新番組「おもてなしのハングル」、中国語との差分比較(18年10月11日)

今学期 18-10月期より開始された新番組「おもてなしのハングル」(長友英子先生;知って伝えるコミュニケーション術)の第1週目、2回分を聞いた。2017年より反復再放送されている「おもてなしの中国語」(及川淳子先生)と同様のシリーズだが、言葉が違うと、やり方とレベルが少し違うようだ。検索したが、その差分について書いてあるブログ記事などはなかったので、日本で初めて私が書いてみる。貴重な記事だ(笑)。

テキストをお持ちでない方はNHK出版の試し読みで見てください(→ハングル、→中国語

1. レッスン順が、会話→基本フレーズの順である(中国語は逆)。
2. レベルが、中国語より少し上。
3. 会話(スキット)にキャラクター、ストーリーが設定されており、会話が少し長い。(中国語はスキット間に同じキャラクターや流れがない)
4. 韓国と日本の文化の違いについて具体的な話を取り上げる(例えば、単なる挨拶として「よろしくお願いします」とは言わない、気軽に言うと何を頼まれたのだろうと相手は悩む)(中国語は「富士山」などや日本文化の特定テーマについて取り上げる)
5. 最後のコーナーは、会話の場面を想定したチャレンジ問題(中国語は、会話のついでに入れ替え=あなたにカスタマイズ)

どうしてこういう違いがあるか考えてみたが、ハングルは結構上達する人が多いのではないだろうか、だから観光客相手というより身近な話について(自分自身について)語る段階まで取り上げることができる。それに対して中国語は初級段階でつまずく人が多いので(声調!)、インバウンド観光客を相手にした基本フレーズのみになっている、のかなあと思った。


[PR]

# by L-monger | 2018-10-11 15:17 | ハングル | Comments(0)  

18-10月期スタート 新作応用編ほかの初回印象 (18年10月6日)

10月期がスタートして、いろいろ流し聞きしてみた。入門編の方は以前、流し聞き or 学習完了しているので、応用編を中心に一言感想を書いてみる。お断りしておくが、まだ1週目なので後で振り返ると間違った印象であるかもしれない(前にもあった)。

★「まいにちドイツ語 応用編その1」(太田達也先生;話して覚えるとっさのドイツ語)

テレビ「旅するドイツ語」とゆる~く連動しているそうだ。比較のために旅ドイも見てみた(物好き)。あちらの第1回は「注文する」があったのに対し、こちらの第1回はレストランで食事が終わっての「支払いをする」だった。表現の中心は、よく聞き取れない時に「もっと大きな声で言ってください」などの聞き返し表現。実用的かつそんなに難しくなかった。

モーツァルト君たちは応用編なのでドイツ語でしか話さない。ベートーベン君の「ござる」が聞けないのでぴんと来ない(笑)。まあゆる~く連動なので、良しとしよう。

★「まいにちドイツ語 応用編その2」(田中雅敏先生;ドイツ語発見の旅2)

テキストの構成は変わったが、レッスンの構成は前シリーズと同じだった。1か月目は格変化について4回分。レベルとしては入門編を終わったばかりの人でも理解できるだろう。でもどうして4格なのか、3格なのかという理屈は面白く、もう少し上のレベルの人にも役立つのではないだろうか。

私は前回、例文ひろいして学習したが、今回もやろうかなあ、どうしようかなあ。と考えながら6か月、流し聞きしてみたい。

★「まいにちフランス語 応用編」(野澤丈二先生、シルヴィ・ボォ先生;フラぶら~ Flanerie dans le Japon quotidien)
テキストなしで聞いてみた。まず「カッパ橋」から始まり、日常会話を通じて日本のいろんな事物を紹介している。レッスンの形態はオーソドックス(スキットを提示→解説→重要ポイントの解説)なので、私のように反復練習のネタの例文ひろいを主眼としている受講者には使いやすそうだ。逆に言えば、受け身で聞き流すと何も身につかず「面白かったね」で終わりになるだろう。

★「まいにちロシア語 応用編」(徳永晴美先生;日本へようこそ!~ 日本と日本人をかたる)
テキストなしで聞いてみた。書き言葉を通じて日本のいろんな事物を紹介している。これも、レッスンの形態はオーソドックス(テキストを提示→解説→重要ポイントの解説)なので、私のような受講者には使いやすそうだ。

徳永先生(男)は昔風の豪快な話し方をする先生で、私は好きだ。同時通訳でやる「訳し下し」方式で訳していくが、私も例文練習の時にはこの方式なので、好印象だ。これもいろいろ考えながら6か月、流し聞きしてみたい。

そうそう、10/5(金)の「まいにちロシア語 応用編」は緊急地震速報のため最後のあたりが録音されてなかった(その時点で夕方の再放送も終わってた)ので、来週の再放送枠かストリーミングで最後まで聞いて(録音して)おきたい。録音しっぱなしで聞いてない人は要注意!



