タグ:フランス語 ( 573 ) タグの人気記事

 

新学期17-10月期の情報(1):ロシアゴスキー!読む系の応用編! (17年8月19日)

昨日、中・露の9月号テキストを駅前の書店で買ってきた(フレー、フレー、リアル書店)。去年と同様、10月期の案内表が載っていたので紹介しよう。


c0059093_14384915.jpg
一番驚いたのが、4年半ぶりの新作になるテレビのロシア語講座、何と「テレビでロシア語」でも「旅するロシア語」でもなく、その名は「ロシアゴスキー」! ダジャレで来ましたか。「ロシア語ってなんだか縁がない」という人にこそ見てほしいそうで、アニメも使うそうだ。9月末まで再放送中の「テレビでロシア語」がサンクト・ペテルブルクを取り上げているので、今回はモスクワを取り上げるんだね。はたして超初級になるのか、マニアックになるのか、ドキドキする。


ついでに(笑)、テレビの「旅する」シリーズは第2期に入る。仏独は監修する先生は同じで、西伊は変わる。旅人については、何と仏は引き続き常盤貴子さんで、それ以外の3つは別の旅人だ。外国語を勉強するための講座ではないとわかっているので、まあ、楽しくやってほしいと思う。今期のスペイン語の平平コンビのように。


ラジオの各応用編は仏独西伊露が、日仏交流の名所旧跡、ベルリンの歴史と文化、19世紀文学、古典文学、文学とずらっと読むためのラインアップになった(ロシア語は入門編も読むための講座だ)。ふーん、インターネット時代には読む能力が大事ということか。応用編の受講者が減ったので、文学に興味のあるニッチ層を引き寄せようというのか。謳い文句と違う時があるから、実際の講座を聞いてみてから判断したい。



[PR]

by L-monger | 2017-08-19 15:02 | NHK語学講座 | Comments(4)  

仏語コナン-30 第2の事件完了&例文学習100回目突破 (17年8月7日)

仏語版「名探偵コナン 第30巻」の第2の事件の学習が完了した。第29巻から通算すると第6の事件の完了だ。作者・青山剛昌さまと翻訳者M. Thibaud Desbiefさま、Merci beaucoup!

おまけにこの仏語コナン例文拾い学習を開始してから100回目も通過した。週1回かそこらの頻度なのに、長く続いたよなあ。2014年10月以来、2年10か月目かあ…。

参考記事:フランス語版コナンで武者修行を開始 (14年10月14日)

以下は扉絵と内容のサンプルだ(左右は別々のページから持ってきた)。多少のネタバレ防止として一部灰色で塗りつぶしている。
c0059093_17352345.jpg

今回は昨年10月中旬から今年7月頭まで、約9か月間学習した。進行スピードはますます遅くなっているが、楽しい分にはかまわない。私にとってラジオ講座「まいにちフランス語」の入門編では易しすぎ、応用編では難しすぎるのだが、この内容は私にちょうど良いレベルだ。

以下100回目の例文からちょっと紹介すると…(ちなみに上の画像のフランス語から拾っていじったものだ)。

1. 彼の指(複数)には付いていた、インクの跡が。
Ses doigts portaient des traces d'encre.

2. 彼らは理解した、仕掛け of ティーカップ(複数)を。
Ils ont compris l'astuce des tasses de thé.

3. 彼はウィットに富んでいる(上と同じ単語)。
Il est plein d'astuce.

4. (非人称)私に必要なかった、長い間は、for 見つける、私の眼鏡を。
Il ne m'a pas fallu longtemps pour retrouver mes lunettes.

5. かぎ爪(複数)of タカ
Les griffes du faucon

6. 猫が私をひっかいた、手を(上と同じ単語)。
Le chat m'a griffé la main.

