タグ:ドイツ語 ( 80 ) タグの人気記事

 

外国語学習状況についてダラダラ(17年5月12日)

仕事が忙しかったりヒマだったり、安定しない。そのせいか、語学も不安定な学習状況だ。ブログも書く気になりにくいのだが、今日は思いつくままに感想を書いてみる。

ロシア語
→「
まいにちロシア語 入門編」(黒岩幸子先生;声に出して覚えるロシア語)

がんばって色々なことを教えてくれているが、かえって集中しにくい感じがしている(ぜいたくかな?)。まだ私が楽しいと思えるレベルに達していないのも一因かもしれない。早く6月の内容にならないかな。

→例文復習の復習:
16年4月期(オレーグ・ヴィソーチン先生;千里の道も一歩から)+15年10月期(匹田剛先生;繰り返しでマスター!文法の基礎固め)

4月で終了したこの学習についてのブログがまだかけないでいる。復習の復習は第3週目に入った。意外に覚えているが
ヴィソーチン先生らしい日常的な長い単語が覚えられない。

★ ドイツ語

→2006年「NHKラジオドイツ語講座 入門編」(太田達也先生;ゲンのバイオリン)+ 応用編(田中雅敏先生;ドイツ語発見の旅)

3週目に入ったのに、「ダブルドイツ語講座」の学習についてのブログ記事が書けないでいる。入門編が実用中心、応用編が広義の文法中心講座なので良いバランスだ。「りんごジュース1杯ください」とか言うのも割と楽しい。

「まいにちドイツ語 初級編」(藤田明彦先生;ドイツ語で巡る建築)

単語が難しいので、皿洗い中にテキストなしで聞くのがつらくなってきた。まあ、テキストで予習するときに面白いから良いけど。

★ 中国語

→中文版「ドラえもん」の「ホームズセット」の巻で1か月以上かかっている。はやく終わらせたいのだが、自主学習なので時間がないと進まない。やれやれ。

おもてなしの中国語」及川淳子先生出会い ふれ合い 語り合い)

練習しているキーフレーズが易しいのでかえって張り合いがない。今は「まい中」の方が面白く感じている。

→「まいにち中国語」(高木美鳥先生)

前日の復習や今日の練習で日本語→中国語の練習をさせられるのはすごく楽しい。今の所レベルが低いので自主練習に使うつもりにはならないが、6月ぐらいになったら私にも使える内容になりそうだ。楽しみ。

★ フランス語

→仏語版「名探偵コナン」

ドラえもんと同じ状態でなかなか進められないでいる。今の事件を始めてからそろそろ数か月。最終エピソードに入ったのでいいかげん進めたい。

まいにちフランス語 入門編」(田口亜紀先生;Bon Voyage! フランス語で旅をしよう!)

がんばっているなあと思うけど、旅行フレーズ集なのでそんなに興味が持てない。「フランス語で巡る美術」とか「音楽」とか無茶な入門編を聞いてみたい(ははは)。

以上、だらだら書いてみた。


[PR]

by L-monger | 2017-05-12 14:39 | Comments(1)  

スパルタでお茶目な初級編「ドイツ語で巡る建築」(2017年5月6日)

私としては応用編「ドイツ語発見の旅」(田中雅敏先生)を目当てに買っている「まいにちドイツ語」テキストだが、応用編と同居している(というか家主さんの)初級編「ドイツ語で巡る建築」(藤井明彦先生)もオマケで聞いている。

寝る前の5分間予習だけで翌日聞き流し、特に勉強はしていないのだが(たぶんだからこそ)、結構面白く聞けている。

以下のテキスト画像を見ればわかる通り、初級編は入門編の上のレベルで、しかも初級編としても難しい部類なので、これでドイツ語を始めた人はしんどくて仕方ないだろう(まっさらな人は、私がやったように古いドイツ語講座を探すか、参考書で勉強した方が良いかも)。
c0059093_21544999.jpg
なにしろ、内容を面白くするために新出単語がどんどん出てくるのだ(先生自身が巻頭言で「初級としてはやや難易度が高い部分もあります」と認めている)。しかし、構文自体は初級のものを踏み外していないので、もし普通の入門編を1,2回、終わらせた人なら解釈練習としては歯ごたえがあってよいかもしれない。