[PR]

# by L-monger | 2018-10-06 14:23 | NHK語学講座 | Comments(0)  

18-4月期 流し聞きゴールインしての感想 (18年10月1日)

先週で4月期の各講座が終了した。私は将来ちゃんと学習する講座を選ぶため、そして楽しみのため、一回目は単に最後まで流し聞きするようにしている。以下、感想。

★まいにちロシア語(入門編):ロシア語文法のとびらを開こう!(秋山真一先生)
途中で流し聞きを中止した。私には合わなかった。
→ 参考:現行のまいにちロシア語入門編:残念だけど2か月で流し聞き中止(18年6月2日)

★まいにちスペイン語(入門編):”お・も・て・な・し”のスペイン語(福嶌教隆先生)
なかなか面白いと思ったが、途中で流し聞きを中止した。スペイン語は学習対象ではないので。

★まいにちドイツ語(入門編):ぶどう畑のマリー(藁谷郁美先生)
最後まで流し聞きした。練習問題の言い換えを簡単にして、その分、感情をこめてほしいという教えだったが、私には易しすぎて退屈なので、将来学習ネタにはしない予定。

★まいにちフランス語(入門編):Sautez le pas ! 1歩踏み出そう!(野澤督先生)
最後まで流し聞きした。フランス(フランス語圏)のいろんな話題を取り上げているのは興味深かった。しかし文法や構文は私には易しすぎるので、将来学習ネタには使わない予定。

★まいにち中国語:ゆったりとしっかり学ぶ中国語(李軼倫先生)
李軼倫先生の例文の日本語訳が素晴らしかった。日本語→中国語の訳し戻しを練習すると、感情が込めやすくて良いと思うので、将来、ちゃんと学習する予定(たぶん後半3か月だけ)。

というわけで、今学期は途中中止2本、最後まで流し聞き2本、将来学習予定1本となった。

私がリアルタイムで学習しない理由は以下を見てください。
→ 参考:タイムシフトでマイペースに楽しむNHK語学講座(17年2月6日)


[PR]

# by L-monger | 2018-10-01 14:29 | NHK語学講座 | Comments(0)  

18-10月期の情報(3):来週からの新学期テキスト (18年9月25日)

いよいよ来週から2018年の10月期が開講する。新学期に向けて記念買いしたのは、この2冊!「まいにちドイツ語」「ロシアゴスキー(第2シーズン:サンクトペテルブルク編)」だ。

c0059093_14391943.jpg
いつも言うのだが、NHK出版の試し読み機能では入門編(初級編)の最初しか見れない。今回の10月期はほぼ入門編が再放送、応用編が新作なので応用編の方が興味ある人が多いだろう。今回はドイツ語の応用編2本のテキスト画像をアップする。本来はNHK出版さんがやってくれればいいんだけど。

★「まいにちドイツ語 応用編その1」(太田達也先生;話して覚えるとっさのドイツ語)

c0059093_14432783.jpg
(扉写真と進度予定表を合成した画像。本来は見開きではない)

c0059093_14441378.jpg
c0059093_14451780.jpg
(ちゃんとモーツァルト君たちも挿絵で登場する。講座内で日本語の台詞あるのかな?応用編だからドイツ語かな?)

★「まいにちドイツ語 応用編その2」(田中雅敏先生;ドイツ語発見の旅2)

c0059093_14480227.jpg
(扉写真と講座説明を合成した画像。本来は見開きではない)

c0059093_14484832.jpg
c0059093_14491384.jpg
(パート1の時は、最初にチャレンジ問題があったけど、今回は格変化とか、文法テーマ別で全体カバーする方針みたい)

以上、ドイツ語ご学友へのサービスでした。「ロシアゴスキー 第2シーズン」の方は、NHK出版のページで試し読みできるから、こちらへどうぞ(→こちらのページ)。

参考になったら、コメント欄でそう言ってくれると、うれしい。


[PR]

# by L-monger | 2018-09-25 14:53 | NHK語学講座 | Comments(0)  

18-10月期の情報(2):再放送入門編の感想 (18年9月3日)

この10月期に再放送される入門編(初級編)の中には私が過去に学習したり(私にとって良講座だったもの)、聞き流したものが含まれている。以下に、それらの感想を書いた記事へのリンクを貼っておくので、興味のある方は参考にしてほしい。

