新学期 第3週目の入門編 一番好きなのは露・中 (18年4月18日)

新学期の入門編、第3週目を水曜日まで聞き終わった。現状では一番好きなのはロシア語と中国語だ。

★まいにちロシア語(入門編):ロシア語文法のとびらを開こう!(秋山真一先生)
発音に多大な注意を払い(黒田先生のロシア語学校ミールを彷彿)、過去の入門編では教えてくれなかった細かい点を教えてくれるので(例えば、常に硬子音の文字とか、接続詞аの本当の意味とか)面白い。おまけに練習問題がたくさんあるので自分が分かっているかどうかもチェックできる。今、一番面白いと思っている講座。(理屈がうるさいと思っている受講生が多いんだろうなあ。もったいない)

★まいにち中国語:ゆったりとしっかり学ぶ中国語(李軼倫先生)
必ず日本語で導入部のおしゃべりをしてくるのはグッド。こちらも練習問題がたくさんあるので、分かりきった内容でも退屈しない。「咱们」を使うのは北方に多いという話をちゃんとするのはナイス。形容詞は必ず副詞を伴うという話で、まず「特别」や「非常」を教えて、その後で「很」(強調しない副詞)を教えるのは、頭の中に文法構造ができやすくて良い。

ドイツ語は子供相手に話しているような感じが、今の所、ちょっと好きになれない(まだるっこしい)。練習問題があるのは良いけど。スペイン語は聞く時間がなくて、今週分はまだ。フランス語は良いのかもしれないけど、私にはアピールが今一つ。


[PR]

# by L-monger | 2018-04-18 21:52 | NHK語学講座 | Comments(4)  

なぜ外国語の文法は嫌われるのか? (18年4月8日)

「英語は(またはそのほかの言語)、文法と会話をどちらを優先して学習すべきでしょうか?」などという変な質問をよく見かける。文法と会話は対照して考えるものではない。聞くとすれば「読み書きと会話はどちらを優先?」だろう。文法は会話の学習でも、読み書きの学習でも大変有用な学習ツールだ。

なぜ文法はこんなに目の敵にされるのだろう。難しいから?面倒くさいから? 私が思うに大学入試や検定試験で人を選別するためにこの理屈の体系を使うからだろう。でも本来は、文法は学習者が楽をするために、大先輩たちが考えてくれた素晴らしい贈り物だ。

楽をするの意味が分からない人のために数字を使った例題を一つ。以下の10個の数字を直ちに覚えられるか試してみて。
10、1、9、2、8、3、7、4、6、5

どうだろう?頭から暗記しようとすると面倒くさいよね。でもよく見るとある法則に従って並んでいるのが分かる。1個おきに10→9→8というカウントダウンと1→2→3というカウントアップという順番が交互に出てきているのだ。

そんな法則なんかどうでもいいから丸暗記すれば良いと考えると、数分間もかかって大変だけど、法則を使えば、3秒で覚えられる。文法とはこの法則のようなものだ。一見カオスに見える外国語の構文について、仕掛けを教えてくれ、そして、楽をさせてくれる素晴らしいツールなのだ。

(実際、私は例文の瞬訳練習をしていて、文法のおかげで構文の覚えなくて良い部分が増えて、単語そのものに集中できるなど、助かっている)

もちろん、理屈の「呪文」を覚えるだけでは不十分で、実地の「例文」の形で覚えなくてはダメだ。それを覚えたら呪文の方は忘れてもいいし、呪文が分かりにくければ、自分の用語に変えてしまってもいい(ロシア語の不活動体名詞を、人間動物名詞みたいに(笑))。


[PR]

# by L-monger | 2018-04-08 15:29 | 学習法 | Comments(4)  

新学期18-4月期:第1・2日目の入門編の流し聞き印象 (18年4月3日)

1日目と2日目の流し聞きが終わった。計2時間半(笑)。3日目まで聞けば、今週の入門編は終わるものがほとんどだが、集中して聞くのもそろそろ飽きたので、後は先週立てた計画に戻ろうと思う(自主学習を再開しつつ)。ちょっとだけ印象を書いておく。