現在は、こんなレベルでうろついている。しかし、たとえゆっくりでも「貯金箱」はたまっているみたいで(Ⓒロシア語のオレーグ先生)、この前書店で「日本人が知りたいフランス人の当たり前 フランス語リーディング」という本を立ち読みしたら、第1課は90%ぐらい理解できて、ちょっとうれしかった。


[PR]

by L-monger | 2017-08-07 17:59 | フランス語 | Comments(0)  

ドイツ語に連音化はない! 仮定法もない! (17年7月3日)

新しい外国語を学ぶと、ついつい既習外国語と同じと考えがちだ。たとえば連音化。英語で in America は「イナメーリカ」であって、「イン・アメーリカ」ではない。フランス語で en Amérique は「オン・ナメリーク」であって、「オン・アメリーク」ではない。そう、Nの子音は次の母音とつながるのが私のこれまでの「常識」だった。

ドイツ語でもなんとなくそうかと思っていた。これまでそれをはっきり否定してくれるドイツ語講座と出会わなかったからだ。しかし、ありがたいことに現在学習中の06年4月期「NHKラジオ ドイツ語講座 入門編」(太田達也先生;ゲンのバイオリン)の発音の解説では、それをはっきり否定してくれていた。

★ ステップ47の「発音してみよう」
(引用開始)
ドイツ語では、語頭の母音ははっきりと発音されるため、直前の語の最後の子音とくっついて発音されたりする現象はあまりありません。つまり、 in Amerika なら「イナメーリカ」ではなく「イン・アメーリカ」と発音します。
(引用終わり)

ほかの例として den Opa とか、Märchen erzählt とある。デン・オーパであって、デノーパなどではないのだね。そうだったのか~。

もう一つの「発見」。先週、今学期の「まいにちドイツ語 応用編」(田中雅敏先生;ドイツ語発見の旅)のLektion 9 を学習した。

西洋語には「仮定法」という表現がある。「もし~だったら」という未来の仮定や、現在や過去の非現実の仮定を表す表現だ。英語で「仮定法」、フランス語で「条件法」という。そこでドイツ語文法書でも「仮定法」をさがしたが、そんなものはない! そんな馬鹿な!いや待て、索引に「仮定の表現」はあるぞ。ここから引いてみると…。

「接続法II式」だった。

なるほどー、フランス語にも「接続法」はあるが、それと別建てで「条件法」となっている。それに対してドイツ語では「接続法」の中に「I式」(仏語の接続法)と「II式」(仏語の条件法)と下位分類する形で入れたのかあ。(フランス語の用語との比較、正確には違っているかもしれない。よく知っている方、教えて)

独:Wenn ich Geld hätte, würde ich nach Deutschland fahren. (お金があったら、ドイツに行くのに)
英:If I had money, I would go to Germany.
仏:Si j'avais de l'argent, j'irais en Allemagne.

…で合っているかな? 活用形を覚える楽さで比べると、英語、ドイツ語、フランス語の順かなあ。もちろん楽じゃない方が、私のような者には楽しい。ドイツ語は最近、英語の would みたいに würde で片づけようとしているらしいから、堕落したね(笑)。


[PR]

by L-monger | 2017-07-03 14:41 | ドイツ語 | Comments(3)  

仏コナン:謎解きを日常のフランス語例文に改造する(17年6月7日)

フランス語を打つのが面倒くさいのであまりブログ記事を書いていなかったが、今の私のフランス語学習のメインは、フランス語版名探偵コナンを読んで日本語に翻訳し、知らなかった文型や単語を例文として集め、繰り返し反訳練習することだ。

先週やったのは殺人事件の謎解きあたりの部分で、このまま覚えても使う場面がないし、実感が湧かないので、日常に近いフランス語例文に作りかえた。以下、サンプルだ。
c0059093_12240312.jpg
(ネタバレを防ぐために、犯人(と思われる)人の画像は灰色のボックスで隠してある。以下、セリフは標準的な日本語に訳してキャラが分からないようにする。)

1. Dans ce cas, tu vas pouvoir m'expliquer comment j'ai pu faire boire du cyanure à M. Oogami uniquement...
(私訳:それなら、私がどのようにして大上氏だけに青酸カリを飲ませることができたのか、説明してもらえるかな?)
2. Et comment j'ai pu prévoir avec exactitude l'heure à laquelle il allait mourir...?
(私訳:そして私がどのようにして彼が死ぬ時間を正確に予測できたのかを?)
3. Son thé ne contenait pas de poison et M. Mouri était assis entre nous...
(私訳:彼の紅茶には毒は入ってなかったし、毛利氏が私たちの間に座っていたのだよ)
4. La place de chacun n'avait aucune importance.
(私訳:各人の席順なんて関係ないよ)
5. Vous en aviez mis sur la partie supérieure de la anse de chaque tasse...
(私訳:あなたは全部のカップの取っ手の上の部分に、それを付けたんだから)

