タグ:スペイン語 ( 25 ) タグの人気記事

 

今度の水曜日に「旅するユーロ」特番放送 (16年9月12日)

とっくにご存知の方も多いと思うが、以下の日時でNHK Eテレで「旅するユーロ」(旅するフランス語/スペイン語/ドイツ語/イタリア語)の10月放送開始前特番がある。

9月14日(水)午後11:00~11:25

興味のある人はご覧になってはいかがだろうか。

ちなみに2007年までのテレビ「フランス語会話」などは「語学>旅番組」
2008年~2016年9月までの「テレビでフランス語」などは「語学=旅番組」
今年2016年10月からの「旅するフランス語」などは「旅番組>語学」になったかなあと思っている。

テレビ番組で語学の基礎を形成するのは時間的に困難と思えるので、私は中学生の時からラジオ講座メイン派だが(当時は英語の学習)、美しい風景や外国の方々の生活を眺めて、語学学習のモーティベーションを上げるにはいいかなと思っている。

(某所で見ると、イタリア語の東儀さんは3週間イタリアに滞在して収録したように書いてあった。6か月24回をそのぐらいで撮るのは、毎回2本撮りで12回=6か月間、NHKのスタジオに来るより拘束が短いから、これまでより有名な人を使えるわけか。時間をかけて進歩するわけでないから、生徒役ではないな。この点、テレビで中国語やテレビでハングル講座の方が生徒役らしいと言える。来年はこっちも変わるのかな。)


[PR]

by L-monger | 2016-09-12 15:12 | NHK語学講座 | Comments(4)  

16-4月期情報(4) 発売日前にテキスト試し読み (16年3月17日)

明日3月18日はNHK語学テキスト(英語以外)の4月号発売日だ。見るのを楽しみにしている人もたくさんいると思う。

NHK出版のサイトでは全部ではないが、一部のテキストに「試し読み」ボタンが付いていて(いずれ全部のテキストに付く)、最初の方のページが読める。書店でじっくり見るようには読めないが、待ちきれない人や近くの書店に欲しい言語が入荷しない人は、見てみると良いと思う。(4月号は、入門編の最初が文字の説明などリピーターには興味ない箇所だから、本当は3週目以降のレッスンを見たいんだけどね。あと応用編が見れないのはそろそろ何とかしてくれないか。)

リンク→NHK出版の語学テキスト一覧

現時点、3月17日午後2時でラジオ(ネット)講座はドイツ語、スペイン語、ロシア語などが見れる。テレビ講座は中国語などが見れる。一番人気のイタリア語やフランス語、ハングル講座が後回しになっているのは何か意図があるのだろうか?
[PR]

by L-monger | 2016-03-17 13:56 | Comments(6)  

仏独西ラジオ入門編のCEFRと通年化は良かったのか(16年2月27日)

まだ通年化して11か月目であるが(後期入門編としては5か月目)、3月になったらどうでも良くなりそうなので、今のうちに書いておこう。とはいえ、曲がりなりにも聞き続けているのは仏独西だけで、伊はフォローしていないので分からない。

★「まいにちスペイン語 入門編」(菅原昭江先生;スペイン語のジムにようこそ!)

前期入門編(江澤照美先生;みんなのスペイン語)に引き続きの後期入門編。やはり6か月ごとに違う先生にやってもらうと別の視点から新鮮な気持ちで練習できていいような気がする(これはイタリア語もそうだろう)。

CEFR対応ではあるが、実用的な表現と平行して、文法も取り上げるし動詞活用も練習する(筋トレルーム!笑)。三者の中では実用と文法のバランスが一番よいと思う。また取り上げられている表現も身近なものが多いので、スペイン語圏の人とすぐに話す必要がある人にも役立つし、そうでなくても感情移入して発音練習できる。

★「まいにちフランス語 初級編」(大木充先生;もっと話せるフランス語~文法より実践練習2)

前期入門編に引き続き、同じ3人の先生たちによる後期入門編(初級編と呼ぶけど)。直接の続編なので、前期で習ったことよりもっと難しい表現を取り上げていた。しかし、自己紹介とかワインのティスティングとか、自分の国の面積とか、文学や絵画の談義とか、こういう内容を話したいと思っている人には良いが、別にどうでもいいやと思ったら負けかもしれない。

