1974年「フランス語入門」応用編が基礎編とつながっていた時代 (16年10月2日)

明日から2016年10月の新学期が始まるが、しばらく聞いてから感想を書くのでしばしのご辛抱を。入門編は再放送だから、右下のリンクから去年10月あたりの記事をご覧ください。

その代わりという訳でもないが、先日実家から持ち帰った1974年のNHKラジオ「フランス語入門」テキストの画像を以下に示す(現在の「まいにちフランス語」の前身の「フランス語講座」の、そのまた前身が「フランス語入門」)。今回は「基礎編」でなく「応用編」を見てみたい(当時、聞いてなかったけど)。福井芳男先生の応用編だ。テキストの定価は120円。
c0059093_14163547.jpg
2016年現在のNHKラジオ「まいにちフランス語」の応用編は、入門編と明らかにつながっていない。入門編の時間が少なすぎて、初級でカバーする範囲を6か月のコース内にやりきれないため、応用編は「自力でフランス語の力を付けた人」を対象にしているからだ。(希望に燃えた人をガッカリさせるようで悪いが、入門編「だけ」を何年勉強しても応用編のレベルにはなれない。残念な事実だ)。

ところがこの1974年当時の講座では、基礎編が1年コース、応用編が1年コースで、これらはちゃんと接続されていた。応用編では4月の講座で過去形と未来形の復習から入るようになっている。

c0059093_14220601.jpg
これは金曜日の1回目のレッスン。2ページで20分間の授業をする。スキットを見ればわかるが、とても簡単なフランス語で基礎編卒業者を暖かく迎えている(笑)。でもこのレベルでたくさん読むのは良いことだ。Exerciseは現在形を複合過去形にする練習。それとExpressions Utiles でお役立ち表現を覚える。

c0059093_14254760.jpg
これは土曜日の2回目のレッスン。水野良太郎画伯の挿絵がかわいい。Exerciseはもう少しややこしい文の現在形を複合過去形にする練習。

c0059093_14275374.jpg
そして翌週の土曜日に総復習と文法のまとめをしている。「過去分詞はしっかり覚えなければいけません」ってのが学校・学校してていいね。ここで複合過去形と半過去形の区別も習っている。

読んでいたら、このテキストの応用編を読み通してみたくなってきた。でもこの年度のはこれ一冊しかない。どっかで探してみようかな。なにしろ、いまの「まいにちフランス語 応用編」ではこのレベルのレッスン、もう絶対、やってくれないだろうから。(やっても受講者が甘やかされるだけっていう面もあるけど)


[PR]

# by L-monger | 2016-10-02 14:37 | フランス語 | Comments(8)  

仏ラジオ入門編 通年化2年目の途中に思う (16年9月29日)

2016年度の前期講座も今週で終わりだ。去年と違ってNHKがあまり宣伝しないが、入門編のCEFR対応と通年化は成功しているのだろうか(商業的に?教育的に?)。入門編は昨日の水曜日で終わったので、ちょっと感想を書いておこう。

★まいにちフランス語 入門編 (倉舘健一先生,クロエ・ヴィアート先生;<つながる>フランス語

過去記事:16-4月号初見 フランス語:斬新さとスパルタ (16年3月20日)

テキストは5月号まで購入。放送は9月まで聞き流しした。ミステリー仕立てのスキットは私的には「ふ~ん」って感じだった。最終月にダイアログでなく手紙を読んだり、独白したりのモノローグが多かったのはなぜだろう。文法は初級の最後までやったのはよく頑張ったが(ジェロンディフまで!)、先生たちが日本語でもフランス語でも台本を読んでいるだけなので、なんか音声CD付の参考書を聞いているみたいだった。もっと色気が欲しい。全72回で表現と文法の両方やるから余裕がないのかもしれない(やはりロシア語のオレーグ先生みたいに…)。

2017年度の再放送時に備えて書いておくと、スパルタが好きな人で自分でどんどん勉強する人には良いかもしれない(倉舘先生が日本語を言ったら、フランス語の例文が聞こえる前に、再生を停止して、自分で作文して言ってみると楽しいかも)。

後期(再放送)との接続について:来週からの「まいにちフランス語 初級編」(大木充先生;もっと話せるフランス語~文法より実践練習2)を引き続き聞く人は驚くだろう。文法はほとんどやらないからね。考えようによっては、倉舘先生の知識だけの文法を、大木先生の実践に転換するのだから、良いかもしれない。でも、前の講座の続きと考えずに、気分を一新した方が幸せになれるだろう。

