17-4月期情報(4) 新学期テキスト発売&買った(17年3月19日)

昨日3月18日は4月号テキストの発売日だったので、書店に行って興味のある分を買ってきた&立ち読みしてきた。
c0059093_14071255.jpg
最初の3か月は、ロシア語とドイツ語、この2冊で行こうかと思う(昨年486円に値上げされたので2冊買うのが限界)。ロシア語のカラーコードは茶色なのに表紙は黄色にしたんだね(背表紙は茶色)。目立つから良いか。

こういう単色塗りつぶしの多い表紙を見ると2007年→2008年の大変動(「まいにち」シリーズ開始)を思い出す。来年、また講座が大幅に変わりそうな予感。以下、ちょっと感想。まだ買ってなくて、以下の記述が分からないという人はNHK出版のページで「試し読み」ボタンを押して。

★ ラジオ まいにちロシア語 入門編(黒岩幸子先生;声に出して覚えるロシア語)

第1課から文字をやりながら、表現もどんどん学習するので、少しレベルが高めの気がする。若い女性と引退した男性の組合せにしたのは、対人関係の例示のためかな。久々にスキット内で「名前+父称」の呼び方が見られる。コラム「雑学のロシア」がためになる。

★ ラジオ まいにちドイツ語 初級編(藤井明彦先生;ドイツ語で巡る建築)

建築物をめぐる旅は目新しいが、テキストの造りはごくオーソドックスな感じ。文法説明がKompassのように冗長な感じもする。練習問題が多めなのは良い。あと「もっと知ろう」で文化的な知識も得えられる。そんなに期待せずにいるつもり(テキストの購入動機は応用編「ドイツ語発見の旅」が目当てなので)。

まいにちフランス語はテキストなしで分かるのでとりあえず買わず。7月ぐらいに面白かったら買うかもしれない。こちらも上記同様、最初から表現をたくさん学習し、ゲストさんからの意見(フランス語添え)のコーナーもある。

今回、どの外国語も「後期入門編」的にレベルが少し高く、文化コーナー的なものを入れてきているのは、まったくの初心者ではなく前に習ったことのある人も飽きずに学べるようにとの配慮だろうか(フランス語は原文入りなので中級の人も少し楽しめる)。そんなに新規学習者が減っているのかな。

そうそう「ラジオ おもてなしの中国語(及川淳子先生;出会い ふれ合い 語り合い)」だけど、挨拶表現(初級)と文化的な書き言葉の記事(中級)の両方のコーナーがあった。レベルを問わず集客したいとの意図のようだ。2色刷りテキストはきれいだけど薄すぎなので買わず。

「まいにち中国語」は、文法の本格開始が第7週目(5月半ば)のようなのでまた5月号を見てみたい。


[PR]

# by L-monger | 2017-03-19 15:04 | NHK語学講座 | Comments(3)  

ハリー杉山氏の外国語学習の考え方に同意する (17年3月15日)

一昨年の「テレビでハングル講座」を気に入ってずっと見ていたのは、生徒役のハリー杉山氏がロールモデルとして素晴らしかったからだ。その彼の最近のツイート…。

そうだよなあ。コミュニケーションでは「感情」をまず読んで、それに合わせて単語や文を解釈するのだよなあ。だから文法が間違っていても、感情が言葉に乗っていれば通じる。日本語でしゃべっても通じると思う。
(文法や単語が要らないという意味では全然ないので、ご注意。)

それにしても「と思う少しナイーブな人間なので」は「(I am) just naive enough to believe that ...」という英語表現が下敷きになっているのかな。面白い言い方だ。


[PR]

# by L-monger | 2017-03-15 15:59 | ひとこと日記 | Comments(1)  

17-4月期情報(3) NHKゴガクの番組紹介 (17年3月8日)

昨夜、見つけた。「NHKゴガク」のページに平成29年度語学番組のご案内 “翼広げて 開運!成就!NHKゴガク】の案内が出ている。「各番組の紹介」というPDF文書で、もう少し詳しい説明が出ている。私は英語番組には興味がないので、その他の語学番組の中で興味があったものについてちょっと感想を書いてみる。

ラジオ まいにちロシア語 入門編黒岩幸子先生;声に出して覚えるロシア語)

