タグ:ポルトガル語 ( 3 ) タグの人気記事

 

黒田龍之助先生「寄り道ふらふら外国語」で知る意外な真実 (15年5月29日)

2014年12月25日発行の黒田龍之助先生エッセイ集「寄り道ふらふら外国語」を今さら読んでいる。ロシア語メインの黒田先生の仏伊独西の各外国語の華麗なる遍歴、いや、ふらふらを書いたものだ。いいな~、「ふらふら」って。

c0059093_22265728.jpg

ところで、前回、まいにちロシア語応用編(柳町裕子先生)を使って、中国語を勉強していると書いた(ロシア語応用編を 中国語の場面別作文に転用(15年5月27日))。こんな変なことをしている人は、日本広しといえども、この「るもんが」ただ一人だろうと悦に入っていたら、この本でそんなことはないという事実に気がつかされた。しかも出版までしている! 以下の記事をご覧あれ。

c0059093_22271279.jpg

(クリックして拡大)

なんとNHKフランス語講座テキストを基にしたポルトガル語教科書があったとは!(「入門やさしいポルトガル語」林田雅至。今でも新品が買える。) 同じロマンス語同士だから応用がきく面があるとはいえ、相当大変だったのではないだろうか。林田遼右先生(仏語の)の講座に愛着がないとできないよね。

私も(たぶん)ロシア語への愛があるからこそ、中国語の学習にまで使っているのかもしれない。でも、こちらの組合せは文法的類似性なんか皆無ですけど(笑)。

この本は外国語好きでふらふらしている私には最高だ。読みながら「同じだ~」と喜んだりしている。
[PR]

by L-monger | 2015-05-29 22:39 | フランス語 | Comments(3)  

日曜の夜になつかしラジオ講座を聞く(15年4月20日)

やる気が出なかったので、昨夜(日曜日の夜)の皿洗い時は、過去に聞いて好きだった過去のラジオ講座4本の録音を聞いて、まったりしていた。好きなドラマの録画を見て楽しむ人もいるんだから、ラジオ講座をなつかしんでもいいよね? 以下の4本。

(1) 2005年4月期 ラジオ中国語講座・入門編(喜多山幸子先生;ニーハオからはじめよう)
(2) 2011年4月期 ポルトガル語入門(浜岡究先生;楽しいブラジルの旅)
(3) 2011年10月期 まいにちハングル講座・入門編(塩田今日子先生;つながる!はまる!ハングルのツボ)
(4) 2014年4月期 まいにちロシア語・入門編(林田理惠先生;大人のためのロシア語)

(1)を聞くと過去の20分間時代の中国語講座は、単語や例文を本当に何度もリピートしていたと分かる。覚えやすかったなあ。最近の1回しかリピートしないのはケチな講座に思える(特に発音が難しい中国語は)。(参考:祝 Step 100 完了 (中)

(2)のポル語は楽しかったなあ。第1回はやはり挨拶でしょ。

(3)では登場キャラクター「タダシ」と「ミヤ」のやり取りを聞いて思った。ストーリー性のあるスキットってやっぱり良い。特に入門では。例文の発音にも気持ちと力が入る。(参考:マイ新学期2:「ハングルのツボ」再学習始めました(12月6日))

(4) 去年やったばかりだから、まだ記憶が新鮮。生徒役・小倉君のつっこみも面白い。(参考:2014年4月期ロシア語の感想:達成感のあるスパルタ講座 (14年10月10日))

昔の講座を聞いて、当時の気持ちを思い出すのも、またいいものだ。
[PR]

by L-monger | 2015-04-20 15:07 | NHK語学講座 | Comments(0)  

早めに10月号テキスト入手(9月19日)

NHK語学テキスト10月号は9月18日発売だが、通常、私の郷里では9月20日を過ぎないと書店に入荷しない。リアル書店を守るために、通常は書店で買う私だが、今回は10月期の内容を早く知りたいと思ったので以下の3冊をセブンネットで注文し、今日、地元のセブンイレブンで購入した。便利だなあ。表紙と内容は以下のリンク先をどうぞ(NHK出版)。

ポルトガル語ステップアップ10-3月号
レベルアップ中国語10月号
レベルアップハングル講座10月号

以下、ひとことコメント。

<ポルトガル語ステップアップ10-3月号>
確かに前回のポルトガル語入門の発展的内容になっている。やり方は前回と同じで、日常生活で使える例文を入れ替えて練習する。週1回講座で文法練習はできないということなのかもしれない。文法マニアの方々のために、巻末に堂々11ページの文法まとめがある。もし放送の説明で物足りない人は、毎回ここを見に来ればいいということか。加えて、主な動詞の活用表もあるよ。

<レベルアップ中国語10月号>
<レベルアップハングル講座10月号>

今回はこの2言語とも、これまでの講座の歴史ではとても珍しい中級者向けの「発音講座」(「かっこいい中国語」とか言わずに「発音」って言いきれば良いのに)。そして過去の講座で(多分十年以上)発音アシスタントの役割を担ってきた、呉志剛さんとイ・ホンボクさんが初めてメイン講師として登場だ。口の悪い人は人件費削減とかいいそう。

本来はマニアックな講座になりかねないが、中国や韓国の現地で習った中国語や韓国語を発音してみたけど、ちっとも通じなかったというクヤシイ思い出のある人は、この講座に引き寄せられるだろうな。あるいは、テキストの内容が易しく見えるので、中級者だけでなく、初級者も取り込もうという作戦かもしれない。あるいは、呉志剛さんとイ・ホンボクさんの美声になじんできた、長年の学習者(私含む)を取り込もうとするものか?

どちらにせよ、私は前回書いた基準、「ストーリー性のある本文にたくさんの単語を使う講座」を満たすものではないので、たぶん学習しないと思う(一応ちょっと聞くけどね)。(ブラジル)ポルトガル語講座は全部聞くかな。学習はしないけど。そうそう、フランス語の応用編はちょっと気になるけど、東京に戻ってからテキストを見て、買うか買わないか決める。
[PR]

by L-monger | 2013-09-19 12:28 | NHK語学講座 | Comments(4)