これらを改造して日常的な例文に変えた。

1. J'ai pu faire boire du vin à plusieure personnes.
(練習訳:私は飲ませることができた、ワインを、何人かの人に)
2. Il est difficile de prévoir avec exactitude combien de personnes viendront.
(練習訳:難しい、正確に予測するのは、何人の人が来るか)
3. Cette boisson ne contient pas d'alcool.
(練習訳:この飲み物は含まない、アルコールを)
4. L'âge n'a aucune importance.
(練習訳:年齢なんて関係ない)
5. La anse de la tasse est cassée.
(練習訳:取っ手 of the カップは、壊れている)

このように工夫している間に例文をもう覚えてしまっているので、「例文拾い/改造」はお勧めの学習法だ。


[PR]

by L-monger | 2017-06-07 13:59 | フランス語 | Comments(1)  

疑似一年講座は不完全な形で継続中?もう終わった?(17年4月13日)

2015~2016年度に行われたヨーロッパ4か国語の疑似一年講座(入門と初級)は、現時点では不完全な形で継続中のようだ。

「疑似一年講座」は「2学期制」と呼んでもいいかもしれないが、私の造語だ。過去の事情を知らない人は以下を読んでほしい。

過去記事:新学期15-10月期情報 記念すべき後期入門編の開始 (15年8月19日)
過去記事:10月開始にした理由の考察~2016年テレビ外国語(16年4月18日)

以下、私がフォローしている独仏のみで話をする(西伊は良く知らないので)。

本来ならこの4月期は「入門編」の再放送となり、10月期が「初級編」の新作を放送するという形になるはずだった。

ところが「まいにちドイツ語」は「初級編(藤井明彦先生;ドイツ語で巡る建築)」をやっているため、去年10月期の「Kompass2=初級編」の再放送から引き続き「初級編」が連続する形になり、ドイツ語の真の初心者の方にとっては難しい講座が連続する形になってしまった。また今年10月期は「入門編(ケイと双子のライオン)」の再放送だから、「初級編→入門編」の逆順となり、その意味で「疑似一年講座」はくずれている。(去年からは入門編、初級編、初級編、入門編の順となる)。

「まいにちフランス語」は今回初級編ではなく「入門編(田口亜紀先生;Bon Voyage! フランス語で旅をしよう!)」なのでドイツ語のような「不便」はないのかもしれないが、まったく「疑似一年講座」ではなくなっている(「初級」の設定がなくなっている)。今年10月期は「入門編(つながるフランス語)」の再放送だから、去年からは入門編、初級編、入門編、入門編の順となる。(もっとも旅フランス語というのは少し応用的になるかもしれないので、実質、初級編なのかもしれないが、テキストに文法進度表がないので9月に終わってみないと分からない)

結局「疑似一年講座」というのはいつかコメントに書いたように、テキストの大幅値上げに伴い、受講生(購読者)の減少を防ぐためだけのものだったのだろうか?ビジネスと教育は両立しにくいものとはいえ、構造改革につながったかもしれない制度なのに、つまらない扱いだなあ、と思う。(西伊はどうなのだろう?)


[PR]

by L-monger | 2017-04-13 15:01 | NHK語学講座 | Comments(2)  

17-4月期 新作講座 露独仏 初聞き感想 (17年4月5日)

月~水の露独仏の入門編(+おもてなし中)の第1週目が終わった。3日間で11本分(2時間45分)聞いた。しんどかった(笑)。今回の露独仏の入門編の共通点は:

1. 会話から入る
2. アルファベットをやる
3. ゲストのフリートークがある

となっている。偶然か、それとも制作側の依頼によるものだろうか?
それ以外の感想は以下の通り。

★ ラジオ まいにちロシア語 入門編(黒岩幸子先生;声に出して覚えるロシア語)

ウラジオストックを舞台にして(ゲストもそこの出身)地域性を前面に出している。キリル文字の読み方が完了する以前から、会話文を教えているし、フリートークでロシア事情も分かる。リピーター(初めて習うのでない人たち)も退屈しないだろう。ベテランの女性講師なので、細かい所に気を配っているのが分かる。後期の「大人のためのロシア語」の林田理惠先生から大阪の笑いを差し引いた感じ(笑)。ためになる。