ストーリーは、ウラジオストクにて、
リタイアした男性とモスクワから来た若いジャーナリストの女性の交流ですと!なんかすごい設定で、興味をそそられる。ロシア語の響きを味わい、詩の朗読にも取り組むらしい。

ラジオ まいにちドイツ語 初級編藤井明彦先生;ドイツ語で巡る建築)


建築に詳しいドクトルFと(Gでない、古いか)日本人学生アキラがドイツ語圏の建築をめぐるそうだ。各地方の文化の違いを楽しみながら、基礎を身に付けると。初級編(入門編の上)とはいえ、難しくないだろうか。難しくてもいいけど。


★ ラジオ おもてなしの中国語及川淳子先生出会い ふれ合い 語り合い)

(木曜・金曜午前10:30~10:45)


新開講の第3のラジオ中国語講座。中国人旅行者と楽しくコミュニケーションするための語学力を養う?ビジネスの言葉だけでなく、ふれ合いと分かりあいに必要な言葉も紹介する?初級なのか中級なのか上級なのか、分からなくなった。それとも混ざってる?18日発売のテキストを見てみよう。


テレビで中国語(三宅登之先生;あした使いたくなる中国語)

出演者が分かった。「頼もしい先輩学習者、森迫永依さんと中国語を基礎から学ぼう!」ということで、9歳の時ちびまる子ちゃん(実写)を演じた女優さんだ。お母さんが中国人なので、ゼロじゃない学習者ということでいつもの初級者の「声調が不安定!」というレベルではないのだろうな。ネイティブ出演者のイーランさんや王陽さんとフリートークしてくれたらいいな。ロールモデルとして参考になるはずだから。

テレビでハングル講座(キム・スノク[金順玉]先生;あなたの毎日をハングルに!)

キム・スノク先生、ウィスさん、GOT7は引き続き。生徒役は3年ぶりの女子学生!(そこ宣伝するところ?)乃木坂46の桜井玲香さんだということだ。

皆さんはどこに興味を持たれただろうか?


[PR]

# by L-monger | 2017-03-08 11:32 | NHK語学講座 | Comments(2)  

17-4月期情報(2) 2017NHKテキストナビ(17年3月4日)

書店で無料配布のNHKテキストナビ、昨日もらってきた(とどさん、情報ありがとう)。

c0059093_15301799.jpg
新学期情報の第二弾と行きたいとこだが、今年は何もないのに近い。昨年までと違い、4月号の表紙をいれたせいか、説明の文言が非常に少ないからだ。コピーライターによる抽象的な説明から新学期講座の内容を推測するのが楽しみだったのに。
c0059093_15341831.jpg
上の画像ではフランス語がな~んにも説明がない。ドイツ語にはあるが、個々の講座でなく全体説明だ。むしろ、前回紹介した以下のリンクの説明を見た方がまだ詳しい。

NHK語学テキスト 2017年前期のご案内

旅するユーロは10月期の再放送だから「旅人」は書かれているが、テレビの中国語とハングル講座(年間新作)の「生徒役」が誰なのか、「未定」となっている。ここ数年で初めてのことだ。これらの講座は表紙写真も載ってないから、わざと伏せているのかと邪推したくなる。

唯一私の興味を引いたのはロシア語だ。
c0059093_15400008.jpg
「テレビでロシア語」は10月が新作となっている。他に何も情報がないが、とりあえず、やっほう。何しろ貝澤先生と小林麻耶さんのサンクト編は2013年4月期以来、これで9回目の再放送だから、そろそろ良いかと思う。しかしこの4月期で見納めだと思うと惜しい。6か月合本になったテキストを買って見ようかな。レポートのロシア語が全文載っているサービスの良さもあるし(「旅するフランス語」なんかでも全文掲載やればいいのに)。

ところで、「まいにちロシア語」10月期はなぜ2014年林田理惠先生の「大人のためのロシア語」なのかな(2回目の再放送)?私は全部聞いたので面白い内容とは思うけど、順当なら2016年オレーグ先生の「千里の道も」の番だ。ひょっとして2018年度にアンコールまいにちロシア語が復活するのかな、しないのかな。ちょっと期待してしまう。

参考:2014年4月期ロシア語の感想:達成感のあるスパルタ講座 (14年10月10日)