過去記事:仏独西ラジオ入門編のCEFRと通年化は良かったのか(16年2月27日)

ドイツ語についても書こうかと思ったが、やめた。後期の入門編(初級編)=再放送を聞こうと思っている人は、上の記事を読んでみてください。アンコール講座が続いていたらよかったのにね。


[PR]

# by L-monger | 2016-09-29 14:46 | NHK語学講座 | Comments(5)  

16-10月期テキスト立ち読みした感想 (16年9月27日)

昨日予定どおり駅前の書店に行って、新学期16-10月期のテキストを半時間ほど立ち読みしてきた。去年は買いまくって研究したのにえらい変わりようだ。いやひょっとして、去年思ったほどぱっとしなかったので、今年はもう買わないと思ったのかもしれない。

過去記事:15-10月期 新学期テキスト購入して研究予定 (15年9月18日)

さて「旅するユーロ」シリーズ4か国語は思った通りきれいなカラーページ、知っていると楽しい旅情報と少しの外国語学習で成り立っているようだ。「旅するユーロ」というシリーズのくくりだが、EURO24の初期と違って、どの外国語でも同じと思ってはいけない。買う前によく立ち読むするべきだと思う。

実用表現を中心にすると文法的なまとまりを欠き、文法を中心にすると実用性が低くなる。そういうトレードオフの関係があるのだが、カリキュラムが外国語によって大きく違っている印象があった。例えば「旅するフランス語」は実用中心なので、文法は頭に入りにくいだろう(すでに知っている人が見ると思っているのかな)。「旅するイタリア語」はやや実用が多く、「旅するドイツ語」と「旅するスペイン語」は実用と文法をバランスとろうとしているみたいだ(練習問題がちゃんとある)。例えば「私は(名前)です」という名乗りなど、10月号の独西にあるが、仏にはない(おおっ)。フランスに行ってもお店に入るだけで友達は作れないからだろう(ヒドイ(笑))。スペインは作れそうだね。

「まいにちフランス語 応用編」(井上櫻子先生)は1回のレッスンで複数人のインタビューを通じ、表現も取り上げるみたいだ(10月号は特に初級の復習的)。スクリプトを見ない方がよさそうなので、テキストは今は買わないことにする。

「レベルアップ中国語」(呉志剛先生)は発音トレーニングで基本例文は初級、説明文は中国語で上級の感じだった。でも前とフォーマットが変わらないので、私はあまり興味を持てず。

「まいにちドイツ語 応用編」は和文独訳の練習が主体。中級に上がりたてぐらいに初級の知識をまとめなおすのにはよさそう。私は今必要ないが、将来のために「冷凍保存」しようかな。

「まいにちイタリア語 応用編」はローマ時代を舞台にした日常会話。そういう趣向の講座を聞いたことがないので、内容に興味深々だ。イタリア語をやるつもりないけど。

「まいにちスペイン語 応用編」は長いダイアログを基にして初級文法の後半(過去形など)をやるみたいだ。

以上、半時間でざっと見たし、手元にテキストがなくてうろ覚えなので、来週、新学期が始まると印象が変わるかもしれない。本当、NHK出版さん、入門編が再放送で、応用編が新作の場合は、「試し読み」機能でテキスト後半の応用編のページが読めるようにしてくださいよう(と何度書いたか分からないが、応用編を求める人は少ないと思われているのだろうか)。


[PR]

# by L-monger | 2016-09-27 14:23 | NHK語学講座 | Comments(0)  

テキストの記念買いは中止か:「旅するフランス語」や「レベルアップ中国語」(16年9月24日)

九州の実家に帰省していたのでしばらくブログをお留守にした(仕事しながら家事やって語学やると、もうブログの時間がない)。

もう10月号のテキストが発売になっているが、「旅するフランス語」や「まいにちフランス語」を東京に戻る途中の駅ビルで2~3分チラ見した程度だ。ちゃんとした書店に、また見に行きたい。しかし…。

6年前など、テレビの「ユーロ24」の新しいシリーズが始まったとき、普段は買わないのに4か国語のテキストを買ったり、フランス語だけ6か月分購入したり、いわば「記念買い」したものだ。その後も去年の「レベルアップ中国語」10月期など聞けるレベルでなくても、3か月分をちゃんと買ったりしていた。

過去記事:「テレビでフランス語」と「EURO24」の扱い(2010年3月21日)


