<   2017年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

17-4月期中国語の感想:単調な練習こそ楽しい (17年10月20日)

以前の記事「黒田先生のロシア語学校Mと飽きない授業(17年8月24日)」に書いたように、ロシア語学校Mは練習、練習、また練習だったが、黒田先生はこの授業がとにかく楽しかったという。

先月終了した「まいにち中国語」もそれと似たところがあるかもしれない。まるでピンズラーの教材みたいにどんどん作文させ、ある種、単調極まりない練習の連続だったが、本気で学習する人には楽しさに満ちた講座だったろう(推測した言い方であるのは、私が流し聞きしただけだから。現在学習モードに移行したので、学習してみての感想は6か月半後にまた報告する)。以下、(たぶん)2018年10月期に再放送されるときに備えて、この講座の特徴を書いておく。

★ 「まいにち中国語」(高木美鳥先生;聞いて話す!耳から覚える中国語)

1. 始まって2か月目=5月の半ばからこの講座は「月曜日の文法」+「火曜日~金曜日の会話」という構成で、基本→応用の構成となっている。

2. 説明はすっきり簡潔にして、その分の時間を練習にあてている。

(以下はテキストの例:火曜日前半の2ページ)
c0059093_16235730.jpg
3. 1回の文法ポイントは2~3項目あり、それぞれ例文2個ぐらいずつを挙げている(理屈でなく、実地の例文で覚えろということだろう)

4. 例文を挙げるときに、日本語→中国語の順番で言うので、その気になれば、瞬間中作文をして楽しむことができる。ピンズラー的に。

(以下はテキストの例:火曜日後半の2ページ)
c0059093_16245693.jpg
5. エクササイズ1と3は新出単語の導入だが、この際、発音を聞いてピンインで書き取らせる(中国語の入門編ではたぶん初めての試みではないだろうか)。声調や音素に対して自力でどれだけ聞き取れるのか試されるので楽しい。また自分の聞き取れない弱点の声調や音素がわかり、後の学習に生かせる。(なお書き取りではなく、ピンインのみが書いてあってそれを読む場合もある)

6. エクササイズ2と4は上記で習った進出単語を、文に入れ替えて発音する「借文練習」ができる。やる気がある人は、他の文型に対してもこのように入れ替えを行っていけば、表現力がかなり伸びるだろう。

7. フリートークは全くないが、月曜日の「聞き取れるかな?」のコーナーはいわばスクリプトのあるフリートークみたいなもので、聞き流しではなく、習ったばかりの基本文型をどう使っているかを聞き取る練習にしてある。

8. 最後の1か月はこれまでの総復習になっているので、学習した中国語をどれだけ覚えているか、試すことができる。ちゃんと学習した人には最高のご褒美だろう。(あ、知ってる!これも知ってる!てな具合に)。また入門編としてはかなり大量の中国語を一時に総ざらいできるので、ずっと前に習って思い出せなくなっていた記憶を呼び戻すのに良い。

私は1か月前から、この講座の後半3か月60課分を毎週2課ずつ聞き直し、知らなかった単語を含む例文を毎週16個ずつ覚えるようにしている。60÷2=30週かかる計算だが、急いでないで構わないのだ。入門レベルとはいえ、ぱっと瞬間反訳するのはなかなか簡単でない面があり、面白い。そういうわけで中国語版「ドラえもん」の新しい学習は、約半年間お休みすることにする(もちろん過去の例文の反復練習は行う)。


[PR]

by L-monger | 2017-10-21 16:26 | 中国語 | Comments(1)  

初回感想: 新学期17-10月期の応用編4本はどれも教養講座っぽい (17年10月8日)

今週、新学期が始まり、私の興味のある4つの応用編(伊・独・仏・露)を各2課分(木・金)ぜんぶ試し聞きしてみたので、初回感想を書いておこう(ご注意:少ししか聞いていないので誤解している可能性もある)。今回は、いずれも文学または歴史についての教養講座っぽいものばかりだ(退職して時間のあるシルバー世代向けかな?と少し思った)。

★「まいにちイタリア語 応用編」(白崎容子先生;原文で読む古典の楽しみ)(私はテキストなしで聞き流し)

イタリア古典文学。最初は古いイタリア語なので難しく、今後、現代に近づくにつれだんだん易しくなるようだ。まずはダンテの神曲・地獄篇。白崎先生の講義は明快で、イタリア語のごく初歩しか知らない私にも講義内容がわかりやすい。今後も聞いてみたいと思った。内容の配分は教養講座度80%、語学度20%というところ(適当な数字だ。以下同様)。

★「まいにちドイツ語 応用編」(前田良三先生;ベルリン―変転する都市)(私はテキストなしで聞き流し)

