人気ブログランキング |

記憶保持の問題(9月17日)

「アンコールフランス語講座」(六鹿豊先生)のステップ87で「Mais, en fait, je n'ai pas bien retenu le nom.」(でも、実は名前、うろ覚えだったんだ)という文があり、なるほどなあと感じ入りました。

retenir は「覚える」のでもなければ「思い出す」のでもなく、「覚えている」ということですね。(英語では retention、記憶保持、固定、残留なんて難しい言葉に化けていたりします。)

外国語学習ではこれが難しいとわかりました。
実は単語を覚えるのは簡単です。文型を覚えるのだって簡単です。2週間ぐらいならば。

ところが3週目、4週目と次々に新しいことを覚えると、前の単語や文型を「覚えていられなく」なります。
私が音声ファイルで復習するたびに感じることです。そこでノートを作り、より高速にたくさんの単語や文型を思い出そうとしていますが、音声ファイルの3倍がせいぜい。キッチンでの制限時間、20分間では、1ヶ月分しかできません。半年分をやるのに1週間もかかります。

そこで今週から、もう訳すのはやめてみようかと思いました(普通は英語や日本語からフランス語に訳し戻す練習をしている)。ただ単にテキストを音読だけする(半分の時間は、テキストを見ていられないので、モデル音声の後の唱えるだけですけど)。これなら20分間で2ヶ月分くらいできるかも…と思っています。

うろ覚えの文章はうまく発音できません。意味が分かってないと変な読み方になってしまいます(特に中国語の声調やフランス語の前置詞と定冠詞)。だからチェックにはなっているという気がするのです。

実は、「訳さずに大きな声で読む」はシュリーマンの真似ですけど。うまく行ったらまた報告します。
何も言わなければ失敗と言うことで(笑)。

by L-monger | 2009-09-18 01:05 | フランス語 | Comments(6)  

Commented by yasufumic at 2009-09-19 00:53 x
そうですね。いま、ロシア語の学校に通っているのですが、音読や逆訳(日本語→ロシア語の瞬間通訳)で発音が躓くパターンは、常に記憶保持の甘さだと痛感しています。単語や、文章についての記憶。
先生からの助言でなるほどなあと思ったのは、「最初は文章を逆から読む。」ことです。つまり、まずは単語を敢えてつなげずに単語単体できっちり発音できることを目指す。文章順通りに発音練習すると、単語の発音が軽視されがちになってしまうからとのことです。

まあ、フランス語の場合はリエゾンやアンシェヌマンがないと味気なさ過ぎですが(笑)
Commented by 630叔叔 at 2009-09-19 03:02 x
問答形式のデータを使い、
ワンパターンで答える反射訓練ていうのはどうでしょう。
役柄を次に交代すれば全部覚えられます。
(数値とか色とか答えるような場面はつまらない数字は答えの前に読み上げてしまえば、丸覚えではなくて、ちゃんと、要素だけの反射訓練になる。)
遠藤先生の20分もののときはそういう作りでしたね。
歩くというとき、右足左足を意識せず歩行できます。その感覚が言語の習得かもしれません。私も道、まだまだ出発したばかりです^^:
Commented by Saito at 2009-09-19 10:36 x
私が中国語を学習してる主要な目的は会話だったので、聴取と音読を重要視してます。その時はいちいち日本語に訳したりしてませんでした。(これは英語もそうだったのですが)中国語を中国語として聴き話して語感を養なう様にしてます。その中で解らない言葉を辞書で調べると記憶に残る(深度?)確率が高いみたい。逆に読み書きの時は適切な言葉を中国語も日本語も使う様に心掛けて、こちらも気になったのはよく調べます。試験を受けてみるとわかるのですが、聴く・読む・話す・書くの中で1番身に着け難くているのが聴くでして、听力が私は課題でした。
Commented by L-monger at 2009-09-26 00:50
yasufumicさん、backward buildup という手法ですね。英会話の仕事をしていた頃覚えて、今でも長い文に出くわすと、使っています。

ロシア語は長い単語が多く、その意味で発音が難しいと思います。先生の方の指導もそのためでしょうか。逆に中国語やフランス語はあまりにも発音が短い単語が多く、最低でも3~4音節のカタマリでないと意味が分かりませんね。
Commented by L-monger at 2009-09-26 00:53
630叔叔さん、それも面白いですね。機会があったら試してみます。
でも会話の流れを丸覚えは役に立ったり、立たなかったりなんですね…。だから、ちょっとずつ変えて言い直してみる…をやってると時間がかかりすぎるんだ、これが!
Commented by L-monger at 2009-09-26 00:58
Saitoさん、ごもっとも。私もメイン言語の英語では常には訳してません。お金をもらわなければ訳しません(笑)。

だけど、1日30分程度の外国語学習では日中(あるいは日仏)でもやらないと忘れそうだな~と思っていたのです、これまでは。でも結局忘れるのなら、やらなくても良いのでしょうね。郭春貴先生のラストレッスンの自己練習を作り終えたら、もう素読み(音読)の鬼になって毎日6ヶ月分のスキット+例文を読もうかな(念)。ある意味、楽しみです。

<< 祝!2009年4月~9月 語学... 中国語学習の進歩とニコニコ学習... >>