★まいにちロシア語(入門編):ロシア語文法のとびらを開こう!(秋山真一先生)
声ハンサム。巧みな説明だし、知らないことも教えてくれるので、面白い。
問題練習はやはり燃える。アナトリーさん、お久しぶり(匹田先生の時以来)。

★まいにちスペイン語(入門編):”お・も・て・な・し”のスペイン語(福嶌教隆先生)
実用(スキット)と文法(ar動詞の活用)をバランスとっている。
二人の先生たちどうしでスペイン語話すし、リピータも飽きなくて良いのでは。

★まいにちドイツ語(入門編):ぶどう畑のマリー(藁谷郁美先生)
文法と作文が主体。練習問題では言い換えができるようにする。
その中で使えたら実用も、という方法。まだ退屈だけど、この方法論は先が楽しみ。

★まいにちフランス語(入門編):Sautez le pas ! 1歩踏み出そう!(野澤督先生)
クロエさんがいるので心配したけど「~だよね」というタメ口日本語は最低限で良かった。
今のところ、文法も活用もやらないので、人によっては物足りないかも。
知っている表現にヌケがないかをチェックするリピーター(私)には良いだろう。
フリートークが台本の棒読みなのはご愛嬌。

★まいにち中国語:ゆったりとしっかり学ぶ中国語(李軼倫先生)
2日目に三人の先生が全員日本語で話したのは驚いた。李軼倫先生の声は癒し系で好き。
しかし声調の練習は私には退屈なので2倍速で聞いている。早くスキットが始まってほしい。

皆さんはどうでしたか?

● 4/4(水)追記:新学期が退屈だ~という人は以下をどうぞ。私も実践中。

過去記事:語学の小ワザ(5) 新学期が退屈なら回れ右 (16年3月23日)


[PR]

# by L-monger | 2018-04-03 22:30 | Comments(5)  

来週から新学期: 流し聞きスケジュールを思案中 (18年3月29日)

ラジオ講座は来週から新学期、18-4月期が始まる。テキストはもう買ったし、TalkMasterの録音設定は明日やり直すつもりだ。

このブログの愛読者の皆さんはご存知かと思うが、ここ数年、私はラジオ講座をリアルタイムで学習しないようにしている。その理由としては(1)最後まで聞かないと自分の学習に向いた講座かどうかわからない、(2)最初はペースが遅すぎ、最後はペースが速すぎる、という2点があげられる。そのため、リアルタイムでは聞き流ししつつ録音し、講座の完了後、じっくり自分のペースで取り組むことにしている。例えば、最後の3か月分だけを6か月かけて学習したりするような形式だ。

問題は今回、西独仏露中の5か国語の入門編を流し聞こうとすると、多い日は1時間15分間も時間がかかってしまい、自主学習の例文瞬訳の時間にまで割り込むおそれがあるということだ。それでは本末転倒なので、1日に30分間(1.2倍速で25分間)に抑える対策スケジュールを考えている。例えば以下のようなものだ(朝と昼は別メニュー)。

c0059093_14391205.jpg
ロシア語とドイツ語はテキストを買ったので、週の前半と後半に分けて全部聞こうかと思う(1.2倍速で)。残り3か国語はかったるいので(笑い)15分間を全部聞かず、半分の7分間ぐらいずつをカップリング(中+仏)および(中+西)にしようかなと思う。

それでも4月中は本当にかったるい。中国語のピンインの読み方などは今さら聞きたくないので、ひょっとして中国語はスキットが始まる第3週目までは聞かないでおこうかとも思う。スペイン語は今は学習言語でないが、ノリ先生が力を入れているみたいなので、様子を拝見する(ついていけなかったらドロップアウトするつもり)。フランス語は…綴り字の読み方で退屈することはなさそうだが(本当は良くない)、聞いてみるまでは分からない。逆に良さげに見えるロシア語とドイツ語もどうなるか分からないし、上記のスケジュールはまだ単なる妄想段階だ。