そして放送とは関係ないが、テキストだけのお遊び=「土台石」の独り言がこの第9課より始まっている!「ドイツ語ってよく語尾を付けるなあ…ゴビゴビゴビゴビ」。内容のスパルタさと好対照をなすようなシュールな内容だ。最近はこれが楽しみで次の課を読み進めている(笑)。

文法の説明は「表で変化を確認したい方へ」などで分かる通り、自分で勉強・確認しなさいというスタンスだ。巻頭の文法表は以下のようなもの。
c0059093_21591991.jpg
一見不親切のようだが、このレベルなら、私はとても良いことだと思う。ラジオ講座が身につかない一つの理由は、親切にされすぎて自分で努力をしないところにあると思えるからだ。この単語と文法の奔流に自力で打ち勝った人はきっとドイツ語の確実な力が身についているだろう。

…なんて自分で勉強してない人が無責任な発言だが。さあて、私は「ゲンのバイオリン」と「ドイツ語発見の旅」で学習を続けよう。


[PR]

by L-monger | 2017-05-06 22:02 | ドイツ語 | Comments(2)  

17-4月期 学習時間割 例によってとりあえず (17年4月14日)

ラジオ講座と自主学習の時間割、まだ試行段階だが、例によってとりあえず出しておく。
c0059093_14520480.jpg
【朝の皿洗い】
★ 露入=「まいにちロシア語 入門編」
16年4月期(オレーグ・ヴィソーチン先生;千里の道も一歩から)+15年10月期(匹田剛先生;繰り返しでマスター!文法の基礎固め)
あと1週間で終わり、来週以降はメンテナンスモードに入る。5か月しかやらなかったので、短かったなー。

★ 独入=2006年「NHKラジオドイツ語講座 入門編」(太田達也先生;ゲンのバイオリン)
今は4月号から5月号前半を聞き流しモードだが、来週以降は学習モードに入る。実はこれと今再放送中の応用編(田中雅敏先生;ドイツ語発見の旅)を組み合わせて「ダブルドイツ語講座」にしようかと思っている。

【昼の皿洗い】
★ 中(例文)=不動のポジション(笑)。中文版「ドラえもん」から拾った例文の反復練習を続ける。

【夜の皿洗い】
★ 独初=今学期「まいにちドイツ語 初級編」(藤田明彦先生;ドイツ語で巡る建築)
ちょっと変わった入門編なので、聞き流してチェックする。役に立ちそうなら将来の例文学習の候補にする。テキストあり。

★ 仏入=
今学期まいにちフランス語 入門編」(田口亜紀先生;Bon Voyage! フランス語で旅をしよう!)
会話集みたいな講座なので、たぶん例文学習はしないと思うが、一応聞き流す。テキストなし。

★ 中お=今学期おもてなしの中国語」及川淳子先生出会い ふれ合い 語り合い)
最初の10分間くらいは軽く分かるので、復習として聞き流す。テキストなし。

★ 露入=今学期「まいにちロシア語 入門編」(黒岩幸子先生;声に出して覚えるロシア語)
例文学習の候補になるか、聞き流してチェックする。行けそうなら10月期に例文学習する。テキストあり。

★ 仏(例文)=同じく不動のポジション。仏語版「名探偵コナン」から拾った例文の反復練習を続ける。

(この時間割は概念図なので、都合により曜日や時間は変更して使う。)


[PR]

by L-monger | 2017-04-14 15:07 | NHK語学講座 | Comments(3)  

疑似一年講座は不完全な形で継続中?もう終わった?(17年4月13日)

2015~2016年度に行われたヨーロッパ4か国語の疑似一年講座(入門と初級)は、現時点では不完全な形で継続中のようだ。

「疑似一年講座」は「2学期制」と呼んでもいいかもしれないが、私の造語だ。過去の事情を知らない人は以下を読んでほしい。

過去記事:新学期15-10月期情報 記念すべき後期入門編の開始 (15年8月19日)
過去記事:10月開始にした理由の考察~2016年テレビ外国語(16年4月18日)

