人気ブログランキング |

外国語学習の格言(9月29日)

外国語学習はスポーツと同じで、日々たゆまぬ練習をした者だけが、外国語を聞いたり話せたり、身に付けることができる。

何か格言ないかなと探したがないので、スポーツ選手の奴からいただく。

> 「勝つ意欲」はたいして重要ではない。
> そんなものは誰もが持ち合わせている。
> 重要なのは、勝つために準備する意欲である。
> ボビー・ナイト(バスケットボールコーチ)
引用元

> The key is not the will to win... everybody has that. It is
> the will to prepare to win that is important.
> Bobby Knight
引用元

これをパクって語学に当てはめると

外国語を話せるようになりたいという意欲はたいして重要ではない。
そんなものは誰もが持ち合わせている。
重要なのは、話すために準備する意欲である。

The key is not the will to speak a foreign languge... everybody has that. It is the will to prepare to speak it that is important.

というわけで、動詞の活用練習ぐらい(あるいは中国語の声調練習ぐらい)、毎日やらないでどうする!(それだけやってればいいという意味ではないのでお間違えなく)フランス語など週3回の入門編じゃ、この習慣、身に付かないんだよな。

by L-monger | 2013-09-29 14:34 | ひとこと日記 | Comments(3)  

Commented by L-monger at 2013-10-01 17:51
(るも)Easy come, easy go. ってのもいいな。簡単に得られたものは、簡単に失いやすい(「悪銭身につかず」みたいな)。ラジオ講座を聞いて文法を分かった or 単語を憶えた気になっても、くりかえし練習をしなければ、すぐに忘れるってことだね(自戒の意味を込めて)。
Commented by friendlyunderta at 2013-10-01 22:15 x
friendlyundertakerです。

「外国語学習はスポーツと同じで、日々たゆまぬ練習を---。」
同感です。最近引退を発表したプロ野球の広島カープの前田選手。天才と言われてましたが、やはりものすごく練習をした人としても知られています。

スポーツに限らないのでしょう。一つの道に秀でている人というのは、才能に負うところもあるのでしょうが、おおよそ本当に日々たゆまぬ努力をしているものらしい。

この「日々」と「たゆまぬ」というところが大切だと思うのです。一定の年齢に達している者が、外国語として言語を習得しようとする場合には、特にそう思います。

私事になりますが、現在フランス語を学習中です。友人がその存在を教えてくれた、Assimil社の「New French with Ease」を教科書に選びました。

学習のペースは、あまり時間がとれないので、きわめてゆっくりとしたものですが、それでも「毎日」「たゆまずに」続けています。
継続は力なり、を信じています。

Commented by L-monger at 2013-10-03 18:17
friendlyundertakerさん、再びこんにちは。
実例を挙げていただいてありがとうございます。実は私はスポーツをしないので(笑)、助かります。
そうそう、こんなことわざもありました。
Step by step, one goes far.(私訳:一歩ずつ歩いてこそ、遠くまで行くことができる。「千里の道も一歩から」かな?)
お互い、遠くに来たなと思えるよう、あきらめないで進みましょう。

<< 2013年10月期開始で試し聞... まいにちフランス語初級編終了(... >>