[PR]

# by L-monger | 2018-03-29 14:53 | NHK語学講座 | Comments(4)  

NHK語学講座で入門編と初級編はどちらが上のレベル? (18年3月24日)

NHKラジオ(とネット)語学講座「まいにちフランス語」などの初心者向けの講座には、入門編と初級編があるが、どっちが上のレベルか、どちらがより難しいか、ご存じだろうか?ずっと聞いている人には自明の話なのだが、よく知らない人も多いみたいなので、区別せずに使っている人も多いみたいだから、ここではっきり書いておこう。

入門編<初級編
(初級編の方が難しい)

例えば、今回の18-4月期には、仏独西伊露はいずれも「入門編」なので、一番やさしい講座だ(最初はね)。秋からの18-10月期は、ドイツ語とイタリア語が「初級編」(ちょっと上のレベル)で、フランス語・スペイン語・ロシア語が「入門編」だ。したがってドイツ語とイタリア語をやろうと思う全くの初心者は、この4月の方が苦労が少ないかもしれない(苦労が少ない方が身につくかどうかは、個々人によるが)。

まいにち中国語とまいにちハングル講座は、特にうたっていないが、常に「入門編」だ。独立した別番組、レベルアップ中国語・ハングル講座は常に「応用編」だ。(ただし講座によって難易度の違いはある。今回のレベルアップ中国語「間違いのない中国語を目指そう」は少し易しい。)

以上、誰かの役に立つと思うので、情報提供しておく。


[PR]

# by L-monger | 2018-03-24 18:26 | NHK語学講座 | Comments(7)  

18-4月期情報(5) 4月号テキストを買った (18年3月18日)

昨日3月17日はNHK外国語講座テキスト(英語以外)の発売日だったので、書店に行き、内容を吟味したうえで、以下の2冊を買ってきた。

c0059093_18282990.jpg
NHK出版のページに行けば、最初の数ページは試し読みできるが、文字の読み方やらなんかばかりで、リピーターの方々は通常レッスンが始まる3週目以降が興味があるだろう。そこで上記のテキストから、4週目のレッスンのページを以下に引用する。

★まいにちロシア語(入門編):ロシア語文法のとびらを開こう!(秋山真一先生)

c0059093_18290480.jpg
c0059093_18291689.jpg
私がこのテキストを買った主な理由は「ちょこっとコラム」(一番最後)のコーナーのためだ。この第12課では曜日の名前の意味の説明をしている。若い人は丸暗記すれば良いと思うが、年配の私などはウソでもいいから意味を説明してくれた方が、覚えやすいのだ。(他に横浜の発音がヨコガマになる理由とか)

あと、発音はカナでなく、ローマ字で振ってある(「発音のイメージ」)。少し癖があるけど(Хがkhなど)、いいアイディアだ。例文に新しい単語を入れてくれているので、単語を増やせるのも良いかも。

★まいにちドイツ語(入門編):ぶどう畑のマリー(藁谷郁美先生)

c0059093_18300230.jpg
c0059093_18302865.jpg
失礼、これは第2週だった。私がこのテキストを買った主な理由は挿絵がかわいいからだ(笑)。実は、挿絵の使い方にも先生の配慮がいろいろ働いているように見えるところだ。

また、場面別の表現練習になっている割には、文法的操作も練習しているような気がする。スキットは後ろのレッスンでは結構長いが、前に使った単語や文を何度も使う目的だと思う。これも気に入った。

フランス語や中国語の4月号は私には易しすぎるので、買わなかった。7月号ぐらいにレベルがあがってきたら買うかもしれない。

皆さんは何を買ったろうか?