★ ラジオ まいにちドイツ語 初級編(藤井明彦先生;ドイツ語で巡る建築)

最近のはしゃぎまくるラジオ講座とは違って、落ち着いた雰囲気の大学の先生が誠実に教えている感じがして、私の趣味としては好きな感じだ。実にドイツ語らしい。カリキュラムも基礎構文に、建築の単語を入れている方式。こういう「真面目な方式」は、まったくの初心者は敷居が高い感じがするかもしれない。ドイツ語をやり直したいというリピーター向きかな。テキストを見ると、来週、再来週とどんどんスキットが長くなるので、予習復習は必須だ。私はしばらく聞いてみる。

★ ラジオ まいにちフランス語 入門編(田口亜紀先生;Bon Voyage! フランス語で旅をしよう!)

個人的な事情だが、私はフランス語を長くやり過ぎているので正直退屈な面もある。しかし聞き取り問題をいれたり、発音を鏡を見ながらやりましょうというのはラジオの特性をよく生かしていると思えるし、フリートーク(台本あり)があるので、フランス人の考え方も分かるし、リピーターもまあまあ退屈しないだろう。しかし文法中心でないような気がするので、初心者はいずれ自分で文法などを練習しないと混乱するかもしれない。

★ ラジオ おもてなしの中国語及川淳子先生出会い ふれ合い 語り合い)

月・火に先行放送があったので、聞いてみた。アナウンサーのような話し方の先生だなあ。ピンインの読み方は全然やらないので、軽い気持ちで聞いている人以外は「まいにち中国語」(入門編相当)も並行して学習し、きっちり基礎をやった方が良いかもしれない。声調がデタラメになるから。逆に
「まいにち中国語」をすでに1~2学期聞いた人には、習熟のために良いだろう。毎回の講座の最初の方はレベルが入門数か月目くらい、最後の日本文化の説明は中級者が覚えて役に立つぐらいかな。というわけで、全方向狙いみたいだ。私は習熟の役に立ちそうなので、聞いてみようかと思う。


[PR]

by L-monger | 2017-04-06 00:21 | NHK語学講座 | Comments(1)  

再録:語学の小ワザ(5) 新学期が退屈なら回れ右 (17年4月4日)

再びゼロレベルからの学習に戻る新学期、2度目以降の入門編を聞いている人は退屈だろう(特に中国語やフランス語)。そんな方のために去年書いた「語学の小ワザ」シリーズの1本を再度ご紹介しておく。このようにすると退屈しなくていいですよ。

過去記事:語学の小ワザ(5) 新学期が退屈なら回れ右 (16年3月23日)


[PR]

by L-monger | 2017-04-04 13:15 | NHK語学講座 | Comments(1)  

独仏のサンプル 応用編も「試し読み」させてほしい (17年3月30日)

この3月末で16-10月期も終わり、来週4月3日から新学期17-4月期が始まる。私はこの週末のうちにラジオ録音機TalkMasterのタイマーセットをしておく予定だ。

ところでNHK出版のページでテキストの「試し読み」ができるのは皆さんご存知の通りだが、どの科目も判で押したように最初の数ページ=入門編だけが見れるようになっている。テキストの後半にある応用編は「試し読み」ができない仕様になっているわけだが、全くの初心者ではなく、応用編もやりたいという人には不便だ。

そこで17-4月期の応用編テキストの画像を以下にサンプル的に示す(第1課でなく先の課を示す)。今回はどれも再放送なのですでに知っている人も多いと思うが、知らない人は参考にしてほしい。

★まいにちドイツ語 応用編(田中雅敏先生;ドイツ語発見の旅)
c0059093_23090511.jpg
第3課は右ページから始まる。扉ページとして和独問題が出され、それを自力で考えるというもの。以下は答えのページ。今回習いたい人はまだちゃんと見ない方が良いかもしれない。
c0059093_23105072.jpg
左ページが解答。右が解説。初級を終わるぐらいの人にちょうど良いのではないだろうか。10月期にテキストなしで聞いてみたが、まだドイツ語初心者の私にも役立ちそうな内容だ。

