タグ:中国語 ( 681 ) タグの人気記事

 

17-11月期 マイ新学期の学習時間割 (17年12月9日)

私の自主学習の新学期は、ラジオ講座とはずれているが、すでに11月に開始した。いろいろ迷っていたが、1か月してようやく時間割が固まってきたので、以下に示す。

c0059093_14002333.jpg

【朝の皿洗いタイム】
★ 露入(安)=05年4月期「NHKラジオ ロシア語講座 入門編」(安岡治子先生;13番館へようこそ!)
学習モードに入った。前回の記事参照。

★ 独入(Rev)=06年4月期「NHKラジオ ドイツ語講座 入門編」(太田達也先生;ゲンのバイオリン)他
メンテナンスモードに入った。前々回の記事参照。

【昼の皿洗いタイム】
★ 中(例文)=17年4月期「まいにち中国語」(高木美鳥先生)から拾った例文、および以前の中文版「ドラえもん」から拾った例文について、反復練習をする。月火水と木金土で、ABCのファイルを2回繰り返す。

【夜の皿洗いタイム】

★ まい中(高)=17年4月期「まいにち中国語」(高木美鳥先生;聞いて話す!耳から覚える中国語)
週に2回分ずつ聞いてから例文ひろいをして、昼の時間に練習をする。

★ 露入(柳)=12年4月期ほか「まいにちロシア語 応用編」(柳町裕子先生;気軽に話そう 単語を極める応用編)
以前の応用編を聞いて確認しておく。来年以降の例文学習の候補。

★ 現英(土)=「高校生からはじめる現代英語」
珍しく英語の講座。ニュースで使われる英語の日本語訳を確かめたいので(笑)。英語翻訳の仕事をしているので逆の日本語翻訳をのぞいてみたい興味。そのため、土日の番組ではあるが、土曜日の方だけ聞く。

★ ニュー英 = 「ワンポイントニュースで英会話」
上と同じく、英語の日本語訳を確かめる目的で聞く。5分番組なので週に2本だけ。最後のニュース部分をDirectCutMP3で番組の前に持ってきて、英語→日本語の順で聞く。

★ 仏応(姫) = 「まいにちフランス語 応用編」(姫田麻利子先生、フランソワ・ルーセル先生;日仏交流さんぽ)
例文拾いの候補として聞き流し中(テキストをざっと見て予習)。

★ 露応(安) = 「まいにちロシア語 応用編」(安岡治子先生;ロシア文学からの贈り物)
将来、例文拾いするかもしれないので、冷凍保存しつつ聞き流し中(テキストなしで聞き流し)。

★ 伊応(新) = 「まいにちイタリア語 応用編」(白崎容子先生;原文で読む古典の楽しみ)
興味本位で聞き流し中。

★ 仏(例文)=仏語版「名探偵コナン」から拾った例文の反復練習を続ける。月火水と木金土で、ABCのファイルを2回繰り返す。前々前回の記事参照。

(この時間割は概念図なので、都合により曜日や時間は変更して使う。)



[PR]

by L-monger | 2017-12-09 14:27 | 学習法 | Comments(0)  

17-4月期中国語の感想:単調な練習こそ楽しい (17年10月20日)

以前の記事「黒田先生のロシア語学校Mと飽きない授業(17年8月24日)」に書いたように、ロシア語学校Mは練習、練習、また練習だったが、黒田先生はこの授業がとにかく楽しかったという。

先月終了した「まいにち中国語」もそれと似たところがあるかもしれない。まるでピンズラーの教材みたいにどんどん作文させ、ある種、単調極まりない練習の連続だったが、本気で学習する人には楽しさに満ちた講座だったろう(推測した言い方であるのは、私が流し聞きしただけだから。現在学習モードに移行したので、学習してみての感想は6か月半後にまた報告する)。以下、(たぶん)2018年10月期に再放送されるときに備えて、この講座の特徴を書いておく。

★ 「まいにち中国語」(高木美鳥先生;聞いて話す!耳から覚える中国語)

1. 始まって2か月目=5月の半ばからこの講座は「月曜日の文法」+「火曜日~金曜日の会話」という構成で、基本→応用の構成となっている。

2. 説明はすっきり簡潔にして、その分の時間を練習にあてている。

(以下はテキストの例:火曜日前半の2ページ)
c0059093_16235730.jpg
3. 1回の文法ポイントは2~3項目あり、それぞれ例文2個ぐらいずつを挙げている(理屈でなく、実地の例文で覚えろということだろう)

