タグ:英語 ( 35 ) タグの人気記事

 

ドイツ語に連音化はない! 仮定法もない! (17年7月3日)

新しい外国語を学ぶと、ついつい既習外国語と同じと考えがちだ。たとえば連音化。英語で in America は「イナメーリカ」であって、「イン・アメーリカ」ではない。フランス語で en Amérique は「オン・ナメリーク」であって、「オン・アメリーク」ではない。そう、Nの子音は次の母音とつながるのが私のこれまでの「常識」だった。

ドイツ語でもなんとなくそうかと思っていた。これまでそれをはっきり否定してくれるドイツ語講座と出会わなかったからだ。しかし、ありがたいことに現在学習中の06年4月期「NHKラジオ ドイツ語講座 入門編」(太田達也先生;ゲンのバイオリン)の発音の解説では、それをはっきり否定してくれていた。

★ ステップ47の「発音してみよう」
(引用開始)
ドイツ語では、語頭の母音ははっきりと発音されるため、直前の語の最後の子音とくっついて発音されたりする現象はあまりありません。つまり、 in Amerika なら「イナメーリカ」ではなく「イン・アメーリカ」と発音します。
(引用終わり)

ほかの例として den Opa とか、Märchen erzählt とある。デン・オーパであって、デノーパなどではないのだね。そうだったのか~。

もう一つの「発見」。先週、今学期の「まいにちドイツ語 応用編」(田中雅敏先生;ドイツ語発見の旅)のLektion 9 を学習した。

西洋語には「仮定法」という表現がある。「もし~だったら」という未来の仮定や、現在や過去の非現実の仮定を表す表現だ。英語で「仮定法」、フランス語で「条件法」という。そこでドイツ語文法書でも「仮定法」をさがしたが、そんなものはない! そんな馬鹿な!いや待て、索引に「仮定の表現」はあるぞ。ここから引いてみると…。

「接続法II式」だった。

なるほどー、フランス語にも「接続法」はあるが、それと別建てで「条件法」となっている。それに対してドイツ語では「接続法」の中に「I式」(仏語の接続法)と「II式」(仏語の条件法)と下位分類する形で入れたのかあ。(フランス語の用語との比較、正確には違っているかもしれない。よく知っている方、教えて)

独:Wenn ich Geld hätte, würde ich nach Deutschland fahren. (お金があったら、ドイツに行くのに)
英:If I had money, I would go to Germany.
仏:Si j'avais de l'argent, j'irais en Allemagne.

…で合っているかな? 活用形を覚える楽さで比べると、英語、ドイツ語、フランス語の順かなあ。もちろん楽じゃない方が、私のような者には楽しい。ドイツ語は最近、英語の would みたいに würde で片づけようとしているらしいから、堕落したね(笑)。


[PR]

by L-monger | 2017-07-03 14:41 | ドイツ語 | Comments(3)  

中国語の「吃点儿」は「食べる」の婉曲表現?(16年9月10日)

今週の「まいにち中国語」(おもてなし中国語;陳淑梅先生)の第103課で

「何かお飲みになりたいですか?」「何か食べたいですか。」
「你想喝点儿什么吗?」「你想吃点儿什么吗?」

という例文と中訳問題があった。ポイントは不定の「何か」なのだが、別の事が気になった。「点儿」は表現をぼかす意味だという説明だったが、「あなたが」「食べる」だからこそ使われているのではないか、婉曲表現で丁寧に言っているのではないかということだ。

日本語でも「何か食いますか」(最低レベル!)より「何か召し上がられますか」の方が丁寧だ。英語やフランス語でもeatやmanger以外の表現で食べることを表現する。haveとかprendreだ。

中国語でも同じように少しぼかして「吃点儿」で「召し上がる」的な意味なのかもしれない。

だとすると、次の瞬間翻訳練習では私はそういう日本語を使おうかと思う。
「あなたは、召し上がりたいですか、何か、マ」「你想吃点儿什么吗?」みたいな具合に。

こうでもしないと私は絶対入れ忘れると思う。本当を言えば「点儿」を動詞に付けるプラクティスをやるべきだと思うが、こういう文法的変形練習ってラジオの中国語講座でやったことないなあ。だから日本人受講生が自然な中国語を使えるようにならないんだよ、たぶん。


[PR]

by L-monger | 2016-09-10 16:25 | 中国語 | Comments(6)  

