<   2017年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

ドイツ語学習2年目開始:06年入門編+16年応用編のダブル講座(17年5月29日)

ロシア語の学習が終わり、その裏(火木土)でメンテナンスモードだったドイツ語を、表側(月水金)で学習モードに戻した(朝の皿洗い時間)。昨年11月のドイツ語→ロシア語にチェンジした時と逆方向。すでに3週間やったので、その内容を書いておく。

今回もダブル講座で学習する予定だ。一つは06年4月期の「NHKラジオ ドイツ語講座 入門編」(太田達也先生;ゲンのバイオリン)。もう一つは16年10月期に放送した(現在再放中)「まいにちドイツ語 応用編」(田中雅敏先生;ドイツ語発見の旅)だ。前者はオークションで入手した別売りCDを活用し(テキストはアマゾンで入手)、後者は昨年トークマスターで録音した音源を使って学習する。
c0059093_13540944.jpg
去年、別売りCDで学習した「レオのドイツ語世界」はわりあい文法事項を中心としたカリキュラムだったが(でもストーリーは面白かった)、この「ゲンのバイオリン」は場面別の表現を中心として学習しながら文法も学ぶという方向性だ。去年一通り文法をやったので、今年はたとえ場面別で、文法があっちこっちに飛んでいても、かえって去年の良い復習になると思ってこの講座をチョイスした。スキットにストーリー性があるのも楽しいしね。
c0059093_13551209.jpg
ただ、入門編も2回目となるとさすがに最初の2ヶ月くらいは退屈なので、「ドイツ語発見の旅」を組み合わせることにした。これは文法や語法で日本人が間違えやすい区別を教えてくれる応用編だ。「えっ、もう応用編を学習するの?」と驚かれるかもしれないが、この応用編は初級卒業程度の内容・分量なのでそんなに難しくない(7月から再放送する、森鴎外が主人公の応用編はずっと難しい)。入門編2回分に対して応用編1回分を毎週学習することにする(「ゲンのバイオリン」は5月号半ばから19週分を約半年かけて学習する)。
c0059093_13560487.jpg
(上記の例は、ページの裏表を左右に画像編集したものだ。本当は考えてからページをめくると正解がわかるようになっている。)

すでに3週間学習したが、実用と基礎のバランスが良い感じだ。


[PR]

by L-monger | 2017-05-29 13:58 | ドイツ語 | Comments(2)  

比較:受講者に寄り添う「テレビでハングル講座」とクールな「テレビで中国語」(17年5月19日)

今回はテレビ講座の話。3月まで「旅するフランス語」と「旅するドイツ語」を見たがほとんど語学番組ではなくなってしまったので、もはや学習上の刺激は受けにくい。この4月からは「旅するスペイン語」の再放送を見始めたが、オヤジ二人組の旅番組が楽しいだけだ(それでもいいけど)。

それに対して中国語とハングル講座(「ハングル語」というものはないよ!)は相変わらず教室形式なので学習上の刺激になってよいかも。私はハングル学習は中断中なので、本来「テレビで中国語」だけ見ればいいのだが、どうも「テレビでハングル講座」のほうがノリが良いのでつい見てしまう(というか中国語を見る気があまりしない)。

「テレビでハングル講座」はウィス先輩が主として司会をして(ボケたり突っ込んだりして)、学習を進めていく。生徒役の乃木坂46キャプテン桜井玲香さんに作文させたり、読ませたり、書かせたりするので、受講生(視聴者)は一緒に自分の能力を確認することができる。ネイティブのモデルは韓流グループ「GOT7」(ガットセブンと読む)なので好きな人は、彼らを相手に会話する練習をすることができる。

ここ数回ではキム・スノク先生(お茶目)が周りに韓国語ネィテイブがいない場合は、「独り言」を言えばいいと言っていた。言うだけでなく、番組最後に桜井玲香さんが鏡に向かって独り言をいうコーナーも作っている。本当に受講生に寄り添う番組だなあと感心した。学習方法をしっかり提案しているからだ。

それに対して(ファンの方、許して)、「テレビで中国語」は全体司会がいなくて、コーナーごとに司会が変わる。教室がない感じなので、どうもコーナーごとに見てもいいかな、見なくてもいいかなと飛ばし見ができてしまう。相手が学習者ではなく「セレクトショップ」のお客さんだからだろうか(笑)。情報は与えてくれるが学習の仕方までは提案しないのだ。だからなんとなくクールな感じだ。