前期後期あわせて、三者の中では一番CEFR対応らしい実用中心のカリキュラムだった。例えば複合過去形も条件法も出てくるが、活用練習などはせず、ちょこっと説明で言うだけなので、文法はこの講座以外で集中練習しないと「???」という状態だろう。綴り字の読み方も、他で勉強しないとたぶん怪しいままだろう。もう週3日講座でフランス語の基礎を習うというのはそもそも、無理なのかもしれない。

★「まいにちドイツ語 初級編」(中山純先生 クナウプ先生;Kompass2)

前期入門編に引き続き、同じ3人の先生たちによる後期入門編(初級編と呼ぶけど)。あ、フランス語と同じだ!最近はほとんど聞いていないので、最初の3か月だけの印象だが、どこがCEFR対応なのだろう? 確かにモーゼル日記には若者の生き生きとしたドイツ語がつかわれているようだが、これを文法主体で説明するため(Navigationで)、聞いていて回りくどいし、時間がもったいない。リアルだが、実用的でない例文もどうかと思った。あと本体と無関係な発音コーナー、メモ作りコーナーも意図が分からない。私の趣味としては、ドイツ語の文法体系は美しいと思うので、それを身に付ける練習をしてほしかったが、観光バスの中から名所をビューっと見て回ったような感じだった(前期も後期も)。避けられると良かったはずの観光バス方式。

「CEFRと通年化は良かったのか?」というテーマだが、私の印象では(今回の独仏西の実態を見る限り)ラジオ講座の可能性を小さくして、つまらなくしてしまったような感じがする。CEFRは実用に縛られて表現の幅が小さくなっているし、文法という道具を使わずに大人の学習者が外国語を身に付けるのは効率が悪すぎる。また通年化というは同じやり方を12か月やればよいというものではなく、ある時は表現のまとめ、あるときは文法のまとめというようなダイナミックな変化が必要だ。そのためにも同じ先生に12か月丸投げするのではなく、違う先生にお願いするような、講座編成作業をすべきではないのか(これらと比較して、シバリのないロシア語や中国語の講座は今年も、結構面白かった)。というわけで、特にドイツ語とフランス語は2016年の新しい前期入門編(別の先生)に期待したい。

参考:2014年4月号テキスト:仏独西伊にもCEFRレベル適用 (14年3月20日)
参考:入門編の通年化に対する熱意度ランキング (15年3月24日)
[PR]

by L-monger | 2016-02-27 17:22 | NHK語学講座 | Comments(5)  

年末年始の特別番組/NHKラジオ第2 (15年12月28日)

相変わらず忙しいのでブログが書けないでいる。とりあえず、年末年始の特別番組(NHKラジオ第2)の情報。出かける方は録音準備を忘れずに。

ここが一番見やすいと思う。
「学びの森・年末年始特集番組」

一番宣伝したいのは12月31日開始の昼オビの「食べて!歌って!まるごとユーロ!」(西・仏・伊・独)だろうけど、私はあんまり興味ない…。

むしろ午後の「私の日本語辞典・選「言葉の発達の謎を解く~赤ちゃんの日本語学習~」とか夜の「新春朗読特集 池波正太郎の「真田騒動」」とかにちょっと興味を引かれる。
[PR]

by L-monger | 2015-12-28 15:10 | NHK語学講座 | Comments(1)  

何度も聞き甲斐のあるラジオ講座:日外の順 (15年12月5日)

いくら好きなラジオ講座でも何度も聞くのはキツイ。1回聞けば理解してしまう説明部分は1回聞けばたくさんだ。問題は例文とか単語で、これらは1回聞いただけで覚えられるものではない(天才的な人は除く)。ラジオ講座を複数回聞くのなら、後者をうまい形でたくさん出してくれる講座が望ましい。

今、個人的に絶賛復習中の「まいにちロシア語 入門編」(臼山利信先生;サバイバルロシア語)はそういう講座だ。何がいいって「日本語」→「ロシア語」の順で単語も例文も言ってくれるので、先生が日本語を言っている間に、先に単語や例文を言えた時には、大変快感がある。