2016年 NHKテレビ語学番組の出演者 発表会見 (16年3月1日)

EURO24(独仏西伊)の各テレビ講座が、前期は2015年の再放送で、後期10月にならないと新規講座やらないそうだから、今年はもう出演者(生徒役)の発表会見はやらないのかなと思っていたら、今日3月1日にやったみたい。そりゃそうだ。英語や中国語、ハングル講座は4月から新規講座だからね。

情報元:川島海荷ら、NHK語学番組に気合十分 元BOOM宮沢の長男は演技初挑戦

中国語の川島海荷さんはアリナミンゼロ7のCMの人だね。ハングル講座の渡部秀さんは仮面ライダーオーズのハンサム君かあ。おとなの基礎英語は3年間の坂下千里子さん時代と異なり、毎年出演者を変える方針にしたみたいで、福田彩乃さん、宮沢氷魚さん。

それぞれの講座の先生については、すでに数回前の記事に書いたから繰り返さない。
[PR]

by L-monger | 2016-03-01 18:29 | NHK語学講座 | Comments(5)  

黒田龍之助先生 小説新潮12月号エッセイ(15年11月30日)

黒田龍之助先生が小説新潮で連載中のエッセイ、12月号の第2回目「犬神家の英文講読」を読んだ。

外国語で小説を楽しむのだが、先生はカドフェルでも犬神家でも良いそうだ(この場合は英語)。趣味だなあ。私は本格推理とか、そもそも小説までたどり着けないので、漫画の推理で満足している。あと、結末はやっぱり知りたくない。拡大コピーするときに分かってしまうから、薄目を開けてやっている(笑)。
[PR]

by L-monger | 2015-11-30 14:44 | 外国語の読書 | Comments(2)  

NHK「やさしい日本語」で仏中英を聞き比べ(15年9月14日)

豊嶋先生のレベ中「大陸君、初めての日本」の未聴分を聞き終わった。中国語応用編で、何か別のを聞き始めようかとも思ったが、もうすぐ10月の新学期だから、それまで1か月だけ聞けるものにしようと思った。

良いものを見つけた。「NHKやさしい日本語」のページだ。外国人に日本語を教えるための番組(各10分間)だから、解説は各外国語になるので、これらを比較して聞いてみたら、解説のフランス語や中国語が聞き取りの練習になって結構面白い(モデル会話がアニメ風の少女声なのは辛抱する。例文読みは、NHKの男声アナウンサーだから気にならない。中国語版の進行役は、我々におなじみの容文育さんだ。日本語うまい~)。

私の能力では、英語100%、フランス語90%、中国語80%ぐらい聞き取れる感じだ。基本フレーズは「道に迷ってしまいました」とか「サクラさんのお勧めはなんですか」など易しいが、文法を説明しようとすると「形容詞」などの文法用語が出てくるので知っておく必要がある。まあ、英語版が分かれば比較して聞くと、ほぼ同じことを言っているので、全体の流れはすぐ分かる。

「サクラさんのお勧めはなんですか」がフランス語で「Sakura, quelle est ta recommandation ? 」なのに対して、中国語で「小樱,有没有可以推荐的? 」とYes-No Questionなのはなぜなんだろう?そもそもお勧めがあるかどうか分からないから?そのように訊いた方が丁寧だから?

しばらく楽しめそうだ。
[PR]

by L-monger | 2015-09-14 14:26 | NHK語学講座 | Comments(1)  

15-4月期(再) 入門編「みんなのスペイン語」私の注目ポイント7つ (15年4月13日)

今学期再放送中の以下の講座、私は初めて聞いている。聞けば聞くほど、よくできているなあと感心することが多い。とりあえず私が注目しているポイントを7つ、あげてみたい。

★ まいにちスペイン語 入門編 (みんなのスペイン語 江澤照美先生)
c0059093_1650147.jpg

1. 先生の日本語による説明と指示が、緩急とポーズを上手に使った、7色のイントネーションを駆使されていて、全然眠くならない。

2. キーフレーズを習ったのち(すぐさま「百本ノック」で発音してから)スキットを聞くので、習ったことをすぐに使えて(聞き取り練習)、達成感がある。(中国語も昔はこうだった)

3. 使う状況を想像して意識させる練習方法。深い記憶につながると思う。(a) 「挑戦しよう!」の中でガヤのBGMとともに話す。(b) テキストのさし絵が、キーフレーズと「話してみましょう」にあり想像を刺激する。