[PR]

# by L-monger | 2018-03-18 18:25 | NHK語学講座 | Comments(9)  

18-4月期情報(4) NHKテキストナビ2018 (18年3月15日)

毎年恒例、書店で無料配布のNHKテキストナビ、一昨日もらってきた。例年より遅いのは、私が九州の実家に帰省したり(田舎ではテキストナビの配布も遅い)、帰宅後、仕事の締切に追われたりしたからだ。

昨年までとの違いは表紙がニョコでなく、朝ドラ女優の葵わかなさんがイメージキャラで乗っていることだ。写真の表紙なんて、英語の大幅変更(なのか?)のために予算が多いせいだろうか。

c0059093_14034403.jpg
でも私は英語講座にはあまり興味がないので、以下、例によって非英語講座を中心に転載する。

c0059093_14043693.jpg
中国語は全部のテキストの表紙写真あり。李軼倫先生は2015年10月期のレベルアップ中国語、藤岡みなみさんも出演した講座が面白かった。少し期待している。

c0059093_14073717.jpg
まいにちフランス語はキャッチフレーズがない!応用編の先生、2回載っている姫田先生を略せばよかったのに。ドイツ語もフランス語も入門編は、文法をまとめて教えないタイプみたいで残念。私は文法と単語だけ教えてもらって、後は自力でやりたい性格なので、手取り足取りはいらないや。

c0059093_14141628.jpg
ロシア語のキャッチフレーズが当たり前のことしか書いてなくてつまらない。でも入門編のタイトルが好きだな。「ロシア語文法のとびらを開こう!」前面から突破、大賛成!

c0059093_14170039.jpg
福嶌先生ファンなので私の学習言語ではない、スペイン語(とイタリア語)も載せておく。前期で入門編(月火水)やって、後期で中級編(木金)につなげるという、夢のような構成。お客さんの多いドイツ語、フランス語などではとてもできない芸当なので、うらやましい。


[PR]

# by L-monger | 2018-03-15 14:23 | NHK語学講座 | Comments(6)  

18-4月期情報(3) 「各番組の紹介」 (18年3月7日)

今日は翻訳仕事の締切前日だというのに、こういう時に限って、4月期情報が出てきたりする。リンクだけ張っておくので、各自、ご覧になってください。私の感想は、明日以降、書く。

注目番組(PDF)

各番組の紹介(PDF)

(MHKゴガクのページ

以上

* 3/13 追記:
ラジオ独仏露(まいにちドイツ語など)の入門編は、それぞれ全くの初心者相手のようだ。今年の10月はもっと難しい初級編の再放送が予定されているから、初心者は4月にスタートした方が良いかもしれない。でも、私としては講座進行があまりスローでないといいな。7月から後半3か月だけ学習するかもしれないので。

→ドイツ語:マリーって子犬だったのか、飼い主のダンとワイナリーを訪ねるそうだ(カプセル怪獣?)
→フランス語:クロエ再び。今回は講師じゃなくゲストだから、自然な調子で話してくれるといいな。

→ロシア語:文学、音楽、演劇とアピールしてきましたか。何にせよ、自然な会話と文法の練習をたくさんしたいな(そうすりゃ独学でもできるさ)
→中国語:スキットで日中ハーフの葉子さんが北京の祖父母を訪問するって、この3月までのテレビの森迫永依さんみたい(卒業旅行で上海に行く)。表現練習が多様だといいな。

→スペイン語:パートナーがメキシコ出身で、多様なスペイン語話者に対応しようというのかな。インバウンド観光客がスペイン以上に多いと思われる、南米を含むスペイン語対応はいいかもね。

皆さんはどう思いましたか?


[PR]

# by L-monger | 2018-03-07 22:34 | NHK語学講座 | Comments(6)  

NHK語学テキスト代節約でタヌキの皮算用(18年3月1日)

多くのNHK外国語講座(英語以外)は入門編と応用編が一冊のテキストに収録されている(中国語とハングル講座は別々)。抱き合わせ、というか同居ね。両方が新作なら良いのだが、多くの場合、入門編が新作なら、応用編は再放送、あるいはその逆だ。

ずっとテキストを買っていると再放送のテキストは持っている場合が多いので、再びそれを入手してもあまりうれしくない。そこで、ここ数年間、買う時期をずらすという方策をとって、テキスト代を節約している(1か月に税込486円は安くない)。12か月買えば5832円だが、6か月買えば2916円ですむので大幅な節約だ。