現在は例文拾ってボイスレコーダーで瞬間翻訳の練習をしているので、なおさらだ。しかも例文の数が多い。エクササイズまで入れると1課に付き20個以上16個程度の例文があるから、やり甲斐が他の講座の何倍もある。(通常の講座進行=週3日で3本ではとてもついていけないので、本放送の時の二分の一のスピード=週3日で1.5本、つまり2回ずつ聞くことにした。録音してあるので当然できる)

他の講座はどうだろうと思って注意して聞いてみたら、

「まいにちスペイン語 入門編」(菅原昭江(すがはらあきえ)先生)は「日本語」→「スペイン語」の順はそのような練習をするときだけで、他は「スペイン語」→「日本語」が多かった。むしろゲストの方が大量に話すスペイン語を全部シャドーイングすると良いかもしれない。

「まいにちフランス語 入門編」(大木充先生)は一文ずつの「日本語」→「フランス語」はほとんどなくて、ダイアローグのかたまりで練習することが多かった。従って、例文としてはパターンが少なくなるので(1回に2~3個)、私の趣味ではない(何度も聞く気がしない)。

あとドイツ語Kompass2はそのような練習ができるのは「モーゼル日記」だけのようが、日本人声優が感情を載せて、超スピードで話すので(当然)、聞いてぱっとドイツ語を言うのは無理だろう。

というわけで、サバロシをますます気に入っている。ムニェ・オーチニ・ヌラーヴィッツァ(笑)。
[PR]

by L-monger | 2015-12-05 16:11 | Comments(7)  

12月のみのラジオ講座時間割に変更 (15年12月2日)

まいにちロシア語(匹田先生)を聞きはじめたので、朝晩の皿洗い時間のラジオ講座時間割を今月のみ、以下のように変更する。1月になったら、レベルアップ中国語が新しくなるのでまた変更すると思う。

c0059093_160532.jpg


★「露(現)」=(旧作・再放送中)「まいにちロシア語 入門編」(匹田剛先生;繰り返しでマスター!文法の基礎固め)
→12月より聞き始めた(再度)。練習中心の細かな文法解説で臼山サバイバルに抜けていた部分を埋めていく予定。

★「露(サ)」=(旧作録音)「まいにちロシア語 入門編」(臼山利信先生;サバイバルロシア語)
→半分のスピードで2回ずつ聞くつもり。つまり今週は「月・月・火」と聞き、来週は「火・水・水」と聞く。その間に例文を毎回、5個ずつ拾い、ボイスレコーダーで瞬訳練習。

★「西」=「まいにちスペイン語 入門編」(菅原昭江(すがはらあきえ)先生;スペイン語のジムにようこそ!)
→なんだか火曜日の文法説明の練習がとても苦しくなってきたが、テキストをカンニングしながら(普通は見ない)ついて行ってみる。

★「仏」=「まいにちフランス語 入門編」(大木充先生;もっと話せるフランス語~文法より実践練習2」
→何のかんの言っても再開後13年やっているのでラクラク。(北村先生の応用編はちょっとお休みする)

★「レベ中」=「レベルアップ中国語」(加藤徹先生;つかみの中国語)
→完全に録音チェックのため聴く。冷凍保存しておいて将来に備える。
[PR]

by L-monger | 2015-12-02 16:14 | Comments(1)  

Nextコナンと12月号テキスト入手 (15年11月28日)

クリスマスシーズンになる前にと思って先日注文しておいたフランス語版「名探偵コナン」第30巻がもう届いた。

c0059093_1511212.jpg

左端がフランス語のコナン、真ん中が日本語のオリジナルコナン、右端が中国語のコナン。全部第30巻だ。ずっとこのブログを読んでくれている人はご存じのとおり、去年やってた中国語のコナンが1話が長すぎて半年かかって4分の1を読んだだけでやめた。(→中文コナン30 第1の事件 ようやく学習完了 (15年2月11日))