以下、私がフォローしている独仏のみで話をする(西伊は良く知らないので)。

本来ならこの4月期は「入門編」の再放送となり、10月期が「初級編」の新作を放送するという形になるはずだった。

ところが「まいにちドイツ語」は「初級編(藤井明彦先生;ドイツ語で巡る建築)」をやっているため、去年10月期の「Kompass2=初級編」の再放送から引き続き「初級編」が連続する形になり、ドイツ語の真の初心者の方にとっては難しい講座が連続する形になってしまった。また今年10月期は「入門編(ケイと双子のライオン)」の再放送だから、「初級編→入門編」の逆順となり、その意味で「疑似一年講座」はくずれている。(去年からは入門編、初級編、初級編、入門編の順となる)。

「まいにちフランス語」は今回初級編ではなく「入門編(田口亜紀先生;Bon Voyage! フランス語で旅をしよう!)」なのでドイツ語のような「不便」はないのかもしれないが、まったく「疑似一年講座」ではなくなっている(「初級」の設定がなくなっている)。今年10月期は「入門編(つながるフランス語)」の再放送だから、去年からは入門編、初級編、入門編、入門編の順となる。(もっとも旅フランス語というのは少し応用的になるかもしれないので、実質、初級編なのかもしれないが、テキストに文法進度表がないので9月に終わってみないと分からない)

結局「疑似一年講座」というのはいつかコメントに書いたように、テキストの大幅値上げに伴い、受講生(購読者)の減少を防ぐためだけのものだったのだろうか?ビジネスと教育は両立しにくいものとはいえ、構造改革につながったかもしれない制度なのに、つまらない扱いだなあ、と思う。(西伊はどうなのだろう?)


[PR]

by L-monger | 2017-04-13 15:01 | NHK語学講座 | Comments(2)  

17-4月期 新作講座 露独仏 初聞き感想 (17年4月5日)

月~水の露独仏の入門編(+おもてなし中)の第1週目が終わった。3日間で11本分(2時間45分)聞いた。しんどかった(笑)。今回の露独仏の入門編の共通点は:

1. 会話から入る
2. アルファベットをやる
3. ゲストのフリートークがある

となっている。偶然か、それとも制作側の依頼によるものだろうか?
それ以外の感想は以下の通り。

★ ラジオ まいにちロシア語 入門編(黒岩幸子先生;声に出して覚えるロシア語)

ウラジオストックを舞台にして(ゲストもそこの出身)地域性を前面に出している。キリル文字の読み方が完了する以前から、会話文を教えているし、フリートークでロシア事情も分かる。リピーター(初めて習うのでない人たち)も退屈しないだろう。ベテランの女性講師なので、細かい所に気を配っているのが分かる。後期の「大人のためのロシア語」の林田理惠先生から大阪の笑いを差し引いた感じ(笑)。ためになる。

★ ラジオ まいにちドイツ語 初級編(藤井明彦先生;ドイツ語で巡る建築)

最近のはしゃぎまくるラジオ講座とは違って、落ち着いた雰囲気の大学の先生が誠実に教えている感じがして、私の趣味としては好きな感じだ。実にドイツ語らしい。カリキュラムも基礎構文に、建築の単語を入れている方式。こういう「真面目な方式」は、まったくの初心者は敷居が高い感じがするかもしれない。ドイツ語をやり直したいというリピーター向きかな。テキストを見ると、来週、再来週とどんどんスキットが長くなるので、予習復習は必須だ。私はしばらく聞いてみる。

★ ラジオ まいにちフランス語 入門編(田口亜紀先生;Bon Voyage! フランス語で旅をしよう!)