[PR]

# by L-monger | 2017-03-04 15:52 | NHK語学講座 | Comments(1)  

あたらしいテキスト・参考書を買いまくる人(17年3月1日)

まだ前のテキストや参考書が終わってないのに、新しいのをどんどん買って自己嫌悪になる人がいる。その方法自体(テキストホッピング)がダメなんだから、他の方法を試せばいいのにと思う。

NHKラジオ講座もテキストも参考書も、しょせん他人が作ったものだから、記憶にしみ込まない(「私の生存に関係ないでしょ」とあなたの海馬が言う)。

日本語訳からフランス語・中国語・ドイツ語・ロシア語に戻してみる。うまく戻らないはず。なぜ違うのか、そこを追及して理解したことを例文にして何度も発音して自分の血肉化する。(文法の練習問題でも、聞き取り=ディクテーションでも同じことができる)

自分による自分のための学習を続けていると、一つのテキストから何でも吸い付くしたいという気持ちが猛然と起こってくる。そうなったら新しいものの誘惑から逃げられるだろう(というか何も誘惑を感じないはず)。

自己学習する人には自分で工夫することが必要だ。

私? 私はもちろん、新しいのも買う(笑)。よさそうならばね。聞いてみて本当に気に入れば、学習対象に入れるのだ。用心深すぎるかな。



[PR]

# by L-monger | 2017-03-01 18:24 | NHK語学講座 | Comments(2)  

ラジオ語学講座にトキメキを取り戻す(17年2月25日)

2008年の「まいにち○○語」移行の後、NHKラジオ語学講座にそれほどトキメキを持てなくなって久しい。今度の2017年度が終わるともう10年になる。最初の1,2年こそ面白く思えたけど、表面的だったな。

なぜトキメかないか考えてみたら、(1)謎がない(2)達成感に欠ける、ではないかと思いついた。

「(1)謎がない」とはつまりスキットを1回聞いてすぐ説明し始めるとか、テキストの原文のすぐ近くに日本語が書いてあるということだ。練習問題がすごく少ないこともある(特に作文)。少しは楽しませてくれよ、悩ませてくれよ、と思う。時間が15分しかないので、すぐに説明し始めたり答えを言うが、これじゃ悩む時間がない。2007年以前は、間に単語の説明を挟んで、スキットを2回くらい聞かせてくれたがなー。

「(2)達成感に欠ける」とは今の実用重視、文法軽視のカリキュラムに原因があるような気もするが、自力で文を解釈したり作ったりするのに文法なしでどうやれというのだろう。いつまでも旅行にすぐ役立つフレーズだけをやっても応用できないので、達成感が低い。(身につかない方が、講座を聞き続けてくれるので、NHK出版が儲かるとでも言うのだろうか)

だから、もうトキメキは自分で取り戻さないと仕方ないのだ。すぐに説明が始まるのなら、録音しておいて(あるいはストリーミングの)再生を止めれば良い。(私は前日の寝床の中でテキストを見てできるだけ自分で解釈を試みて悩んでみている。)じっくり悩んだ末に説明を聞くと、理屈満載の説明でもつまらないとは思わないはずだ。日本語訳が邪魔なら、白紙を挟んで反対側のページを隠せばよいのだ(やってる)。

達成感に欠けるのなら、その部分の文法を他の本で調べれば良いのだ。フランス語だけ出てないと思ったけど、いつの間にか六鹿豊先生の「これならわかる フランス語文法―入門から上級まで」が出てるね。このような本で調べつつ講座を進んでいけばいいのだ。文法に即した例文を拾って、テキストの例文とともに暗唱、暗唱。(私がやってるロシア語のダブル入門編方式に似ている。)

ちなみに講座時間が短ければ短いほど、自分で勉強する余地があると思って喜ぶと良い。1回15分間の放送に対して15分間の予習、15分間の復習は今の体制では当たり前だろう。何から何まで世話してくれなくなったが、それもまた良しと思えば、トキメキが帰ってくるのではないだろうか。

以上、皮肉っぽく書いたが、4月の新学期が始まった時に思い出していただければ、幸い。


[PR]