例えば、「まいにちフランス語」だが入門編の4月期が新作、10月期が再放送(1年半前のもの);応用編の10月期が新作、4月期が再放送(半年前のもの)、というパターンがここ数年続いている。私は応用編メインなので、10月期はテキストを買って、新作応用編を聞いている。その際の再放送入門編は1年半前の4月期と同じものだが(だいたいは録音済み)、その時はテキストを買わないようにしていたので、6か月買うだけで入門編・応用編を無駄なく入手できることになる。(「まいにちドイツ語」も最近は同じパターンみたい。)

しかしご注意!「まいにちロシア語」はずっと、入門編の4月期が新作、10月期が再放送(1年半前のもの);応用編の10月期が新作、4月期が再放送(1年半前のもの)というパターンだったのだが、現在進行中の10月期からパターンを崩したみたいで、今の再放送入門編が2014年「大人のためのロシア語」、そして4月からの再放送応用編が2014年「ロシア語大好き!12の扉」になった。えー、もう持っているよ!再々放送だから。

残念無念。2016年「サンクトペテルブルクからカスピ海を目指して」だと思ったんだけどなあ。(去年4月期の再放送は、2015年「うきうきルースキー〜私の見たロシア」だった)。

取らぬ狸の皮算用とはよく言ったものだ。必ずしも通年通りの再放送パターンになるとは限らないので、私と同じ方法でテキスト代を節約しようとする場合は、気を付けましょう(あきらめも肝心)。


[PR]

# by L-monger | 2018-03-01 15:15 | NHK語学講座 | Comments(3)  

ロシア語学習のご褒美:セルビア語も楽し(18年2月24日)

このブログをいつも読んでくれる方々はご存じと思うが、私の学習する外国語は語族とか語派がバラバラである。フランス語、中国語、ロシア語、ドイツ語は、それぞれロマンス語、シナ・チベット語、スラヴ語、ゲルマン語に属する。だから一つの外国語で覚えた単語が、他の外国語でも使えるという幸運に浴することはほとんどない。(英語とフランス語経由で輸入したものは多少あるけど、高級語彙が多いから、日常の単語としてはなかなか…)。

ところが先日、図書館に行き「エクスプレス セルビア語・クロアチア語」という本を見つけ(ニューエクスプレスじゃない方)、挿絵があまりに可愛いので(!)おもわず借りてしまった。歴史的な事情からこの言語はラテン文字(英語など)とキリル文字(ロシア語など)の2通りで書かれるそうだが、この本はメインとしてラテン文字で書いてある(キリル文字版は巻末にある)。以下、サンプルページ。

c0059093_22201466.jpg
ロシア語を学習している方は、これを見て「おおっ!」と思うのではないだろうか。フリガナの方で書くが「ヨーッツァ・ウーチ・ヤパンスキ」(ヨーッツァは日本語を勉強しています)なんてロシア語そっくりだ。「Он учится」とか「японский язык」を思い出すだろう。まあ、格変化は違うけど。「オナ・ムノーゴ・チータ」(彼女はたくさん読書する)なんてのもそうだ。

興味のある方のために、この課の文法解説のぺージも載せておく。ロシア語と異なり、疑問文にするための語句があったりして面白い。(ロシア語にもあるが、使わないのが普通)

c0059093_22214583.jpg
こういうのが学習のご褒美なんだろうなあ。フランス語を学習しているなら、イタリア語とかスペイン語。中国語を勉強しているなら、広東語。ドイツ語を勉強しているなら、北欧の諸言語。それらを勉強するとそんなに苦労せずに「おおっ!分かる、分かる!」って経験ができるんだろう。しかも細かい部分では異なっているので、それも面白い。物好きな方はお試しあれ。

まあ、私は楽をしようと思っているわけではないので、あいかわらず1語族1語主義で行くけど。その方がなかなか身につかなくて、楽しむ期間を長くできる(笑)。


[PR]

# by L-monger | 2018-02-24 22:27 | ロシア語 | Comments(0)