その雪辱戦でもないのだが、日本語版がせっかくあるので同じ第30巻のフランス語版を買ったわけ。今やっている第29巻のフランス語コナンがもうすぐ終わるので、年明けから第30巻だ!(中国語版で一度やった頭の4分の1を再びやるかどうかは考慮中)。(→仏語コナン-29 第3の事件完了 文法が楽しい (15年9月1日))

それから12月号テキストも4冊買った。
c0059093_15155378.jpg

いよいよ匹田先生ロシア語入門編「文法の基礎固め」を開始。12月になって私にちょうど良いレベルに上がってきたので、臼山先生の「サイバイバルロシア語」と平行してやろうかと思っている。臼山先生が太い柱をあちこちに立ててくれたが、間がつながってないので匹田先生の文法講義で梁をかけ、しっかりした「橋」を作るつもり。第3外国語を第2.5外国語ぐらいに格上げ。

その分時間がないので、ドイツ語入門編はそろそろやりおさめかな。テキスト見たけど相変わらずだしね。スペイン語入門編は教え方が興味深いのでアップアップしつつ付いて行くつもり。レベ中は難しいので冷凍保存用。フランス語入門編はテキストなしで分かるので買わず。
[PR]

by L-monger | 2015-11-28 15:24 | NHK語学講座 | Comments(3)  

後期入門編「スペイン語のジム」注目ポイント8つ (15年11月10日)

皆さんに白状すると10月に聞き始めたころは大して評価していなかったのだが(前期みたいに易しすぎるのではないかと感じたので)、最近、後期入門編としても素晴らしい講座ではないかと思えるようになってきた。最初の不明を恥じるばかりだ。以下、8つのポイントを挙げて説明する(前期より1つ多いね→15-4月期(再) 入門編「みんなのスペイン語」私の注目ポイント7つ (15年4月13日))。

★「まいにちスペイン語 入門編」(菅原昭江(すがはらあきえ)先生;スペイン語のジムにようこそ!)

1. 月火水とだんだん難易度があがる(やりがいが増える)
月は常に同じ形のままキーフレーズを言わせ、火は性・数・活用を変えてキーフレーズの自由度を上げ、水は聞き取りや模擬会話で実地に使わせる。

2. スキットのキャラ設定がはっきりしている
引退してもアクティブな高齢男性、結婚を夢見る受付嬢、ハンサムな男性インストラクターなどなど、スキットを練習する際になりきって感情移入しやすい。

3. 講座の進行がスペイン語→日本語なのでリピーターの人は聞き取りができる
講座の進行は、ゲスト2人がまずスペイン語で話し、その後を菅原先生が日本語で言い直す形なので、講座を聞くのが2回目以降の人も退屈しないし、練習になる。

4. リピートは2回以上
15分間講座では講座内のリピート回数が少ないのが現状だ(CD買って自分でやれっていう意図?)。しかしこの講座ではすべてのキーフレーズを2回以上リピートさせてくれ、しかも「~の気持ちで」「テキストを見ないで」など具体的な指示で飽きさせない。サービスが良い。

5. 発音練習はキーフレーズから取り上げる
例えば、Jの発音(喉でホ)はtrabajar という動詞を練習するときにやるなど、その音が頻出するときにやるので、発音の大切さを実感しやすい。(それに対してドイツ語は…)

6. ジムのたとえは心構え
動詞活用など単調な練習を「筋トレ」(つらくても筋肉をつけるには必要な練習)と呼んだり、文化情報的なものをリラックスして吸収するのは「サウナルーム」と呼ぶなど、ジムというたとえで受講生の心構えを誘導している。

7. レッスンの終盤で日→西の瞬訳練習
考えずにぱっと出ないとしゃべれないので、思い出していう練習(正確には、訳す練習ではない)。実用には必須だと思う。

8. ゲスト2人に個人的な体験を話してもらう
大した体験でなくてもイインデス!(こればっかり) ゲストや先生の体験をシェアすることで親しみがわき、講座からドロップアウトしにくくなる。(それに対してフランス語は…)

などなど、聞けば聞くほど工夫している事が分かってくる講座だ。今では、ぜひ6か月目の最後まで聞かなくてはと思っている。


[PR]

by L-monger | 2015-11-10 14:16 | スペイン語 | Comments(5)  