4. 「書き取ってみましょう」という練習がある。大部分のラジオ講座は「聞く・話す」しか練習させず「書く」ことを無視した形になっているが、書くのが一番記憶に残ることでもあり、良い「練習の練習」だと思う。

5. テキストに放送の補完的役割を持たせている。毎週のとびらページでその週のテーマを提示し「予習」。なぜそれを習うのか、動機づけを強化している。また毎週のふりかえり用の「あなたのポートフォリオ」で、目標行動をできるかどうかのチェックをすることで「復習」をしろと強制せずに、自然にそうするように誘導している。

6. カリキュラム的に、一度出た表現がまた後で出てくる。例えば「Usted habla español muy bien.(あなたはとても上手にスペイン語を話しますね)」は第3課のスキットに登場後、第7課で類似の「¿Usted habla español?(あなたはスペイン語をお話しになりますか)」がキーフレーズとして出てくる。記憶補強にとても有効だと思う。

7. 先生とゲストがわざと違うスペイン語の発音をしている。例えば、ワタシ yo の発音は、江澤先生がスペイン式の「ジョ」、パブロさんが出身地ボリビア式の「ヨ」と発音している。もちろん発音の違いはきちんと説明している。たぶん、いろんな地域のスペイン語話者に慣れるためだろう。

7番はすごいよ。英語で例えれば、「英語会話」の講師がイギリス発音、ゲストがアメリカ発音をしているなんて考えられるだろうか。英語は発音が難しいのでやらないのかな?スペイン語は発音が簡単な分、このようにバラエティを持たせられるのかもしれない。たぶん、たぶん。

参考: 15-4月期開始 入門編の試し聞き (15年4月2日)
[PR]

by L-monger | 2015-04-13 16:54 | スペイン語 | Comments(5)  

「カムカム英語」の本とNHKアーカイブス (15年4月7日)

この前の「放送90年!もっと届け、ゴガクのこと」(3月22日)の番組を見て(>私の書いた記事)、過去に放送された番組の中でも「カムカム英語」の愛称で親しまれた、戦後すぐの平川唯一先生のラジオ「英語会話」番組のことをもっと知りたくなった。

『カムカムエヴリバティ―平川唯一と「カムカム英語」の時代』という本を借りて読んでみた。すごい熱気だったこと、この先生がすごい方だったことが分かった。

c0059093_13161459.jpg

1章と2章の扉絵(合成)

c0059093_13164261.jpg

テーマソングの歌詞
(愛称カムカム英語のネーミングの元になった。昔聞いてた人には懐かしいかな。放送原稿も載っているので先生の話方も分かる)

上記の本は息子さんの書いたものなので、もう少し客観的な記事を読みたい方は以下のページをどうぞ。
「カムカム英語」戦後「英会話」の原型

実は昔の動画もある。「NHKアーカイブス」という所で1~2分間見ることができる。英語会話のリンクを見て欲しい。(他にも、初期のハングル講座とか2年前の「テレビで中国語」「おとなの基礎英語」も「少しだけ」見ることができる。有料でもいいのでもっと見たいなあ。)
[PR]

by L-monger | 2015-04-07 13:22 | NHK語学講座 | Comments(1)  

70-5月、6月「テレビ英語会話初級」の連載記事 (14年11月7日)

九州の実家から持ち帰った、お宝テキストをさらに読みふけっている。時代背景が分かって、結構面白い。「テレビ英語会話初級」70-5月号、田崎清忠先生の「私の英語史(2)」。まだ英語を習う前の話。戦後すぐ、英語もできないのに米軍の歩哨に会いに行こうというのは、すごい勇気と好奇心だなあ。
c0059093_14144348.jpg


「テレビ英語会話初級」70-6月号、田崎清忠先生の「私の英語史(3)」。カタカナの英会話本を歩哨相手に試してみた。一文だけ(笑)。これも勇気だ。(あまり怪しまれなかったのは中学生だったからだろうね)
c0059093_1415234.jpg


「テレビ英語会話初級」70-6月号、読者投稿の「英語会話サロン」。私にとっては、このコーナーが意外と面白い。たくさんの字数を載せてくれていたんだね。どれも読みごたえがある。78才の老婆から16歳の高校2年生まで。女性ばっかりだなあ。
c0059093_11551539.jpg

