人気ブログランキング |

まいにちフランス語初級編の大爆笑の感想(9月22日)

本来、ゴールイン記事を書くべきなのですが、大爆笑の記事があったので、これはぜひ書かなくてはと思いました(情報提供してくれたSさん、ありがとう)。

9月20日の朝日新聞の「はがき通信」欄に載った、読者投稿です。

(以下引用)

真心が伝わった

「まいにちフランス語 初級編」(月~水曜、ラジオ第2)には何度爆笑したことか。國枝孝弘先生とパトリス・ルロワさんのコンビは最強だ。過去にテレビ講座も担当していたが、今回ラジオ講座でコンビのカラーを極めた感がある。パトの暴走をタカちゃんが微苦笑でかわしていくドライブ感。タカちゃんもなかなかの演技者で、会話の臨場感を高める。パトの発音も役立った。おふたりの真心とエネルギーが伝わった。(秋田市・主婦・54歳)

(引用終わり)

これはスゴイ意見ですね。もう講師じゃなくて完全にお笑い芸人あつかいですよ。そうか~、あれってラジオ講座じゃなくて、お笑い番組だったんだ~。ファンってありがたいですね。

でも私は爆笑なんかしなかったし、むしろ苦い顔をして聞いてました。基本的にお笑い番組は大好きなんですが、「テニヲハ」を間違った日本語やつまらないギャグを聞くのは苦痛です。寒いギャグならイジル人が必要だし。かるくスルーしたってつまらないし。そんなことより、もっとフランス語を勉強したいよ。

今後、アンコール講座などでこの記事を見る人もいると思いますので、私の意見を書いておきます。この「まいにちフランス語 初級編」は初学者の人が、ごくごく軽い気持ちで、さらっと触れるために、聞き流す程度に聞くのに向いています。つづり字の読み方や動詞の時制の違いやその活用などはぜったいに身につきませんので、他の教科書を買って勉強するべきです。(10月からの清岡先生の講座の方がずっと身につくでしょう。あちらも寒いギャグ満載ですが、それに耐える価値はあります(笑)。)

あるいは、すでに初級文法を知っている人が、自分の知識を再確認するために聞くのならよいでしょう。でもそれぐらいなら応用編を聞いた方が時間節約になりますけどね。あくまでも軽い気持ちで聞くならということで。

皆さんは、上の読者投稿記事、同意されますか?よろしければコメントどうぞ(NHKの人も見ているという前提で)。

by L-monger | 2011-09-22 20:41 | フランス語 | Comments(14)  

Commented by るば at 2011-09-22 21:38 x
NHKの人ー、見てるー?(るもんがさん、こんにちは)

この投書を見たとき(うちも朝日新聞なので)、「あー、私はNHKの講座の商圏に入ってないんだなー」と思いましたよ。

この半年間、私としては学習に身が入らず、聞いていても、まるで「ムーディ勝山」のように、右から左に聞き流しておりました。

そして、最後の2回分の放送もまだ聞いてないです。
Commented by L-monger at 2011-09-23 00:05
るばさん、聞き流しでも最後まで聞いてたんですね。エライ! 私はトビトビ聞きになってました。

私(たち)が「商圏に入ってない」は同意。このやり方って、新しい人を獲得して、古い人を失う商売ですね。

しかし、ムーディ勝山とはなつかしい…。
Commented by うしまる at 2011-09-23 02:40 x
うーみゅ。本当に商圏に入っていないのかなぁ。私としてはNHKが取りこぼしている貴重な層だと思っているのですが(・-・ゞ
真剣に長期にわたって貢献してくれる固定客を失っては元も子も無いと思います。

たしかに講座と聞き手の相性って大きいです。でも、このコメントを書かれた方のバックボーンが窺い知れないので、素では聴けないと思います。
基礎はある程度あるけどこれ以上難しいことは習う必要が無い、でもかっこいい表現はしたいという方には良いのだろうと思います。(でもこういう方ってあまりテキストとかcdとか買いませんよね。聞き流しですから。)

私が大学に入る前、第二外国語といえば仏語と独語でした。(総合大学では伊語や西語も選べた様ですが。)私の頃、中国語も配備されるようになっていました。今や中国語&ハングルが一般的。昔の栄華と比べて仏語・独語が青息吐息な感じなのでは?

