NHKラジオ中国語講座入門編 Step 83&84 (復習)

金曜日と日曜日は、録音したテープの聞きなおしとノートに書いた例文を日本語から中国語に戻してみたりしています。(土曜日は休み)

今週は新語彙が少なくて、簡単かと思ったら木曜日がやたらヘビーだった。
榎本先生、狙ってるのでしょうか。木曜日で復習を決意させてみたり、とか?

そろそろ同音・異声調の文字や単語で混乱しそうです。

でも私の敬愛する大道芸人のピーター・フランクル氏によれば、中国語の同音・異声調のものは、5つまとめて覚えると良いそうです。

確かに、各声調の区別は独立して存在するものではなくて、互いの対立の中で存在するのでしょうから(人間関係のように)、一理あるような気がします。

でもそういうやり方をする時間も根性もない私は、ちょっとずつ、ね。

ren4shi(認識、知り合う) / sha1ren2(殺人)で、renの声調を覚えたり(どっちも今週の単語にあるのは狙い?)

jing3cha2(警察) / shuo1de hai2 hen3 cha4 (話し方はまだ、ダメです = 差)で、chaの声調を覚えたり。
[PR]

# by L-monger | 2005-03-07 00:54 | 中国語 | Comments(0)  

一週間て?

寝る前の30分間、今日は(月)と(火)の復習。
ペア作りをさぼっていたので、ぼろぼろです。

ところで、「li3wu3 礼物/ li3bai4 礼拜」ってペアを作っていたら、「礼拜」に面白い記述あり。
「一週間」とか「曜日」の意味があるらしい。「礼拜一」なら月曜日。「星期一」と同じね。

うむむ。ひょっとして中国語のとっても簡単な曜日の言い方って、キリスト教の布教と関係あったのかな? 調べてるヒマなし。また今度にしよう。
[PR]

# by L-monger | 2005-03-05 01:33 | 中国語 | Comments(0)  

しりとり?

zhao だか qiu だか、(日本人には)似た音が多くて覚えにくいものです。
そこで、覚えにくいと思ったら、似た単語を(エキサイトの中国語辞書やテキストで)探して、ペアにして書いて覚えるようにしています。

hu4zhao4 (パスポート=护照) / zhao4xiang4 (写真を撮る=照相) / xiang4ji1 (カメラ=相机)
qian2bao1 (財布=钱包) / shou3ti2bao1 (ハンドバック=手提包)
などが今日のところ。しりとりっぽいかも。

今日の表現(Step 84): Wo3 de hu4zhao4 bei4 ren2 tou1 le. (Someone stole my passport.)

英語で言うと能動態のほうが良いけど、日本人には受身の方ががぴんと来るかな?
[PR]

# by L-monger | 2005-03-04 01:31 | 中国語 | Comments(0)  

ラジオ講座の聞き方

在宅で締め切りのある仕事をしているので、語学には最低限の時間しか、かけられません。だから、榎本先生の講座も漫然と聞いていては、時間がもったいない。

「今日のポイント」の部分では、テキストを見ないで例文の聞きとりに努めます。
(1) 例文を最初に読む時: 音と声調の聞き取りに集中。
(2) 先生が例文を解説する時: こういう音と声調ではないかと考え、ピンインローマ字を想像する。
(3) 発音練習の時: ここで初めてテキストを見て「答え合わせ」する。shi と xi が聞き分けられないとか、2声を3声などに聞き間違ったりが多い。2回読んでくれるときは、2回目でテキストを見ずに発音する(1回しか読んでくれないときは、テープを止めて発音する=録音して聞いているので)。

今日の表現(Step 83): Ni3 shi4 shen2ma shi2hou xue2 de? (When did you learn it?)

この表現は場所・方法などの説明に使われるそうだから、「いつ学んだのですか」というより「学んだのはいつですか」という感じかもしれない。英語では訳し分けない部分ですね。(無理すれば、When was it that you learned it? だけど、普通はくどい)。
で、答えはWo3 shi4 cong2 qu4nian2 shi2yue4 fen4 kai1shi3 xue2 de.
(I started to learn it last October.)
[PR]

# by L-monger | 2005-03-02 12:43 | 中国語 | Comments(0)  

(ほぼ)ローマ字主義

NHKラジオ中国語講座入門編(榎本英雄先生)を2004年10月から聞いています。
毎回、メロディーと例文をこなしていく(会話はおまけ的)講座ですが、やりこむとけっこう面白いです。榎本先生の「枯れた」=「無駄がない」講義もお気に入り。

ところで、講談社現代新書「外国語をどう学んだか」の中で中国語を学習した人が、中国にいる西洋人のほうが日本人よりも中国語がうまい。その原因は、日本人がなまじ漢字が読めるので、字に頼って音を聞こうとしないから、という趣旨のことが書いてありました。

私も大学生の頃中国語を3ヶ月学んだけど、挫折してしまったのは、まさにこの音を聞こうとしていなかったからだと気がつきました。今はピンインローマ字を主体に勉強しています。漢字はもっぱらカンニング用。(でも同音・同声調・異義語があるので、たまに漢字が必要ですが...。)

今日の表現(Step 82): Ni3 jue2de zen3me yang4? (What do you think?)
遊びで英訳もつけてみます。直訳は(×)How do you think? だけど、日本人がよくやる間違い。中国の人も、日本人と同じ間違いをするのだろうか?
[PR]

# by L-monger | 2005-03-02 00:55 | 中国語 | Comments(0)