15-4月期(再)感想 まいスペ入門「みんなのスペイン語」不慣れな人の学習習慣化に最適 (15年10月27日)

随分遅くなってしまった。4月期の感想ラストを飾るのはスペイン語の入門編だ。購入したテキストは4月~6月だが、講座は4月~9月までの計72回を全部聞いた。今回の2015年4月期が去年の4月期の再放送だったので、おそらくもう再放送しないだろう(今年なくなってしまった「アンコールまいにちスペイン語」が復活しない限り)。
c0059093_1616037.jpg


★ 「まいにちスペイン語 入門編」 (江澤照美先生;みんなのスペイン語)
毎回番組の冒頭、いきなりキーフレーズの「百本ノック」をするなど、親しみやすいキャラクターの江澤先生にグイグイ引っ張られて学習する感じの講座だ。
参考:15-4月期(再) 入門編「みんなのスペイン語」私の注目ポイント7つ (15年4月13日)

講座のカリキュラムとしては日本にいるスペイン語話者(スペイン人も南米人も)と交流できるための実践練習が中心で、文法はその補助のために必要に応じて教えるという位置付け。外国語学習に不慣れな人のために、どうやって練習するのか、その方法を身に付けさせることを目指しているように見える。

例えば冒頭の「百本ノック」(実際は十回くらいリピート)は、スペイン語の例文は何回も繰り返さなくては覚えられないことを身を持って知ってもらうためだろう。番組最後の「挑戦しよう!」は覚えたスペイン語を実際に自分が使う場面になったことを想像して言わせる練習。常に想像しながら覚えたスペイン語を言うのは、外国語をウソっぽく感じやすい日本人に必要な心理的練習だ。またよりスペリングを知り、より細密に聞くことを練習するために「音声を聴いて、書き取ってみましょう」のコーナーもある。これ、現在のフランス語や中国語など他のどの講座でもやらないが(40年ほど昔はやってたね)、初心者にはスゴークいい練習だと思う。まあ、自分で再生をとめて書き取ればいいんだけど。

さて、短所も言わなきゃね。基本を繰り返す分、時間がなくなるせいか、スキットは説明するけどリピートしない、ロールプレイもしない。「スペイン語のしくみ」では性・数の一致や動詞の活用も少しはやるけど、文法全体を俯瞰したり、文法的に言いかえさせる練習はしない(毎月のテキストの最後のページに、放送では取り上げない「今月の文法」のまとめがあるのは良いサービスだけど)。「基本の基本」は身につくが、応用力を付けるためにはあと半年や一年必要であり、すでに英語やフランス語、イタリア語を齧った人間にはまだるこっしい(そもそも我々はターゲット層ではないのだろう)。

そして、私個人の問題だが、第3外国語群のひとつとして学習しているスペイン語に割く時間があまりなかった(ロシア語の方が面白くなって…)。「百本ノック」しなくても憶えられるので、やっていて飽きるし、また、スキットや文法の練習を講座内であまりしないため、そんなに盛り上がらなかった。講座を聞いている人の外国語の吸収力を低く想定しているんだなと感じた。しかし、それは私自身がもっと講座外で勉強すれば良かったことなので講座自体の責任ではない。

この講座の修了者対象に、この10月期には「まいにちスペイン語 入門編」(菅原昭江先生;スペイン語のジムにようこそ!)=後期入門編をやっているけど、こちらは1週間分まとめて1つのスキットの中にキーフレーズがいくつもあり、また動詞の活用もちゃんとやるので、順当にレベルアップさせてくれているなあという感じがする。私もこちらの講座の方が耐えられる(笑)。

スペイン語は世界中の話者が多い割に日本ではイタリア語やフランス語ほど人気がない言語のようだが、だからこそスペイン語講座の先生たちは頑張って面白い講座を作ってくださっているようだ(ロシア語も同じ状況だけど)。
[PR]

by L-monger | 2015-10-27 16:35 | スペイン語 | Comments(1)  

15-10月期 第3週までの感想 (15年10月21日)

