<   2017年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

ラジオ語学講座にトキメキを取り戻す(17年2月25日)

2008年の「まいにち○○語」移行の後、NHKラジオ語学講座にそれほどトキメキを持てなくなって久しい。今度の2017年度が終わるともう10年になる。最初の1,2年こそ面白く思えたけど、表面的だったな。

なぜトキメかないか考えてみたら、(1)謎がない(2)達成感に欠ける、ではないかと思いついた。

「(1)謎がない」とはつまりスキットを1回聞いてすぐ説明し始めるとか、テキストの原文のすぐ近くに日本語が書いてあるということだ。練習問題がすごく少ないこともある(特に作文)。少しは楽しませてくれよ、悩ませてくれよ、と思う。時間が15分しかないので、すぐに説明し始めたり答えを言うが、これじゃ悩む時間がない。2007年以前は、間に単語の説明を挟んで、スキットを2回くらい聞かせてくれたがなー。

「(2)達成感に欠ける」とは今の実用重視、文法軽視のカリキュラムに原因があるような気もするが、自力で文を解釈したり作ったりするのに文法なしでどうやれというのだろう。いつまでも旅行にすぐ役立つフレーズだけをやっても応用できないので、達成感が低い。(身につかない方が、講座を聞き続けてくれるので、NHK出版が儲かるとでも言うのだろうか)

だから、もうトキメキは自分で取り戻さないと仕方ないのだ。すぐに説明が始まるのなら、録音しておいて(あるいはストリーミングの)再生を止めれば良い。(私は前日の寝床の中でテキストを見てできるだけ自分で解釈を試みて悩んでみている。)じっくり悩んだ末に説明を聞くと、理屈満載の説明でもつまらないとは思わないはずだ。日本語訳が邪魔なら、白紙を挟んで反対側のページを隠せばよいのだ(やってる)。

達成感に欠けるのなら、その部分の文法を他の本で調べれば良いのだ。フランス語だけ出てないと思ったけど、いつの間にか六鹿豊先生の「これならわかる フランス語文法―入門から上級まで」が出てるね。このような本で調べつつ講座を進んでいけばいいのだ。文法に即した例文を拾って、テキストの例文とともに暗唱、暗唱。(私がやってるロシア語のダブル入門編方式に似ている。)

ちなみに講座時間が短ければ短いほど、自分で勉強する余地があると思って喜ぶと良い。1回15分間の放送に対して15分間の予習、15分間の復習は今の体制では当たり前だろう。何から何まで世話してくれなくなったが、それもまた良しと思えば、トキメキが帰ってくるのではないだろうか。

以上、皮肉っぽく書いたが、4月の新学期が始まった時に思い出していただければ、幸い。


[PR]

by L-monger | 2017-02-25 15:23 | NHK語学講座 | Comments(6)  

Re: 17-4月期情報(1)ちょっと感想 (17年2月16日)

ようやく仕事が一段落したので、おとといの17-4月期情報のうち、めぼしいものについて感想を書きたい。


★ ラジオ おもてなしの中国語及川淳子先生出会い ふれ合い 語り合い)
(木曜・金曜午前10:30~10:45)


新しく開始される講座だ。ラジオの中国語はこれで3本立てになった。たぶん中国人観光客の接客に四苦八苦している人のための講座だろう。週2回だし、普通の中国語講座では禁じ手のカナもふってある。しかし最近、「おもてなし」というタイトルを乱用しすぎだなあ。


「あれ?この時間はレベルアップ中国語では?」と思った人は鋭い。なんとレベ中を夜1回だけの放送にしてこの時間を作ったのだ。レベ中は(レベハンも)3 か月合本テキスト、CDは売らない(ダウンロードはある)、毎日1回放送だけ、そして10月期も過去講座の再放送決定だ。この縮小路線を見ると、来年の18年度には、レベ中がなくなるのかも。


テレビで中国語(三宅登之先生;あした使いたくなる中国語)
テレビでハングル講座(キム・スノク[金順玉]先生;あなたの毎日をハングルに!)