せめてスキットをやってくれれば学習の参考になるのだが最近はやらない。せっかくネイティブに近い発音ができる女優・森迫永依さんを使っているのだから、「これは何という、何と読む」でトライアルさせればいいのにやらない。美女・イーランさんを王陽さんor三宅先生とからませれば面白いのに、やらない。もったいない番組だなあ。


[PR]

by L-monger | 2017-05-19 13:49 | NHK語学講座 | Comments(2)  

ゴールイン! 例文学習の第2期 ロシア語ダブル講座(17年5月16日)

一昨年の「サバイバルロシア語」の例文学習に続き、昨年秋から第2弾として「まいにちロシア語 入門編」(オレーグ・ヴィソーチン先生;千里の道も一歩から=16年4月期)と同(匹田剛先生;繰り返しでマスター!文法の基礎固め=15年10月期再放送)を組み合わせ、ダブル講座として例文学習をやっていたが、この4月でとうとう終わった!
c0059093_00285291.jpg
この5ヶ月間(11月中旬~4月中旬)、「千里の道」の4か月分(5月~8月号)について対応する「繰り返しでマスター」を組み合わせ(2:1の割合)、1課につき5個の例文を覚えていった(毎週15個)。計21週やったので約315個の例文について、ボイスレコーダーで日→露の瞬訳練習をしたことになる。同時に第1期(サバイバルロシア語)の370個についても練習した。

「千里の道も一歩から」はロシア人ネイティブ講師が担当したこともあり、ずいぶん思い切ったカリキュラムだった。その一番の長所は、単数(男・女・中)と複数の形、さらには「形容詞+名詞」の形まで含め、一つの格変化についてじっくり4週間もかけて学習することだ。

私はこれまで5シリーズほどの入門編を聞いているが、ここまでじっくり格変化をやったのはおそらく初めてで、たぶんもう二度とないだろう。その代わり、ロシア語文法のもうひとつの肝、動詞の完了体・不完了体の区別は教えず、最後まで不完了体のみ使い、完了体は出てこない。ある意味、すごく偏った講座だ。でもそこが良い!

私は「格変化を一つずつ徹底してつぶす」ためにこの講座を学習することにした。ただ例文の内容が単調になりがちなのを避け、他の文法事項も忘れないために「繰り返しでマスター」も平行して学習した。

その結果、格変化の感覚(この音ならこれ)をある程度身につけることができたのではないかと思っている。例えば、今再放送を見ている「テレビでロシア語」のスキットは、早くて聞き取りはとてもできないが、テキストのスクリプトを読むとたとえ格変化の説明はなくても、ああ、あれだなとわかるようにはなった。

現在「メンテナンスモード」として21週分の例文を再び回して練習している。一つ一つは覚えられても、混ざるとまだ混乱するので、半年間「復習の復習」を繰り返して、混ざっても大丈夫なようになるのが目標だ。

半年後にそれができるようになったら、次の入門編の学習に進もうと思う。

過去の参考記事:まいロシ入門「千里の道」を本放送期間に学習しない理由(16年9月1日)
過去の参考記事:ダブル入門編でロシア語学習開始+学習進度表(16年12月5日)


[PR]

by L-monger | 2017-05-17 00:32 | ロシア語 | Comments(0)  

外国語学習状況についてダラダラ(17年5月12日)

仕事が忙しかったりヒマだったり、安定しない。そのせいか、語学も不安定な学習状況だ。ブログも書く気になりにくいのだが、今日は思いつくままに感想を書いてみる。

ロシア語
→「
まいにちロシア語 入門編」(黒岩幸子先生;声に出して覚えるロシア語)

がんばって色々なことを教えてくれているが、かえって集中しにくい感じがしている(ぜいたくかな?)。まだ私が楽しいと思えるレベルに達していないのも一因かもしれない。早く6月の内容にならないかな。

→例文復習の復習:
16年4月期(オレーグ・ヴィソーチン先生;千里の道も一歩から)+15年10月期(匹田剛先生;繰り返しでマスター!文法の基礎固め)

4月で終了したこの学習についてのブログがまだかけないでいる。復習の復習は第3週目に入った。意外に覚えているが
ヴィソーチン先生らしい日常的な長い単語が覚えられない。

