人気ブログランキング | 話題のタグを見る

感動、また感動! 露・入門編第35課で完了体・不完了体の区別の説明 (22年7月1日)

皆さんはもう聞いただろうか?今週火曜日のまいにちロシア語で完了体と不完了体の区別の説明と練習を。

私は聞いて、すごくワクワクした。「~しましょう」という表現でこれらの体を区別するのだが、これほどまでにきれいに教えたロシア語入門編を私は知らない。

★まいにちロシア語 (入門編)/楽しく覚える身近なロシア語(毛利公美先生)

下にテキストの画像を載せる。

 感動、また感動! 露・入門編第35課で完了体・不完了体の区別の説明 (22年7月1日)_c0059093_21290747.jpg
 感動、また感動! 露・入門編第35課で完了体・不完了体の区別の説明 (22年7月1日)_c0059093_21302901.jpg
気に入った点を箇条書きする。

1. まずДавайте!だけ言えば十分な場合があるという説明。(楽をしたい人はこれだけ覚えればよいと思う)
2. Давайтеの後には、完了体動詞でも不完了体動詞でも「未来形」を続けるのだという説明。
3. 場合によってはДавайтеなしで完了体動詞だけでも良い。そーかー。теはどちらか1カ所だけよ。
4. 「これからずっとしましょう」なら不完了体動詞を続ける。
そして
5. 「しないようにしましょう」ならば、不完了体動詞を否定する。

だから、完了体未来で「しましょう」に対して、不完了体未来で「しないようにしましょう」と返すのだって!へええ。

私はメロメロになった。今はややこしく見えるが、もっとロシア語が上達すればこれは首尾一貫したシステムの一部なのだと思えてくるのではないかと、予感させる内容だった。

まだ聞いてない人!この入門編は聞いておかないと損ですよー。


# by L-monger | 2022-07-01 21:44 | NHK語学講座 | Comments(0)  

今年の中・露講座はアタリ! 3か月目に入って真価を発揮(22年6月19日)

今年の「まいにち中国語」「まいにちロシア語(入門編)」はアタリだ! ラジオ講座でよく見かける「難しいから全体の一部しか教えません」ではなく、それぞれの学習項目が全体にどのように結びついているか、教えてくれるので、頭の中にシステムが組みあがっていく快感がある。こんな教え方を私はずっと待っていた。

好きだった部分、とても全部は書ききれないので、今週6月13日からの週の内容をちょっと紹介する。

★まいにち中国語/言いたいことから中国語 (小金井京子先生)
- 「很 とても」は形容詞だけでなく、「喜欢 好きです」「感兴趣 興味があります」などにも付く
- 「有点儿」はちょうどいいニュートラル位置からどちらかに偏っている
(ただし「有点儿像 ちょっと似ている」にマイナスイメージはない!)
- 「都不」=「(都)+不」、「不都」=「(不)+都」で、前の方が後付け!

★まいにちロシア語 (入門編)/楽しく覚える身近なロシア語(毛利公美先生)
- 短語尾形「свободен, занят」などでよく使われる表現「この席は空いていますか」「私は忙しかった」の実例。
- 名詞の単数生格→ 人称代名詞の生格→ У меня естьへの流れ、しかもестьが略される場合を同時導入!

これを理屈だけではなく、多くの単語と表現を通して教えて下さる。ああ、なんて素晴らしい!

今のところ、私にはまだ易しいので、両講座とも7月以降もっともっとスパルタになることを期待している。Ankiカードはまだ1月からの分をやり直しているので、今年の後半に、これらの講座をネタにして学習する日を夢見ている。(今回のまいにち中国語は、10月以降に「お悩みバスターズ」を付加して再放送だからちょうどいいかも)

私にしては、言いすぎかな。


# by L-monger | 2022-06-19 21:33 | NHK語学講座 | Comments(2)  

すばらしい技術の進歩! 急な入院中でも外国語学習 (22年6月13日)

急に入院することになり、何の準備もなしに、病院に1週間泊まってきた(すでに退院して1週間になるのでご安心を)。絶食と点滴しつつ、ひたすら検査が行われるのを待つ日々。状態はさほど悪くなかったので、数年前だったら、とて退屈したことだろう。

ところが、技術の進歩というのは素晴らしいもので、持ってきたスマホ iPhoneでNHKラジオ講座の流し聞きはできるし(ロシア語、中国語、ハングル講座)、見たければテキストもスマホで見れるし、例文の練習もスマホですることができた。おかげで1週間空けることなく、ラジオ講座の進行についていくことができた。使ったサービスは以下の通り。

1. NHKゴガクの聞き逃しストリーミングサービス。ラジオ放送直後から、当日分を聞くことができる(本年度 2022年4月よりこの形式になった)。
2. Amazon Kindleのテキスト。スマホでも読める(本当はタブレットの方が読みやすい)。
3. Ankiカードで、例文の復習。各言語、5分間もあれば復習することができる、私の場合。

いつものように散歩しながら(ただし病棟内)、まいにちロシア語/中国語/ハングル講座を流し聞きしていた。普通の生活を維持することが精神の安定につながるので、これはとても良かった。

技術の進歩ってすばらしい!

