<   2017年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

「声に出して」ロシア語:発見多し、例文少なし(17年7月22日)

現在聞き流している「まいにちロシア語 入門編」(黒岩幸子先生;声に出して覚えるロシア語)は次の点で特徴的な講座だ。

(1) スキットの舞台がウラジオストク、ネイティブゲスト2人もウラジオストク出身
(2) 発音に注意を配り、声に出して身につけるという方針
(3) ロシアでの生活文化や歴史的な知識を取り上げる「雑学のロシア」コーナー

私にとっては、これで4本目の入門編だが、これまでの講座で取り上げることのなかった発音の知識や単語の使い方を教えてくれて、まさに「痒い所に手が届く」講座だ。

ただ… 一昨年と昨年は9月に終わった入門編を10月以降に例文拾い学習の対象としてきたが、残念ながら今年の入門編はその学習方法には向かないようだ。

以下、今年17年度の「声に出して」ロシア語のテキストのサンプルを示す。「移動の動詞」部分の例文は6個あるが、同じ単語を繰り返し使っているので、例文の幅が狭いと感じられる。「港」「港湾局」が繰り返し出てくるのはたぶんスキットを覚えやすくするためなので、ごく初歩のロシア語学習者には親切なやり方なのだろう。でも私は飽きる。
c0059093_15505646.jpg
以下は15年度「サバイバルロシア語」入門編(臼山利信先生)で、同じ運動の動詞を取り上げた課だ。例文は12個あり、行き先の単語もそれぞれ変えてある。私の学習には「おいしい」例文の取り上げ方だ。定動詞と不定動詞をまとめて教えているのは、初学者には大変なのかもしれないが、考えようによれば覚えるべきことがコンパクトにまとまっているともいえる。(私はこの講座で例文学習1年目をやった)
c0059093_15525491.jpg
(本年度「声に出して」で文法事項をまとめて提示せず、何課にもばらけてでてくるのはどうも好きになれない。こうでないと初学者は拒絶するのかなあ)

以下は13年度初放送・16年度再放送「繰り返しでマスター」入門編(疋田剛先生)で、同様の課だ。練習問題を加えて例文は11個ある。この入門編も用法をまとめて解説してくれ、しかも例文にバラエティがあるので好きなタイプだ。(ちなみにロシア語文法の説明はこの講座が一番わかりやすかった。)
c0059093_15535596.jpg
さて、今年の10月期の学習は「声に出して」にしないとなると、今のうちから別の講座を探しておかないといけない。しかし、学習対象の講座を探して、学習計画を立てるのもまた楽しいものだ。


[PR]

by L-monger | 2017-07-22 15:59 | ロシア語 | Comments(2)  

ドイツ語に連音化はない! 仮定法もない! (17年7月3日)

新しい外国語を学ぶと、ついつい既習外国語と同じと考えがちだ。たとえば連音化。英語で in America は「イナメーリカ」であって、「イン・アメーリカ」ではない。フランス語で en Amérique は「オン・ナメリーク」であって、「オン・アメリーク」ではない。そう、Nの子音は次の母音とつながるのが私のこれまでの「常識」だった。

ドイツ語でもなんとなくそうかと思っていた。これまでそれをはっきり否定してくれるドイツ語講座と出会わなかったからだ。しかし、ありがたいことに現在学習中の06年4月期「NHKラジオ ドイツ語講座 入門編」(太田達也先生;ゲンのバイオリン)の発音の解説では、それをはっきり否定してくれていた。

★ ステップ47の「発音してみよう」
(引用開始)
ドイツ語では、語頭の母音ははっきりと発音されるため、直前の語の最後の子音とくっついて発音されたりする現象はあまりありません。つまり、 in Amerika なら「イナメーリカ」ではなく「イン・アメーリカ」と発音します。
(引用終わり)

ほかの例として den Opa とか、Märchen erzählt とある。デン・オーパであって、デノーパなどではないのだね。そうだったのか~。

もう一つの「発見」。先週、今学期の「まいにちドイツ語 応用編」(田中雅敏先生;ドイツ語発見の旅)のLektion 9 を学習した。

西洋語には「仮定法」という表現がある。「もし~だったら」という未来の仮定や、現在や過去の非現実の仮定を表す表現だ。英語で「仮定法」、フランス語で「条件法」という。そこでドイツ語文法書でも「仮定法」をさがしたが、そんなものはない! そんな馬鹿な!いや待て、索引に「仮定の表現」はあるぞ。ここから引いてみると…。

「接続法II式」だった。

なるほどー、フランス語にも「接続法」はあるが、それと別建てで「条件法」となっている。それに対してドイツ語では「接続法」の中に「I式」(仏語の接続法)と「II式」(仏語の条件法)と下位分類する形で入れたのかあ。(フランス語の用語との比較、正確には違っているかもしれない。よく知っている方、教えて)

独:Wenn ich Geld hätte, würde ich nach Deutschland fahren. (お金があったら、ドイツに行くのに)
英:If I had money, I would go to Germany.
仏:Si j'avais de l'argent, j'irais en Allemagne.

…で合っているかな? 活用形を覚える楽さで比べると、英語、ドイツ語、フランス語の順かなあ。もちろん楽じゃない方が、私のような者には楽しい。ドイツ語は最近、英語の would みたいに würde で片づけようとしているらしいから、堕落したね(笑)。


[PR]

by L-monger | 2017-07-03 14:41 | ドイツ語 | Comments(3)