# by L-monger | 2017-02-25 15:23 | NHK語学講座 | Comments(6)  

Re: 17-4月期情報(1)ちょっと感想 (17年2月16日)

ようやく仕事が一段落したので、おとといの17-4月期情報のうち、めぼしいものについて感想を書きたい。


★ ラジオ おもてなしの中国語及川淳子先生出会い ふれ合い 語り合い)
(木曜・金曜午前10:30~10:45)


新しく開始される講座だ。ラジオの中国語はこれで3本立てになった。たぶん中国人観光客の接客に四苦八苦している人のための講座だろう。週2回だし、普通の中国語講座では禁じ手のカナもふってある。しかし最近、「おもてなし」というタイトルを乱用しすぎだなあ。


「あれ?この時間はレベルアップ中国語では?」と思った人は鋭い。なんとレベ中を夜1回だけの放送にしてこの時間を作ったのだ。レベ中は(レベハンも)3 か月合本テキスト、CDは売らない(ダウンロードはある)、毎日1回放送だけ、そして10月期も過去講座の再放送決定だ。この縮小路線を見ると、来年の18年度には、レベ中がなくなるのかも。


テレビで中国語(三宅登之先生;あした使いたくなる中国語)
テレビでハングル講座(キム・スノク[金順玉]先生;あなたの毎日をハングルに!)

両先生ともなんと3年目の担当だ。テレビ講師は2年で交代するのが伝統だったのに(2009年以降ずっと)、これは何かある。来年の18年度には「旅する中国語」とか「旅するハングル講座」にして、現行の旅するユーロシリーズ同様、旅のお楽しみに重きを置いて、学習はちょっぴりかもね。その場合、今年の内にちゃんと教えようと思って、この先生たちはたいへん張り切るかもね。楽しみ。

ラジオ まいにちドイツ語 初級編藤井明彦先生;ドイツ語で巡る建築)

初級編は基礎を学んだあと中級に進もうとしている方」。おお、そこまでやる気? 「建築」って何? 興味津々。


あと、応用編「ドイツ語発見の旅」はとても良い文法・作文講座だったので、17年4月-6月の再放送に合わせてテキストを買おうかと皮算用。カップリング相手がこの初級編だから言うことなし。


ラジオ まいにちロシア語 入門編黒岩幸子先生;声に出して覚えるロシア語)
「世界が大国ロシアの政治経済に注目!芸術・文学ファンにも魅力いっぱい!」は講座の内容なのか、それとも売り文句にすぎないのか、不明。黒岩先生は通訳をしていた経験もあるそうだから、実践的な内容になるのかなあ?


あ、まいにち中国語やフランス語入門編に興味がないや(今の所)。私のメインの学習言語なのに…。



[PR]

# by L-monger | 2017-02-16 17:21 | NHK語学講座 | Comments(4)  

17-4月期情報(1) NHK外国語講座 (17年2月14日)

情報をいただいたとおり、NHK出版の定期購読のページでNHK外国語講座、4月以降の新学期の情報が掲載されていた。情報の第一弾として紹介する。


私は英語以外の講座にしか興味がないので、すぐに一番下の「その他語学」をクリックして開いた。詳しい説明は各自で見てほしいが、私が興味のある新規講座のタイトルと講師のみ一覧で以下にコピペする。


ラジオ まいにち中国語
「聞いて話す! 耳から覚える中国語」
[講師]高木 美鳥

ラジオ おもてなしの中国語 (木曜・金曜午前10:30~10:45)
「出会い ふれ合い 語り合い」
[講師]及川 淳子

テレビ テレビで中国語
「あした使いたくなる中国語」
[講師]三宅 登之

テレビ テレビでハングル講座
「あなたの毎日をハングルに!」
[講師]キム・スノク[金順玉]

ラジオ まいにちドイツ語 入門編
「ドイツ語で巡る建築」
[講師]藤井 明彦

ラジオ まいにちフランス語
入門編
「Bon voyage ! ~フランス語で旅をしよう!~」
[講師]田口 亜紀

ラジオ まいにちロシア語
入門編
「声に出して覚えるロシア語」
[講師]黒岩 幸子


また情報が出たら、順次紹介したい。

---------------------------------------------------------------------

2/20追記:フル活用ブックよりも以下のリンクの方が英語以外の語学講座の一覧表(いつものやつ)がすぐ見れる。全体像が見やすい。


NHK語学テキスト 2017年前期のご案内




[PR]