個人的な事情だが、私はフランス語を長くやり過ぎているので正直退屈な面もある。しかし聞き取り問題をいれたり、発音を鏡を見ながらやりましょうというのはラジオの特性をよく生かしていると思えるし、フリートーク(台本あり)があるので、フランス人の考え方も分かるし、リピーターもまあまあ退屈しないだろう。しかし文法中心でないような気がするので、初心者はいずれ自分で文法などを練習しないと混乱するかもしれない。

★ ラジオ おもてなしの中国語及川淳子先生出会い ふれ合い 語り合い)

月・火に先行放送があったので、聞いてみた。アナウンサーのような話し方の先生だなあ。ピンインの読み方は全然やらないので、軽い気持ちで聞いている人以外は「まいにち中国語」(入門編相当)も並行して学習し、きっちり基礎をやった方が良いかもしれない。声調がデタラメになるから。逆に
「まいにち中国語」をすでに1~2学期聞いた人には、習熟のために良いだろう。毎回の講座の最初の方はレベルが入門数か月目くらい、最後の日本文化の説明は中級者が覚えて役に立つぐらいかな。というわけで、全方向狙いみたいだ。私は習熟の役に立ちそうなので、聞いてみようかと思う。


[PR]

by L-monger | 2017-04-06 00:21 | NHK語学講座 | Comments(1)  

独仏のサンプル 応用編も「試し読み」させてほしい (17年3月30日)

この3月末で16-10月期も終わり、来週4月3日から新学期17-4月期が始まる。私はこの週末のうちにラジオ録音機TalkMasterのタイマーセットをしておく予定だ。

ところでNHK出版のページでテキストの「試し読み」ができるのは皆さんご存知の通りだが、どの科目も判で押したように最初の数ページ=入門編だけが見れるようになっている。テキストの後半にある応用編は「試し読み」ができない仕様になっているわけだが、全くの初心者ではなく、応用編もやりたいという人には不便だ。

そこで17-4月期の応用編テキストの画像を以下にサンプル的に示す(第1課でなく先の課を示す)。今回はどれも再放送なのですでに知っている人も多いと思うが、知らない人は参考にしてほしい。

★まいにちドイツ語 応用編(田中雅敏先生;ドイツ語発見の旅)
c0059093_23090511.jpg
第3課は右ページから始まる。扉ページとして和独問題が出され、それを自力で考えるというもの。以下は答えのページ。今回習いたい人はまだちゃんと見ない方が良いかもしれない。
c0059093_23105072.jpg
左ページが解答。右が解説。初級を終わるぐらいの人にちょうど良いのではないだろうか。10月期にテキストなしで聞いてみたが、まだドイツ語初心者の私にも役立ちそうな内容だ。

★まいにちフランス語 応用編(井上櫻子先生+ヴァンサン・ブランクール先生;インタビューで広がるフランス語の世界)
c0059093_23140723.jpg
これは16-10月号だが、17-4月も同じ内容だ。第3課は右ページから始まる。扉ページとして聞き取りのポイント問題が出され、インタビュー内容を文字を見ずに聞き取る練習だ。以下はスクリプトと答のページ。今回、聞き取り練習をしたい人はちゃんと見ない方が良いかもしれない。
c0059093_23162628.jpg
中級ぐらいの人にちょうど良いのではないだろうか。私は10月期にテキストを見ないで書取りをしてみて(テキストを見て答え合わせ)面白かった。文字を見ると初級に見えるが、音だけで聞き取るのは中級だと思う。

こういう風にNHK出版のページでちょっと見れると大体のレベルが分かって良いと思うのだが…。


[PR]

by L-monger | 2017-03-30 23:57 | NHK語学講座 | Comments(0)  

17-4月期情報(4) 新学期テキスト発売&買った(17年3月19日)

昨日3月18日は4月号テキストの発売日だったので、書店に行って興味のある分を買ってきた&立ち読みしてきた。
c0059093_14071255.jpg
最初の3か月は、ロシア語とドイツ語、この2冊で行こうかと思う(昨年486円に値上げされたので2冊買うのが限界)。ロシア語のカラーコードは茶色なのに表紙は黄色にしたんだね(背表紙は茶色)。目立つから良いか。

こういう単色塗りつぶしの多い表紙を見ると2007年→2008年の大変動(「まいにち」シリーズ開始)を思い出す。来年、また講座が大幅に変わりそうな予感。以下、ちょっと感想。まだ買ってなくて、以下の記述が分からないという人はNHK出版のページで「試し読み」ボタンを押して。

