自分なりの方法で

以前、「外国語の効果的な学び方」(大修館書店、ジョーン・ルービン、アイリーン・トンプソン)という本を読みました。

日本の学習法の本にある「こういう勉強をすれば、誰でも○○語を喋れるようになります!」という押し付けがましい(& 非科学的な)本と違って、自分にあった学習法をすれば、上達しやすいという話が書いてあります。

中でも面白かったのが次の話。
(私の言葉で言い直してあります。)

外国語の学習者に大きく分けて2種類ある。

一つは体系化されたアプローチを好み、やさしいものから難しいものへと段階的に練習問題をこなし、絶えず間違いの訂正をしてもらう。また、物事を分析的にとらえようとし、内省的で文法的に正しくなければ、何も言おうとしない。このような学習者は規則を好んで学習しようとします。

もう一つは自分の直感を利用して例文を集めたり、模倣するのを好むタイプ。このような人は間違いをすることを恐れません。

この次になんていうと思いますか?後者のタイプを目指すべきだと?
違うんですね!

教室での授業はこのどちらのタイプも考慮に入れたものでなければなりません。自分が好きなのはどんな学習法なのかを考えてみて、そのことを先生に伝えるのも良いでしょう。

たとえば、文法規則を提示してもらったほうが学習をうまく進められる人は...先生にもっと文法の説明をしてくださいと言うべきです。

へえって感じです。それぞれの人にあった学習法...。
それを考えて、その環境を整える...。それがその人の最良の学習法なのですねえ。

私もまだ自分に一番あった学習法を見つけたわけではないですが、この視点からずっと考えています。
[PR]

by L-monger | 2005-03-26 01:19 | 学習法 | Comments(4)  

Commented by ぺりお at 2005-03-27 07:58 x
はじめまして。華史録さんのところからやってまいりました。
私は、中国語の教室に通っているのですが、この学習者に2つのタイプがある、というのがすごくわかります。私は典型的な前者で、もうひとりの人は典型的な後者なんです。いつもお互い見習いあって(?)学習をすすめようとしている所です。
るもんがさんの、勉強方法、とても刺激になります。私も、この4月から復習と基礎固めのために、NHKのラジオ講座とテレビ講座をまたやってみようと思っています。
それでは、またお邪魔いたします。よろしくお願いいたします。
Commented by L-monger at 2005-03-28 10:59
Nin2 hao3! ペリオさん、いらっしゃいませ。
いや~、やっぱりそうですか~。経験者の話はためになります。
私も4月以降、中国語学習を続けるつもりですので、よろしくお願いいたします。Qing3 duo1 duo1 guan1zhao4!
Commented by はちゃぷ at 2007-02-09 11:40 x
こんにちは!この本、やっと読みました。
私は、前者でも後者でもないのですが、今のやり方の「ここを改めよう」がいくつか見つかりました!(まだ実践はしていませんが)
こちらで、紹介していただいていなかったら、出会えない本でした。ありがとうございます。
Commented by L-monger at 2007-02-11 01:12
はちゃぷさん、読んでいただいて嬉しいです。日本の本とは考え方が違うので、発見がありますね。実践なさったら(&うまく行ったら)教えてください。

<< 日本人は英吉利語が好き 英吉利語 >>