しかしなあ…今学期、テキストが大幅値上げした(1か月のテキスト代は2012年まで380円、2013年から420円、2014年から432円、そしてこの2016年から486円)。6か月買うと普通のテキストで2916円、「旅するユーロ」シリーズ(648円)は3888円もかかる。

これは高い方の参考書が1冊買えるぐらいの値段だ。ずっと欲しいと思っている「これならわかるロシア語文法」(3,780円)が買えてしまう。さすがにもったいないよなあ。

それだけの内容なら良いが、ざっと見たところ、「旅するフランス語」の巻末にはスクリプトがついてなかった。旅の写真集ぽくて私の役に立つ部分がないみたいだった。数年再放送している「テレビでロシア語」のテキストには巻末に全部のロシア語スクリプトが付いているから、中上級の学習者にも参考になる。

あと「まいにちフランス語」応用編は意外に中級程度の易しい感じで、ラジオ放送を書き取れそうだからテキストなくても大丈夫かなという感じがした。(「レベルアップ中国語」はまだ見ていない)

いずれにせよ、放送が始まってから「もし必要だったら」厳選してテキストを買うことにしようかと思う。値上げにより、私の悪い癖だった必要のないテキスト爆買いをやめられそうだ。その意味ではNHK出版に感謝したいと思う。


[PR]

# by L-monger | 2016-09-24 14:26 | NHK語学講座 | Comments(1)  

今度の水曜日に「旅するユーロ」特番放送 (16年9月12日)

とっくにご存知の方も多いと思うが、以下の日時でNHK Eテレで「旅するユーロ」(旅するフランス語/スペイン語/ドイツ語/イタリア語)の10月放送開始前特番がある。

9月14日(水)午後11:00~11:25

興味のある人はご覧になってはいかがだろうか。

ちなみに2007年までのテレビ「フランス語会話」などは「語学>旅番組」
2008年~2016年9月までの「テレビでフランス語」などは「語学=旅番組」
今年2016年10月からの「旅するフランス語」などは「旅番組>語学」になったかなあと思っている。

テレビ番組で語学の基礎を形成するのは時間的に困難と思えるので、私は中学生の時からラジオ講座メイン派だが(当時は英語の学習)、美しい風景や外国の方々の生活を眺めて、語学学習のモーティベーションを上げるにはいいかなと思っている。

(某所で見ると、イタリア語の東儀さんは3週間イタリアに滞在して収録したように書いてあった。6か月24回をそのぐらいで撮るのは、毎回2本撮りで12回=6か月間、NHKのスタジオに来るより拘束が短いから、これまでより有名な人を使えるわけか。時間をかけて進歩するわけでないから、生徒役ではないな。この点、テレビで中国語やテレビでハングル講座の方が生徒役らしいと言える。来年はこっちも変わるのかな。)


[PR]

# by L-monger | 2016-09-12 15:12 | NHK語学講座 | Comments(4)  

中国語の「吃点儿」は「食べる」の婉曲表現?(16年9月10日)

今週の「まいにち中国語」(おもてなし中国語;陳淑梅先生)の第103課で

「何かお飲みになりたいですか?」「何か食べたいですか。」
「你想喝点儿什么吗?」「你想吃点儿什么吗?」

という例文と中訳問題があった。ポイントは不定の「何か」なのだが、別の事が気になった。「点儿」は表現をぼかす意味だという説明だったが、「あなたが」「食べる」だからこそ使われているのではないか、婉曲表現で丁寧に言っているのではないかということだ。

日本語でも「何か食いますか」(最低レベル!)より「何か召し上がられますか」の方が丁寧だ。英語やフランス語でもeatやmanger以外の表現で食べることを表現する。haveとかprendreだ。

中国語でも同じように少しぼかして「吃点儿」で「召し上がる」的な意味なのかもしれない。

だとすると、次の瞬間翻訳練習では私はそういう日本語を使おうかと思う。
「あなたは、召し上がりたいですか、何か、マ」「你想吃点儿什么吗?」みたいな具合に。

こうでもしないと私は絶対入れ忘れると思う。本当を言えば「点儿」を動詞に付けるプラクティスをやるべきだと思うが、こういう文法的変形練習ってラジオの中国語講座でやったことないなあ。だから日本人受講生が自然な中国語を使えるようにならないんだよ、たぶん。


[PR]

# by L-monger | 2016-09-10 16:25 | 中国語 | Comments(6)  

時間節約のために「新キャンパス独和辞典」を購入(16年9月4日)

2001年度ラジオドイツ語講座入門編(レオのドイツ語世界)も4月~8月で5か月学習し、15個×18週=270個の例文を練習した。入門段階ではこの程度覚えた単語数が増えるとお互いに邪魔し合って覚えにくくなる。

たとえると、新居に引っ越したばかりは物の数が少なくて見通しが良いが、数か月住んでいるうちに物が増えて何がどこにあるか段々分かりにくくなるのに似ている(そんな経験ない?)

