅い。また文法を小刻みに学習するので飽きる面もある。そこで「繰り返しでマスター」を組み合わせる。「繰り返しでマスター」は鳥のように空を飛ぶ(比較的)。じっくりではなく全体を大掴みに把握できるので、達成感がある。反面早く飛びすぎるので、格変化は理解しても身に付けるまでは至らない。

そこでこれら2つの入門編を組み合わせて学習し、それぞれの長所「じっくり」と「大掴み」を生かして進もうというのが今回の試みだ。

以下に学習進度表を示す。
c0059093_14142149.jpg
左のメインが「千里の道も」、右に付け足したHが「繰り返しでマスター」だ。ステップ番号の他に何月号のテキストなのか書いてある。

(この進度表は、将来再放送の時に「千里の道も」を学習する人が過去のテキストを振り返るときにも役立つと思うので、良かったら使ってほしい。)

Hの他にUというのもあるが、これは15年4月期の「まいにちロシア語 入門編」 (臼山利信先生;サバイバルロシア語)からのレッスンだ。「繰り返しでマスター」では複数の格変化を取り上げていなかったので、すでに学習済みの臼田先生の講座から、拝借することにした。

W01(第1週の意味)と書かれた第20課(5月号後半)から始めたのは、それ以前の部分はさすがに退屈だからだ。毎週、「千里の道も」2本+「繰り返しでマスター」1本の計3本ずつ進む予定だ。毎週、例文5個×3課=計15個の例文を拾って繰り返し瞬訳練習する。

以下に後半の進度を示す。
c0059093_14194045.jpg
W26まであるが、W20ぐらいまで学習するつもりだ。これで5か月分だから来年の4月ぐらいで終わるだろう。

ロシア語の格変化がどれだけ身につくのか、さあ、実験だ。

参考過去記事:まいロシ入門「千里の道」を本放送期間に学習しない理由(16年9月1日)


[PR]

by L-monger | 2016-12-05 14:28 | ロシア語 | Comments(3)