4. 例文を挙げるときに、日本語→中国語の順番で言うので、その気になれば、瞬間中作文をして楽しむことができる。ピンズラー的に。

(以下はテキストの例:火曜日後半の2ページ)
c0059093_16245693.jpg
5. エクササイズ1と3は新出単語の導入だが、この際、発音を聞いてピンインで書き取らせる(中国語の入門編ではたぶん初めての試みではないだろうか)。声調や音素に対して自力でどれだけ聞き取れるのか試されるので楽しい。また自分の聞き取れない弱点の声調や音素がわかり、後の学習に生かせる。(なお書き取りではなく、ピンインのみが書いてあってそれを読む場合もある)

6. エクササイズ2と4は上記で習った進出単語を、文に入れ替えて発音する「借文練習」ができる。やる気がある人は、他の文型に対してもこのように入れ替えを行っていけば、表現力がかなり伸びるだろう。

7. フリートークは全くないが、月曜日の「聞き取れるかな?」のコーナーはいわばスクリプトのあるフリートークみたいなもので、聞き流しではなく、習ったばかりの基本文型をどう使っているかを聞き取る練習にしてある。

8. 最後の1か月はこれまでの総復習になっているので、学習した中国語をどれだけ覚えているか、試すことができる。ちゃんと学習した人には最高のご褒美だろう。(あ、知ってる!これも知ってる!てな具合に)。また入門編としてはかなり大量の中国語を一時に総ざらいできるので、ずっと前に習って思い出せなくなっていた記憶を呼び戻すのに良い。

私は1か月前から、この講座の後半3か月60課分を毎週2課ずつ聞き直し、知らなかった単語を含む例文を毎週16個ずつ覚えるようにしている。60÷2=30週かかる計算だが、急いでないで構わないのだ。入門レベルとはいえ、ぱっと瞬間反訳するのはなかなか簡単でない面があり、面白い。そういうわけで中国語版「ドラえもん」の新しい学習は、約半年間お休みすることにする(もちろん過去の例文の反復練習は行う)。


[PR]

by L-monger | 2017-10-21 16:26 | 中国語 | Comments(2)  

再録:語学の小ワザ(5) 新学期が退屈なら回れ右 (17年10月4日)

4月期にも書いたが、2度目以降の入門編を聞いている人へのメッセージ。再びゼロレベルからの学習に戻る新学期はきっと退屈だろう。そんな方のために「語学の小ワザ」シリーズの記事を再度ご紹介しておく。このようにすると退屈しなくていいですよ。

過去記事:語学の小ワザ(5) 新学期が退屈なら回れ右 (16年3月23日)



[PR]

by L-monger | 2017-10-04 17:41 | NHK語学講座 | Comments(1)  

新学期17-10月期の情報(2):過去の感想 for 再放送講座 (17年9月7日)

10月号テキスト発売まであと10日間ばかりだが、10月期に再放送される講座について、私が過去に書いた記事のリンクを貼っておく。どんな講座か知りたい人は、参考にしてほしい。

★ まいにちロシア語 入門編 (林田理惠先生;大人のためのロシア語)
2014年4月期ロシア語の感想:達成感のあるスパルタ講座 (14年10月10日)

★ レベルアップ中国語 (李軼倫先生;より広く!より深く!違いがわかる中国語)
李軼倫先生レベ中 2週間聞いての感想(16年1月20日)

★ まいにちフランス語 入門編(倉舘健一先生,クロエ・ヴィアート先生;<つながる>フランス語)
仏ラジオ入門編 通年化2年目の途中に思う (16年9月29日)

★ まいにちドイツ語 入門編(秋野有紀先生,マルコ・ラインデル先生;ケイと双子のライオン)
感想 ラジオ語学講座 5月第2週完了時点(16年5月21日)

下の3つは聞き流しだったので、表面的な感想だ。念のため。


[PR]

by L-monger | 2017-09-07 13:25 | NHK語学講座 | Comments(1)  

黒田先生のロシア語学校Mと飽きない授業(17年8月24日)