整理が必要だ!これまではネットの辞書や学習サイトを見ていたが何しろ検索に時間がかかる。名詞の格変化、動詞の現在活用や過去分詞などがパッとわかればと痛切に感じるようになってきた。

書店で実物を物色してみたところ、ニーズにぴったりと思える辞書が見つかったので買うことにした。学習用に特化した「新キャンパス独和辞典」(郁文堂; 3,000+税)だ。

c0059093_14565122.jpg
(箱は黒くてシックだが、カバーは白くて真珠色に光る凝ったつくり。テキストより少し小さく、軽めの辞書なので持った時の負担も小さい。)

以下に一例を載せるが、売り文句の「利便性を徹底追及」にたがわぬパッと見ればすぐ分かる変化形!これで例文を少しいじくる際に悩まなくてよくなった。また似た単語の意味の違い、動詞形と名詞形の関係などを調べて「余計な知識」を得た方が、記憶する際に大きな手助けになる。
c0059093_14572899.jpg
(上記のkennenとwissenの違いの説明など、役に立つ)

まだ2~3日しか使っていないが、これまで疑問に思っていた事柄がつぎつぎに氷解していくのは楽しい。今の私の段階では、知りたいのは全部の語義ではなく、一番使われている語義、それもその単語のコアミーニングを言い当てるような日本語訳だ。在間進先生ほかの方々の工夫だろうが、それがパッと分かるのは、趣味のためにそれほど時間が割けない私には本当に助かる。(前綴りの意味もまとめてくれているので、分析すれば覚えやすい。fahrenとabfahrenの差はすぐ分かるが、sehen と ansehen (sich)の差は辞書がなければ分からなかった。)

おかげで新しい例文も憶えやすくなったような気がする。


[PR]

# by L-monger | 2016-09-04 15:01 | ドイツ語 | Comments(3)  

まいロシ入門「千里の道」を本放送期間に学習しない理由(16年9月1日)

「まいにちロシア語」9月号テキストを入手した。16-4月期入門編(オレーグ・ヴィソーチン先生;千里の道も一歩から)のカリキュラム全体がようやく見えた(NHK出版さん、以前のように、毎月、進度表つけてくださいよう)。

さすがロシア人講師というべきか、思い切ったカリキュラムだ。ロシア語の命ともいうべき、完了体・不完了体の区別はあえて教えず(動詞は最後まで不完了体しか扱わない)、その分、各種活用を形容詞まで含めてここまできっちりやったのは、長いNHKロシア語講座の歴史では初めてにして最後だろう(多分)。日本人講師なら格変化の一番最初は、前置格から教えることが多いと思うが(前置詞の後という決まった位置に加え、男女差がなくて覚えやすいから)、前置格は9月に他の格変化の復習のついでに教えるという方法もびっくりだ。

さて、現在の所、私はこの講座を学習せず聞き流している。その理由は4月~10月は2001年のドイツ語講座(レオのドイツ語世界)を学習していて時間とエネルギーがないということもあるが、去年の臼山先生「サバイバルロシア語」と同じ方法をとるつもりだからだ。

つまり、4月~9月はただ放送を聞き流し、講座の全体像をつかむ。そして10月から(今年は都合により11月から)、自分の学習したい部分を自分の学習したいペースで学習するためだ。

今の所、皮算用しているのは6月~8月のオレーグ入門編を週に2回、これと同じ学習ポイントを持つ匹田入門編(匹田剛先生「繰り返しでマスター!文法の基礎固め」;2015年10月期再放送)を週に1回として組合せ、19週間(5か月)で練習しようかと思っている(複数の格変化については臼山先生のサバイバルロシア語も適宜混ぜる)。

こうするメリットは
(1) 自分の好きなレベルの学習を、好きなペースで進められる。
(2) オレーグ入門編は味が濃いので、ときどき、あっさり味の匹田入門編で飽きなくする(あと匹田先生の説明は分かりやすい)。
(3) 例文拾いをする際に、どちらかの講座で興味のある例文をベースに反対側の講座の単語を挿入するなどして、自分の好きな例文を作りやすい。