★ 「まいにち中国語」(高木美鳥先生;聞いて話す!耳から覚える中国語)
ゴールイン! 17年4月期 まいにち中国語 練習完了(18年5月5日)
★ 「まいにちロシア語 入門編」(オレーグ・ヴィソーチン先生;千里の道も一歩から)
ゴールイン! 例文学習の第2期 ロシア語ダブル講座(17年5月16日)

★ 「まいにちドイツ語 初級編」(藤井明彦先生;ドイツ語で巡る建築)
スパルタでお茶目な初級編「ドイツ語で巡る建築」(2017年5月6日)

参考になったら、コメント欄でそう言ってくれると、うれしい。


[PR]

# by L-monger | 2018-09-03 18:11 | NHK語学講座 | Comments(7)  

18-10月期の情報(1):日本紹介とテレラジ連動企画 (18年8月31日)


先日ようやくリアル書店に行き、「まいにち中国語9月号」を入手した。そう、主として「後期の語学講座(英語以外)のご案内」の表を得るために。(NHK出版とかがどこかにアップしてくれればいいのだが、探しても見つからなかった)
c0059093_21292416.jpg
今回目を引いたのは、以下の4つ:

(1) 仏西露の3か国語の応用編が「日本紹介」の講座になっている。
(2) ドイツ語の応用編2つ並行(各週1回)になって、うち一つは太田達也先生がテレビ「旅するドイツ語」と連動企画になっている。
(3) 新番組「おもてなしのハングル」開始。2年前からやっている「おもてなしの中国語」の韓国語版だね。
(4) テレビ「ロシアゴスキー」は第2シリーズ、サンクトぺテルブルク編。今回も3か月のみ。

テキスト発売は大体9月18日。さて、私は記念買いをするでしょうか、しないでしょうか?

(テレビ「旅する(欧州語)」シリーズも3年目になったが、あれは語学番組ではないと思っているので、興味のある人は検索するなり、NHKゴガクのページを見てください。)

* 9/8追記: あ!見逃してた。ドイツ語の応用編のもう一つは、田中雅敏先生の「ドイツ語発見の旅2」だ!この講座のパート1は良講座で、学習完了していたのだった。でも週1回で6か月講座でなくて、週2回で3か月講座にしてほしかったなあ(テキストが3冊ですむので)。
祝ゴール! 独語2年目:06年入「ゲンのバイオリン」+16年応「ドイツ語発見の旅」(17年11月9日)


[PR]

# by L-monger | 2018-08-31 21:37 | NHK語学講座 | Comments(1)  

夏の読書 仏語版日本マンガ「Les Miserables(レ・ミゼラブル)」(18年8月25日)

忙しくてご無沙汰した。それでも少しずつ仏・中・露の学習は続けている。
学習は楽しいのだが、たまに腕試しをしたくなってくる。読書などは格好の腕試しだ(楽しいし)。

三か国語の中ではフランス語が一番進んでいるのだが、それでも一般の小説を読むのはちょっと荷が重いので、マンガを読むことにした。

フランス語で書かれたヴィクトル・ユーゴの小説「Les Miserables」(レ・ミゼラブル)を原作に、新井隆広さんが描いた日本語のマンガ「Les Miserables」がある(全8巻)。これをさらにフランス語に翻訳したものがあったので、第1巻を読んでみた。辞書を引かずに、ゴロ寝しながら。

c0059093_12090269.jpg
本国フランスのAmazonの評価(リンク)でも、この第1巻は星3.9個だからなかなかだろう(最終第8巻は星5個、読み切った人には評判良い)。

以下のサンプルは、主人公がミリエル司教に出会うシーン。このぐらいのフランス語なら、辞書を引けば初級者でも分かるかもしれない。

c0059093_11594211.jpg
このシーンではないのだが、巻の最後のあたり、不覚にも泣けてきた。フランス語の読書で泣いたのは初めてだ。単語が分からない部分もあったので、もう一度、辞書を引きながら読んでみたいと思う。


[PR]

# by L-monger | 2018-08-25 12:10 | フランス語 | Comments(1)  

録音・録画した語学講座をサボってしまった場合の対処法(18年7月10日)

芸人のブルゾンちえみさんは高校生のとき陸上部だったそうだが、その時の経験が朝日新聞に載っていた。

(引用)「運動している人のあるあるかもしれないですけど、「やらないと気持ち悪い」。歯磨きとか風呂とかと同じで生活の一部になってたので、やっていない日がすごく気持ち悪くて走っていました。日本一になるとか、走る先に何か目標があったわけではなく、自分の生活の一部として必要なリズムでしたね。」