# by L-monger | 2017-02-14 21:36 | NHK語学講座 | Comments(8)  

復習は現行・過去1・過去2の3本ラインを回す(17年2月9日)

ラジオ講座や参考書で学習している人、復習はしているだろうか?(前回に言ったとおり、復習嫌いな人は新しいものを3倍やってもよいが)

通常は昨日または先週学習したものを復習するだけだろう(例えばテキストを音読するとか、日本語訳から外国語を言ってみるとか)。

皆さん、経験があると思うが、このやり方だと昨日と先週しか思い出さず、例えば4か月目に至った現在、1か月目や2か月目のことはすっかり忘れてしまうものだ。それでも次の4月期開始の講座になればまた学習するからいいやと思える、心の広い人は、この記事は読まなくて良い。

どうしても忘れたくないんだ、忘れるのは嫌なんだという人は、復習のラインを増やそう。

何、簡単なことだ。5か月目の現行のラインを復習するついでに、1か月目(過去1)と3か月目(過去2)を復習すればいい(テキストを読んだり、外国語訳してみたり)。

今、5か月目の学習内容が難しくてアップアップしている人は過去1がどんなに易しかったか思い出し、オレも結構進んでるじゃんと嬉しくなるだろう。過去2はそんなに易しくないが、でも今引っかかっているのはここに原因があったか、と発見して嬉しくなるだろう。

それだけではない。復習しないでいる期間が(私の場合)3か月から1か月に縮まるので、記憶力も強化され、忘れにくくなる(大事なことらしいと海馬が信じ込み、長期記憶に入れてくれる)。

この3本ラインの復習、私が3か月前くらいからやっているが、本当に楽しい。前講座(サバイバルロシア語)の復習例文で、現講座(千里の道もロシア語)が分かったりして、有機的なつながりも見えてくる。

ウソだと思う人も、試してみてほしい。
(その前に学習時間をちゃんと決められる人でないと難しいけど)


[PR]

# by L-monger | 2017-02-09 13:33 | NHK語学講座 | Comments(7)  

タイムシフトでマイペースに楽しむNHK語学講座(17年2月6日)

まず前提として、外国語学習は自分の性格に合わせてやれば良いと思う。録音をためてしまって聞かないので、語学講座はリアルタイムでしか聞かないという人は、それはそれでアリと思う(ただし、来客や家族の邪魔は無視するべし!)。

さて、私は他人の時間に縛られるのが嫌いなので、そして来客と家族を無視できない人なので(笑)、語学講座は必ず録音し、自分の決めたスケジュールに従って学習することにしている。時間ずらし(時期ずらしかな)すなわちタイムシフトだ。

そもそも語学講座の入門編が6か月ってどういうことだと思う。講座により難易度も分量も変動するものだが、私の感覚では半数以上の講座は6か月でこなせる人はとても少ないはずだ。現在再放送中の「サバイバルロシア語」も「まいにち中国語:大陸君の留学日記」もあのスピードは速すぎる。

つまり、4月や10月に新しいお客さんを増やしたい一心で、現有の学習者を切り捨て、新しい学習者に乗り換えているのだ、講座側が。

とは言え、NHKの講座スケジュールには不満があっても、内容はとても気に入ったので、私はゆっくり時間をかけてこれらの講座を学習した。ロシア語は7か月くらいで、大陸君は4か月分を6か月かけて、満足のいく学習ができた。このためには録音によるタイムシフトが欠かせない(私がレオのドイツ語世界でやったように、別売りCDでも良い)。

あとは計画性だけだ。毎日10時になったら学習するとか、月木金に1時間ずつやるとか決めて学習すると、身につくのが分かってきて大変楽しい。もちろん循環復習は欠かせないけど。そのための、もう一つの楽しい秘訣はまた今度。

参考過去記事:ゴールイン 例文復習 昨年のまい中「大陸君の留学日記」(16年4月7日)
参考過去記事:連休中にゴールイン 例文復習 昨年のサバイバルロシア語 (16年5月9日)


[PR]

# by L-monger | 2017-02-06 18:00 | NHK語学講座 | Comments(0)