お気軽感が大学生にハングルや中国語を選ばせている現状を鑑みて、お気楽なら売り上げ上がる 方式なような気がします。
実際にハングルや中国語を学ばれている方からすれば分かるように、ポイントは違えどやはり難しいのですけれどね~。
Commented by るば at 2011-09-23 08:58 x
あの~、「このコメントか書かれた方」って、私のことでしょうか? テキスト、買ってますけれど・・・。
Commented by L-monger at 2011-09-23 17:35
うしまるさん、全体的に「商圏に入ってない」というよりも、今回のフランス語初級編の設定した「商圏に入ってない」に入ってないということかな。とにかく(お互いにそうでしょうが)、今回非常に疎外感を味わいました。応用編は違いましたけどね。

読者投稿の秋田県の主婦の方は、フランス語のレベルはともかく、テレビ時代からの「うるせい二人」のファンであることは間違いないかと思います。

お手軽にかっこいいフランス語を知りたいという、素人衆からの根強い需要に応えちゃったのかな。でも確かにそういう人はテキスト買って勉強しないですよね。ゴガクルでキーフレーズ見れば十分と思うでしょうね。3月号までの巻末の連載じゃないけど「落日のフランス語」という実感がありますね。ああ、残念無念。
Commented by L-monger at 2011-09-23 17:39
るばさん、うしまるさんが忙しいようなので代わりに…。「このコメントを書かれた方」というのは「読者投稿をされた方」、つまり秋田県の主婦の方のことだと思いますよ。

何年も続けてて、テキストも買っている私(たち)こそ、重要な商圏であるべきですよねえ。何度も言いますが(来年以降の対策、対策)。
Commented by うしまる at 2011-09-23 21:28 x
るもんがさん、フォローありがとうございます。m(__)m。

るばさんの事を言ったつもりは全くなく、るばさんのコメントから考えた事を記載したものでした。「コメントを書かれた方」というのは「新聞に投稿コメントを送った方」という意味でした。整理ができておらずで申し訳ありません。

商圏という言葉が私の混同により二重語化しているので分けてみます。るばさんの「商圏」は今回の講座が目指す新規獲得者「ターゲット」でしょうか。私の「商圏」はNHK語学講座を真摯に聴く人「フォロワー」と置き換えていただければと思います。
私の思いとしては、「本来大事にするべきはフォロワー。既存のフォロワーをターゲットから外す、それどころか、失うようなやり方はどうでしょうか」ということでした。

仏語講座を始めた初心者として、安易な「簡単、すぐにできる○○語」化が気色悪いな、と思っています。

語学に「すぐにできる」は無いなぁ、、、とつくづく実感しています。
Commented by G at 2011-09-24 14:33 x
るもんがさん、皆さん、ごぶさたしております。
小生、今期はやや中だるみで、露と仏のアンコール講座を流し聴きしただけで終わりそうです(脱・流し聴きしたかったのですが、まぁ、中断はしなかったのでヨシとしますw)
さてさて上記記事の金儲け優先軟弱講座の件ですが、NHKがどうしてもやりたいなら、せめてアンコール講座の方でバランスを取るべきだと思います。今期はまったくの初学者には両講座ともきつかったでしょうね(笑)実は私は大学の第二外がフランス語だったので(単位がゆるかったので全然身につかず、ボンジュールしか覚えてないレベルですが)なんとか流し聴きが続きました。しかし、初学者にとって一番重要な四月に初学者に不向きな講座しかないのはマズイですよね。
幸いラジる☆ラジるのスタートで格段にアンコール講座が利用しやすくなったので、今期のアンコール前期は最初の方の清岡講座にでもしておけばよかったのではないでしょうか?
Commented by L-monger at 2011-09-24 22:31
うしまるさん、そんなにかしこまらずとも良いですよ。同じラジオ講座仲間じゃないですか。