(ちなみに、上記をやってもまだ時間が余るので、Amazon Primeビデオで見放題のアニメを見たり、Kindleで読み放題の漫画を読んでいたことも付け加えておこう)


# by L-monger | 2022-06-13 15:30 | NHK語学講座 | Comments(0)  

なぜ小芝居?ターゲット層の考察 「言いたいことから中国語」 (22年5月24日)

★まいにち中国語/言いたいことから中国語 (小金井京子先生)

従来は単語力や文法力がついてから、実用表現を習うのだが、5月のこれまでのレッスンを聞く限り、自己紹介=実用表現から習い始め、そのついでに単語力や文法力をつけていくカリキュラムになっているようだ。以下のように、今月のこれまでの学習内容には、文法から見ていろいろなパターンが混在している。

1. 私の名前は鈴木です。我姓铃木。(動詞述語文)

2. 私はうれしいです。我很高兴。(形容詞述語文)

3. 私は学生です。我是学生。(「」構)

4. 私の家は大崎です。我家在大崎。(「」構)

5. 私は21歳です。我二十一岁。(名詞述語文)

6. 私の誕生日は217日です。我的生日是二月十七号。()


学習者にとってのメリットは、今日今すぐ使える表現が入ってくること。知り合いでもネットでもぱっと使えるものが多いので、簡単な自己紹介ができるだろう。

デメリットは文法的に首尾一貫した習い方ではないので、分かりにくくなってしまうこと。形容詞に何か付けないと対比の意味になってしまうので、何もないときは「」を付けると言われても「何のこと?」だろう。6番は実は名詞述語文(数量詞)にして「是」なしでも表現できるので(例=我的生日二月十七号。)、同じ数量詞なのになぜ5番と6番は使い分けているんだろう、と悩む人もいるかもしれない。

もっとも長期学習者が多い中国語の事だから、これが良い復習になると思っている人もいるかもしれない。私もそうだ。いろんなパターンがこちゃまぜで出てきた方が思い出す機会が増える。

このカリキュラムがきついのは真の初学者だけだ。グループとして大きいのは、大学などで初めて中国語を習う人たちかな。そう考えると、例の小芝居(「えーまだあるのー」)は真にきつい初学者むけであり、例文に「○○大学の学生」があって「○○会社の部長、社長」などがなかったのも、学習がきつい人たちに特に配慮したと考えることができる(ホンマカイナ)。

謎は解けた!犯人はお前だ!(笑)

この記事がうれしかった人は、下のハート印のイイネボタンを押していただけると、私もうれしいです。


# by L-monger | 2022-05-24 21:42 | NHK語学講座 | Comments(0)  

例文は丸暗記するな:Fluent Forever の教え(2) (22年5月18日)

マーク・トウェインの言葉とされる「禁煙なんて簡単だ。私はもう何千回も禁煙したことがある」をもじって「外国語(フランス語、中国語、ロシア語)なんて簡単だ。私はもう四千語くらい覚えたことがある。今覚えているのは五百語だけど」と言えば、自分にも覚えがあると共感してくれる方も多いのではないだろうか。

2~3か月は覚えていられるのに、その後忘れてしまうケースの多いこと。ラジオ講座、せっかく4月に初めても6月くらいにやめてしまう人が多いのは、忘れたことに気が付いてがっかりするからかもしれない。

(なお、忘れたのをがっかりする必要はない。忘れたと自覚して覚え直すと、記憶が強化されるそうだ。おでんに味をしみこませるためには、一度冷ました方が良いのと同じかな)

脳に海馬(英:hippocampus)という器官があり、自分の生存に関係ある情報だけ、長期記憶に入れる仕組みになっている。頭がパンクしないようにするリミッターみたいなものかな。このタツノオトシゴ君が、いま学習している外国語が生存に関係ないや、と判断するときちんと忘れさせてくれるようになっているらしい。アリガタヤ。

海馬をうまくだまして、この外国語は自分にとって、とても大事と思わせる手段の一つが前の記事に書いたSRS(Spaced Repetition System)だけど、もう一つ、自分に関係のある情報にする、パーソナライズするという方法も併用したい。

皆さんはテキストの例文に「私は18歳です(Мне 18 лет. 我今年18岁了。J'ai 18 ans.)」とあったら、そのまま覚えるのだろうか。それっていつか使う言葉ではないので、海馬君が入れてくれないだろう(本当に18歳の人は除く)。正直に「私は58歳です」と言いなおさなければならない(この年齢はテキトーです)。または、友人の息子の「トウマ君は18歳です」で覚えるとか。

また、例文に「私の母親は優しい」とあって、本当ならそれでもいいけど「私の母親は優しいけどケチです」(ケチだけど優しいです、がましか)と言えば、その方が良く覚えれると思う。自分の周りの人物の実際の名前がもっといい。「ミサエは優しいけどオコリンボです」とか。この方が面白くない?人の悪口は蜜の味。

例文の改変の仕方が分からない、発音の仕方が分からないという人は、「Google翻訳」とかあるので、日本語から訳してみると良い。機械的に訳すので間違っているケースもあるけど、結果の訳文をGoogle検索で" "付きで検索してみて、たくさんヒットしたらそれは正しい文だろう。(SNSでネイティブチェックするサービスがなお良いかも)

私はテキストから選んだ例文を全部、自分の好きなように変えて、Ankiカードに打ち込んで覚えてみている。数か月後にまた報告したい。


# by L-monger | 2022-05-18 22:15 | 学習法 | Comments(0)