★まいにちフランス語 応用編(井上櫻子先生+ヴァンサン・ブランクール先生;インタビューで広がるフランス語の世界)
c0059093_23140723.jpg
これは16-10月号だが、17-4月も同じ内容だ。第3課は右ページから始まる。扉ページとして聞き取りのポイント問題が出され、インタビュー内容を文字を見ずに聞き取る練習だ。以下はスクリプトと答のページ。今回、聞き取り練習をしたい人はちゃんと見ない方が良いかもしれない。
c0059093_23162628.jpg
中級ぐらいの人にちょうど良いのではないだろうか。私は10月期にテキストを見ないで書取りをしてみて(テキストを見て答え合わせ)面白かった。文字を見ると初級に見えるが、音だけで聞き取るのは中級だと思う。

こういう風にNHK出版のページでちょっと見れると大体のレベルが分かって良いと思うのだが…。


[PR]

by L-monger | 2017-03-30 23:57 | NHK語学講座 | Comments(0)  

17-4月期情報(2) 2017NHKテキストナビ(17年3月4日)

書店で無料配布のNHKテキストナビ、昨日もらってきた(とどさん、情報ありがとう)。

c0059093_15301799.jpg
新学期情報の第二弾と行きたいとこだが、今年は何もないのに近い。昨年までと違い、4月号の表紙をいれたせいか、説明の文言が非常に少ないからだ。コピーライターによる抽象的な説明から新学期講座の内容を推測するのが楽しみだったのに。
c0059093_15341831.jpg
上の画像ではフランス語がな~んにも説明がない。ドイツ語にはあるが、個々の講座でなく全体説明だ。むしろ、前回紹介した以下のリンクの説明を見た方がまだ詳しい。

NHK語学テキスト 2017年前期のご案内

旅するユーロは10月期の再放送だから「旅人」は書かれているが、テレビの中国語とハングル講座(年間新作)の「生徒役」が誰なのか、「未定」となっている。ここ数年で初めてのことだ。これらの講座は表紙写真も載ってないから、わざと伏せているのかと邪推したくなる。

唯一私の興味を引いたのはロシア語だ。
c0059093_15400008.jpg
「テレビでロシア語」は10月が新作となっている。他に何も情報がないが、とりあえず、やっほう。何しろ貝澤先生と小林麻耶さんのサンクト編は2013年4月期以来、これで9回目の再放送だから、そろそろ良いかと思う。しかしこの4月期で見納めだと思うと惜しい。6か月合本になったテキストを買って見ようかな。レポートのロシア語が全文載っているサービスの良さもあるし(「旅するフランス語」なんかでも全文掲載やればいいのに)。

ところで、「まいにちロシア語」10月期はなぜ2014年林田理惠先生の「大人のためのロシア語」なのかな(2回目の再放送)?私は全部聞いたので面白い内容とは思うけど、順当なら2016年オレーグ先生の「千里の道も」の番だ。ひょっとして2018年度にアンコールまいにちロシア語が復活するのかな、しないのかな。ちょっと期待してしまう。

参考:2014年4月期ロシア語の感想:達成感のあるスパルタ講座 (14年10月10日)


[PR]

by L-monger | 2017-03-04 15:52 | NHK語学講座 | Comments(1)  

あたらしいテキスト・参考書を買いまくる人(17年3月1日)

まだ前のテキストや参考書が終わってないのに、新しいのをどんどん買って自己嫌悪になる人がいる。その方法自体(テキストホッピング)がダメなんだから、他の方法を試せばいいのにと思う。

NHKラジオ講座もテキストも参考書も、しょせん他人が作ったものだから、記憶にしみ込まない(「私の生存に関係ないでしょ」とあなたの海馬が言う)。

日本語訳からフランス語・中国語・ドイツ語・ロシア語に戻してみる。うまく戻らないはず。なぜ違うのか、そこを追及して理解したことを例文にして何度も発音して自分の血肉化する。(文法の練習問題でも、聞き取り=ディクテーションでも同じことができる)

自分による自分のための学習を続けていると、一つのテキストから何でも吸い付くしたいという気持ちが猛然と起こってくる。そうなったら新しいものの誘惑から逃げられるだろう(というか何も誘惑を感じないはず)。

自己学習する人には自分で工夫することが必要だ。

私? 私はもちろん、新しいのも買う(笑)。よさそうならばね。聞いてみて本当に気に入れば、学習対象に入れるのだ。用心深すぎるかな。



[PR]

by L-monger | 2017-03-01 18:24 | NHK語学講座 | Comments(2)