その通り!この感覚は語学学習についての私の感覚とぴったり一致する。私はラジオ講座+自主学習で、1週間1日も休むことなく学習しているが、このリズムが普通になっているので、講座を聞かなかったり、自主練習をしなかったりすると、気持ちが悪くて仕方がない。語学講座を脱落しがちの方にアドバイスなのだが、(1)学習する時間を決めること(食後とか電車内とか)、(2)必ず毎日やること、をお勧めしたい。そうすると歯磨きやお風呂と同じように習慣化できる。続けるのがすごく楽になるのだ。

(週5日の講座ならあと2日は復習するとか、週3日の講座なら2回やって1日復習とか、工夫すること。)

では、不幸にして、録音・録画をためてしまった場合はどうするか? たまっていく数ばかり気にしてやる気をなくすことが多いようだが、気にすることはないと思う。

1週間休んだら1週間長くやればいいだけのことだ。自分でカレンダーを作り直して1週間遅れで追尾すればいい。英語以外の講座の今学期は9月末で終わるが、10月第1週で終わろうが、11月第2週で終わろうが、大問題だろうか?

録音・録画さえしていれば、あまりNHKの提示するスケジュールにこだわることはないと思う。大事なのは自力でカレンダーを作り直し、新たな目標期日を自分で設定することだ。

(ちなみにお盆に出かけない人に朗報!8月のお盆の週は通常、再放送週になっているので、そこで休まなければ追いつける。)


[PR]

# by L-monger | 2018-07-10 17:36 | NHK語学講座 | Comments(0)  

中文版ドラえもんで知る:「かゆい」と「くすぐったい」は同じ(18年6月30日)

あまりに忙しかったりするとブログを書く気が失せる、今日この頃(外国語学習は前回の予定通りしているけど)。でも、6月も終わりなので、もう1本ぐらい記事を書いておこう。

中文版ドラえもんでまず自力解釈してから例文拾いしているが、不思議なセリフを発見。
(のろいのカメラで作った、本人そっくりの人形は、それに何かすると本人が同じ目に合う)

c0059093_17252500.jpg
哈哈,痒死啦!
别挠我的痒痒。哈哈,嘻嘻!

最初手持ちの「講談社中日辞典」で「痒」をみると「かゆい」とだけ書いてあるので

(拙訳)「はは、かゆくて死にそう!
僕のかゆい所を掻くのはやめて!はは、ひひ!」

これって変だよねえ。痒かったら掻いてほしいでしょう。

ネット上の「Weblio中日辞典」ではこうなっている(リンク)。

つまり「痒」はくすぐったい、かゆい、の両方なのだ!そんな馬鹿な!
あちこち検索してみたら、中国語話者の感覚では区別がないという事を発見。
(たとえばこちらの方のブログ(リンク)。ありがとうございます。)

面白いねえ。じゃあ、上の訳は正しくはこうなるのか。

(拙訳)「はは、くすぐったくて死にそう!
僕をくすぐるのはやめて!はは、ひひ!」

原作本の日本語もこういう意味だと確認した。これでつながった。
さっそく「くすぐらないで」と「かゆい」の2つの例文にして覚えよう。


[PR]

# by L-monger | 2018-06-30 17:28 | 中国語 | Comments(1)  

18-4月期: 6月時点の学習時間割 (18年6月6日)

直前の記事(→現行のまいにちロシア語入門編:残念だけど2か月で流し聞き中止(18年6月2日))で書いた通り、現行のロシア語入門編の流し聞きを中断したので、学習時間割を変更した。朝、昼の皿洗い時の時間割はそのままだが、夜の時間割を変更する。

c0059093_14210015.jpg
★まいにち中国語:ゆったりとしっかり学ぶ中国語(李軼倫先生)
6月号を見たが私にはまだレベルが低めだった。もっとも説明が面白いので、毎回、最初から12分間くらいを(火)(木)に2回分ずつ聞き続ける。7月以降はテキストを買うかも。(土)は基礎英語ゼロとの組み合わせで聞く(小学生の質問が面白い)。

★まいにちドイツ語(入門編):ぶどう畑のマリー(藁谷郁美先生)
前半のスキットだけ聞いている。最初から7分間くらい。知っている知識の確認だ。今日の表現の練習はしない。(月)(水)(金)にフランス語と組み合わせて聞く。

★まいにちフランス語(入門編):Sautez le pas ! 1歩踏み出そう!(野澤督先生)
スキットと文化コーナーのみ聞いている。最初の5分間と最後の2分間。練習はしない。(月)(水)(金)にドイツ語と組み合わせて聞く。

★まいにちフランス語(応用編):日仏交流散歩(姫田麻利子先生)
→自主学習:フランス語と中国語をとりかえっこ(18年5月28日)に書いた通り。

あと韓国語の昔の講座もちょっと聞く。


[PR]

# by L-monger | 2018-06-06 14:53 | NHK語学講座 | Comments(1)