★ ラジオ まいにちロシア語 入門編(黒岩幸子先生;声に出して覚えるロシア語)

第1課から文字をやりながら、表現もどんどん学習するので、少しレベルが高めの気がする。若い女性と引退した男性の組合せにしたのは、対人関係の例示のためかな。久々にスキット内で「名前+父称」の呼び方が見られる。コラム「雑学のロシア」がためになる。

★ ラジオ まいにちドイツ語 初級編(藤井明彦先生;ドイツ語で巡る建築)

建築物をめぐる旅は目新しいが、テキストの造りはごくオーソドックスな感じ。文法説明がKompassのように冗長な感じもする。練習問題が多めなのは良い。あと「もっと知ろう」で文化的な知識も得えられる。そんなに期待せずにいるつもり(テキストの購入動機は応用編「ドイツ語発見の旅」が目当てなので)。

まいにちフランス語はテキストなしで分かるのでとりあえず買わず。7月ぐらいに面白かったら買うかもしれない。こちらも上記同様、最初から表現をたくさん学習し、ゲストさんからの意見(フランス語添え)のコーナーもある。

今回、どの外国語も「後期入門編」的にレベルが少し高く、文化コーナー的なものを入れてきているのは、まったくの初心者ではなく前に習ったことのある人も飽きずに学べるようにとの配慮だろうか(フランス語は原文入りなので中級の人も少し楽しめる)。そんなに新規学習者が減っているのかな。

そうそう「ラジオ おもてなしの中国語(及川淳子先生;出会い ふれ合い 語り合い)」だけど、挨拶表現(初級)と文化的な書き言葉の記事(中級)の両方のコーナーがあった。レベルを問わず集客したいとの意図のようだ。2色刷りテキストはきれいだけど薄すぎなので買わず。

「まいにち中国語」は、文法の本格開始が第7週目(5月半ば)のようなのでまた5月号を見てみたい。


[PR]

by L-monger | 2017-03-19 15:04 | NHK語学講座 | Comments(3)  

17-4月期情報(3) NHKゴガクの番組紹介 (17年3月8日)

昨夜、見つけた。「NHKゴガク」のページに平成29年度語学番組のご案内 “翼広げて 開運!成就!NHKゴガク】の案内が出ている。「各番組の紹介」というPDF文書で、もう少し詳しい説明が出ている。私は英語番組には興味がないので、その他の語学番組の中で興味があったものについてちょっと感想を書いてみる。

ラジオ まいにちロシア語 入門編黒岩幸子先生;声に出して覚えるロシア語)

ストーリーは、ウラジオストクにて、
リタイアした男性とモスクワから来た若いジャーナリストの女性の交流ですと!なんかすごい設定で、興味をそそられる。ロシア語の響きを味わい、詩の朗読にも取り組むらしい。

ラジオ まいにちドイツ語 初級編藤井明彦先生;ドイツ語で巡る建築)


建築に詳しいドクトルFと(Gでない、古いか)日本人学生アキラがドイツ語圏の建築をめぐるそうだ。各地方の文化の違いを楽しみながら、基礎を身に付けると。初級編(入門編の上)とはいえ、難しくないだろうか。難しくてもいいけど。


★ ラジオ おもてなしの中国語及川淳子先生出会い ふれ合い 語り合い)

(木曜・金曜午前10:30~10:45)


新開講の第3のラジオ中国語講座。中国人旅行者と楽しくコミュニケーションするための語学力を養う?ビジネスの言葉だけでなく、ふれ合いと分かりあいに必要な言葉も紹介する?初級なのか中級なのか上級なのか、分からなくなった。それとも混ざってる?18日発売のテキストを見てみよう。


テレビで中国語(三宅登之先生;あした使いたくなる中国語)

出演者が分かった。「頼もしい先輩学習者、森迫永依さんと中国語を基礎から学ぼう!」ということで、9歳の時ちびまる子ちゃん(実写)を演じた女優さんだ。お母さんが中国人なので、ゼロじゃない学習者ということでいつもの初級者の「声調が不安定!」というレベルではないのだろうな。ネイティブ出演者のイーランさんや王陽さんとフリートークしてくれたらいいな。ロールモデルとして参考になるはずだから。

テレビでハングル講座(キム・スノク[金順玉]先生;あなたの毎日をハングルに!)