黒田龍之助先生の「その他の外国語エトセトラ」という本に、先生がロシア語の基本を身につけた学校の話が書いてある。その授業の方法が興味深い(P.146「ロシア語学校M」)

箇条書きでまとめると:
1) 90分間の授業のうち、三分の二の時間は、一人一人が教科書の例文をテープのあとについて発音し、発音を矯正される。
2) 文法は特に教えない。教科書には文法説明も和訳もあるので、質問したければすればいい。
3) 発音の矯正作業が終わったら、簡単な単語テストをしたのちに教科書を閉じ、同じ文をテープで聞いて口頭で日本語訳する。
4) 先生が同じ文の日本語訳を読み上げるので、それをロシア語にする(訳すのではなく暗唱の確認)。

黒田先生は、この授業がとにかく楽しかったという。

分かるような気がする。とかく外国語は理屈で説明し、それを理解することに大部分の労力が費やされがちだが(それも大事だが)、それから後に「練習、練習、また練習」をしないと文法から離れて話せるようにはならない(ここが、現在のラジオ講座に特に欠けている部分だ。仕方ないんだろうけど)。

この「単調な」練習の時間は、外国語学習に慣れてない人は「つまらないに違いない」と思うのだろうが、ところがどっこい、やればやるほど楽しさが湧いてくるものだ。

2008年にNHKラジオ語学講座の大部分が「まいにちシリーズ」に変わったとき、ダジャレだとか歌だとか目先の楽しさを追う講座がいくつかあった。外国語学習に慣れてない人にアピールする目的だったのだろうが、あの類の楽しさは2か月ももたないと思う。自力でやれる(聞き取れる、読み取れる、話せる、書ける)という楽しみこそが、本当の意味での「飽きない」授業につながるのではないだろうか。

実は、今放送中の「まいにち中国語」はそのような楽しさを持った講座だと思うのだが、その話はまた次回書くことにする。


[PR]

by L-monger | 2017-08-24 14:29 | 学習法 | Comments(10)  

私の新学期:6月号テキストは独中露の3冊(17年6月5日)

世間一般にはNHK語学講座のスタートは4月(または10月)だが、何年も講座を聞いている人は6月くらいを新学期の開始と思ってもいいのではないだろうか。私も例文拾いのターゲットにできるのは6月号 or 7月号テキスト以降なので、そろそろちゃんと興味を持って聞こうかと思っている。

今のテキストの値段(税込486円)では、予算的に2冊までしか買いたくないのだが(1000円以内)、今月は特別に3冊買った。以下それぞれの感想。
c0059093_14473842.jpg
「まいにちドイツ語 初級編」(藤田明彦先生;ドイツ語で巡る建築)+「応用編」(田中雅敏先生;ドイツ語発見の旅)

この「応用編」は4月~6月の3か月講座なので、この6月号で買うのを終わりにしようと思う(7月から再放送される森鴎外編は私には難しい)。現在、この応用編を週1回×6か月のペースで学習中だが、ドイツ語文法の「胆」を教えてくれる、得難い講座なので、非常に楽しく学習している。

建築をめぐる「初級編」はテキストを見て予習した上で聞き流しているが、新出単語の多さでそろそろギブアップ気味だ。やはり、6月号までを潮時にしようかと思う。

★ 「まいにち中国語」(高木美鳥先生)

5月からテキストなしで聞いているが、まるでピンズラーみたいにどんどん作文させるので、超初級といえど飽きなくて楽しい。5月半ばからこの講座は「月曜日の文法」+「火曜日~金曜日の会話」という構成なので、初歩→応用の順番でわかりやすい。

また高木先生の説明が巧みなので、私の頭の中でカオス状態にある中国語文法に、秩序をもたらしてくれるのではないかと期待している。6月号~9月号のテキストを購入するつもり。

まいにちロシア語 入門編」(黒岩幸子先生;声に出して覚えるロシア語)

どうも文法を1回あたりにたくさん詰め込んでいる気がしていたが、6月号で少し理由がわかった。「詩」を読む分の時間を稼いでいたようだ。へえ、珍しい!しかし、私は初歩文法は一巡しているので、詰め込んで取り上げてくれた方が復習になっていいのかもしれないと思う。

今は学習対象にしないが、6月号~9月号を10月以降にマイペースで学習しようかと思うので、絶賛聞き流し中だ。

というわけで7月以降は、ドイツ語と中国語のテキストが入れ替わり、中露の2冊だけを買う予定だ。


[PR]

by L-monger | 2017-06-05 14:21 | NHK語学講座 | Comments(0)  