昨日まで九州の実家に帰省してたので、なかなかブログが書けなかった。それでもラジオ講座は順調に消化していた。毎朝、散歩しながら。

以下、過去3週間の現行ラジオ講座の感想(録音で聞いている過去講座を除く)。ところで、私は自分の目的・レベル・趣味に合わせた感想を書いているだけなので、立場の違う人は、もちろん違う感想を持つだろう。鵜呑みにしてはいけないよ。

★「レベルアップ中国語」(加藤徹先生;つかみの中国語)
実は先週の半ばで聞くのがストップしている。10/26~の週は再放送なので、月末までに録音を聞いて追いつくつもり。スキットや歌は全体として私のレベルでは手間がかかりすぎるので、冷凍保存して数年後に学習するつもりで、聞き流し中&テキスト購入中(いつ学習できることやら)。

スキットはいちいち日本語訳を言わずに、もっとフリートークを聞かせてほしい。スペイン語応用編のように。今聞いて面白いのは「今日のポイント」の部分だけなので、そこだけ音声mp3を切り出して、2日に1回にまとめて聞いてしまおうかと企て中。そして余った時間は、過去の20分間時代の応用編でも聞こうかな。「中国語deジム」とか。

★「まいにちフランス語 初級編」(大木充先生;もっと話せるフランス語~文法より実践練習2)
どうでも良いつもりでいたけど(ゴメンネ)、意外と全部聞いている(11月号以降はテキストなしの予定)。単語を増やすには良いだろう。フランス旅行したいという人はがっつり練習しておけば役に立つことは間違いないかな。シャルルドゴール空港から電車に乗りたい人は特に(笑)。ある意味、今期新しく始まった「後期入門編(初級編)」の欧州4か国語の中で一番「CEFR準拠」を着実にやっている講座かもしれない。

過去記事:2014年4月号テキスト:仏独西伊にもCEFRレベル適用 (3月20日)

★「まいにちドイツ語 初級編」(中山純先生 クナウプ先生;Kompass2)
「CEFR準拠」をやっているふりの確信犯(笑)! 主に文法説明やって、目的別の表現練習はやってないからね。仏語の大木先生と討論会やってほしい。どっちが正しいのかって。

冗談はさておき、スキットの説明やリピートはしない(日本語の吹き替え音声だけで分かったような進行)のでつまらないのだが、考えようによっては先に文法説明でやった表現がスキットの中にどう出てくるか聞き取る練習にはなる。20分間時代の中国語で多くやってたような「表現学習→スキット」の順番だ。また、スキットの説明がないので自分で辞書引いて予習し、リピート練習がないので自分で音声再生を停止してやるという自主性を涵養するには素晴らしい講座だ。なんちゃって(半分本当)。あー11月号テキスト、買っちゃったよー。

★「まいにちイタリア語 入門編」(中矢慎子先生;2歩目からのイタリア語)
文法的活用を練習したくて聞いていたけど、そろそろドロップアウト。気軽に第3外国語群の一つとして聞くには難しい。私にはその時間がないのだが、もし本気でやったら楽しいだろうな。インタビュー、ダイアローグ、手紙文などバラエティに富んだ内容だし。

★「まいにちスペイン語 入門編」(菅原昭江先生;スペイン語のジムにようこそ!)
イタリア語の代わりに聞き続けようかと思っているのが、こちらスペイン語のジム。イタリア語に比べると文法的活用が少なかったのと「ジム」という設定が煩くて軽く見ていたが、なかなかどうして。「水分補給」で学習法まで教えてくれるなんて親切な講座だ。スキットは1週間分を通して聞かせてくれるし、動詞の活用も練習するし(今期のCEFR準拠講座の中では唯一!)、ある意味、古き良きラジオ講座の伝統をキープしつつ、新しい時代の要請に応えようとしているみたいに見える。講座の進行も主にスペイン語でお二人が話し、菅原先生が説明するという、山のようにスペイン語を聞ける仕組み。フランス語がこんな風だったらなあ。

(あとロシア語応用編、スペイン語応用編も録音しているけど、「冷凍保存」用なので、感想は割愛する。)
[PR]

by L-monger | 2015-10-21 15:10 | NHK語学講座 | Comments(2)