20世紀ベルリンの歴史と文化。テキスト本文の説明をきちんとやり、それについて語り合う。オーソドックスな講座という印象。歴史に翻弄されたベルリンなので、興味深い。教養講座度50%、語学度50%。

★「まいにちフランス語 応用編」(姫田麻利子先生、フランソワ・ルーセル先生;日仏交流さんぽ)(テキストを予習して聞いた)

フランスゆかりの名所旧跡めぐり、10月期は日本国内。まずは富岡製糸場。4回1ユニットのうち、最初の2回は和文仏訳。講座を聞く前に、ざっと仏訳してみたが、私のレベルでは半分くらいしかできない。しかし、お手本訳について、姫田先生が他の言い方を示し、そちらではどうしてダメか等とルーセル先生に聞いてくれるので、通り一遍でない理解になるような気がする。違いについて例文ペアを覚えていくと勉強になるかも。とりあえず聞き続けるつもり(でも予習の時間がない!)。教養講座度10%、語学度90%。

★「まいにちロシア語 応用編」(安岡治子先生;ロシア文学からの贈り物)(私はテキストなしで聞き流し)

古典から現代作家まで、毎月1つの作品。第1弾はカラマーゾフの兄弟。ベテラン先生2人によるオーソドックスな講座。話しぶりも含めて静かで落ち着いて学習できるような気がした。私のロシア語能力では知らない単語が多いが、お話って好きなので、冷凍保存しておいて、いつか生かしたいと思った。教養講座度50%、語学度50%。

以上。皆さんはいかがだったろうか?


[PR]

by L-monger | 2017-10-08 14:37 | NHK語学講座 | Comments(2)  

再録:語学の小ワザ(5) 新学期が退屈なら回れ右 (17年10月4日)

4月期にも書いたが、2度目以降の入門編を聞いている人へのメッセージ。再びゼロレベルからの学習に戻る新学期はきっと退屈だろう。そんな方のために「語学の小ワザ」シリーズの記事を再度ご紹介しておく。このようにすると退屈しなくていいですよ。

過去記事:語学の小ワザ(5) 新学期が退屈なら回れ右 (16年3月23日)



[PR]

by L-monger | 2017-10-04 17:41 | NHK語学講座 | Comments(1)  

17-10月期フランス語応用編とロシアゴスキーのページ紹介 (17年10月1日)

自宅仕事の合間をぬって隣駅の書店まで足を延ばし、ようやく17-10月期「まいにちフランス語」と「ロシアゴスキー」のテキストの内容を確認し、納得して購入することができた。

いつも書いているが、10月期は入門編が再放送で、応用編が新作の講座が多いので、NHK出版の外国語(英語以外)テキストのページの「試し読み」ボタンはテキスト後半こそ見せてほしい。入門編を求める学習者が圧倒的に多いのだろうが、入門編は大人の知的レベルに物足りない面もあるので、応用編に興味を持つ人も多いはずだ。(また、再放送の場合、入門編はすでにテキストを持っている人も多いからその人たちに応用編を売り込まないと、買ってくれない。)

そういう人を救済するために以下にテキストのページを載せる。ラジオ講座は明日10月2日(インターネットでは10月9日)から新学期なので、参考にしていただけたら幸いだ。

★ まいにちフランス語 応用編 (姫田麻利子先生、フランソワ・ルーセル先生;日仏交流さんぽ)

4課(2週分)でひとまとまりとなり、和文仏訳2回、会話1回、SNS1回がひとつのユニットになっている。非常に目新しい講座構成に興味を引かれた。私の実力で和文仏訳ができるのか不明だが、ちょっと試してみたい(富岡製糸場などにはあまり興味はないけど)。

第1回と2回は以下のような和文仏訳。単語が提供されているので、少しラクかも。
c0059093_15371261.jpg
第3回は以下のような会話形式。
c0059093_15384068.jpg
第4回はなんとSNSでの書き方だ。フランス人と「出会う」のは現実よりも、SNSの方が機会が多いのかもしれない。
c0059093_15403041.jpg
★ テレビ ロシアゴスキー(前田和泉先生/タチアナ・ティマコワ、ジェーニャ、オレーグ・ヴィソーチン)

最後にロシアゴスキーの最後のページあたりにあるロシア語スクリプトと和訳だ。少しロシア語をやった人には本編は簡単すぎるから、このスクリプトで聞き取り練習をするといいのかもしれない(私はまだ読み取り練習だけど)。
c0059093_15435141.jpg
さて、新学期に向けてトークマスターの録音予約およびワンセグの録画予約を設定しなおしておこうかな。


[PR]

by L-monger | 2017-10-01 15:50 | Comments(4)