比較:受講者に寄り添う「テレビでハングル講座」とクールな「テレビで中国語」(17年5月19日)

今回はテレビ講座の話。3月まで「旅するフランス語」と「旅するドイツ語」を見たがほとんど語学番組ではなくなってしまったので、もはや学習上の刺激は受けにくい。この4月からは「旅するスペイン語」の再放送を見始めたが、オヤジ二人組の旅番組が楽しいだけだ(それでもいいけど)。

それに対して中国語とハングル講座(「ハングル語」というものはないよ!)は相変わらず教室形式なので学習上の刺激になってよいかも。私はハングル学習は中断中なので、本来「テレビで中国語」だけ見ればいいのだが、どうも「テレビでハングル講座」のほうがノリが良いのでつい見てしまう(というか中国語を見る気があまりしない)。

「テレビでハングル講座」はウィス先輩が主として司会をして(ボケたり突っ込んだりして)、学習を進めていく。生徒役の乃木坂46キャプテン桜井玲香さんに作文させたり、読ませたり、書かせたりするので、受講生(視聴者)は一緒に自分の能力を確認することができる。ネイティブのモデルは韓流グループ「GOT7」(ガットセブンと読む)なので好きな人は、彼らを相手に会話する練習をすることができる。

ここ数回ではキム・スノク先生(お茶目)が周りに韓国語ネィテイブがいない場合は、「独り言」を言えばいいと言っていた。言うだけでなく、番組最後に桜井玲香さんが鏡に向かって独り言をいうコーナーも作っている。本当に受講生に寄り添う番組だなあと感心した。学習方法をしっかり提案しているからだ。

それに対して(ファンの方、許して)、「テレビで中国語」は全体司会がいなくて、コーナーごとに司会が変わる。教室がない感じなので、どうもコーナーごとに見てもいいかな、見なくてもいいかなと飛ばし見ができてしまう。相手が学習者ではなく「セレクトショップ」のお客さんだからだろうか(笑)。情報は与えてくれるが学習の仕方までは提案しないのだ。だからなんとなくクールな感じだ。

せめてスキットをやってくれれば学習の参考になるのだが最近はやらない。せっかくネイティブに近い発音ができる女優・森迫永依さんを使っているのだから、「これは何という、何と読む」でトライアルさせればいいのにやらない。美女・イーランさんを王陽さんor三宅先生とからませれば面白いのに、やらない。もったいない番組だなあ。


[PR]

by L-monger | 2017-05-19 13:49 | NHK語学講座 | Comments(2)  

外国語学習状況についてダラダラ(17年5月12日)

仕事が忙しかったりヒマだったり、安定しない。そのせいか、語学も不安定な学習状況だ。ブログも書く気になりにくいのだが、今日は思いつくままに感想を書いてみる。

ロシア語
→「
まいにちロシア語 入門編」(黒岩幸子先生;声に出して覚えるロシア語)

がんばって色々なことを教えてくれているが、かえって集中しにくい感じがしている(ぜいたくかな?)。まだ私が楽しいと思えるレベルに達していないのも一因かもしれない。早く6月の内容にならないかな。

→例文復習の復習:
16年4月期(オレーグ・ヴィソーチン先生;千里の道も一歩から)+15年10月期(匹田剛先生;繰り返しでマスター!文法の基礎固め)

4月で終了したこの学習についてのブログがまだかけないでいる。復習の復習は第3週目に入った。意外に覚えているが
ヴィソーチン先生らしい日常的な長い単語が覚えられない。

★ ドイツ語

→2006年「NHKラジオドイツ語講座 入門編」(太田達也先生;ゲンのバイオリン)+ 応用編(田中雅敏先生;ドイツ語発見の旅)

3週目に入ったのに、「ダブルドイツ語講座」の学習についてのブログ記事が書けないでいる。入門編が実用中心、応用編が広義の文法中心講座なので良いバランスだ。「りんごジュース1杯ください」とか言うのも割と楽しい。

「まいにちドイツ語 初級編」(藤田明彦先生;ドイツ語で巡る建築)