★ ドイツ語

→2006年「NHKラジオドイツ語講座 入門編」(太田達也先生;ゲンのバイオリン)+ 応用編(田中雅敏先生;ドイツ語発見の旅)

3週目に入ったのに、「ダブルドイツ語講座」の学習についてのブログ記事が書けないでいる。入門編が実用中心、応用編が広義の文法中心講座なので良いバランスだ。「りんごジュース1杯ください」とか言うのも割と楽しい。

「まいにちドイツ語 初級編」(藤田明彦先生;ドイツ語で巡る建築)

単語が難しいので、皿洗い中にテキストなしで聞くのがつらくなってきた。まあ、テキストで予習するときに面白いから良いけど。

★ 中国語

→中文版「ドラえもん」の「ホームズセット」の巻で1か月以上かかっている。はやく終わらせたいのだが、自主学習なので時間がないと進まない。やれやれ。

おもてなしの中国語」及川淳子先生出会い ふれ合い 語り合い)

練習しているキーフレーズが易しいのでかえって張り合いがない。今は「まい中」の方が面白く感じている。

→「まいにち中国語」(高木美鳥先生)

前日の復習や今日の練習で日本語→中国語の練習をさせられるのはすごく楽しい。今の所レベルが低いので自主練習に使うつもりにはならないが、6月ぐらいになったら私にも使える内容になりそうだ。楽しみ。

★ フランス語

→仏語版「名探偵コナン」

ドラえもんと同じ状態でなかなか進められないでいる。今の事件を始めてからそろそろ数か月。最終エピソードに入ったのでいいかげん進めたい。

まいにちフランス語 入門編」(田口亜紀先生;Bon Voyage! フランス語で旅をしよう!)

がんばっているなあと思うけど、旅行フレーズ集なのでそんなに興味が持てない。「フランス語で巡る美術」とか「音楽」とか無茶な入門編を聞いてみたい(ははは)。

以上、だらだら書いてみた。


[PR]

by L-monger | 2017-05-12 14:39 | Comments(1)  

スパルタでお茶目な初級編「ドイツ語で巡る建築」(2017年5月6日)

私としては応用編「ドイツ語発見の旅」(田中雅敏先生)を目当てに買っている「まいにちドイツ語」テキストだが、応用編と同居している(というか家主さんの)初級編「ドイツ語で巡る建築」(藤井明彦先生)もオマケで聞いている。

寝る前の5分間予習だけで翌日聞き流し、特に勉強はしていないのだが(たぶんだからこそ)、結構面白く聞けている。

以下のテキスト画像を見ればわかる通り、初級編は入門編の上のレベルで、しかも初級編としても難しい部類なので、これでドイツ語を始めた人はしんどくて仕方ないだろう(まっさらな人は、私がやったように古いドイツ語講座を探すか、参考書で勉強した方が良いかも)。
c0059093_21544999.jpg
なにしろ、内容を面白くするために新出単語がどんどん出てくるのだ(先生自身が巻頭言で「初級としてはやや難易度が高い部分もあります」と認めている)。しかし、構文自体は初級のものを踏み外していないので、もし普通の入門編を1,2回、終わらせた人なら解釈練習としては歯ごたえがあってよいかもしれない。

そして放送とは関係ないが、テキストだけのお遊び=「土台石」の独り言がこの第9課より始まっている!「ドイツ語ってよく語尾を付けるなあ…ゴビゴビゴビゴビ」。内容のスパルタさと好対照をなすようなシュールな内容だ。最近はこれが楽しみで次の課を読み進めている(笑)。

文法の説明は「表で変化を確認したい方へ」などで分かる通り、自分で勉強・確認しなさいというスタンスだ。巻頭の文法表は以下のようなもの。
c0059093_21591991.jpg
一見不親切のようだが、このレベルなら、私はとても良いことだと思う。ラジオ講座が身につかない一つの理由は、親切にされすぎて自分で努力をしないところにあると思えるからだ。この単語と文法の奔流に自力で打ち勝った人はきっとドイツ語の確実な力が身についているだろう。

…なんて自分で勉強してない人が無責任な発言だが。さあて、私は「ゲンのバイオリン」と「ドイツ語発見の旅」で学習を続けよう。


[PR]

by L-monger | 2017-05-06 22:02 | ドイツ語 | Comments(6)