両先生ともなんと3年目の担当だ。テレビ講師は2年で交代するのが伝統だったのに(2009年以降ずっと)、これは何かある。来年の18年度には「旅する中国語」とか「旅するハングル講座」にして、現行の旅するユーロシリーズ同様、旅のお楽しみに重きを置いて、学習はちょっぴりかもね。その場合、今年の内にちゃんと教えようと思って、この先生たちはたいへん張り切るかもね。楽しみ。

ラジオ まいにちドイツ語 初級編藤井明彦先生;ドイツ語で巡る建築)

初級編は基礎を学んだあと中級に進もうとしている方」。おお、そこまでやる気? 「建築」って何? 興味津々。


あと、応用編「ドイツ語発見の旅」はとても良い文法・作文講座だったので、17年4月-6月の再放送に合わせてテキストを買おうかと皮算用。カップリング相手がこの初級編だから言うことなし。


ラジオ まいにちロシア語 入門編黒岩幸子先生;声に出して覚えるロシア語)
「世界が大国ロシアの政治経済に注目!芸術・文学ファンにも魅力いっぱい!」は講座の内容なのか、それとも売り文句にすぎないのか、不明。黒岩先生は通訳をしていた経験もあるそうだから、実践的な内容になるのかなあ?


あ、まいにち中国語やフランス語入門編に興味がないや(今の所)。私のメインの学習言語なのに…。



[PR]

by L-monger | 2017-02-16 17:21 | NHK語学講座 | Comments(4)  

17-4月期情報(1) NHK外国語講座 (17年2月14日)

情報をいただいたとおり、NHK出版の定期購読のページでNHK外国語講座、4月以降の新学期の情報が掲載されていた。情報の第一弾として紹介する。


私は英語以外の講座にしか興味がないので、すぐに一番下の「その他語学」をクリックして開いた。詳しい説明は各自で見てほしいが、私が興味のある新規講座のタイトルと講師のみ一覧で以下にコピペする。


ラジオ まいにち中国語
「聞いて話す! 耳から覚える中国語」
[講師]高木 美鳥

ラジオ おもてなしの中国語 (木曜・金曜午前10:30~10:45)
「出会い ふれ合い 語り合い」
[講師]及川 淳子

テレビ テレビで中国語
「あした使いたくなる中国語」
[講師]三宅 登之

テレビ テレビでハングル講座
「あなたの毎日をハングルに!」
[講師]キム・スノク[金順玉]

ラジオ まいにちドイツ語 入門編
「ドイツ語で巡る建築」
[講師]藤井 明彦

ラジオ まいにちフランス語
入門編
「Bon voyage ! ~フランス語で旅をしよう!~」
[講師]田口 亜紀

ラジオ まいにちロシア語
入門編
「声に出して覚えるロシア語」
[講師]黒岩 幸子


また情報が出たら、順次紹介したい。

---------------------------------------------------------------------

2/20追記:フル活用ブックよりも以下のリンクの方が英語以外の語学講座の一覧表(いつものやつ)がすぐ見れる。全体像が見やすい。


NHK語学テキスト 2017年前期のご案内




[PR]

by L-monger | 2017-02-14 21:36 | NHK語学講座 | Comments(8)  

復習は現行・過去1・過去2の3本ラインを回す(17年2月9日)

ラジオ講座や参考書で学習している人、復習はしているだろうか?(前回に言ったとおり、復習嫌いな人は新しいものを3倍やってもよいが)

通常は昨日または先週学習したものを復習するだけだろう(例えばテキストを音読するとか、日本語訳から外国語を言ってみるとか)。

皆さん、経験があると思うが、このやり方だと昨日と先週しか思い出さず、例えば4か月目に至った現在、1か月目や2か月目のことはすっかり忘れてしまうものだ。それでも次の4月期開始の講座になればまた学習するからいいやと思える、心の広い人は、この記事は読まなくて良い。

どうしても忘れたくないんだ、忘れるのは嫌なんだという人は、復習のラインを増やそう。

何、簡単なことだ。5か月目の現行のラインを復習するついでに、1か月目(過去1)と3か月目(過去2)を復習すればいい(テキストを読んだり、外国語訳してみたり)。

今、5か月目の学習内容が難しくてアップアップしている人は過去1がどんなに易しかったか思い出し、オレも結構進んでるじゃんと嬉しくなるだろう。過去2はそんなに易しくないが、でも今引っかかっているのはここに原因があったか、と発見して嬉しくなるだろう。

それだけではない。復習しないでいる期間が(私の場合)3か月から1か月に縮まるので、記憶力も強化され、忘れにくくなる(大事なことらしいと海馬が信じ込み、長期記憶に入れてくれる)。

この3本ラインの復習、私が3か月前くらいからやっているが、本当に楽しい。前講座(サバイバルロシア語)の復習例文で、現講座(千里の道もロシア語)が分かったりして、有機的なつながりも見えてくる。

ウソだと思う人も、試してみてほしい。
(その前に学習時間をちゃんと決められる人でないと難しいけど)