ある意味、今の時代よりも強い、英語に対する熱気があったようだ。

参考(「私の英語史(1)」含む):1970年4月の「NHKテレビ英語会話初級」(14年10月3日)
[PR]

by L-monger | 2014-11-07 14:23 | NHK語学講座 | Comments(0)  

なぜラジオ講座が身につかなかったのか?(14年10月31日)

実家滞在中に「英語会話」や「テレビ英語会話」、「フランス語入門」のテキストを眺めていてふと思った。中学や高校の時、これらのラジオ・テレビ講座を聞いたり見たりしているときは楽しかったけど、なぜ、この時間に見合うだけの英語の使用能力向上につながらなかったのだろうと。

高校の時、英語部の活動でアメリカ人と定期的に会話していたので、その時は確かに聞き取りなどの役に立ったが(パッシブな能力)、でも内容の大部分がしっかり身に着いたとは思えない(あまりアクティブな能力につながっていない)。

その原因の一部は、「行き過ぎた音声練習の強調」かもしれないと思ったりする。前回の記事で東後勝昭先生も何度も聞くようにとだけ言っている(ソノテキストの冒頭だから当然だろうが)。つまりそれ以外の「書く、読む」練習は(当然だから?)はほとんど強調されていない。

もったいない!オールラウンドな練習をやって初めて、外国語が自分に近づいてくるのだ。ただ講座を聞いて発音しているだけでは、外国人の思考をなぞっているだけで、外国語は「自分のものにならない」。

よし、中学生や高校生のボクに教えてやろう。ラジオ講座の使い方はこうだ!

(1) 聞き取り練習。スキットの音声だけを聞いて、書き取ってみる。できなかった部分が自分でも発音が下手な部分だ。やり終わったら、テキストの英語(やフランス語など)の部分だけを見て、スペリングを含めて、チェックする。日本語訳はまだ見ない。

(2) 解釈練習。今、書き取った文章がどんな意味になるのか、文法や単語知識(辞書引く)を総動員して解釈して日本語訳する。翻訳ではなく英文和訳で良い。そうした上で日本語訳を見る。ラジオ講座の解説も聞く。できなかった部分が、今のままでは、自分に使いこなせない、おいしい部分だ。

(3) 置き換え練習。ラジオ講座を聞いた後、スキットの例文を自分にあった表現に書き換える。あるいは二つの単語を対比させるために、二つの例文を作る。結果に自信が持てなければ、Googleで " " 付きで検索してそんな表現が使われているか調べる。

(4) 上記までで、できなかった部分を例文にまとめてノートに書き、日本語からその外国語に口頭でぱっと言えるようにする。また、聞いて書き取れるようにする。そこまで行ければ、アクティブな知識に変わるはずだ。(数日同じ例文を練習して定着させる)

外国語講座の先生がたは、こういうキビシイことを言うと「お客が逃げる」のでほとんど教えてくれないが(身につかない方が来年もテキストが売れる)、手間をかければかけるほど、ラジオ講座はもっと身につき、もっと楽しくなるはずだ。たとえ一回のレッスン15分間の学習に1時間かかったとしても、ぜひ読み書きまで含めて練習するのだ。がんばれ。(テキストが終わったらマンガを読もう。同じようなやり方で)
[PR]

by L-monger | 2014-10-31 14:46 | NHK語学講座 | Comments(5)  

お宝英語会話他ソノテキスト発見 (14年10月30日)

九州の実家から東京の自宅に戻った。実家滞在中は、仕事やら家事やらで時間がないのだが、今回もなんとか2階の物置を物色し、無事お宝を発見することに成功した(マネ)。以下が収穫物だ。

c0059093_22271631.jpg

72-4月「英語会話」(東後勝明先生)と70-6月「基礎英語」(北村宗彬先生)のソノテキストだ。

c0059093_22294842.jpg

左の赤いのがソノシート。右が若き東後勝明先生の雄姿だ。情報としては基礎英語はソノシート2枚で250円、英語会話はソノシート3枚で350円。(年度が違うので、いちがいに比較できないが。)

なんで2冊しか買わなかったのか、その理由はおそらく、今と同じで、ラジオ講座の魅力が余計なおしゃべりにある以上、あっさりと本文だけを録音されてもつまらんかったからだろうと思う。再生して中身を聞いてみたいところだが、残念ながら実家にも自宅にも使用可能なレコードプレイヤーがない。
[PR]

by L-monger | 2014-10-30 22:40 | NHK語学講座 | Comments(1)