いずれにせよ、これまでいい加減に放っておいた格変化をちゃんと身に付ける(名詞、形容詞、指示代名詞、そして複数形のそれらを含めて)良いチャンスだと思っている。スタートが楽しみだ(あと2か月もあるけどね)。あ、予定は変更になる場合もあります(笑)。


[PR]

# by L-monger | 2016-09-01 15:21 | ロシア語 | Comments(0)  

循環式再復習で差が出る・中仏独露(16年8月30日)

今回は自主学習の話。自分でピックアップした例文(中仏独露)を日→外の順でボイスレコーダーに録音し循環的に復習している。本当はこの程度ではダメで、覚えた例文を応用する(いろんな言葉を入れてみる)作業が必要だが、趣味の語学だからそこまでやらない(時間不足でやれない)。

基本的に3つの音声ファイルを練習している。毎日、4分間×3=12分間ぐらい。
(1) 今週録音したファイル(7日間やる)
(2) この一年間に録音した40個程度から循環しているファイル(1日間やる)
(3) 昨日練習した循環ファイル(1日間やる)

ただし中国語とフランス語は上記を毎日やるので、週に5本再復習して、8週間で一回りだが、ドイツ語とロシア語は一日おきで(ドイツ語は現在17本、ロシア語は25本)、週に3本再復習して、前者は5週間、後者は8週間かかる程度だろうか(ドイツ語は増加中で、ロシア語は今は増えていない)。

8月から始めたことだが、再復習して覚えていない例文を書きだして「覚えていない例文集」として週に1本、ボイスレコーダーで作っている(中独露のみ)。フランス語は書けば割合覚えるので、現状、録音はしていない。
c0059093_15395975.jpg
各言語を比べてみて面白いことが分かった。覚えていない程度が、独>露>中>仏なのだ。たとえば、始めたばかりのドイツ語は1ファイルにつき7個ぐらい覚えていないが、ロシア語は5個、中国語も5個、フランス語は4個ぐらいだ。覚えやすさは学習期間に比例するみたいだ。つまり長くやればやるほど、外国語は慣れて覚えやすくなるのではないだろうか…。たぶんね。


[PR]

# by L-monger | 2016-08-30 15:43 | 学習法 | Comments(3)  

ありがちな思い込みと対処法~NHK外国語講座(16年8月23日)

以下はNHKが宣伝しているのではなくて、一般の人が思い込みがちな事柄=誤解。今の時期、このページに検索でたどり着くような人は当然知っているだろうけど。

(x) 1. 週1回のテレビ講座(例=旅するフランス語)の方が、週に3回のラジオ講座(例=まいにちフランス語)の入門編より、楽に外国語をおぼえられる。

→もし週1回25分間学習した内容を、復習もせずに、翌週まで覚えていることができるような天才ならば、これは正しいのかもしれない。大部分の人にとっては、週に3回でさえ少なくて、少なくとも毎日15分間ぐらいは練習し続けないと、どんどん忘れるので、週1回テレビ講座の方が自助努力の割合が高くなり、しんどい。

(x) 2. テレビ講座(例=テレビで中国語)やラジオ講座(例=まいにち中国語)を聞いて口を動かしていれば外国語は身につく。少なくとも挨拶ぐらいはできるようになる。

→実は「挨拶ぐらい」はそうとう難しいのだが(何を言われるか予想がつかないため)、それを別にしても他人から与えられた言葉くらい忘れやすいものはない。少なくとも練習問題を自分で解き、覚えたことは何も見なくても言えたり書けたりできるようにするなど、自助努力をしないと、かけた時間の割には驚くほど少ない記憶しか残らない。言いたいことを常に意識し、自分で作文してみるとよく覚える(私にも実体験あり)。これも毎日やること。

(x) 3. ラジオ講座の「入門編」を1年ぐらい受講すれば「応用編」について行けるようになる。(時間枠が潤沢な中国語やハングル講座では「まいにち~」と「レベルアップ~」に分かれている。)

→実は「入門編」を終えても中級に必要な知識が全部身につくようにはできていない(合計時間があまりにも少ない)。「入門編」の対象は「何も知らない人」、「応用編」の対象は「自力で中級までたどり着いた人」と対象者が異なっているので当然だ。また「応用編」のレベルにふさわしい人は、当然「応用編」以外にもやらないと学習量が足らない。

以上、新学期情報で浮かれがちな気持ちに水をかけてみました。ごめんね。


[PR]

# by L-monger | 2016-08-23 14:55 | NHK語学講座 | Comments(2)