単語が難しいので、皿洗い中にテキストなしで聞くのがつらくなってきた。まあ、テキストで予習するときに面白いから良いけど。

★ 中国語

→中文版「ドラえもん」の「ホームズセット」の巻で1か月以上かかっている。はやく終わらせたいのだが、自主学習なので時間がないと進まない。やれやれ。

おもてなしの中国語」及川淳子先生出会い ふれ合い 語り合い)

練習しているキーフレーズが易しいのでかえって張り合いがない。今は「まい中」の方が面白く感じている。

→「まいにち中国語」(高木美鳥先生)

前日の復習や今日の練習で日本語→中国語の練習をさせられるのはすごく楽しい。今の所レベルが低いので自主練習に使うつもりにはならないが、6月ぐらいになったら私にも使える内容になりそうだ。楽しみ。

★ フランス語

→仏語版「名探偵コナン」

ドラえもんと同じ状態でなかなか進められないでいる。今の事件を始めてからそろそろ数か月。最終エピソードに入ったのでいいかげん進めたい。

まいにちフランス語 入門編」(田口亜紀先生;Bon Voyage! フランス語で旅をしよう!)

がんばっているなあと思うけど、旅行フレーズ集なのでそんなに興味が持てない。「フランス語で巡る美術」とか「音楽」とか無茶な入門編を聞いてみたい(ははは)。

以上、だらだら書いてみた。


[PR]

by L-monger | 2017-05-12 14:39 | Comments(1)  

17-4月期 学習時間割 例によってとりあえず (17年4月14日)

ラジオ講座と自主学習の時間割、まだ試行段階だが、例によってとりあえず出しておく。
c0059093_14520480.jpg
【朝の皿洗い】
★ 露入=「まいにちロシア語 入門編」
16年4月期(オレーグ・ヴィソーチン先生;千里の道も一歩から)+15年10月期(匹田剛先生;繰り返しでマスター!文法の基礎固め)
あと1週間で終わり、来週以降はメンテナンスモードに入る。5か月しかやらなかったので、短かったなー。

★ 独入=2006年「NHKラジオドイツ語講座 入門編」(太田達也先生;ゲンのバイオリン)
今は4月号から5月号前半を聞き流しモードだが、来週以降は学習モードに入る。実はこれと今再放送中の応用編(田中雅敏先生;ドイツ語発見の旅)を組み合わせて「ダブルドイツ語講座」にしようかと思っている。

【昼の皿洗い】
★ 中(例文)=不動のポジション(笑)。中文版「ドラえもん」から拾った例文の反復練習を続ける。

【夜の皿洗い】
★ 独初=今学期「まいにちドイツ語 初級編」(藤田明彦先生;ドイツ語で巡る建築)
ちょっと変わった入門編なので、聞き流してチェックする。役に立ちそうなら将来の例文学習の候補にする。テキストあり。

★ 仏入=
今学期まいにちフランス語 入門編」(田口亜紀先生;Bon Voyage! フランス語で旅をしよう!)
会話集みたいな講座なので、たぶん例文学習はしないと思うが、一応聞き流す。テキストなし。

★ 中お=今学期おもてなしの中国語」及川淳子先生出会い ふれ合い 語り合い)
最初の10分間くらいは軽く分かるので、復習として聞き流す。テキストなし。

★ 露入=今学期「まいにちロシア語 入門編」(黒岩幸子先生;声に出して覚えるロシア語)
例文学習の候補になるか、聞き流してチェックする。行けそうなら10月期に例文学習する。テキストあり。

★ 仏(例文)=同じく不動のポジション。仏語版「名探偵コナン」から拾った例文の反復練習を続ける。

(この時間割は概念図なので、都合により曜日や時間は変更して使う。)


[PR]

by L-monger | 2017-04-14 15:07 | NHK語学講座 | Comments(3)  

再録:語学の小ワザ(5) 新学期が退屈なら回れ右 (17年4月4日)

再びゼロレベルからの学習に戻る新学期、2度目以降の入門編を聞いている人は退屈だろう(特に中国語やフランス語)。そんな方のために去年書いた「語学の小ワザ」シリーズの1本を再度ご紹介しておく。このようにすると退屈しなくていいですよ。

過去記事:語学の小ワザ(5) 新学期が退屈なら回れ右 (16年3月23日)


[PR]

by L-monger | 2017-04-04 13:15 | NHK語学講座 | Comments(1)