<   2017年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

黒田先生のロシア語学校Mと飽きない授業(17年8月24日)

黒田龍之助先生の「その他の外国語エトセトラ」という本に、先生がロシア語の基本を身につけた学校の話が書いてある。その授業の方法が興味深い(P.146「ロシア語学校M」)

箇条書きでまとめると:
1) 90分間の授業のうち、三分の二の時間は、一人一人が教科書の例文をテープのあとについて発音し、発音を矯正される。
2) 文法は特に教えない。教科書には文法説明も和訳もあるので、質問したければすればいい。
3) 発音の矯正作業が終わったら、簡単な単語テストをしたのちに教科書を閉じ、同じ文をテープで聞いて口頭で日本語訳する。
4) 先生が同じ文の日本語訳を読み上げるので、それをロシア語にする(訳すのではなく暗唱の確認)。

黒田先生は、この授業がとにかく楽しかったという。

分かるような気がする。とかく外国語は理屈で説明し、それを理解することに大部分の労力が費やされがちだが(それも大事だが)、それから後に「練習、練習、また練習」をしないと文法から離れて話せるようにはならない(ここが、現在のラジオ講座に特に欠けている部分だ。仕方ないんだろうけど)。

この「単調な」練習の時間は、外国語学習に慣れてない人は「つまらないに違いない」と思うのだろうが、ところがどっこい、やればやるほど楽しさが湧いてくるものだ。

2008年にNHKラジオ語学講座の大部分が「まいにちシリーズ」に変わったとき、ダジャレだとか歌だとか目先の楽しさを追う講座がいくつかあった。外国語学習に慣れてない人にアピールする目的だったのだろうが、あの類の楽しさは2か月ももたないと思う。自力でやれる(聞き取れる、読み取れる、話せる、書ける)という楽しみこそが、本当の意味での「飽きない」授業につながるのではないだろうか。

実は、今放送中の「まいにち中国語」はそのような楽しさを持った講座だと思うのだが、その話はまた次回書くことにする。


[PR]

by L-monger | 2017-08-24 14:29 | 学習法 | Comments(10)  

新学期17-10月期の情報(1):ロシアゴスキー!読む系の応用編! (17年8月19日)

昨日、中・露の9月号テキストを駅前の書店で買ってきた(フレー、フレー、リアル書店)。去年と同様、10月期の案内表が載っていたので紹介しよう。


c0059093_14384915.jpg
一番驚いたのが、4年半ぶりの新作になるテレビのロシア語講座、何と「テレビでロシア語」でも「旅するロシア語」でもなく、その名は「ロシアゴスキー」! ダジャレで来ましたか。「ロシア語ってなんだか縁がない」という人にこそ見てほしいそうで、アニメも使うそうだ。9月末まで再放送中の「テレビでロシア語」がサンクト・ペテルブルクを取り上げているので、今回はモスクワを取り上げるんだね。はたして超初級になるのか、マニアックになるのか、ドキドキする。


ついでに(笑)、テレビの「旅する」シリーズは第2期に入る。仏独は監修する先生は同じで、西伊は変わる。旅人については、何と仏は引き続き常盤貴子さんで、それ以外の3つは別の旅人だ。外国語を勉強するための講座ではないとわかっているので、まあ、楽しくやってほしいと思う。今期のスペイン語の平平コンビのように。


ラジオの各応用編は仏独西伊露が、日仏交流の名所旧跡、ベルリンの歴史と文化、19世紀文学、古典文学、文学とずらっと読むためのラインアップになった(ロシア語は入門編も読むための講座だ)。ふーん、インターネット時代には読む能力が大事ということか。応用編の受講者が減ったので、文学に興味のあるニッチ層を引き寄せようというのか。謳い文句と違う時があるから、実際の講座を聞いてみてから判断したい。



[PR]

by L-monger | 2017-08-19 15:02 | NHK語学講座 | Comments(9)  

仏語コナン-30 第2の事件完了&例文学習100回目突破 (17年8月7日)

仏語版「名探偵コナン 第30巻」の第2の事件の学習が完了した。第29巻から通算すると第6の事件の完了だ。作者・青山剛昌さまと翻訳者M. Thibaud Desbiefさま、Merci beaucoup!

おまけにこの仏語コナン例文拾い学習を開始してから100回目も通過した。週1回かそこらの頻度なのに、長く続いたよなあ。2014年10月以来、2年10か月目かあ…。

参考記事:フランス語版コナンで武者修行を開始 (14年10月14日)

以下は扉絵と内容のサンプルだ(左右は別々のページから持ってきた)。多少のネタバレ防止として一部灰色で塗りつぶしている。
c0059093_17352345.jpg

今回は昨年10月中旬から今年7月頭まで、約9か月間学習した。進行スピードはますます遅くなっているが、楽しい分にはかまわない。私にとってラジオ講座「まいにちフランス語」の入門編では易しすぎ、応用編では難しすぎるのだが、この内容は私にちょうど良いレベルだ。

以下100回目の例文からちょっと紹介すると…(ちなみに上の画像のフランス語から拾っていじったものだ)。

1. 彼の指(複数)には付いていた、インクの跡が。
Ses doigts portaient des traces d'encre.

2. 彼らは理解した、仕掛け of ティーカップ(複数)を。
Ils ont compris l'astuce des tasses de thé.

3. 彼はウィットに富んでいる(上と同じ単語)。
Il est plein d'astuce.

4. (非人称)私に必要なかった、長い間は、for 見つける、私の眼鏡を。
Il ne m'a pas fallu longtemps pour retrouver mes lunettes.

5. かぎ爪(複数)of タカ
Les griffes du faucon

6. 猫が私をひっかいた、手を(上と同じ単語)。
Le chat m'a griffé la main.

現在は、こんなレベルでうろついている。しかし、たとえゆっくりでも「貯金箱」はたまっているみたいで(Ⓒロシア語のオレーグ先生)、この前書店で「日本人が知りたいフランス人の当たり前 フランス語リーディング」という本を立ち読みしたら、第1課は90%ぐらい理解できて、ちょっとうれしかった。


[PR]

by L-monger | 2017-08-07 17:59 | フランス語 | Comments(0)