キム・スノク先生、ウィスさん、GOT7は引き続き。生徒役は3年ぶりの女子学生!(そこ宣伝するところ?)乃木坂46の桜井玲香さんだということだ。

皆さんはどこに興味を持たれただろうか?


[PR]

by L-monger | 2017-03-08 11:32 | NHK語学講座 | Comments(2)  

17-4月期情報(2) 2017NHKテキストナビ(17年3月4日)

書店で無料配布のNHKテキストナビ、昨日もらってきた(とどさん、情報ありがとう)。

c0059093_15301799.jpg
新学期情報の第二弾と行きたいとこだが、今年は何もないのに近い。昨年までと違い、4月号の表紙をいれたせいか、説明の文言が非常に少ないからだ。コピーライターによる抽象的な説明から新学期講座の内容を推測するのが楽しみだったのに。
c0059093_15341831.jpg
上の画像ではフランス語がな~んにも説明がない。ドイツ語にはあるが、個々の講座でなく全体説明だ。むしろ、前回紹介した以下のリンクの説明を見た方がまだ詳しい。

NHK語学テキスト 2017年前期のご案内

旅するユーロは10月期の再放送だから「旅人」は書かれているが、テレビの中国語とハングル講座(年間新作)の「生徒役」が誰なのか、「未定」となっている。ここ数年で初めてのことだ。これらの講座は表紙写真も載ってないから、わざと伏せているのかと邪推したくなる。

唯一私の興味を引いたのはロシア語だ。
c0059093_15400008.jpg
「テレビでロシア語」は10月が新作となっている。他に何も情報がないが、とりあえず、やっほう。何しろ貝澤先生と小林麻耶さんのサンクト編は2013年4月期以来、これで9回目の再放送だから、そろそろ良いかと思う。しかしこの4月期で見納めだと思うと惜しい。6か月合本になったテキストを買って見ようかな。レポートのロシア語が全文載っているサービスの良さもあるし(「旅するフランス語」なんかでも全文掲載やればいいのに)。

ところで、「まいにちロシア語」10月期はなぜ2014年林田理惠先生の「大人のためのロシア語」なのかな(2回目の再放送)?私は全部聞いたので面白い内容とは思うけど、順当なら2016年オレーグ先生の「千里の道も」の番だ。ひょっとして2018年度にアンコールまいにちロシア語が復活するのかな、しないのかな。ちょっと期待してしまう。

参考:2014年4月期ロシア語の感想:達成感のあるスパルタ講座 (14年10月10日)


[PR]

by L-monger | 2017-03-04 15:52 | NHK語学講座 | Comments(1)  

あたらしいテキスト・参考書を買いまくる人(17年3月1日)

まだ前のテキストや参考書が終わってないのに、新しいのをどんどん買って自己嫌悪になる人がいる。その方法自体(テキストホッピング)がダメなんだから、他の方法を試せばいいのにと思う。

NHKラジオ講座もテキストも参考書も、しょせん他人が作ったものだから、記憶にしみ込まない(「私の生存に関係ないでしょ」とあなたの海馬が言う)。

日本語訳からフランス語・中国語・ドイツ語・ロシア語に戻してみる。うまく戻らないはず。なぜ違うのか、そこを追及して理解したことを例文にして何度も発音して自分の血肉化する。(文法の練習問題でも、聞き取り=ディクテーションでも同じことができる)

自分による自分のための学習を続けていると、一つのテキストから何でも吸い付くしたいという気持ちが猛然と起こってくる。そうなったら新しいものの誘惑から逃げられるだろう(というか何も誘惑を感じないはず)。

自己学習する人には自分で工夫することが必要だ。

私? 私はもちろん、新しいのも買う(笑)。よさそうならばね。聞いてみて本当に気に入れば、学習対象に入れるのだ。用心深すぎるかな。



[PR]

by L-monger | 2017-03-01 18:24 | NHK語学講座 | Comments(2)