[PR]

by L-monger | 2017-02-09 13:33 | NHK語学講座 | Comments(7)  

タイムシフトでマイペースに楽しむNHK語学講座(17年2月6日)

まず前提として、外国語学習は自分の性格に合わせてやれば良いと思う。録音をためてしまって聞かないので、語学講座はリアルタイムでしか聞かないという人は、それはそれでアリと思う(ただし、来客や家族の邪魔は無視するべし!)。

さて、私は他人の時間に縛られるのが嫌いなので、そして来客と家族を無視できない人なので(笑)、語学講座は必ず録音し、自分の決めたスケジュールに従って学習することにしている。時間ずらし(時期ずらしかな)すなわちタイムシフトだ。

そもそも語学講座の入門編が6か月ってどういうことだと思う。講座により難易度も分量も変動するものだが、私の感覚では半数以上の講座は6か月でこなせる人はとても少ないはずだ。現在再放送中の「サバイバルロシア語」も「まいにち中国語:大陸君の留学日記」もあのスピードは速すぎる。

つまり、4月や10月に新しいお客さんを増やしたい一心で、現有の学習者を切り捨て、新しい学習者に乗り換えているのだ、講座側が。

とは言え、NHKの講座スケジュールには不満があっても、内容はとても気に入ったので、私はゆっくり時間をかけてこれらの講座を学習した。ロシア語は7か月くらいで、大陸君は4か月分を6か月かけて、満足のいく学習ができた。このためには録音によるタイムシフトが欠かせない(私がレオのドイツ語世界でやったように、別売りCDでも良い)。

あとは計画性だけだ。毎日10時になったら学習するとか、月木金に1時間ずつやるとか決めて学習すると、身につくのが分かってきて大変楽しい。もちろん循環復習は欠かせないけど。そのための、もう一つの楽しい秘訣はまた今度。

参考過去記事:ゴールイン 例文復習 昨年のまい中「大陸君の留学日記」(16年4月7日)
参考過去記事:連休中にゴールイン 例文復習 昨年のサバイバルロシア語 (16年5月9日)


[PR]

by L-monger | 2017-02-06 18:00 | NHK語学講座 | Comments(0)  

漫画のフランス語も学習に役立つ (17年2月4日)

私にとっては自明のことなのだが、知らない人もいると思うので書いておこう。

現在の「まいにちフランス語 応用編」(芳野まい先生/ヴァンサン・デュレンベルジェ先生;ガストロノミー・フランセーズ 食を語り、愛を語る)だが、フランスの食についてのエッセイがテキスト(本文)になっている。

前回の芳野先生の講座に比べるとはるかに易しい内容だが、予習では日本語訳を見ずに自力解釈を試みると読み終わるまで1ページ10分間くらいはかかる(PC辞書引き含む)。

以下、テキストの例をアップする。NHK出版の試し読みでは表示されない応用編のページなので、この応用編のレベルを知りたい人には役立つかもしれない。なお、私のように自力解釈したい人のために、右ページは本来の日本語訳の代わりに、次のページの単語説明を貼り付けておく。これを見ながら辞書を引けば、初級卒業の人ならだいたいわかるだろう。
c0059093_14311667.jpg
この中で6番の ce sont les hamburgers qui ont la cote. (今流行っているのはハンバーガーだ)なのだが、la cote は見覚えがあった。

何か月か前に学習したフランス語版「名探偵コナン」から拾った例文の中にあったやつだ。以下、該当ページをアップする。

c0059093_14315783.jpg
右上の最初のコマにある、毛利探偵が高木刑事を励ましているセリフ
「Ne deprimez pas trop! Apres tout, vous brillerez peut-etre dans d'autres enquetes et votre cote remontera...」の中に「cote」があるね。評判とか評価と言う意味だ。直訳は「君の評価も再び上がるだろう」だ。この台詞の日本語原文はこれと違うが、後でコメント欄に入れておく。自力解釈を試みてほしい。

こんな小さい単語は覚えにくいものだが、高木クンを励ましているつもりで、例文を繰り返し発音していると不思議と覚えやすい。マンガのフランス語も役に立つのだ。(上のラジオのテキストのavoir la cote は、プチロワによると何の形容詞なしでも「高い評価を持つ」の意味だそうだ)

★ 参考過去記事(中国語の場合): 中文版ドラえもんはレベルアップ中国語レベル?(15年9月8日)


[PR]

by L-monger | 2017-02-04 14:45 | フランス語 | Comments(4)