どっちにせよ、新たな試み(テレビ講座っぽいラジオ講座を作る)は、我々長年のリスナーにはとても評判が悪かったということをNHKの人は知ってほしいです。テレビの講師を使ったのが悪いとは言いませんが、ラジオ講座の特性はそれと違うのになと思います。(逆もまた真なりか。清岡先生を見ていると)
Commented by L-monger at 2011-09-24 22:36
Gさん、お久しぶりです。そうですよ、止めないことが大事です。

アンコール講座でバランスを取るとはグッドアイデアですね。1年目、2年目のアンコール講座はそういう目的で使われていたみたいですが、3年目の「アンコールまいにち講座」(15分間)に変わってからは、ただの昨年度消化番組に成り下がっているのが痛いです。一体何のためのアンコールなのか、これまでNHKの説明がないのですが(ただ過去の名作というだけで)、ちゃんと目的を考えないとジリ貧になると思いますね。
Commented by まゆの at 2011-09-25 23:42 x
新聞の投稿者の意見、不思議な点がありますね。講座を完璧にお笑い番組として聞いているのかと思いきや、発音が訳になった、真心が伝わった、など、真面目な学習者としての姿勢も見える気がします。これは、学習者であると同時に(この投稿者はテキストも買っている気がします。)、このコンビのファン、ということで、何をしてもどんな内容でも、このコンビが出ている限り、声援を送ってしまうタイプのリスナーなのではないでしょうか。こういう方もいらっしゃるということは発見ではありますが、こういう方は全体では少数派だと思います。テレビならともかく、真面目に勉強する気はないけど、ラジオ講座を聞く、ということは考えられないですし、みなさんがおっしゃっているように、テキストを買ったりは絶対にしないでしょう。やはりNHKは少なくともラジオの語学講座に関しては、あまり新規のお笑い路線を開拓せず、従来の学習内容重視の講座にし、長年のファンの期待に答えていく、やり方が正しいと思います。短い時間に盛りだくさん過ぎて何が教えたいのか分からない、みたいな講座は真面目なリスナーには評価されないと思います。
Commented by まゆの at 2011-09-26 00:41 x
すみません。上記コメント、「発音が訳になった」は「発音が役に立った」の間違いです。
Commented by L-monger at 2011-09-26 14:30
Inspecteur Mayunoさん、冷静な推理おそれいりました。何をしてもどんな内容でも声援を送るような熱心なファンは、たしかにテキストも買うでしょうね。少数派というのも間違いないです。

今回のクニパト起用はミーハーファン層をラジオに引き込もうという意図かもしれませんし、ただ単に新しい講師を発掘するのがめんどうくさいのか、資金・スケジュール的に余裕がないのか。

それと比べて、中国語講座は余裕がありまくるのか、次々に新しい講師を発掘しています。今期の入門編の先生も素晴らしいです(くわしくはまた書きます)。

NHKのフランス語講座担当の人はもっとがんばらなくてはいけませんね(と普段なら絶対いわないことを言ってみる)。フランス語も好きなんですよ。
Commented by みどり at 2011-09-26 22:52 x
私もなんでクニパト こんな わざとらしいんだろ って 思いました。でも初めてフランス語勉強する人は 親しみ感じるんじゃないですか?

それと パトって 何年も日本に住んでるのに フランソワ―ズ モレシャンみたいに 大袈裟なの?あの人達の日本語わからないんですが。笑

今の講師って生徒に媚びると思います。

<< 祝!2010年4月~9月 語学... 2011年度前期 第24週=最... >>